【おすすめ11選】おしゃれなワインクーラーでおいしいお酒を適温で。

ワインクーラーとは、ワインを手軽に冷やすことができる便利なアイテムです。氷と水で冷やすタイプと保冷剤のタイプがあります。今回はおすすめのワインクーラーや使い方を解説!またワインクーラーというカクテルの作り方やレシピも紹介します。


出典:写真AC
ワインには、それぞれの種類によっておいしく飲める温度があります。せっかく楽しむなら、ワイン本来の味わいが一番よくわかる温度まで冷やして飲みたいもの。そんな時に活躍するのが「ワインクーラー」です。今回は、おすすめの「ワインクーラー」をタイプ別にご紹介します。

ワインクーラーとは?

出典:写真AC

ワインクーラーとは

ワインクーラーとは、ワインやシャンパンを冷やす容器のことで、ボトルクーラーやシャンパンクーラーとも呼ばれます。ワインは、種類によっておいしく飲める温度帯があり、ワインを適温まで冷やすことができる便利なアイテムです。

ワインクーラーとワインセラーの違い

出典:写真AC
市販されている家庭用ワインセラーは、ワインを貯蔵するために庫内を一定の温度や湿度にに保つ出来る保管庫です。ワインは、温度変化や振動、光によって影響を受けるデリケートな飲み物なので、長期間の保管には専用のワインセラーが優れています。

一方ワインクーラーは、飲む前にワインを冷やす容器なので長期の保管には向いていません。

ワインクーラーで何度がおいしいワインの温度?

出典:写真AC
ワインは、赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリング、辛口、甘口、ライトボディ、フルボディなど様々なタイプがあり、それぞれ最もおいしく感じる温度があります。

赤ワインのおいしい温度

赤ワインは常温で飲むのがよいと言われることがありますが、常温といっても季節によって変わります。適正な温度まで冷やして飲むと、赤ワインの本来の味わいを楽しむことができます。フルボディは、冷やしすぎると渋みが強調されて本来の味わいを感じにくくなります。ライトボディは、少し冷やすと口当たりがよくなり引き締まった味が楽しめます。
ライトボディ 10~12℃
ミディアムボディ 13~16℃
フルボディ 16~18℃
 

白ワインのおいしい温度

白ワインは、冷やしすぎるとワイン本来の味わいが感じにくくなります。甘口の場合には、温度が低い方が甘味がさっぱりと感じられ全体のバランスが良くなります。
甘口 5~8℃
辛口 7~14℃
 

ロゼワインのおいしい温度

ロゼワインは辛口、甘口とも冷やして飲むとスッキリと味わいを楽しめます。甘口のロゼワインは、辛口よりさらに冷やした方が、甘みが残り過ぎず美味しく感じます。
7℃~14℃
 

スパークリングワインのおいしい温度

スパークリングワインは、基本的にしっかりと冷やして飲むと爽やかな酸味とすっきりとした味わいが楽しめます。
5~8℃
 

ワインがおいしく飲める目安の温度

種類 飲み頃の温度
赤ワイン ライトボディ 10~12℃
ミディアムボディ 13~16℃
フルボディ 16~18℃
白ワイン 甘  口 5~  8℃
辛  口 7~14℃
ロゼワイン 7~14℃
スパークリングワイン 5~8℃
ソムリエが厳選!日本各地のおすすめワインをチェック!!
▶︎ワインクーラーの種類

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
都良
都良

北海道の郷土料理とご当地グルメをこよなく愛するフードライター

生まれも育ちも北海道の真ん中の街「旭川市」。食生活アドバイザーの資格を持ちながらも極めて不健康な食生活を送っている人。 旭川ラーメンの研究のため半年で200軒のお店を食べ歩き、お風呂に入ったら自分から豚骨臭がした経験あり。 本業は、食品開発のコンサルティング。 障がい者の支援も行っていて、「レンジと炊飯器で作る超かんたん料理 UDレシピ本」の企画編集も担当。 資格:北海道フードマイスター、北海道観光マスター、消費生活アドバイザー、食生活アドバイザー、旭川大雪観光文化検定1級、日本酒ナビゲーター、初級障がい者スポーツ指導員、北海道ボッチャ協会審判員・普及指導員

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美