おしゃれでプレゼントにも最適な【日本酒グラス】おすすめ20選

日本酒を枡やおちょこではなく、ワインのようにグラスで楽しむという飲み方が人気。これ、おしゃれなだけではなく、実はグラスの方がおいしく味わえることもあるのです。ペアやセットなど種類や高級ブランドも色々ある日本酒グラスは、プレゼントにもおすすめ!


出典:Pexel
ここ数年ブームが続いている「日本酒」。おいしく味わえる日本酒の銘柄選びやインテリア映えするボトル選びも重要ですが、せっかく日本酒を楽しむなら「グラス」にもこだわっておきたいところですよね。

そこで今回は、おしゃれな日本酒グラスをご紹介。日本酒が楽しめるグラスにはさまざまな種類がありますが、高級なものから手軽に購入できるプチプラのものなど、ジャンルや素材別にピックアップしてみました。ご自宅用だけでなく、プレゼント選びにもぜひ参考にしてみてください。

日本酒グラスの魅力とは?

出典:Pixabay
そもそも「日本酒はグラスで飲むものなの?おちょことか枡で飲むのがスタンダードなのでは?」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、日本酒をグラスで楽しむのにはいろいろな魅力や利点があります。

たとえば、グラスウェアは現代のモダンインテリアにも合わせやすく、あらゆるライフスタイルにフィットさせやすい利点を備えています。グラスで日本酒を楽しむことができるなら、洋風のテーブルウェアとも親和性が高まり、より自由度の高いおしゃれなテーブルメイキングも可能に。インテリア性が高いデザインも多いため、よりスタイリッシュな空間演出にも役立ちますね。

日本酒をグラスで飲んだ方がおいしくなる?

出典:Pexel
さて、ここで「日本酒をグラスで飲むと、味が変わるのでは?」と思った方もいらっしゃるかと思います。日本酒グラスのことについてお話しする前に、日本酒の主な特徴をおさらいしておきましょう。

特徴1. 日本酒は「温度帯」によって異なった風味が楽しめる!

出典:写真AC
日本酒は、熱燗やぬる燗、冷やなど、さまざまな温度帯で楽しめるお酒。お酒や原料によって若干異なる部分はありますが、基本的には冷たいほど甘く、熱くなるほどシャープな香りが引き立ち、辛口になることが多いといわれています。日本酒のパッケージに記載されている「おすすめの温度」が複数あれば、それぞれ違う温度で日本酒を飲んでみて、自分が気に入った味・香りの温度で日本酒を楽しむのも日本酒の素敵な楽しみ方ですね。

出典:写真AC
温度の目安としては、以下のようになります。

日本酒それぞれに応じて、温度による味の変化はもちろん異なってきますが、5度きざみでおいしくいただけるおおよその温度を覚えておくと、お酒の席での温度選択やお酒選びが楽しくなることでしょう。意外と間違えがちなのが「冷や」の温度。「常温」と「冷や」の温度が同じなのはちょっと意外ですよね。

特徴2. 「おちょこ」や「枡」など。日本酒を楽しむ酒器によってもおいしさが変わる

出典:写真AC
普段日本酒を飲む際、酒器にこだわっている方は案外少ないのではないでしょうか。実は、選択する酒器によって日本酒の味わいは変化します。たとえば、「おちょこ」は基本的に他の酒器よりも甘みが感じられることが多く、香りの強さはそれほど感じられないため、“比較的飲みやすい酒器”といわれています。

出典:写真AC
また、四角の「枡(升)」なら空気に触れる面が大きいため、よりお酒の香りを楽しめるだけでなく、枡そのものの木香も併せて楽しめるメリットもあります。木製で器に厚みもあることで、お酒がよりまろやかに感じられるのも大きな特徴ですね。

ガラスのグラスで飲む場合は、ガラスの冷たい質感がそのまま口に伝わり、飲み口も冷たくなるなど、素材の特性がダイレクトにお酒に影響するのです。

日本酒グラスは<素材&形状>に注目

出典:Pexel
日本酒グラスを選ぶ際にぜひ注目しておきたいのが、「素材」と「形状」。グラスといっても全て同じテイストが味わえるといったわけではなく、先ほど少しご紹介した通り、日本酒は酒器によっても味が変わります。素材に関しては、木製やガラス、磁器・陶器などがメジャー。インテリアによって選ぶのもよいのですが、素材による味や香りの変化がそれぞれ異なるため、素材別にグラスを用意してお酒を楽しむのもおすすめです。

出典:Pixabay
また、素材だけでなく、形状の違いによっても、香りは変わるといわれています。

縁が広がっているタイプの場合

日本酒の香りがもっとも穏やかに感じられるタイプで、底が深いタイプならより香りも楽しめます。

縁が狭まっているタイプの場合

日本酒の香りがダイレクトに鼻に届くのが特徴。縁が広がっているタイプよりも香りが強く感じられます。

円筒形タイプの場合

口径が狭いため、細く口内にお酒が入ってくるのが特徴。他のタイプに比べ、空気に触れる面積が少ないため、引き締まった味わいが楽しめます。

日本酒によって酒器の形状を変えてみて、味わいの違いをぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

【ガラス】の日本酒グラスは種類豊富。おすすめのブランド7選

出典:PIXTA
では、ここからは日本酒をもっと楽しむために、おすすめの日本酒グラスを素材別にご紹介。まずは涼感もありデザインも多様な「ガラスの日本酒グラス」のおすすめを見ていきましょう!

ガラスの日本酒グラスの特徴・メリット

ガラス製の日本酒グラスは、さきほども少しご紹介した通り、冷たさを感じやすいのが特徴。冷やや常温の日本酒に適しており、グラスが薄くなればなるほど飲み口が繊細になります。

さらに、ワイングラスのような「脚」がついたものは、手の温度が日本酒に影響しにくいため、冷やや常温の日本酒の温度を上げにくいというメリットもありますよ。また、ワイングラスのように口が狭くなっているものなら、日本酒の香りをグラスに閉じ込めやすくなるため、香りをじっくり楽しみたい時に使うのもおすすめです。

では、ここからはガラスの日本酒グラスのおすすめブランド・アイテムを見ていきましょう。

1. カガミクリスタル(Kagami)

カガミクリスタル(Kagami)は、茨城県龍ケ崎市に工場をかまえるクリスタルガラス食器ブランド。250以上の大使館や領事館で愛用されているほどのクオリティでも認知されており、クリスタルガラスのワイングラスから江戸切子までさまざまなジャンルの食器を世に出してきました。


カガミクリスタルの日本酒グラス〜切り子〜

カガミクリスタル(Kagami)は、日本酒を視覚でも楽しめる素敵な美しい江戸切子のグラスも人気。こちらは口部分が開いているデザインのため、アルコール度数が高めの日本酒を入れて、アルコールを揮発させながら飲むのにも適しています。
ITEM
カガミクリスタル 江戸切子 笹っ葉に斜格子 紋 ペアマイグラス
・箱サイズ:19.5×12.5×10cm 800g
・商品:直径7.6cm高さ9cmグラス2客
・クリスタルガラス24%

切子はやっぱり模様が綺麗で良いですね。


カガミクリスタルの日本酒グラス〜ロックグラス〜

「え、日本酒にロックグラス!?」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では「ロック向け日本酒」という、ロックスタイルで楽しむアルコール度数高めの日本酒でも評価されています。よく冷やした日本酒と一緒に楽しんでみては?
ITEM
カガミクリスタル ペア・ロックグラス(木箱入)
・箱サイズ  19.5×12.5×10cm 木箱入
・素 材  クリスタルガラス
・商品内容  グラス 2客 直径8.1×高さ8.8cm  (容量260cc)

すりガラス状にカッティングされたワンポイントが、ときおり鈍色の光を放つのも魅力です。
お酒にも氷にもこだわって楽しみたいロックグラスです。


2. アデリア(ADERIA)

アデリア(ADERIA)は、伝統工芸「津軽びいどろ」をはじめ、日常に寄り添うさまざまなグラスウェアを生産するブランド。手作り器のような「手びねり」シリーズや日本の自然が織りなす情景が浮かぶ「プレミアムニッポンテイスト」など、好みやシーンに応じて多くのバリエーションから選びやすいセレクションも人気理由の1つです。日本酒グラス入門としても求めやすい価格帯も魅力的。

 

アデリアの日本酒グラス〜津軽びいどろ〜

グラスを購入するなら、一緒に徳利もゲットするのもよいですね。こちらは津軽の職人が一つひとつ手作りしているため、どれも世界にひとつしかない仕上がりに。食卓のインテリアに映え、色合いも素敵です。
ITEM
ねぶた酒器セット箱入り
・片口×1 ・盃(金箔入り)×2
・専用箱×1
・片口:約95mm×87mm H95mm(8分目:200ml)
・盃(金箔入り):約74mm×74mm H47mm(8分目:50ml)
・専用箱:約16cm×18.5cm H10cm
・重さ 片口:約 290g 盃(金箔入り):約 117g
・素材 ガラス

津軽びいどろって言うと高級なイメージがありましたが、値段もそこまで高くなかったため、思い切って購入しました。
見た目がキレイなので、視覚で楽しみながら毎日晩酌しています。


アデリアの日本酒グラス〜利き猪口セット〜

底面に渦巻き模様が描かれたオーソドックスな利き猪口セット。模様とソーダグラスが放つレトロ感と全体のシンプルなフォルムは食卓のインテリアに自然に溶け込みます。

ITEM
利き猪口酒器セット(盃・カラフェ)
・商品サイズ 馴染みグラス:66×54mm、口径:最大66mm 容量:100ml(満水時)カラフェ:77×129mm、口径:最大77mm 容量:290ml(満水時)
・箱サイズ :159×146×70mm

他のグラスと比べると同じお酒と思えないほど旨味とか甘みが引き立って美味しく飲めます。
何より口当たりのよいふちと底の渦巻き模様がお気に入りです!


3. リーデル(RIEDEL)

リーデル(RIEDEL)は、「ワイングラスの名門」として名高いブランドの一つ。本国オーストリアでは260年もの歴史を有し、日本酒と同様に、「ワインはグラスの形状によって風味や味が変わる」という点に着目し、ブドウの品種それぞれに応じた理想的なグラスを生産してきました。日本酒好きの方はもちろん、ワイン好きの方もぜひ一つは持っておきたい銘品が多い老舗ブランドです。

 

リーデルの日本酒グラス〜ワイングラス編〜

リーデルはもともとワイングラスのブランドですが、実は日本酒グラスの製造も盛んです。こちらの「オー(O)」は、ワインはもちろん、大吟醸や吟醸酒に最適なグラス。縦長のボウルのような形状で、日本酒を味わった際ののどごしがさらに爽やかになると人気です。

ITEM
リーデル オー (O) 日本酒 大吟醸グラス
大吟醸の楽しみ方 冷やした大吟醸をグラスの最も太い部分の少し下まで注いでください。グラスを回して大吟醸酒と空気を十分に触れ合わせるとみずみずしくフルーティな香りが広がります。日本酒が苦手な方にもお勧めです。

・高さ 105mm 容量 375cc 1個入(チューブ缶入り)

ガラスも薄く、デザインもシンプルで美しい。
良いグラスで飲むと、お酒の味もワンランク上になる気がします。おすすめです。



リーデル社が、日本酒のためだけに作ったグラスといえば、「VINUM(ヴィノム)」シリーズ。2,000人にも及ぶ人々にテイスティングをしてもらい、もっとも多くの味覚を満足させたのがこのグラスだったのだとか。ぜひこの大吟醸を味わってみては?

ITEM
リーデル VINUM(ヴィノム) 大吟醸
・材質:クリスタルガラス
・サイズ口径:6cm 高さ:20.5cm 容量:380ml
・生産国Germany(ドイツ)
・シリーズVINUM(ヴィノム)
・リーデル化粧箱入

お酒が口に届くまでに、大吟醸の香りがわっと押し寄せてきます!
グラスからこぼす飲み方の日本酒用グラスでは絶対できない体験です。
このグラスでもっといろんなお酒を飲んでみたい、そう思わせる素敵なグラスです!


4. 松徳硝子(SHOTOKU GLASS)

1922年の創業当初は電球用ガラスをメインに生産していた松徳硝子。徐々にメインの生産品が電球用ガラスからグラス生産に移り変わる時に多種多様なハンドメイドグラスを生み出してきたブランドとして知られています。

 

松徳硝子の日本酒グラス〜大吟醸用グラス〜

代表作は、研究開発を重ねてやっとできた薄ガラスの「うすはり 大吟醸」。日本酒好きの間では特に人気で、日本酒の雫が落ちた瞬間を切り取ったかのような趣のあるデザイン性は、日本酒好きだけでなく、プロや料亭にも愛されているほどの人気です。薄く軽量にすることで、日本酒が口に触れる面積がより広がるため、味も香りもより濃厚に楽しむことができます。

ITEM
松徳硝子 うすはり 大吟醸 単品グラス
お酒の香りを引き立てる… 香りが飛び過ぎない様に設計されたシャープな口元と、職人による手仕事で施された底の突起により、軽くグラスを傾け、ゆっくりと回すことで、吟醸酒の芳醇な味と香りを堪能することが出来ます。

・口径54mm×高さ90mm 木箱入(木箱サイズ):縦93mm×横93mm×高さ110mm
・容量 250cc
・素材 ガラス
・用途 冷酒(吟醸酒用)

薄いので取り扱いに注意は必要ですが、その美しさは息を呑む物があります。

日本酒を注ぐと、グラスの厚みがほとんどないので横から見てもガラス層が見えず、まるでグラスの形にまとまったお酒そのものを持っているように見えます。こんな体験をしたのはうすはりが初めてでした。


5. 田島硝子(TAJIMAGLASS)

田島硝子(TAJIMAGLASS)は、1956年に設立された食器会社。1962年には業務用に酒器の開発も開始し、現在ではハンドメイドの硝子工芸品や江戸切子の継承・発展に尽力しているブランドです。

 

田島硝子の日本酒グラス〜装飾グラス〜

こちらは田島硝子を代表する逸品「富士山 ロックグラス」。グラス底面に砂彫りされた富士山の山肌が注いだ酒の色や照明を美しく反映します。自宅で日本酒をゆるりと楽しむだけでなく、大切な方へのギフトにも最適ですね。

ITEM
田島硝子 富士山 ロックグラス TG15-015-R
本商品は国土交通省観光庁後援 おみやげグランプリ2015のグッズ・ノベルティ部門で、 グランプリ・観光庁長官賞を受賞しました。 江戸切子の老舗ブランド“田島硝子”富士山3部作の一つで、使用感重視の設計を成されたグラスシリーズ。

お酒の味、香り、そして眺めも楽しめるこのグラスはお酒好きならぜひ手に入れていただきたい一品です。


6. 東洋佐々木グラス(TOYO-SASAKI GLASS)

東洋佐々木グラス(TOYO-SASAKI GLASS)は、明治創業のガラス会社「東洋ガラス会社」と「佐々木硝子会社」が合併し、2002年にスタートした会社です。こちらも先ほどの田島硝子(TAJIMAGLASS)同様に富士山モチーフのグラスが多いのが特徴ですが、ペアになったグラスやおちょこセットも多いのも魅力。飾っても使っても美しい逸品が揃っています。

 

東洋佐々木グラスの日本酒グラス〜とっくり・おちょこセット〜

美しい氷用ポケットがついた、ハンドメイドのとっくりとおちょこのセット。どちらもクリスタル製で、氷用ポケットに氷を入れるとまた違った表情も楽しめる、使っていて心がときめくセットとなっています。冷えた日本酒をのんびり飲んでいてもぬるくならない工夫がうれしいですね。

ITEM
東洋佐々木ガラス 冷酒セット パープル 酒グラスコレクション 雪月花
・個装サイズ:19.4×18.4×10.2cm
・重量445g
・個装重量:445g
・素材・材質:クリスタルガラスセット
・内容:徳利290ml×1、杯60ml×2
・製造国:日本

綺麗でおしゃれだし使い勝手もよく気に入りました。
横のポケットに氷を入れるタイプだとお酒を注ぐ時に水が入ってしまうのですが、これはそれもなく美味しくいただけます。
買って正解でした。


7. イッタラ(iittala)

北欧はフィンランドの老舗グラスウェアブランド。北欧デザイン特有の個性を放ちながらも、日常生活に自然になじむ不思議で魅力的なグラスウェアは、世界中の人を虜にしてやみません。北欧キッチンウェアやキャンドルホルダーなどが人気のイッタラ(iittala)ですが、実は日本酒グラスもリリースしています。

 

イッタラの日本酒グラス〜北欧テイスト〜

土台デザインがフィンランドの極寒の冬の湖に浮かぶ氷を思わせる、個性的なグラス。ほどよい重さとステムの太さによる安定感もあるため、落としにくいのもグッドポイントですね。90mlという少容量サイズなので、アルコール度数が高めの日本酒を楽しんだり、食前酒のサービングにも使いやすい逸品です。

ITEM
イッタラ ワイングラス サケグラス タピオ
・カラー:クリア
・種類:シェリーグラス 2個セット
・サイズ:高さ 8.3cm
・容量:90ml

透明感、質感、デザインともに良いです。日本酒、特に冷酒には最高でこのグラスゆえに何杯でもお酒がすすんでしまうのに注意。


【陶器・磁器】の日本酒グラスはペアやセットも。おすすめブランド4選

出典:写真AC
ここからは、渋さと美しさにあふれた陶器・磁器の日本酒グラスをご紹介します。

陶器・磁器の日本酒グラスの特徴・メリット

出典:写真AC

磁器は、温度変化が少なく、繊細なつくりのお酒に最適の素材。陶器は、肌の目が荒くなるほど生酒などのワイルドさが消える傾向にあり、香りや甘みを吸収するはたらきも兼ね備えています。温度変化による味の変化を避けたい場合は磁器、日本酒の香りや甘みを極力抑えて飲みたいという時には陶器がぴったりといえるでしょう。

 
出典:Pixabay
また、陶器・磁器には共通ポイントもあります。それは、どちらも日本酒の味わいをより穏やかかつやわらかにしてくれる点。アルコール度数が強めの日本酒の口当たりをよりやわらかくしたい時や、よりマイルドに日本酒を楽しみたい時に使うのも良いですね。さらに、陶器や磁器はグラス表面の塗りや滑らかさといった加工によって口当たりや質感が変わるのも、楽しいポイントです。

では、次に人気の陶器・磁器製の日本酒グラスを見ていきましょう。

1. 西海陶器(SAIKAI TOKI)

西海陶器(SAIKAI TOKI)は、波佐見焼で有名な長崎県・波佐見町にある陶器会社。1946年以来、ファッショナブルで日常に溶け込むデザインの陶器を世に出してきました。現在は、国内だけでなくシンガポールを皮切りにアメリカや中国、ヨーロッパにもその販路を広げている、今後も動向も気になるブランドのひとつです。

 

西海陶器の日本酒グラス〜そばちょこ〜

「そばちょこ」という名前ではありますが、そばちょこで日本酒を味わうというプロも多く、実は支持されている酒器。口が広いので香りを楽しむことも可能で、家族や友達とのパーティーでそれぞれ好きな柄を決めて、それぞれ好きな日本酒を楽しむこともできますね。電子レンジにも対応しているため、ぬる燗や熱燗なども手軽に楽しめますよ。

ITEM
波佐見焼 藍屋 絵変り カップ 5客セット
長崎県の波佐見町(はさみ)は、江戸時代のはじめから続くやきもの産業の町です。
磁器のよさと特徴は吸水性のないことによる「清潔さ」と陶石という鉱石由来原料による「じょうぶさ」です。

・1つずつ絵変わりで5個入
・電子レンジ/食洗機対応

そば猪口、お酒のおちょこによし、小鉢によし、と絶妙なサイズ感で使い勝手がいいので重宝しています。



こちらは鶴やひょうたんといった縁起柄やうさぎなどの動物柄、雪など季節の柄をスタンプで押したような愛らしいおちょこ。日常使いしやすいモダンパターンがあしらわれているため、酒器としてだけでなく小鉢などとしても使えるマルチカップでもあります。

ITEM
波佐見焼 es 判子 蕎麦猪口
・サイズ(cm) Φ8×6
・素材 磁器
・容量(ml) ※満水の状態 170 ml
・生産地 波佐見
・使用 レンジ使用◎/オーブン×/食器洗浄機使用◎

ひょうたん柄がいいなと思い購入しました。
よくある藍色ではなく、ニュアンスのあるブルーが
とても気に入っています。



 

2. フロイド(Floyd)

デザインを通じて人々に感動と驚きを与えるべく、2005年に静岡は三島で発足したプロダクトレーベル。モダンで北欧チックな雑貨や生活用品は、若者だけでなくシンプルなものを好む人々を魅了してやみません。

 

フロイドの日本酒グラス〜ギフトにも素敵なモダン雑貨〜

こちらは富士山モチーフの波佐見焼。色合いがぼんやりしており、どこか柔らかい印象に。ブルーとレッドの組み合わせと、ブルーのみのセットなど、カラーが選べるのも良いですね。カップルやご夫婦で使っている方々も多いようです。裏に金箔とメッセージが印字された専用木箱も付属するため、ギフトとしてもぴったり!

ITEM
Floyd フロイド FUJI CHOCO 富士猪口
安心の日本製「波佐見焼」の器は、釉薬の垂れ方が一つひとつ違う、個性のある仕上がりです。富士山と雲海をイメージした猪口と綿を桐箱に入れ、ロゴを金箔押しした贅沢なパッケージでお届けするので、結婚祝いなどのギフトにお勧めです。

・サイズ(約) 直径7.8×高さ4cm、桐箱/幅18.5×奥行き9.5×高さ7.5cm
・素材 陶器
・生産国 日本製(波佐見焼)

このシリーズが好きで、よく贈りものにしています。木の箱もお洒落で、空けた時の品の良さがでます。雲海のなかから富士山が出てくるイメージです。色あいも優しいし手に持った感じも素敵です。


3. 白山陶器(Hakusan Porcelain)

波佐見焼の伝統を守り、受け継ぎながら現代にフィットする窯元といえば、白山陶器(Hakusan Porcelain)。華やかでもなく、地味すぎない絶妙なデザインや色使いは使う人を選ばないユニバーサルな陶器が魅力の窯元です。

 

白山陶器の日本酒グラス〜シンプルモダン〜

ネイビーとホワイトのコントラストが美しいフリーカップ。この独特な形状は、持ちやすいよう計算された角度で成り立っています。汎用性の高いデザインのため、どんなテーブルコーディネートにもフィットしますよ。

ITEM
白山陶器 フリーカップ インディゴ 麻の糸
繊細な線を彫りこみ、ゴスとサビの絵の具で丁寧に染めた器
・サイズ (約)φ8.5×7cm 240ml

洗った後に水切りに並べると、「取手が邪魔」と思いませんか?
我が家ではマグカップ代わりに使っています。時には湯呑みとしても。
口が広く、底までが洗いやすい。カップスープもかき混ぜやすい。
私にとっては、ベストのカップです。
控え目に柄をあしらったデザインもGoodです。



ホワイトともブルーともいえない、なんともいえないカラーリングにファンが多い「青白釉 」シリーズ。眠る前に少し日本酒で体を温めておきたい時や、食前酒として少し日本酒を楽しみたい時に助かる小ぶりな酒器です。

ITEM
白山陶器 しのぎ 青白釉 盃
伝統的な技法「しのぎ」をカジュアルに活かした器、飽きのこないデザインでいろんなシーンに活用できる
・商品サイズ:φ4.5×5cm 0.056kg

届いてみて、透き通るような美しさとつるつるとした触り心地に思わず声をあげてしまいました。
写真ではグリーンがかって見えますが実物はもっと爽やかな水色です。
本当に見た目が美しく見ているだけでも幸せです。


4. やま平窯元 やまへい

和モダンでシンプル、おしゃれな有田焼といえば「やま平窯元 やまへい」。有田焼のなかでも輸出向けに作られていた厚さ1mm以下の薄さの陶器は「エッグシェル」の愛称でも親しまれていますが、「やま平窯元 やまへい」は光をも透過するこのエッグシェル陶器のキッチンウェアも多く生み出しています。

 

やま平窯元 やまへいの日本酒グラス〜陶磁展受賞作品〜

エッグシェル Kaoriは、ごまかしがきかないシンプルな美しさが際立つ逸品。2013年には九州山口陶磁展で経済産業省賞を受賞した実力派グラスです。繭のような丸みは手にも自然になじみ、ずっと手にしておきたいほどのすべすべの肌触りが楽しめます。

ITEM
やま平窯元 エッグシェル Kaori L 葡萄酒器
腰の部分を膨らませ口をすぼめたその形は香りが立ち易い構造になっており、ワインや日本酒を口元に近づけた瞬間に芳醇な香りが楽しめます。また、ワインだけでなく、アイスティーや冷茶、果実酒など、ソフトドリンクにも味わいを引きたて、香りを楽しんでお使い頂けるグラスです。

・サイズ口径6.2×横幅8×高さ8.2cm
・ブランドオリジナルのお箱つき

すごい使いやすい!
これで日本酒で飲むと香りがたって良かった。


【錫(すず)】の日本酒グラス。高級感ある「能作」がおすすめ

「錫」(すず)は、日本古来から、神仏器具や酒器として使われてきた伝統的な素材であるいわれています。錫の日本酒グラスにはどのような特徴やメリットがあるのか見ていきましょう!

錫(すず)の日本酒グラスの特徴・メリット

錫は、抗菌性が強く、熱伝導が高いのが第一の特徴。錆びにくく腐食しにくいことから、ギフトとしても親しまれてきた素材でもあります。この特性のおかげで、他の酒器よりもお手入れが簡単であることも大きな特徴ですね。熱伝導が高いことで、燗づけがスムーズにできるだけでなく、冷酒もよりきりりとした味が感じられるメリットも得られますよ。

味わいに関しては、注いだお酒がより柔らかくまろやかなることが多いです。この効果は、錫の「不純物を吸収し、水を浄化する」イオンのはたらきによるもので、「錫の酒器はどんな酒も一級品にする」と言っている方も多くいます。


では、人気のおしゃれな錫酒器をチェックしてみましょう。

能作(NOUSAKU)

能作(NOUSAKU)は、富山県高岡市で1916年にスタートした鋳物ブランド。当初は仏具を中心とした製造で知られていましたが、現在はテーブルウェアや雑貨などの製造にも着手しています。古くから伝わる製造方法に忠実であるだけでなく、高度なものづくり技術が国内外から大注目されている会社です。

 

能作の日本酒グラス(酒器)〜単品〜

錫の光沢を抑えた、マットでシンプルなぐい呑みグラス。ほどよい重量感と安定感もあるため、手になじみやすいのも魅力的ですね。セットでも購入できる商品なので、引き出物や贈答品に選んでも良さそう。

ITEM
能作 錫器 ぐい呑
錫は熱伝導率の高い金属なので、器を冷蔵庫に入れておくと、よく冷えて冷酒や焼酎などを飲むのにぴったりのぐい呑みです。

・商品サイズ: 直径6.2cm 高さ4.3cm
・材質: 錫(スズ)100%
・製造:能作
・日本製

手に持つとズッシリと重い。
手触りも良く、光沢がある。
錫による味わいの変化は感じないが、不思議と酒が進む。
贅沢な晩酌、何気ない日常にささやかなアクセントを。
大切な人へのギフトに、親父への贈り物に、または自分へのご褒美に。
逸品。



 

能作の日本酒グラス(酒器)〜酒器セット〜

ぐい呑2点と約1合分お酒を注げる片口のセット。片口は1合程度入るサイズなので、毎晩の晩酌量の把握にももってこいの酒器ですね。毎晩の晩酌だけでなく、おもてなしの席でも見劣りしないデザインです。

ITEM
能作 片口 小 ぐいのみ 2個セット
能作の中でも特に大人気商品「片口(小)、ぐいのみ」をギフト用に特別セット販売。
錫はイオン効果が高く、水を浄化し飲み物をまろやかにするといわれています。
また、熱伝導率が高いので、器を冷蔵庫に入れておくと、よく冷えて冷酒や焼酎を飲むのにピッタリです。

日本酒特有の「カ~~ッ」とくる感じが減り、悪酔いし難くなる気がしますね。


【木】の日本酒グラス。おすすめブランド2選

出典:PIXTA
ぬくもりが感じられる木製の日本酒グラス。どんなメリットや特徴があるのかを見ていきましょう。

木の日本酒グラスの特徴・メリット

日本酒グラスが木製の場合、木ならではの口当たりのなめらかさと柔らかさが感じられるのが特徴。木の酒器なら、「升」も有名ですね。木の日本酒グラスならではのメリットとしては、木の種類によって香りが日本酒に移ってさらに香りの良さが楽しめることや、漆塗りの場合は口当たりがさらになめらかになることが挙げられます。

出典:Pixabay
主な木の種類としては、下記の木々が人気です。

ヒノキ…もっとも香りが強い木の一つで、水・湿気に強く、抗菌作用も強いです。
ケヤキ…立ち姿が立派な木の一つ。困難にくじけない強い意志がある木として、ケヤキを使ったアイテムは成人祝いや開店祝いなどのギフトとして人気。
エンジュ…「延寿」とも書かれる木で、長寿祝いギフトにも最適。
キハダ…木目がはっきりしており、個性を出しやすい木として人気。

では、木の日本酒グラスのおすすめアイテムを見てみましょう。

1. 三好漆器

明治24年創業の和歌山海南市の工芸会社。400年あまりの歴史をもつ日本有数の漆産地で生まれた「紀州漆器」はの伝統を受け継いでおり、曲げわっぱや重箱といった伝統的なものだけでなくモダンな漆器も多数生み出しています。

 

三好漆器の日本酒グラス〜経年変化をじっくり楽しめる酒器〜

根来塗り(ねごろぬり)という手法で作られた日本酒グラス。朱塗りの下の層にある黒漆が見えるまで磨かれたもので、使うほどに質感が変わってくる様子を楽しめる逸品です。

ITEM
天然木製 ぐい呑み 亀甲 曙 漆塗り
・サイズ(約)…7.7×7.7×高さ5cm

冷やの酒をいただくときに使用しています。
値段以上の質感かと思います。


2. 大館工芸社

秋田県大館市の工芸品として有名な、天然杉を使った「曲げわっぱ」の製造を行っている会社。天然杉の香りが感じられるおひつや弁当箱、雑貨だけでなく、昭和後期からは、コーヒーカップやビールジョッキ、日本酒用酒器の生産も積極的に行っています。

 

大館工芸社の日本酒グラス〜天然木の香りを堪能できる酒器セット〜

1合サイズの徳利とぐい呑みのセット。杉の芳醇な香りと相まって日本酒がどんどん進みそうですね。全て熟練職人によるハンドメイド作品で、木の温もりだけでなく職人技も感じられる逸品として人気ですよ。

ITEM
天然秋田杉酒器セット
熱燗でも冷酒でも美味しく頂けて、粋な晩酌を味わえます。徳利の角の部分からお酒を注ぎます。杉の香りがお酒を引き立たせてくれます。
1合サイズなので、帰宅後のちょっと晩酌におすすめです。熟練した職人の技を感じる古くから伝わる秋田杉の木工芸です。

杉の香りがプーンときて熱燗が本当に旨い。まるで木の湯船に浸かりながら味わっているみたい。毎日のように愛用しています。


ギフト&プレゼントにもぴったり!おしゃれな日本酒グラス

出典:PIXTA
ここまで、ギフトや日常使いにぴったりな日本酒グラスを素材別にご紹介してきました。日本酒は、素材や形状で大きく味わいや風味が変わるため、お好きな日本酒やアルコール度数に合わせてそれぞれ違う素材・形状の日本酒グラスを買い足して日本酒をさらに楽しむのも素敵ですね。

また、日本酒グラスは、特製木箱のプレゼントや名入れなどのギフトサービスを行っているショップも多く、ギフトにも最適。男性・女性問わず贈りやすいアイテムの一つですので、お酒好きの御親類や友人、同僚など、大切な方へ贈ってみるのも粋ですね。

伝統的なものからモダンなものまで、素敵なデザインや形状のものも多くありますので、ぜひ一度日本酒グラスを探してみてはいかがでしょうか。

紹介されたアイテム

カガミクリスタル 江戸切子 笹っ葉に斜格…
カガミクリスタル ペア・ロックグラス(木…
ねぶた酒器セット箱入り
利き猪口酒器セット(盃・カラフェ)
リーデル オー (O) 日本酒 大吟醸グ…
リーデル VINUM(ヴィノム) 大吟醸
松徳硝子 うすはり 大吟醸 単品グラス
田島硝子 富士山 ロックグラス TG15…
東洋佐々木ガラス 冷酒セット パープル…
イッタラ ワイングラス サケグラス タピ…
波佐見焼 藍屋 絵変り カップ 5客セッ…
波佐見焼 es 判子 蕎麦猪口
Floyd フロイド FUJI CHOC…
白山陶器 フリーカップ インディゴ 麻の…
白山陶器 しのぎ 青白釉 盃
やま平窯元 エッグシェル Kaori L…
能作 錫器 ぐい呑
能作 片口 小 ぐいのみ 2個セット
天然木製 ぐい呑み 亀甲 曙 漆塗り
天然秋田杉酒器セット

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
モチヅキ アヤノ
モチヅキ アヤノ

ライフスタイル&トラベルライター/ブロガー(旅した距離:地球7周分)

ライフスタイル&トラベルライター/ブロガー(旅した距離:地球7周分) 大学時代、世界190の国・地域からの留学生と生活。 彼らとの生活で世界の食文化の豊かさに感銘を受け、外国料理の虜に。 大学卒業後は、セレクトショップWEBスタッフや家具商社の商品企画担当を経て、現在は食やインテリア、美容、旅行を愛するフリーライター・ブロガーとして活動中。 これまで約20カ国に出張・旅行しており、世界の食文化や調味料、雑貨に常に興味津々。 旅先ではコスメ・キッチン雑貨探しや、現地B級グルメや家庭料理、現地クラフトビールを楽しむことに目がない。 お気に入りの旅先はドバイ、トルコ、スウェーデン、アイスランド、スペイン、マレーシア、ベトナム、台湾。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美