期待の新ブランド米「金色の風」の評価や特徴は?岩手から金銀米がそろい踏み

金色の風は岩手県が10年の歳月をかけて開発した新ブランド米です。「コシヒカリ」並みのアミロース含有量と「ひとめぼれ」の特徴を兼ね備えた最上級のお米です。今回は、期待の新ブランド米「金色の風」を徹底解説!美味しさに秘密に迫ります。


出典:写真AC
「金色の風」は、岩手県が10年の歳月をかけて開発した新しい品種のお米。都道府県別のお米の生産量で第10位の米どころでありながら、あまり岩手県のお米がおいしいことは知られていません。そこで岩手県のお米の美味しさをPRするためにフラッグシップのお米として完成させた最高品質のお米が「金色の風」です。今回は、岩手県の期待の新しいブランド米「金色の風」の魅力に迫ってみます。

岩手県の新ブランド米「金色の風」とは?

出典:写真AC

岩手県のフラッグシップ米「金色の風」とは?

「金色の風」は、平成29年から一般栽培が始まった岩手県オリジナルの水稲品種です。公益財団法人岩手生物工学研究センターと岩手県農業研究センターが、「コシヒカリ」を越えるコメを目標に開発に取り組んだ品種で、10年の歳月をかけて完成した岩手県のフラッグシップ米です。

最新の科学技術「ゲノム解析技術(※注1)」の「MutMap法(ムトマップ法)」を使って、おいしさの遺伝子を持つ系統「Hit1073」を母に、トータルバランスに優れている「ひとめぼれ」を父に人工交配され生まれたお米で、ふわりとした食感とかんだ瞬間に口いっぱいに広がる豊かな甘みが特徴で、「コシヒカリ」並みのアミロース含有率と「ひとめぼれ」の特徴を兼ね備えた最上級のお米です。

平成29年にデビューした新しいブランド米ですが、おいしいと味の評判も良く、その高級感のあるネーミングやロゴマークのデザインからギフトや贈答用として人気になっています。

※注1:ゲノム解析とは、生物のゲノムのもつ遺伝情報を総合的に解析すること。

「金色の風」名前の由来

「金色」は、ユネスコの世界遺産リストに登録された岩手県平泉の中尊寺の金色堂をイメージさせるとともに、たわわに実った稲穂を連想しています。

「風」は岩手県の豊かな”風土“を表していて、日本の食卓に新たな” 風“を吹き込むという願いが込められています。

「金色の風」のテレビCM

出典:YouTube【のん 【CM】岩手県産米 「金色の風」】
「金色の風」のテレビCMには、女優の”のん(能年玲奈)”さんが出演していました。のんさんは、2013年に岩手県の架空の町を舞台にしたNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」に出演したことから、2017年に「純情産地いわて宣伝本部長」に就任し、CMでは金髪にして「金色の風」のおいしさをアピールしています。
2018年10月29日には、東京ミッドタウン日比谷で「いわての美味しいお米 新米フェア」のイベントが開催され、のんさんはおにぎりを頬張って「塩むすびを食べたのは久しぶりですが、ご飯ってこんなに美味しいんだ、と再認識しました。皆さんも是非美味しい思いをしましょう!」と美味しさを絶賛しました。

岩手県から「金」と「銀」のお米がそろい踏み

岩手県は、都道府県別のお米の生産量が第10位と米どころですが、全国的にはあまり有名ではありません。そのため米どころ岩手県をPRするためのフラッグシップ米として10年かけて開発したのが「金色の風」と「銀河のしずく」の金銀のお米です。

「銀河のしずく」は、「金色の風」がデビューした平成29年の前年に登場した岩手県オリジナルの水稲品種で、(一財)日本穀物検定協会が実施する平成30年産米の食味ランキングで「特A」評価を取得したお米で、炊き上がりの白さ、粘りと硬さのバランスの良さ、かむほどに広がる甘さが特徴です。

 

 
▶︎岩手県のフラッグシップ米「金色の風」の特徴

岩手県のフラッグシップ米「金色の風」の特徴

出典:写真AC

「金色の風」の栽培基準と品質管理!

「金色の風」は、産地も作付けする農家も厳選して栽培される岩手県産米のフラッグシップ。「場所」「栽培方法」「人」「品質管理」と厳しい基準を厳格に守って生み出されています。

 

「場所」

岩手県での稲作は、県内全域で行われていますが「金色の風」の栽培地域は県南地区の北上川流域限定です。北上川流域は岩手県一の良食味米の生産地帯。お米の食味ランキングで「特A」の評価を22回も取得している「県南ひとめぼれ」の栽培地域です。

 

「栽培方法」

(一財)日本穀物検定協会が実施する食味ランキングで「特A」評価を取得して、全国最高水準の味にするために、作付け農家は岩手県が作成する「栽培マニュアル」を厳守して「金色の風」の栽培を行っています。

 

「人」

作付け農家も岩手県が選定基準を策定して、JAがその基準を満たす農家を選定。市町村長の推薦を受けた農家を県が「金色の風」作付け農家として登録し、毎年作付け基準を満たしているか確認を行っています。

 

「品質管理」

岩手県が定める品質目標を達成したお米だけが「金色の風」として出荷されています。

「金色の風」の美味しさの理由

 

ふわりとした食感!

「金色の風」の特徴は、やわらかな軽い食感とほどよい粘り、口の中にしっとりと広がる保水膜(おねば)。そのバランスが絶妙で「コシヒカリ」並みのアミロース含有量と「ひとめぼれ」の良さを兼ね備えています。

 

豊かな甘み

「金色の風」は、白米表層の糖度が「コシヒカリ」の1.5倍以上。保水膜(おねば)の付着性が高いことで口の中に甘みが広がり、その余韻が長く残ります。

「金色の風」はどこで買える?値段や販売店、通販の紹介

出典:写真AC
「金色の風」は、平成29年にデビューしたばかりの新しいブランド米。「場所」「栽培方法」「人」「品質管理」と厳しい基準を守って栽培されるので、まだ流通量が多くありません。そのため、「金色の風」を購入するには以下の方法がおすすめです。

金色の風の取扱い店

「金色の風」は岩手県内のお米店やスーパーマケットを中心に、青森県、神奈川県、埼玉県、千葉県、東京都、栃木県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、三重県、和歌山県、山口県、香川県、徳島県、熊本県、長崎県の各取扱店で販売されています。
(参考:いわて純情米需要拡大推進協議会 ホームページ

楽天やamazonの通販でも買える金色の風

楽天やamazonのインターネット通販でも、お取り寄せが可能です。まだ生産量があまり多くないので売り切れる可能性もありますが、秋の新米が出そろう時期に合わせてお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

 

30年産 岩手県産 金色の風 2kg

ITEM
【精米】 30年産 岩手県産 金色の風 2kg 精白米 こんじきのかぜ
・ブランド:金色の風
・商品重量:2 Kg
・産地(地方):東北地方
・産地(都道府県):岩手県

友人への贈り物。まだ感想は頂いておりませんが、ちょうどいいサイズで送りやすかったです。



 

30年産 岩手県産 金色の風 5kg

ITEM
30年産 岩手県産 金色の風 5kg JA米 こんじきのかぜ (白米精米 約4.5kgでお届け)
・ブランド:金色の風
・商品重量:5 Kg
・産地(地方):東北地方
・産地(都道府県):岩手県

リピートしました。価格はともかく味よくお気に入りです。またお願いします。



30年産 玄米 10kg 岩手県産 金色の風
ITEM
【30年産】玄米 10kg 岩手 金色の風 (白米に)
ブランド:金色の風
商品重量:10 Kg
産地(地方):東北地方
産地(都道府県):岩手県

新米はおいしいね。炊き上がりも申し分無し、値段はよくわからない。 



 

農薬節減米(農薬使用回数・化学肥料使用量 当地比5割減)の特別栽培米【金色の風】

ITEM
特別栽培米 30年産 岩手県 金色の風(こんじきのかぜ) 2キロ入り
・ブランド:金色の風
・商品重量:2 Kg
・産地(地方):東北地方
・産地(都道府県):岩手県
・特別栽培米

「金色の風」のおいしい炊き方

出典:写真AC

金色の風のおすすめの炊き方

JAいわて平泉の広報誌で紹介されている「金色の風」のおすすめの炊き方です。「金色の風」は他の品種のお米より、水加減は少なめで炊くのがおすすめです。特に新米の時期はお米に含まれる水分量が多いので、水を少なくして炊くのが美味しく炊き上げるコツです。

1.水とお米は正しく計る
・カップに山盛り取ってすり切りがポイント
・コメは乾燥しやすいので洗う直前に計量しましょう
・水加減は少なめで炊くのがおすすめです
2.コメはやさしく洗う
・力を入れて洗うとコメが割れて焦げやべたつきの原因となります
3.炊飯に適した水で洗う
・水道水や浄水器を使った水がおすすめです

「金色の風」炊飯モードもある炊飯器

パナソニックの炊飯器「Wおどり炊き」には、お米の特性に合わせた火加減でご飯を炊き上げる「銘柄炊き分けコンシェルジュ機能」が搭載されていて「金色の風」を含む50銘柄のお米を炊き分けすることができます。

パナソニック独自のWおどり炊きは、大火力おどり炊きと可変圧力おどり炊きにより、しっかり加熱され、お米一粒一粒が大きくふくらむので口の中でお米の粒を感じることができます。

銀シャリ10種類炊き分けで、かため、やわらか、しゃっきり、もちもちなど圧力のかけ方やスチーム加熱の有無、温度を調整し、お好みの食感やメニューに合わせて炊き分けることができます。

パナソニック 5.5合 炊飯器 圧力IH式 Wおどり炊き

ITEM
パナソニック 5.5合 炊飯器 圧力IH式 Wおどり炊き ルージュブラック SR-SPX106-RK
・外形寸法 (幅×奥行×高さ):26.6×33.8×23.3cm
・主な材質:PP樹脂
・消費電力:約1210W

高級な炊飯器は初めての購入になります。これまで購入していたスタンダードな炊飯器とは炊き上がりが別ものでした。昔、圧力式の炊飯器が出た時も感動しましたが、今回も同様の感動でした。買い替えは5年以上先とは思いますが、どの程度進化するのか楽しみになりました。







 
▶︎ギフトにおすすめ「金色の風」「銀河のしずく」のお酒

ギフトにおすすめ「金色の風」「銀河のしずく」のお酒

岩手の新ブランド米「金色の風」と「銀河のしずく」を醸した贅沢な特別純米酒2本の飲み比べセット。お米そのものの味を最大限に味わえるように60%まで精米して仕込んでいます。

「銀河のしずく」は穏やかな香りと濃厚な旨みを感じられ後にひかない上品なのど越しです。「金色の風」は、豊潤な旨味と柔らかな旨みを感じられ後にひかない爽やかなのど越しです。どちらもお米の味をそのまま感じられる日本酒です。

ITEM
日本酒 金色の風720ml+銀河のしずく720ml 金銀セット
特別純米酒 銀河のしずく 720ml
・原材料:米(国産)、米麹(国産米)
・精米歩合:60%
・アルコール度数:16度
・日本酒度:+2.0
特別純米酒 金色の風720ml
・原材料:米(国産)、米麹(国産米)
・精米歩合:60%
・アルコール度数:16度
・日本酒度:+1.0

岩手県産のお米の品種と特徴

出典:写真AC
岩手県は、平成30年度のお米の生産量が273,100トンで都道府県別第10位。一等米の比率は90%を超える全国有数の米どころです。県内では今から約2,000年前の水田の跡も見つかっていて、遥か昔の弥生時代から米どころであったと考えられます。

他県に先駆けて土壌診断を導入して、稲作に適した土づくりを実施。畜産が盛んなことから、堆肥など有機肥料を積極的に使った健康な土で、おいしいお米が栽培されています。また、化学合成農薬の使用量を減らした特別栽培等にも取り組んで、自然環境への負荷が少ない米づくりが行われています。

「きれいな水」と「澄んだ空気」に恵まれた環境の中で、県内の各地域の気象条件に合わせたさまざまな品種が栽培されているので、岩手県産のいろいろな銘柄米を食べ比べしてみてはいかがでしょうか。

銀河のしずく

「銀河のしずく」は、平成28年にデビューした岩手県オリジナル水稲品種。「銀河のしずく」の特徴は、「炊き上がりの白さ」「バランスのとれた食味」「食感は、いつでもかろやか」の3つ。

栽培マニュアルや栽培研究会での基準を守って、品種の特長が最大限に発揮できるよう「場所」「人」「栽培方法」「品質管理」を徹底して栽培されています。

(一財)日本穀物検定協会が実施した30年産米の食味ランキングで「特A」評価を取得。また日経トレンディが主催した「米のヒット甲子園2016」で大賞を受賞して、第1回おにぎり食味会で入賞した銘柄名です。

ITEM
【精米】 30年産 特A 岩手県 銀河のしずく 2kg 精白米
・ブランド:銀河のしずく
・商品重量:2 Kg
・産地(地方):東北地方
・産地(都道府県):岩手県

色々なところに書いてありますが「炊き上がり」の白さに、まず、びっくりです。白くてキレイな炊き上がりでした。食べた感じは、甘さが際立つ感じでしょうか。美味しいです。塩むすびとか、お米の味が前面に出るものを、作ってみたいと思いました。



 

岩手県紫波町「ふるさと納税返礼品」【金色の風】【銀河のしずく】2種食べ比べセット

ITEM
【ふるさと納税】No.038 岩手県産【金色の風】【銀河のしずく】2種食べ比べセット お米
・名称: 精米
・規格・内容量:5kg×各1袋
・産地 金色の風:岩手県(30年度産 単一原料米)精米年月日:別途商品ラベルに記載、銀河のしずく:岩手県(30年度産 単一原料米)精米年月日:別途商品ラベルに記載
・賞味期限 精米日より1ヶ月程度

ひとめぼれ

「ひとめぼれ」は、宮城県の古川農業試験場で誕生し、岩手県内では生産量がもっとも多いお米です。特に岩手県南産は(一財)日本穀物検定協会で実施している「米の食味ランキング」で、平成6年から30年まで最高位の「特A」を23回獲得しています。

「ひとめぼれ」の名前は、「見た目の美しさにひとめぼれ、食べておいしさにひとめぼれ。」に由来しています。名前の通り、ツヤと適度な粘り気、口当たりの良さが魅力のバランスに優れた美味しいお米です。

ITEM
【精米】岩手県産 白米 ひとめぼれ 5kg 平成30年産
・ブランド:ひとめぼれ
・商品重量:5 Kg
・産地(地方):東北地方
・産地(都道府県):岩手県

大掃除に集まってくれた方々への、お昼のおむすび用に購入しました。お米の味が引き出されるように、シンプルに塩むすびにしました。炊き立てを握りましたが、食べるのはその2時間後ぐらい。でも!冷めても美味しい。そして、残ったものを翌日食べても美味しい!我が家用にも購入したいと思います。


あきたこまち

「あきたこまち」は、昭和59年に秋田県農業試験場で誕生し、岩手県では「ひとめぼれ」に次いで第2位の生産量を誇る品種です。世界三大美人に数えられる平安時代の歌人「小野小町」に因んで名付けられた秋田県、岩手県を代表するお米です。

「あきたこまち」の特徴は、香りが良く粘りもありモチモチとした食感の良さ。旨み・甘み・粘り・歯ごたえなどバランスが非常によいのも特徴です。水分含有量が多いので、炊き立てはもちろん、冷めても美味しいお米です。

ITEM
【精米】岩手県産 白米 あきたこまち 5kg 平成30年産
・ブランド:あきたこまち
・商品重量:5 Kg
・産地(地方):東北地方
・産地(都道府県):岩手県

どんぴしゃり

「どんぴしゃり」は、平成17年に岩手県農業研究センターで誕生した岩手県オリジナルの銘柄米です。耐冷性、耐倒伏性、耐病性に優れていることから、安定的に生産できる品種として期待されています。

「どんぴしゃり」は、粒が大きくしっかりしていて、歯ざわりも良く非常に食感に優れているのが特徴です。また、甘みと粘りのバランスが良いので、どんな料理にもよく合います。

ITEM
30年産岩手県産どんぴしゃり 白米 10kg 5kg×2袋 お米 ポイント2倍
・ブランド:どんぴしゃり
・商品重量:5 Kg×2
・産地(地方):東北地方
・産地(都道府県):岩手県

いわてっこ

「いわてっこ」は、「こころまち」と「ひとめぼれ」を掛け合わせて、平成13年に岩手県農業研究センターで誕生した岩手県オリジナルの銘柄米です。粒が大きく、ふっくらと炊き上がり、甘みや香り、旨味、粘りなどのバランスが非常に良くどんな料理にも合います。また、冷めてもおいしいのでお弁当にもおすすめです。

ITEM
河判 五ツ星お米マイスターが農家から直接仕入れた遠野産いわてっこ(精米)5kg
・ブランド:いわてっこ
・商品重量:5 Kg
・産地(地方):東北地方
・産地(都道府県):岩手県

日本のこれからを担う新ブランド米「金色の風」

出典:写真AC
平成29年にデビューした岩手県のフラッグシップ米「金色の風」。栽培地域、作付けする農家さん、栽培方法、品質管理と厳しい基準を守って栽培されるので、まだ流通量が多くはなくこれからを期待される品種です。「金色の風」の前年にデビューした「銀河のしずく」と合わせて、岩手県産の金銀のお米が注目されています。ぜひ食べ比べしてみてくださいね。

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
都良
都良

北海道の郷土料理とご当地グルメをこよなく愛するフードライター

生まれも育ちも北海道の真ん中の街「旭川市」。食生活アドバイザーの資格を持ちながらも極めて不健康な食生活を送っている人。 旭川ラーメンの研究のため半年で200軒のお店を食べ歩き、お風呂に入ったら自分から豚骨臭がした経験あり。 本業は、食品開発のコンサルティング。 障がい者の支援も行っていて、「レンジと炊飯器で作る超かんたん料理 UDレシピ本」の企画編集も担当。 資格:北海道フードマイスター、北海道観光マスター、消費生活アドバイザー、食生活アドバイザー、旭川大雪観光文化検定1級、日本酒ナビゲーター、初級障がい者スポーツ指導員、北海道ボッチャ協会審判員・普及指導員

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美