山形県産米のつや姫は、9年連続で特A評価の人気ブランド米!

【つや姫】は、10年の歳月をかけて開発された山形オリジナルのブランド米。食味ランキングでは9年連続で最高の「特A」の評価を獲得していて、ふるさと納税の返礼品としても人気です。今回は、そんな【つや姫】の特徴やおいしさの秘密をご紹介します。


出典:写真AC
「つや姫」は「庄内米」とも呼ばれ、おいしいお米として全国的に有名な山形県のお米。その山形県で「コシヒカリ」を超えるお米として、10年の歳月をかけて開発されたオリジナル品種です。デビューから9年連続で「財団法人日本穀物検定協会」が実施している食味ランキングにおいて「特A」評価を獲得していて、山形県だけでなく全国的にも人気の品種です。

山形県のブランド米「つや姫」とは?

出典:写真AC
山形県は、夏は暑く、冬は多くの雪が降る季節の変化がはっきりとした地域で農業に適した気候の地域。さくらんぼやぶどう、りんごなど果樹の栽培も盛んですが、全国有数の米の産地としても知られており、平成30年度のお米の生産量は、374,100トンで都道府県別で第4位です。

山間部に積もる豪雪の雪解け水は、豊かな湧き水となって水田を潤し、おいしいお米が作られています。山形県では、20年以上も「はえぬき」が主力品種として育てられてきましたが、山形県産米の食味日本一を目指して平成10(1998)年から開発が進められたのが「つや姫」です。10年の期間をかけて開発され平成22(2010)年に全国デビュー。良食味米の代表品種である「コシヒカリ」を凌ぐおいしさのお米と口コミが広がり人気となっています。

山形県の「つや姫」PR戦略

出典:写真AC
山形県では、山形県にゆかりがあり、高い情報発信力が期待できる人に「やまがた特命観光・つや姫大使」を委嘱して、山形県の観光と「つや姫」の魅力を広く発信してもらっています。多くの有名人や芸能人が「やまがた特命観光・つや姫大使」として「つや姫」のPRをしていますが、平成30年秋の新米の時期から放送されたテレビCMでは、エッセイやテレビ番組で人気の「阿川佐和子」さんが登場して「世界に誇るお米、つや姫。」を宣伝しています。

また3人の美女「つや姫レディ」が、山形県産米の認知度向上と販売の拡大を図るため、さまざまなイベントを通じて消費者や流通関係者、マスコミ関係者等に対しPR活動を行っています。

「つや姫」の特徴

出典:写真AC

「つや姫」のおいしさの秘密

「つや姫」は、明治時代に山形県の阿部亀治によって開発された「亀の尾」というお米が祖先です。「亀の尾」は、庄内平野がひどい冷害を受けた年に発見された1本の穂に始まったとされています。その後、冷害や病気に強く良食味の品種として評価され、現在も交配親として人気の品種です。

「亀の尾」は、良食味米として代表的な品種である「コシヒカリ」や「ひとめぼれ」「はえぬき」「あきたこまち」などの開発にも交配親として使われています。「つや姫」は、その優秀な祖先のDNAを受け継いでおいしいお米として誕生しました。

おいしさへのこだわり

「つや姫」は、平成10(1998)年から10年の開発期間をかけて誕生したお米です。「財団法人日本穀物検定協会」や「農業総合研究センター」の食味評価では、「甘み」「うまみ」「艶」などに優れ「コシヒカリ」を上回る評価を得ています。

そのおいしさの秘密は、4つの厳しい基準によって守られている高い品質。

 

①栽培適地

「つや姫」の「栽培適地マップ」を定めて、気象や地理条件などにより選ばれた「最適地」と「適地」で栽培されています。

 

②生産者認定

ブランド化戦略推進本部が認定した生産者だけが「つや姫」を栽培。認定は、つや姫認定委員会が栽培を希望する生産者の栽培条件や栽培実績から判定しています。

 

③栽培基準

「つや姫」は、栽培基準を有機栽培米や特別栽培米などに限定し、安心安全な栽培方法で育てられています。

 

④品質基準

山形県産では、全JAに食味計を導入して”出荷基準玄米粗タンパク質含有率”が”ウエット15%換算”で6.4%以下、”乾物換算”で7.5%以下の品質基準を定めています。

このような厳しい基準によって栽培・出荷される「つや姫」は、「財団法人日本穀物検定協会」が実施している食味ランキングにおいて、デビュー以来9年連続で最高評価の「特A」を獲得。全国的にもおいしいお米として評価が高まっています。

 
▶︎人気の「つや姫」はどこで買える?

人気の「つや姫」はどこで買える?

出典:写真AC
9年連続で「特A」の評価を獲得している「つや姫」は、今や県内だけでなく県外にもファンが増えています。山形県内のスーパーマーケットやお米屋さんなどで販売されている他、北海道や東京都、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、宮崎県など全国のお店で取扱されています。また、楽天やAmazonなどインターネット通販でのお取り寄せでも人気です。

楽天やAmazonでお取り寄せできる「つや姫」

 

山形県産 特別栽培米 無洗米 つや姫 2kg

とがずに炊ける無洗米の「つや姫」。農林水産省が策定した「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に沿って栽培された「特別栽培米」で、農薬と化学肥料を慣行栽培(通常の栽培方法)に比べて5割以下に抑えた安心安全なお米です。

ITEM
【精米】山形県産 特別栽培米 無洗米 つや姫 2kg 平成30年産
・内容量:2kg
・原材料:精米(山形県産)
・商品サイズ(高さ×奥行×幅):55mm×330mm×235mm

家でお米を食べる事は少ないのですが、お弁当を持って出勤しております。通常の「つや姫」も食べていましたが、「研がないで良いならこっちの方が便利じゃないの?」と思って購入しました。差異は感じませんでした。「災害用に無洗米を常備している(通常は研ぐお米を使用)」と知人が言っていたのですが、私の舌では違いが分からないので、美味しい・楽ちん・便利で、とても良いお米だと思いました。



 

皇室献上農家  石垣さんの特別栽培米 つや姫  5kg

山形県小国町の石垣さんは、平成24年の新嘗祭で山形県を代表して、天皇陛下にお米を献上された農家さんです。石垣さんのお米は、育苗から出穂の時期まで、抗菌や害虫の忌避効果、土壌の改良などに効果があるとされる「木酢液」を散布して「つや姫」を育てています。

ITEM
皇室献上農家 山形県小国町 石垣正憲産 特別栽培米 つや姫 平成30年産 (白米, 5kg)
・内容量:5kg
・原材料:精米(山形県産)
・ブランド:皇室献上農家のつや姫

つや姫、どうかな?と思いましたが皇室献上農家とあったので期待してました。甘味もお米の味もしっかりしてて大変気に入りました。美味しかったです。またリピしたいです。



 

【玄米】つや姫 (特別栽培米) 平成30年山形県産 10kg

お米は精米してから時間が経つとどんどんと味が落ちてきます。ごはんのおいしさにこだわるなら、コイン精米機や家庭用精米機を使って精米したてのお米を炊くのが一番。そんなこだわり派には、”玄米”の「つや姫」がおすすめです。10㎏なのでお子様のいるご家庭にぴったりの量です。

ITEM
★【玄米】つや姫 (特別栽培米) 平成30年山形県産 10kg
・商品重量:10 Kg
・産地(都道府県):山形県
・メーカー名:農事組合法人やまがたファーム

玄米は固いと聞いていましたが、つや姫玄米の炊き上がりは、やわらかく少しモチモチ感があって美味しい。但し時間と共にひえてくると少々固くなるようだが、温めて食べれば問題ない良い玄米です。


ふるさと納税の返礼品としても人気の「つや姫」

出典:写真AC
各地の特産品が返礼品としてもらえることで話題の「ふるさと納税」。山形県のブランド米「つや姫」も「ふるさと納税」の返礼品に選ばれていて人気となっています。おいしいお米を食べて山形県の市や町を応援してはいかがですか。

山形県さがえ産 特別栽培米「つや姫」10㎏

山形県寒河江市、大人気の「ふるさと納税」返礼品!寒河江市は、県知事賞(最高賞)受賞の生産農家を4年連続で輩出する米どころ山形の中でも、特においしいと米が取れる地域。その寒河江市で、通常の栽培方法に比べ、農薬と化学肥料を50%削減した「特別栽培」で育てられた「つや姫」です。

寄付金は、”安心して結婚・出産・子育てできる環境づくり”や”魅力ある農業・賑わいのある商工業の振興”などに役立てられます。

ITEM
【ふるさと納税】つや姫 10kg ≪ 特別栽培米だから安心安全 ≫
・名称:精米
・産地:山形県西村山地域
・品種:つや姫
・使用割合:単一原料米
・内容量:10kg(5kg×2袋)

「つや姫」を使った商品

出典:写真AC
山形県では「つや姫」を使った日本酒や甘酒、おせんべいなども開発されて県の特産品やお土産、ギフトとして人気です。

お土産にぴったり「つや姫の極焼」など煎餅の詰合わせ

山形県産のつや姫を使った「つや姫の極焼」や山形県庄内地方特産の枝豆”だだちゃ豆”を使った「だだちゃ豆せんべい(しょうゆ味)」「だだちゃ豆せんべい(みそ味)」と4種類のおせんべいがセットになった詰め合わせです。

ITEM
山形あじわい煎餅 【山形県 お土産 煎餅 詰合せ】
名称・内容量 つや姫の極焼:5袋、だだちゃ豆せんべい(サラダ味):6枚、だだちゃ豆せんべい(醤油味):6枚、だだちゃ豆煎餅(みそ味):6袋


 

特別栽培米「つや姫」の生あま酒

契約農家が作る山形県産の特別栽培米「つや姫」と「つや姫」の米糀を使った生あま酒です。糀から自社で製造していて、防腐剤や添加物を使用せず、ノンアルコールなので子供も安心して飲むことができます。

「生あま酒」は、糀菌が生きた状態の甘酒。糀が生きているので糀本来の香りが楽しめます。また砂糖を使っていないので、自然な甘みをフレッシュジュースや日本酒などに合わせた楽しめます。

ITEM
特別栽培米「つや姫」の生あま酒 [400g]×3袋セット
・名称:あま酒(つや姫400g)×3袋
・原材料:米糀(山形県産つや姫)、うるち米(山形県産つや姫)
・内容量:400g×3袋
・保存方法:要冷凍(-18℃以下)


 

秀鳳 純米大吟醸 つや姫

「つや姫」を伝統的な技法で高精白に磨き上げ仕込んだ山形県山形市の秀鳳酒造場の純米大吟醸です。本物の果物のようなフルーティーで調和の取れたやわらかなコクと上品な香りで、お米の味わいをしっかり感じることができます。

ITEM
秀鳳 純米大吟醸 つや姫 1800ml 山形の日本酒
・原材料:米(国産)・米麹(国産米)
・使用米:山形県産 つや姫 100%
・精米歩合:45%
・使用酵母:山形酵母
・アルコール度数:17度
・日本酒度:±0
・酸度:1.4
・容量:1,800ml


 
▶︎山形県産米のその他の品種

山形県産米のその他の品種

出典:写真AC
夏は暑く、冬は雪がたくさん降る山形県は、季節の変化がはっきりとしていてお米の栽培に適した気候で、都道府県別では全国第4位の米どころです。「つや姫」の他にも、平成30年度産からデビューした新品種「雪若丸」や、20年以上も山形県の主力品種として栽培されている「はえぬき」、他県でも広く栽培されている「ひとめぼれ」などさまざまな品種が育てられています。

雪若丸

「雪若丸」は、平成30年度産米からデビューした新しい山形県オリジナルのブランド米。平成15(2003)年から山形県の農業総合研究センター水田試験場で育成が始められ、完成には10年以上の月日がかかりました。

平成30年度産の「雪若丸」は、作付面積1,709ha、生産量が約10,000tでしたが、平成31年度産は作付面積2,709ha、生産量約16,000tと今後どんどんと生産が増える見込みで、「つや姫」と合わせて山形県の主力となる期待の新品種です。

「雪若丸」は、山形県産の他品種と比較すると、粘りと硬さ、しっかりとした粒感のバランスに優れた、これまでにない新食感。炊飯したごはんの白さ、外観、光沢、味が優れ、これまで山形県で主力品種として栽培されていた「はえぬき」よりも食味に優れています。

ひとめぼれ

「ひとめぼれ」は、宮城県の古川農業試験場で「コシヒカリ」と初星を交配させて開発されたお米で、北は青森県から南は沖縄県まで広く栽培されている品種です。「コシヒカリ」譲りの味の良さや食感と耐寒性に優れ栽培が比較的に簡単なことが特徴で、今も作付け面積が多く、値段も高くないことから一般消費者はもちろん飲食店などの業務用としても人気のお米です。

はえぬき

「はえぬき」は、平成4(1992)年にデビューした山形県オリジナルのブランド米。いもち病に弱く倒れやすい「ササニシキ」に代わり山形県の主力品種となり、依頼20年以上も親しまれています。「はえぬき」は、味や香り、外観、食感、粘りのいずれの項目でも評価が高く、バランスが良いマルチなお米です。

また、丸窯、連続炊飯ともに「炊き増え率」「味度値」「食味値」が高く、炊飯特性に優れて業務用としても広く採用されています。

「つや姫」のおすすめの炊き方

出典:写真AC
「つや姫」のおいしい炊き方のポイントをご紹介します。

 

①研ぎ方

ボウルにしっかりと計量した「つや姫」を入れて、水をいれて軽くかき混ぜます。ぬか臭さとごみを取るためにすばやく水を捨てます。再び水を入れて20回程かき混ぜて、水が澄むまでたっぷりの水で流します。

 

②水加減

「つや姫」を炊飯器で炊く場合には、目盛りより若干少な目の水で炊くのがおすすめです。

 

③浸水

冬場で1時間程度、夏場なら30分程浸水させます。

 

④蒸らし

炊飯して炊きあがったら10分程蒸らします。

 

おいしいごはんを炊くための土鍋についてもあわせて読んでみてください。


その名の通り艶やかな炊き上がりの「つや姫」

出典:写真AC
「つや姫」は、都道府県別の生産量第4位の米どころ山形県で主力品種として栽培されているお米です。厳しい基準を定め、おいしさにこだわりり9年連続で食味ランキングで「特A」評価を獲得しています。今や全国でブランド米が誕生して、おいしさのしのぎを削っていますが、ぜひ山形県の「つや姫」も食べてみてくださいね。

編集部おすすめ記事


今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
都良
都良

北海道の郷土料理とご当地グルメをこよなく愛するフードライター

生まれも育ちも北海道の真ん中の街「旭川市」。食生活アドバイザーの資格を持ちながらも極めて不健康な食生活を送っている人。 旭川ラーメンの研究のため半年で200軒のお店を食べ歩き、お風呂に入ったら自分から豚骨臭がした経験あり。 本業は、食品開発のコンサルティング。 障がい者の支援も行っていて、「レンジと炊飯器で作る超かんたん料理 UDレシピ本」の企画編集も担当。 資格:北海道フードマイスター、北海道観光マスター、消費生活アドバイザー、食生活アドバイザー、旭川大雪観光文化検定1級、日本酒ナビゲーター、初級障がい者スポーツ指導員、北海道ボッチャ協会審判員・普及指導員

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美