おしゃれで機能的な電気ケトルを選びたい!人気商品一挙紹介

今や家庭の定番家電となった電気ケトル。ティファールやデロンギなどのメーカー商品だけでなくおしゃれで機能的なものが豊富に揃っています。保温タイプ、コーヒー専用、価格が安い、安心安全!おすすめしたい電気ケトルと人気商品を一挙に紹介します。


出典:写真AC
ひと昔前までは、お湯を沸かす機能だけメインだった電気ケトル。すでに10年ほど同じ電気ケトルを愛用している筆者が、当時は電気ケトルを購入した際は、「どのメーカーを選ぶか」くらいの違いで、デザインは選ぶほど種類がなかったように思います。そんな電気ケトル業界も、近年はおしゃれなものが続々と登場していて、状況はすっかり様変わりしているそう!デザインだけでなく、ライフスタイルに合わせて機能が選べるほど、多種多様に。
今人気の電気ケトルや、おしゃれで機能的種類を一挙に紹介します!

電気ケトルはいつから人気?

出典:写真AC
電気ケトルが普及し始めたのは、大体2007年頃と言われています。それまではやかんか電気ポットでお湯を沸かすのが一般的でした。電気ポットは沸いたお湯をそのまま保温できるため便利ですが、沸騰するまでに時間がかかるのが難点。新たに登場した電気ケトルは、必要なタイミングで必要な分量のお湯を短時間で沸かせることができる点で人気が高まり、一気に普及したようです。

デザイン?機能?今どんな電気ケトルが人気?

近年では、おしゃれさだけでなく「+α」の要素を重視して電気ケトルを選ぶ人が多いようです。とくに、安全性、機能性、価格が購入の条件として優先される傾向で、機能性については「お湯の沸く早さ」「保温もできる」「温度が自由に設定できる」などライフスタイルや用途に合わせたポイントに注目が集まっています。また、以前は海外メーカーが主流でしたが、最近は国内メーカーで日本製品も人気!デザインも機能も豊富で長く使うものだからこそ、妥協せず気に入った電気ケトルを選びたいですね。

おすすめの電気ケトルはどれ?ライフスタイルでチョイス!

出典:写真AC
電気ケトルを選ぶ際のポイントはいくつかありますが、デザインのほかには「容量」と「機能性」を基準にするのが良いでしょう。特に機能面で確認したいポイントは、沸騰するまでにかかる時間。電気ケトルは朝の忙しい時間帯に活躍することが多いので、少しでも早くお湯が沸くものが便利!
また、一人暮らしなのか、家族みんなで使うのかによっても、一回で沸かしたいお湯の分量は変わってくると思います。自分の好みだけでなく、毎日の生活スタイルや使うシチュエーションを考えて購入すれば、失敗しない買い物ができるでしょう!

電気ケトルを選ぶ基準

・デザイン性(毎日使っても飽きないもの)
・容量(一人暮らしなのファミリーなのかによっても異なる)
・機能性(早くお湯が沸くもの)
・安全性(火傷をしにくい、熱くならないケトル)

知っておくと便利!ケトルの容量と人数の目安

どのくらいの量お湯が沸かせるのか、容量は電気ケトルを選ぶ基準の一つ。ケトルの最大容量と人数の目安を記載するので参考にしてください!この容量を知っていると来客時にお茶やコーヒーを淹れるとき、意外と役立ちます。ちなみに、標準的なコーヒーカップ(1杯分)の容量 は約140ml。自宅で大きめのマグカップを使っている場合などカップサイズが変わると湯量はもう少し多くなります。
最大容量(コーヒーカップ1杯:約140mlの場合) 人数の目安

0.4L(コーヒーカップ 約3杯分)

1〜2人分

0.6L(コーヒーカップ 約4杯分)

1〜2人分

0.8L(コーヒーカップ 約6杯分) 1〜3人分
1.0L(コーヒーカップ 約7杯分)  2〜4人用
1.2L(コーヒーカップ 約8杯分)

3〜5人用

 

一人暮らしにちょうど良い容量

一度に沸かせる最大量は800ml。一人暮らしにちょうど良いティファールの小型電気ケトルです。しかもカップ1杯分(140ml)のお湯が、わずか50秒ほどで沸くので忙しい朝にも便利!ケトルの外側からお湯の残量もチェックできます。

ITEM
ティファール 電気ケトル 0.8L アプレシア ウルトラクリーン ネオ(ルビーレッド)
・サイズ:幅215×奥行153×高さ180mm
・重量:789g
・材質:ポリプロピレン、ステンレス、ナイロン
・容量:800ml
・電源コード:1.3m
・電源:AC 100V 50/60Hz
----------------------------
・カップ1杯分を沸かすのにかかる時間:53秒
・消費電力:1250W

とてもかわいい赤色なんですが、実力は相当な奴です。
本当にすぐお湯が沸きます。
買って半年くらい経ったのでもう慣れましたが、早く沸騰するので、最初は嘘みたいと思ったほどです。
半年毎日(複数回)使っていますが、何の不具合もないし、安全だし、手入れも簡単。

 

一度にたくさん沸かせる大容量

一度に最大で1.5Lのお湯が沸かせるティファールの大容量電気ケトル。人数の多いファミリーや料理の好きな人にもおすすめ。ティファールの電気ケトルは容量に関わらず、コーヒーカップ1杯分を沸かす時間は約50秒と変わらないのもうれしいポイント。

ITEM
ティファール 電気ケトル 1.5L
・サイズ:幅17×奥行22×高さ23cm
・重量:800g
・容量:1.5L
・電源コード:1.3m
・電源:AC 100V 50/60Hz
・その他:空だき防止、自動電源オフ
----------------------------
・カップ1杯分を沸かすのにかかる時間:53秒
・消費電力:1250W

実はもう一台ティファールを持っていますが、やっぱり、便利なのでもう一台購入しました。
ガスだと消したかどうか気になりますが、ティファールは湧いたら勝手に消えるので安心です。
料理は6割くらいがお湯を沸かしている時間、ティファールを使えば時短になります。



 
▶︎根強い人気!進化するメーカー商品を比較

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
番匠郁
番匠郁

ライター時々料理人

道産子と九州男児のハーフ。関西弁、大分弁、金沢弁を話すトライリンガル。
アーティスト山村幸則氏の作品制作に携わったことをきっかけに、働き方や住む場所に捉われない生き方を模索するようになる。
コミュニケーションアートを通してまちづくりに関わるなか、「人の集まる場所には食がある」ことに気がつき、以来、食を媒介した街・人・アートの仲立ちプロジェクトを幅広く展開。
役者として舞台に立ちながら開始した劇場ケータリング”劇場メシ”では、演者やスタッフを食で支える裏方の裏方として活動。生産現場にも足を運び、土を耕し自ら収穫して料理をつくる体育会系ライター。
動画作成チーム”ButterToast”ではシナリオも担当。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美