寿司米に最適なササニシキの今。生産農家減少の背景と後継品種

以前はコシヒカリと同等の人気があったササニシキ。今や生産減で老舗のお寿司屋さん以外ではあまり食べられなくなりました。貴重になりつつあるササニシキの特徴とその通販サイト、ササニシキに近い品種として生産されている後継米を産地と併せて紹介します。


出典:PIXTA 
あきたこまち、コシヒカリなど有名な品種を含め、お米の品種は約440種もあるそうです。そんな数あるお米の中で、「ササニシキ」という品種をご存知でしょうか。スーパーや精米店で目にすることは少なくなっていますが、ササニシキはひと昔前に宮城県を中心に東北地方で多くつくられていた品種。あっさりとした味わいが和食にマッチするのできっとファンも多かったと思います。生産量の減少の背景や特徴、後継品種などササニシキの今をお伝えします。

ササニシキはどんな米?産地や特徴について

ササニシキの産地

出典:PIXTA 
ササニシキは宮城県で生産が盛んだったお米の品種です。現在もひとめぼれに次いでつくられていますが、作付けの面積はかなり限られているそう。現在、宮城県で力を入れて栽培している主力米は「ひとめぼれ」。ササニシキの代わりに生産量が増加した品種です。ただし、宮城県では多品種生産を奨励されていることもありササニシキも面積こそ減りましたが、まだまだ人気の高いお米として栽培されています。

宮城県以外の産地には、山形県、秋田県、岩手県、福島県の一部など、主に東北地方で栽培されています。しかし、宮城県での生産量が徐々に減少していったことで、生産量の少ない希少米になりつつあるようです。

ササニシキの味を活かした料理

出典:Pixabay
ササニシキは、あっさりとした上品な味わいのお米だと言われます。特有のクセがなく料理の味を引き立たせてくれる品種なので、こってりした味付けのフレンチや中華料理よりも、日本食のようなだしが決め手の料理には最適。お米としての主張は控えめなのかもしれませんが、ササニシキ本来の素朴な味わいは、非常に和食向きだと言えるでしょう。

また、お米に粘り気が少ないのも特徴の一つで、食べると口の中でほろっと崩れるような食感がします。このちょうど良いお米のほどけ具合が寿司米にぴったりで、お寿司屋さんでは今も、提供するお米は「ササニシキ」とこだわっているお店も多いようです。

消えたササニシキの今

昔はコシヒカリのライバルだった

出典:写真AC
ササニシキの生産量は今でこそ減ってしまいましたが、以前はお米の王様「コシヒカリ」と並ぶほどの作付け面積があったといいます。そんなコシヒカリのライバル的存在だったササニシキですが、現在では全国の作付け面積は約1%しかなく、各地で栽培されているコシヒカリとは圧倒的な差がついてしまいました。生産量が少ないため販売している店舗も限られてきてしまい、ササニシキという品種を見たことがない、もしくは食べたことがないという人も多いのが現状です。

生産量が激減したのはなぜ?

出典:写真AC
ササニシキは元々、「病気に強くてたくさん穫れる米」として1963年に宮城県で開発された品種。父親の「ササシグレ」と母親の「ハツニシキ」から名前をもらい、コシヒカリとは兄弟親戚品種にあたります。当初は開発された目的通り、東北地方の寒さにも耐えられ、病気に強く、収穫量も多い品種として栽培する農家が増加しました。

ところが、1993年に全国的な異常気象が発生。北海道から東北地方までは特にひどい冷害に遭ったのです。この時、寒さと病気に強い品種として認知されていたササニシキは、実は適切な条件下では最高品質のお米が出来るものの、栽培する土壌や気候によっては冷害や病気にも弱いということが知られるようになったのです。その後、寒さに強い「ひとめぼれ」が注目され、作付け面積はササニシキからひとめぼれへとシフトしていきました。

 
▶通販で買える!おいしいササニシキは?

通販で買える!おいしいササニシキは?

出典:たべごと写真
宮城県と一部の東北地方では現在もササニシキの栽培を行っていますが、作付け面積自体は減少しているため、徐々に希少性は高くなってきていると思います。スーパーや街のお米屋さんでは取り扱っていることが少ないため、ササニシキを自宅で味わいたいときは通販でのお取り寄せが良いでしょう。

玄米で食べるなら無農薬米が安心・安全

毎日食べるお米は、どのような品種でも残留農薬などの安全性が気になるところ。特に玄米や分づき米を食べている人は、お米と一緒に摂取する化学肥料の量はなるべく少なくしたいのではないでしょうか。農薬の摂取量を減らすには、やはり無農薬や自然栽培でお米をつくっているブランドを選ぶようにすることが大切です。
また、農薬や肥料を使用しない自然栽培米なら、お子さんのいる食卓もより安心です。白米よりも玄米を好む健康志向の人は、お米を選ぶ際のポイントとして栽培方法もチェックしてみるといいですね。
ITEM
30年度産 自然栽培米 ササニシキ 5kg
珍しい熊本県産のササニシキ。生産者の顔が見えるのも安心・安全につながる取り組み。無農薬・無施肥栽培のお米で、米本来の旨みを味わってください。

産地:九州 熊本 阿蘇産
重量:5kg
栽培方法:無農薬・無施肥栽培
その他: 玄米・白米・分づき米が選べる

口コミは?

ササニシキを九州で作っているとは驚きでした。北の方で作っているイメージがありいつも秋田のショップから購入していたので地産地消派の私には嬉しい驚きでした。今回玄米で購入。家庭用の精米機を頂いたのでその都度精米してます。美味しいです。子供の時に食べていた味です。(出典:楽天市場)

自然栽培の米を食べるようになったのは最近です。
初めて食べた時のインパクトは「米ってこういう食べ物だったのか」でした。
なんというか、深いところにずんっと響くような感動がありました。
長年、有機栽培の米を食べていましたが、自然栽培の米は全く違っていました。
味とか栄養とか安全とか、そういうもの以上のなにかをいただいている。
やはり米は日本人にとっては特別なものなのだろうとおもいます。
良い米を食べることはけして単なるぜいたくではない、そう思わせてくれる米でした。(出典:楽天市場)

ITEM
平成30年産 特別栽培米 秋田県産 ササニシキ 玄米30kg
お米は精米した時から酸化が進みますが、玄米は食べる分だけ精米できるので多めに購入する人も多くいます。無農薬・無化学肥料の特別栽培で育てた玄米です。

産地:秋田県
重量:30kg
栽培方法:自然栽培(農薬や化学肥料は一切使用しておりません)
その他:玄米


 

口コミは?

農家の方にとっては栽培に手のかかるササニシキ。こちらのササニシキはとても品質が最高です。(出典:Amazon)

ササニシキが好きなので、何度もリピートして買っています。前回は、別のものを買いました。理由は、籾殻付きが多かったためです。
しかし、よそのものもそうでした。その年の作柄だったと考えられます。(小粒でした)今回買った25年度産のものはよいものでした。
品質、価格共に満足しています。ので、次もまた買うつもりです。(出典:Amazon)

 

洗米不要の無洗米

洗米いらずで、水を加えたらすぐに炊飯できる無洗米。食事の支度の時短になると、無洗米を好んで使っている人も多いかと思います。また最近では、洗米して出るぬかで排水を汚さないことが環境への配慮として使用を勧められることも。研ぎムラがないため「無洗米の方がおいしく炊ける!」という声もあるので、気になる人は味にクセのないササニシキで試してみてはいかがでしょうか?
ITEM
平成30年産 宮城県産 ササニシキ 無洗米5kg
お米は精米する時の摩擦熱などでも酸化が進みます。低温製法はお米に含まれる成分を出来るだけ破壊せずに精米することでおいしさを逃さない工夫が施されています。

産地:宮城県
重量:5kg
種類:低温製法米、無洗米


 

口コミは?

無洗米なので楽です。
ササニシキはあまり売って居ないのでありがたい。
味はもちろんいいですしそのまま炊いてもヌカくささは殆どありません。
(出典:Amazon)

 

味にうるさい主人も、このお米なら何も言えない見たいです。ふっくらとしていて、噛めば噛むほど甘味が増します。ご飯のおかずにご飯を食べているようですね。食べ過ぎ注意。(出典:楽天市場)

ササニシキの後継種は?

出典:写真AC
東北地方での大規模な冷害の影響を受けて、宮城県ではササニシキの代わりに寒さへの耐久性や病気に強い「ひとめぼれ」を多く栽培するようになりました。ササニシキの代わりに栽培を始めたと聞くと、「ササニシキに似た味なのか」と勘違いしそうになりますが、ひとめぼれはコシヒカリに似た味や食感で、程よくバランスの取れた味わいのお米なのだそう。

ササニシキの味わいに近い品種では、「東北194号」があります。東北194号は実質「ササニシキの後継米」と言われていることもあり、ササニシキを思い起こす食味で密かに注目されている品種です。

宮城県:東北194号

出典:写真AC
2001年に開発された「東北194号」は、父親が「ひとめぼれ」、母親が「ササニシキ」という宮城県のニューフェイス。味や食感はササニシキに近いですが、ひとめぼれのような耐久性を持っているのが特徴で、父母の長所を引き継いだ品種です。

食味がササニシキに近いため、味の濃い総菜との相性もバッチリ。炊きあがりも美しく、サラッとした食感は寿司米にも適しています。上品で和食に合うというササニシキの系統をしっかりと受け継いだ東北194号が、ササニシキのおいしさや魅力を、もう一度広く知ってもらうためのきっかけになるのではないかと、寄せられる期待は大きいようです。
ITEM
【特別栽培米】宮城県登米産 東北194号 5kg
ササニシキの食味によく似た東北194号。和食の好きな人にはおすすめされることが多い品種です。お米の精米度合いを選べますが、まずは食べ慣れている精米方法で普段食べているお米と比べてみてはいかがでしょう。

産地:宮城県
重要:5kg
栽培方法:減農薬・減化学肥料
その他;玄米/白米/無洗米 要選択


 

口コミは?

あっさりの中にも ほのかな甘み
普段はササニシキを食しています。どんなお米か楽しみで取り寄せてみました。
水分量は規定量、圧力炊飯器で炊いた個人的な炊き上がりの印象です。
粒はやや大きめ、一粒ずつが存在感ある印象。
粘りも少なめ、しゃもじで切るとホロッとほぐれます。
一口頬張ると後から優しい甘みが感じられました。
母がササニシキ 父がひとめぼれとの事。納得です。
あっさりしたごはん感は十分残っているので、ササニシキだとちょっとあっさりしすぎる、、、と思う時に使い分けたいお米です。
ゆめぴりかやコシヒカリのような粘りが強い、甘みが強いお米が好きな方はご注意を。(出典:楽天市場)

ITEM
【精米】平成30年産 宮城県産 白米「ささ結び」 5kg
宮城県大崎市では「東北194号」の愛称を「ささ結(むすび)」と決定。栗原市では「いくよ(194)ちゃん」など、地域の生産者が地元の新しいブランド米として、お米を一歩一歩育てていっているのがわかります。

産地:宮城県
重量:5kg

口コミは?

確かにササニシキに近い感じの米です。
チャーハンにしやすいし冷めても美味しくていいです。
ベタベタしてないのでこぼしたりしても安心です。(出典:Amazon)

 

▶ササニシキだけじゃない!地元米・特Aなど新品種の広がり

ササニシキだけじゃない!地元米・特Aなど新品種の広がり

出典:写真AC
東北194号をはじめとして、さらなるおいしいお米をつくるために日々新しい品種が生まれていますが、近年は地元のブランド米をつくる動きも活発です。また、「日本穀物検定協会」が行う「米の食味ランキング」では全国の銘柄米を毎年格付けしていて、100以上ある銘柄の中から最高評価である「特A」米をいくつか選出しています。新しい品種のお米を、いつも食べ慣れたお米と食べ比べてみるのもおもしろいかもしれませんね。

千葉県:ふさおとめ

千葉県でしか生産販売されていないブランド米。お米の粒が大きく粘りが少ないためさっぱりした味わいだそう。どんな人にも受け入れられやすい食味で、関東圏では特に人気があります。千葉という土地柄を活かしたご当地米は、生産量が少ないこともあって希少性もあります。

ITEM
30年産 精米 千葉県産 白米 ふさおとめ 5kg
千葉県のご当地米「ふさおとめ」にはパッケージに描かれる「ふさおとめちゃん」にも注目。コシヒカリとひとめぼれの系統で、収穫時期を通常に比べて一ヶ月ほど早めた「早場米」です。

産地:千葉県
重量:5kg


 

口コミは?

おかずのおいしさを引き立てる控えめだがしっかりしたお米です。特に、時間が経過しても劣化がほとんど見られないのがうれしい特徴です。36時間ジャーに入れたものを冷凍しチンしてみましたが、十分おいしくびっくりしたのがちょうど今朝のことです。
コシヒカリ系ばかり目を取られているとおいしいお米と知り合えずもったいないと今は反省しています。是非一度お試し下さい。納得すると思います。(出典:Amazon)

 

岩手県:銀河のしずく

2019年度の「米の食味ランキング」で最高ランク「特A」にランクインした銘柄の一つ。他の品種と比べるとお米の色がひときわ白く、炊きあがりが美しいのも特徴。冷めてもおいしく食べられるのでお弁当にも最適。東北地方の新しいお米の品種として、今後さらに磨きがかかっていくブランド米だと思います。

ITEM
平成30年産 岩手県産 白米 銀河のしずく 5kg
寒さに強い奥羽400号とコシヒカリの食味に似た北陸208号を掛け合わせた品種。平成27年には県の奨励品種にも採用されている品種でこれからの伸び代が楽しみなお米です。

産地:岩手県
重量: 5kg


 

口コミは?

大好きなお米です。
一粒一粒がしっかりしているところが私好みです。
噛み応えがあるご飯が好きな方におすすめ。
ご飯だけをしっかり味わって食べたいほどおいしいです。
そのため、このお米のときは丼ものなどにはしませんし、ご飯が口の中にあるうちにほかの食べ物を口に入れたりせずに、お米の味を楽しんでいます。
水はほんの少し少なめで炊いています。(出典:Amazon)

和食向きのあっさり米・ササニシキを一度味わってみては?

出典:写真AC
ササニシキは冷害を境目にすっかり影が薄くなってしまいました。しかし、東北194号のようなササニシキの系統を組む新しい品種が誕生したり、いろいろなご当地米が登場する中で、その魅力がもう一度見直されようとしているのがわかります。今後、作付け面積が大きく増加することはないかもしれませんが、東北地方でのブランド化が進めば、新しい付加価値が生まれる予感もします。
和食向きであっさりおいしいササニシキ。食べたことがないという人は、ぜひ一度味わってみてください!





今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
番匠郁
番匠郁

ライター時々料理人

道産子と九州男児のハーフ。関西弁、大分弁、金沢弁を話すトライリンガル。
アーティスト山村幸則氏の作品制作に携わったことをきっかけに、働き方や住む場所に捉われない生き方を模索するようになる。
コミュニケーションアートを通してまちづくりに関わるなか、「人の集まる場所には食がある」ことに気がつき、以来、食を媒介した街・人・アートの仲立ちプロジェクトを幅広く展開。
役者として舞台に立ちながら開始した劇場ケータリング”劇場メシ”では、演者やスタッフを食で支える裏方の裏方として活動。生産現場にも足を運び、土を耕し自ら収穫して料理をつくる体育会系ライター。
動画作成チーム”ButterToast”ではシナリオも担当。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美