【話題のお米】きぬむすめ!岡山と島根の味の違いは?美味しさの秘密や栽培方法まで

きぬむすめはコシヒカリにも負けない味やつやがあると今注目の銘柄米です。島根産、岡山産など種類も多くネット通販で気軽に手に入る人気商品となりました。味の特徴、価格、品種特性などもご紹介します。


ご飯
出典:AGURI PICK編集部
いまどきは食味の評価によってヒットする銘柄米はどんどん変わっていきます。最近、注目を集め人気となっているお米、それが「きぬむすめ」です。その味にはどんな特徴があるのでしょうか。今回はどこで購入できるのか、なぜ開発されたのか、炊き方のテクニックといった、きぬむすめの誕生秘話などもご紹介していきます。

今話題のお米、きぬむすめとは?

出典:写真AC
最近注目を集めている銘柄米、きぬむすめをご存知でしょうか。あまり馴染みがない名前で、よく知らないという方も多いかもしれません。
実はきぬむすめは2019/20年度食味ランキングで5段階評価の中の最高ランク「特A」を獲得した大注目のお米なんです!
きぬむすめは1991年に九州農場試験場(現九州沖縄農協研究センター)で母「キヌヒカリ」と父「祭り晴」を交配して作られた品種です。お米は粘り気が強く、やや柔らかめので、揚げ物や肉料理とは相性の良いお米です!朝の爽やかなご飯というより、夜のしっかり食べたいご飯におすすめな品種です。

きぬむすめのおもな産地は?

出典:写真AC
きぬむすめの代表的な産地はどこでしょうか。
生産量の日本一は島根県です。そのほかには、大阪、和歌山、鳥取、兵庫、山口、静岡、滋賀の7府県でも奨励品種に採用され、今さかんに栽培されている新品種です。その味は、「コシヒカリ並みにおいしい」と言われ、品質も安定しています。また、きぬむすめは味だけでなく栽培についても特徴があり、発芽特性が優れていて苗立ち率も80%以上と良好。つまり、味・品質も収穫しやすさも優れているために、西日本を中心に一気に生産が広がっていきました。その誕生物語については後ほど詳しくご紹介します。

きぬむすめの味の特徴や価格は?コシヒカリとどう違う?

出典:写真AC
まず、きぬむすめの味の特徴は、ツヤと白さが格段にあり、質感は粘りが強く、柔らかくて冷めても美味しいところにあります。
そのため、お弁当やおむすびにも最適のお米、と言われています。タンパク質やアミロースを測定する食味スコアでは、なんと「コシヒカリ」と同等の数値が出るほど美味しいと評判になりました。新しいブランド米でここまで話題性が高いとなると、がぜん興味がかきたてられますね。一度は食べてみたいと思いませんか。

 
▶おすすめのきぬむすめ13種はこれ!

おすすめのきぬむすめ13種はこれ!

ぜひ食べてみたいと思っても、近くのスーパーにはコシヒカリ、ななつぼし、あきたこまちなど、限られた有名品種しか並んでいない、といったことも多いのではないでしょうか。きぬむすめはネット通販で買うのが便利です!アマゾン、楽天、ヤフーショッピングでもたくさんの商品があり、好きなものを購入できます。
ただ、産地も種類もたくさんあり、どれを選べばいいのか目移りしまいそうです。そこで産地別にその特徴を見ていきたいと思います。

島根県産きぬむすめの特徴とは

平成15年、島根県産のコシヒカリが特Aを取得して以来10年ぶりに、今度はきぬむすめが特Aを獲得し、4年連続特Aの評価を得て話題となりました。島根県は美味しいお米がとれる条件-朝夕の寒暖差、澄んだ水、優良な土といった自然の豊かさが揃っています。この環境がきぬむすめの高い評価につながっているのでしょう。

それではネット通販で購入できる島根県産きぬむすめをご紹介します。

 

島根県産きぬむすめ 5kg

ITEM
【平成30年度産米】 島根県産米 きぬむすめ (5kg) 
島根県産米きぬむすめ  古代浪漫神話の国 島根の美しい自然で育まれた「きぬむすめ」 食味・香り・粘りとも良好でツヤと白さに自信があります。
・産地 単一原料米 島根県
・品種 きぬむすめ
・内容量 5kg

炊き上がりがツヤツヤで、美味しいお米です。 期待以上、価格以上のお米です。 リピート購入確定です。出典:Yahoo!ショッピング



 

鳥取県産 極太米 きぬむすめ 10kg

ITEM
【30年産】新米【鳥取県産】極太米「きぬむすめ」10kg
米作り60年の名人作鳥取県産極太米 山陰海岸に近い岩井温泉周辺に広がる田園と蒲生川の清らかな水が育てたおいしいお米。米粒が大きく充実した食べごたえ。
・ 産地:島根県
・品種:きぬむすめ
・内容量 10kg

ふっくらと極太のご飯が炊き上がり満足しています。水分を幾分少なめにすると、おコゲが軽めにできます。水分を幾分多めにしてサフランライスにしても美味しいです。出典:楽天市場



 

オリジナルブランド伊丹米 島根県産きぬむすめ 10kg

ITEM
島根県産きぬむすめ10kg【伊丹米】
安心・安全のオリジナルブランド「伊丹米」とは、伊丹産業が最新設備を誇る伊丹・千葉・埼玉の精米工場で、日本の有名産地の玄米を独自に検査を行ない、合格した玄米を精米したお米のオリジナルブランドです。「伊丹米」は優れた品質とお求めやすい価格はもちろん数十種類の豊富なバリエーションをご用意。
・産地 島根県
・品種 きぬむすめ
・内容量 10kg

とても良かったと思います、サイズもちょうどいいしとても役に立ちました。出典:Amazon



 

金芽米(無洗米)島根県産きぬむすめ2kg

ITEM
平成30年産「金芽米 島根県産きぬむすめ無洗米」2kg 金芽米専用計量カップ付き 
金芽米は、新しい精米法により、うまみ層「亜糊粉層(あこふんそう)」と胚芽の基底部「金芽」を残したお米です。 原料に「島根県産きぬむすめ」を使用しています。 無洗米のため、とがずに炊けます。
・産地 島根県
・品種 きぬむすめ
・内容量 2kg

初めての銘柄で半信半疑で炊いて見ました。香り良し、味良し、でおかずが無くても食べれます。
2Kg単位の米を購入して居ます。尚且つ、金芽米に拘っています。ありがとう「きぬむすめ」。出典:Amazon



 

米 きぬむすめ (白米) 10kg 島根県雲南産 【石原公夫】

ITEM
きぬむすめ (白米) 10kg 島根県雲南産
栽培者・石原公夫。島根県東部、出雲国南部に位置することが由来とされる雲南市。 三刀屋町は出雲市に程近い場所に位置しています。 日本神話「ヤマタオロチ」の舞台といわれる河川の支流、三刀屋川の水を田に引き入れています。 清らかな水と寒暖差が旨味をとじ込めた美味しいお米に仕上げてくれます。
・生産地  島根県
・品種 きぬむすめ
・内容量 10kg

届いて早速炊きました。幾分おこげ気味に炊いていますが、お米もふっくら、おこげも程良くタヌキ色(^-^)。美味しかったので、思わず二合食べてしまいました。出典:楽天市場



 

岡山産きぬむすめの特徴とは

岡山県では平成26年度、きぬむすめが奨励品種に採用されて以降、食味ランキング「特A」取得に向けて工夫を重ねてきました。
この地域の特徴としては瀬戸内海沿岸特有の温暖な気候、豊かな日照量、吉井川、旭川、高梁川の三大河川がもたらす豊富な水と肥沃な大地があります。その上でさらに栽培体系として土づくり、肥料等の試験を繰り返し行い、岡山県産のきぬむすめが2年連続「特A」を取得するという結果に結びつきました。

岡山県産きぬむすめは種類も豊富で、ネット通販で購入できます。

 

岡山産きぬむすめ5kg

ITEM
30年産岡山県産きぬむすめ 5kg
とても白く艷やかな炊きあがり、粘りが強く、やや柔らかめの食感を楽しめます。 もちろん冷めてもそのモチモチ感が失われる事はありません。 とても美味しいので、いつでも美味しく食べる事ができることができます。 ふっくらもちもちの食感をぜひお試しください。
・産地 岡山県
・品種 きぬむすめ
・内容量 5kg

初めて耳にした特Aブランド米で食べるまでどんな味かなぁと不安もありましたが、食べて美味しいいい買い物でした。お試しでお安く購入できてお買い得でした。炊きたてはご飯の粒がつやつやで、美味しかったし、冷めても、美味しかった。おにぎりのお弁当にも良し。粒一つ一つがしっかりしていて、ねばりは少ないように思います。出典:楽天市場



 

循米めぐり米 きぬむすめ5kg

ITEM
循米めぐり米 きぬむすめ岡山県真庭産お米5kg
美味しいお米 30年産
・産地 岡山県
・品種 きぬむすめ
・内容量 5kg

岡山県産は初めて食べましたあっさりめで どんなおかずにも合う。オニギリでも美味しかったです。出典:楽天市場 



 

岡山県産きぬむすめ 玄米25kg

ITEM
30年産 岡山県産 きぬむすめ 玄米25kg
岡山県産きぬむすめは、食味ランキングでH28年、H29年と2年連続で最高ランクの「特A」に選ばれ粘りが強く粒がしっかりしていて良食味。
・産地 岡山県
・品種 きぬむすめ
・内容量 25kg

いつも美味しく頂いています。息子の家といつも二軒分お願いしています。小分けにしていただいているのが便利でサイコーです。出典:楽天市場


滋賀県産きぬむすめの特徴とは

平安時代から京都の都へ大量のお米を供給してきたのが、琵琶湖の豊かな水がある滋賀地域です。今は「近江米」が有名で高い評価を得ていますが、実は皇室とも深い関わりがあり、歴代天皇の即位の礼で献上されるお米として滋賀県内の高島、愛知、坂田、野洲、甲賀などの地域が40回以上も選ばれてきました。献上米は優れた産地のお米が選ばれるため、近江米は高級ブランドとなりました。そのような良質な環境において新たに栽培され始めたのがきぬむすめですから、味の方も文句なしでしょう。

 

滋賀県産 きぬむすめ 10kg

ITEM
お米 きぬむすめ 10kg[平成30年・滋賀県産]
粒形は中形で楕円形。粒色は中飴色。コシヒカリより一回り大きく頂部が広い 。当店株式会社木村商店は、明治18年(1885年)に肥料配送業を創業し、近隣の農家さまに主に水稲用の肥料を販売してまいりました。現在ではお客様の方から“今年は何の品種を栽培したらよいのだろう?”などさまざまな質問・要望にお答えできるようになりました
・産地 滋賀県
・品種 きぬむすめ
・内容量 10kg

袋に『よしっ‼これだっ‼~作り手が納得するまで丹精込めた~』なんて書いてあるのも納得でした。大袈裟じゃないです(笑)
値上げさえしなければまた買いたいです‼ 出典:Amazon



 

滋賀県産低農薬きぬむすめ 5kg

ITEM
低農薬 きぬむすめ 5kg 30年産 白米 50%有機肥料 安心 安全 特別栽培米 1等米 滋賀県環境こだわり米
滋賀県が「環境こだわり農産物」として認証したお米です。琵琶湖の水質保護の為、滋賀県の水田の検査基準は、全国屈指の厳しさです。もりかわ農場のお米は全て環境こだわり米です。
・産地 滋賀県
・品種 きぬむすめ
・内容量 5kg

とても美味しいお米でした。我が家は玄米ご飯を食べるので、やっぱり無農薬のお米が安心です。また、購入させていただきます。出典:yahoo!ショッピング


兵庫県産きぬむすめの特徴とは

兵庫県はコシヒカリの生産がさかんな地域で45%を占めていますが、平成28年産米の食味ランキングで兵庫県のきぬむすめが初めて特Aを獲得しました。温暖化による品質低下防止・品質向上対策としてきぬむすめの本格的な生産が始まり、主に播磨地区、摂津地区、淡路地区で生産されています。

兵庫県産 きぬむすめ 10kg

ITEM
平成30年産兵庫県産きぬむすめ10kg(5kg×2袋) 10kg
炊いたご飯は、白くつやつやとしていて粘りが強く、柔らかいお米。兵庫県西脇市でも奨励品種として平成24年産から栽培。
・産地 兵庫県
・品種 きぬむすめ
・内容量 10kg

新潟産のコシヒカリと比べる為購入しました。僕は新潟産コシヒカリよりこちらが美味しいと思います。出典:楽天市場



 

兵庫県産玄米きぬむすめ

ITEM
【3年連続特A】きぬむすめ 玄米10kg 鷲野繁一さんのきぬむすめ30年兵庫県南(稲美町)産
3年連続【特A】獲得! 30年兵庫県南産のきぬむすめは日本穀物検定協会食味ランク特Aを獲得。 28年産・29年産に続き3年連続の特Aになります。
・産地 兵庫県
・品種 きぬむすめ
・内容量 10kg


 
▶通販以外に、きぬむすめが手に入る?

通販以外に、きぬむすめが手に入る?

アンテナショップ

出典:flickr

東京・日本橋にある島根県のアンテナショップ「にほんばし島根館」ではJA島根のきぬむすめを販売していますので、お近くの方は店舗で購入してみるのも一つの方法です。例えば、きぬむすめと同じ島根県産の魚や肉などを購入し、お米とおかずをセットで食べあわせてみるのも楽しいでしょうし、最高の相性になるかもしれません。


にほんばし島根館 東京都中央区日本橋室町1-5-3 福島ビル1階

 

その他にもきぬむすめの生産地にある道の駅や地域物産店等で購入できる機会がありますが、そのつど在庫状況や季節などで状況が変わってきますので、購入される際は事前に確認することをおすすめします。

きぬむすめはふるさと納税でゲットもおすすめ

出典:写真AC
今やふるさと納税の利用者も多いのではないでしょうか。
毎日の主食として欠かせない食材だからぜひ美味しいお米を食べたい、というニーズは高く、ふるさと納税の中でお米はダントツの人気返礼品です。そして、返礼品がきぬむすめの自治体も。寄付金額10000円に対して10kg程度のきぬむすめを贈呈してくれる場合が多くお得感もありますね。
しかも、収穫されたばかりの新米を産地から直接送ってくれることがほとんどなので、特に「きぬむすめの新米を食べてみたい」という方は、ふるさと納税を利用してみてはいかがでしょうか。

【ふるさと納税】鳥取県産きぬむすめ12kg

ITEM
【ふるさと納税】 鳥取県産きぬむすめ(12kg)
30年産のお米食味ランキングで特Aを取得した鳥取のきぬむすめです。鳥取のきぬむすめは粘りが強く柔らかい食感で、冷めても美味しいと評判です。
マスコットキャラクター”きぬむすめ”の袋でお届けします。 ぜひご賞味ください!
・生産地 島根県
・品種 きぬむすめ
・内容量12kg

美味しいお米を炊くのが楽しみです。返礼品には色々あっても、産地直送が良い感じですね。 出典:楽天市場


きぬむすめのおいしい炊き方は?

出典:写真AC
噛みしめると優しい甘みがあるきぬむすめ。
やや柔らかめに炊き上がりますので、ふっくらとモチモチとした食感が楽しめますが、固めがお好みの方は水加減を調節し自分に合う食感を探してみてください。新米は少し硬めに炊いた方が香りと食味が良くなるようです。
冷めても美味しいので、お弁当に詰めたりおむすびにも適しているお米としても重宝します。

ご飯のおいしい炊き方

1.水をたっぷりと入れ、最初は糠の匂いがつかないよう素早く水を換えます。手のひらで押すようにしてお米を研ぎ、水を捨てます。お米にもよりますが澄んだ水になるまで数回繰り返します。

2. 水の量をはかります。お米の容量の1.2倍が基本です。炊飯器のお釜には1合ずつの水位が線で表示されいるので参考にしながら、お米の特徴やお好みで水分量を決めましょう。きぬむすめはやや柔らかめに炊きあがる性質があるので、固めに炊きたい場合は水分量を調節するとよいでしょう。

3.炊飯スイッチを入れる前に、お米を水に浸します。できれば冬は2時間、春・秋は1時間、夏は40分~1時間が目安です。

4.炊きあがったら蒸らします。15分~20分程そのままにしてください。

5.ほぐします。粒をつぶさないよう、下から掘り起こすようにほぐし、余分な水分を逃がします。こうすると、べたっとした炊きあがりにならず粒だちのおいしいご飯になります。

今、きぬむすめが注目されるわけとは?

きぬむすめは2019/20年度食味ランキングで最高ランク「特A」を獲得しただけでなく、デザインの工夫や各地域でマスコットも作られ、消費者へ訴えかける工夫を凝らしています。兵庫県は「きぬこちゃん」、鳥取県「きぬむすび」、島根の古代少女「きぬむすめ」などキャラクターが商品の魅力を語ることでPR効果を発揮しています。またパッケージのアニメ調イラストもビジュアルに訴えてきます。あの手この手で生産地が売り出しに力を入れています。

きぬむすめの誕生ストーリー

出典:写真AC
少しここできぬむすめの誕生秘話についてご紹介します。
良食味品種であるキヌヒカリに、祭り晴をかけ合わせて生まれたきぬむすめ。

キヌヒカリは丈夫で病気に強く、主な産地は関西方面で炊き上がりの輝きが絹のように美しくソフトな粘りがあります。また、祭り晴はコシヒカリに近い食味の低アミロース米で、味が良いだけでなく病気にも強いため、収穫の「秋祭り」を祝うことができるということから名付けられた品種です。その二つをかけ合わせて開発されたのが、新品種きぬむすめです。ネーミングはキヌヒカリの後代品種となることを願い、キヌヒカリの娘という意味でつけられたそうです。

背後には、地球温暖地化の問題がありました。関東・東海・近畿・中国・四国などの地域の主力米である日本晴が、温暖化によって作付けが落ち、環境の変化に対応できる新たな品種を開発しなれけばならないという危機感が高まりました。高温耐性とその食味、外観の良さ、三拍子揃ったきぬむすめは、今後西日本を中心に作付面積を延ばしていく事が予想されます。

きぬむすめはコシヒカリにも地球温暖化にも負けないブランド米

出典:PIXTA
日々、お米の美味しさを味わえるのは幸せな食卓と言えるのではないでしょうか。そこにまた、きぬむすめという新しい選択肢が加わりました。きぬむすめはコシヒカリにも負けない味を実現しただけでなく、地球温暖化にも負けない新ブランド米として大きな注目を集めています。品種改良の技術が日本の食卓に適する銘柄を生み出しただけでなく、きぬむすめが世界へと輸出され羽ばたく日も近いのかもしれません。








今、あなたにオススメ

ご飯
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう