おしゃれな【箸】をプレゼント!そのタイミングとおすすめの箸12選

おしゃれなものやバラエティに富んだものがある箸。結婚祝いの夫婦箸はもちろん、木婚式や銀婚式などの記念のプレゼント、名入れができる箸、自分用のこだわりの名前入りの箸なども。一風変わったものから手の大きさにあった箸の選び方や箸が持つ意味までご紹介します。


出典:PIXTA
日本の食卓に欠かせないものといえば、「箸」。この切り離せない関係性は「日本人の一生は箸に始まり、箸に終わる」という言葉もあるように、節目節目の記念やお祝いのプレゼントにも最適です。また、私たちにとってとても身近な箸ですが、今使っている箸に満足していますか?「あまり気にしてなかったかも」「今のお箸、なんか手に合わないなぁ」という皆さんに、自分にぴったりの箸の見つけ方からお手入れ方法をご紹介します。そして、ギフトとして箸を選ぶ時にもちょっとしたコツが。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ご存じですか?箸の選び方

出典:写真AC
箸は男性用、女性用、子ども用と分けて販売されているお店もあります。しかし、実際は手の大きな女性がいたり、小さい手の男性がいたりと、個人差が大きいので「男性用・女性用・子ども用」の箸が皆さんの手に合うとは限りません。そんな時は手のひらを使って、ぴったりサイズのお箸の長さを調べてみましょう!

手にしっくりくる箸の長さは「一咫半(ひとあたはん)」

手に合う箸の長さのことを「一咫半(ひとあたはん)」といいます。 利き手の親指と人差し指を直角(L字)に広げ、親指と人差し指の指先を結んだ辺の長さが「一咫」。その一咫を1.5倍した数値が「一咫半」であり、手にしっくりくる箸の長さなのです。

実際に私も測ってみました。私の手は、ピアノの「ド」から「シ」までしか届かない、会う人全員に小さい手だと言われる大きさです。そんな私の実測値はこちら!

「一咫」=12センチ
そして、ぴったりの長さは
「一咫半」:12×1.5=18センチ!

手が小さいと、やはり箸の長さも短くなりますね。とっても簡単なので、皆さんもぜひ計測してみてください。

子どもこそ、ぴったりサイズの箸をつかってもらいたい

子どもの体が大きくなるのと同時に、手も大きくなっています。小さい手に大きすぎる箸では、正しいお箸使いを身に付けられませんし、いつまでも小さい箸のままだと、使いにくくなっていきます。靴や服を買い替えるように、箸も手の成長に合わせて、こまめに買い換えましょう。

結婚祝いや木婚式、長寿のお祝いのプレゼントに

出典:写真AC

箸をプレゼントするタイミング

母の日、父の日、敬老の日、さらに、入学祝いや就職祝い・・・箸は人生のさまざまな節目の贈り物として喜ばれるアイテムです。しかし、その節目によって、プレゼントにふさわしい箸は変わってきます。ここでは、どんな箸を、どの節目でプレゼントすればいいのかご紹介します。


今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
つづきはるか
つづきはるか

毎日の暮らしがちょっと楽しくなるような記事をお届け!

都内の美術大学で工芸を専攻、片手にはいつも金槌、という日々を過ごす。
卒業後は、広告代理店で販売促進の企画制作に携わったり、ウミガメが来る町で働いたりと、都市と地方で暮らす経験をする。
地方の新鮮な食材、その土地ならではの食べ物、文化、暮らしを彩る工芸品に魅せられ、その後は地方の魅力を発信するwebメディアを運営する会社に転職。全国各地を取材にまわり、情報発信し続けてきた。
さらにその後、転勤族の我が家は静岡県の南アルプスの麓へお引越し。ローカルライフを満喫中。
現在は、自分にとっての「豊かな暮らし」を探しながら、文字の力で、さまざまな側面から地方の魅力を伝えるお手伝いをしている。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美