【DANSK(ダンスク)鍋の魅力を分析!】口コミは?特徴やサイズ、料理レシピまで

ダンスク鍋を使ったことはありますか?料理好きの間では熱烈なファンも多いようです。評判の秘密は、そのデザイン性と機能性の高さ!今回はダンスクの鍋の特徴、種類、カラーバリエーション、料理レシピ、お手入れ方法、気になる口コミも!さらにはアウトレット取扱店までお伝えしていきます。


撮影:M.Ohki
「デンマーク風」という意味を持つ「ダンスク」。スカンジナビアモダンアートをコンセプトに、北欧のデザイナーたちが中心となるアメリカのブランドです。見た目も可愛く、料理好きにも評判のダンスク鍋、そのデザインの秘密や実力、豊富なサイズ、口コミなどダンスクの魅力を探っていきましょう。

使うだけで料理上手!?ダンスク鍋の特徴は?

撮影:M.Ohki
ダンスクの鍋の持ち味は何でしょうか。機能やデザイン、カラーバリエーションなど見ていきましょう。

デザイン、機能性どちらも優秀なすぐれもの!

撮影:M.Ohki
1.6mmホーロー用鋼板を材質に使用し、熱伝導率が優れています。また、重さのあるふたで、素材の旨味や栄養を引き出す調理ができます。表面には超硬質ガラスコーティングが施され、においや汚れに強く、焦げ付きにくいのも特徴です。
特に注目したいのはふたの十字デザイン。つまみを上にして机に置けば、鍋置きとして活用でき、そのまま食卓にも出せます。どこか温かみあるデザインは、和のしつらえにも合いますね。サイズ違いの鍋を、重ねて収納することも可能です。

気分が上がるカラーバリエーション!人気色は?

撮影:M.Ohki
現状はチリレッド、ライトイエロー、ティール、ホワイトの4色展開です。ティールは北欧らしい淡いターコイズ色で人気のようです。復刻版としてピンクやネイビーもありましたが、現在は廃盤です。限定色は人気なので、こまめにチェックしてみましょう。

 
▶ダンスクの鍋の種類やサイズを紹介!IHでも使える?口コミは?

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
おおき  まり
おおき  まり

食べ物は愛情で輝く!と信じるライター&エディター

野菜や果物のデザインの美しさにハッと魅せられることが多かった子ども時代を経て、農学部(造園)出身後、なぜか造園業界ではなく出版の世界へ。料理雑誌の編集部に所属し、「美味料理」の洗礼を受ける。その後、ライフスタイル誌担当となり、農家の人がひたむきに育てる野菜やそれを使ってつくられる「愛情料理」と出合い、その大切さに気付く。2児を育てる過程でオーガニック・マクロビオティック・ビーガンなどひと通りを実践。現在はなんでもバランスよく、体が欲するものを楽しんで食べる!がモットー。密かな夢は、山に生えているタマゴタケを見つけて食べること…。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美