【青森のシードル作りのプロに聞いた】おすすめの飲み方や作り方は?

りんごの名産地である青森県には、りんご農家さんによるシードル工房があります。今回はシードル工房に取材し、シードルとは?やシードルの作り方おすすめのシードルを伺ってきました。そのほか美味しい味わい方まで、シードルについて余すことなくご紹介します。


出典:鈴木 麻理奈
「シードル」というお酒を知っていますか?りんご味のサイダーのようなシードルは、すっきりとした味わいで飲みやすく、女性にも人気が高いお酒です。りんごの産地として有名な青森県でもシードル工房や醸造所が新たにできたりと、シードルの勢いは今後ますます加速していきそうです。今回は青森県引前市にあるシードル工房「Kimori(キモリ)」へ取材し、シードルの製造方法やおすすめのシードルの楽しみ方、またそのほかに青森県から誕生したおすすめのシードルをご紹介します。

シードルとはどんなお酒?

りんご
出典:鈴木 麻理奈
最近ではりんご産地を中心にシードルのブルワリー(工房)が各地にでき、それぞれ特色あるシードルを製造・販売しています。青森県内にも近年シードル工房が増え、シードルの飲み比べが体験できたりと、シードル工房が増えたことによってシードルの認知度や裾野が広がってきています。ここでは一度は耳にしたことがあるけど、「シードルは飲んだことない」「どんなお酒なのか知らない」という方のためにまずはシードルについて詳しくご紹介します。

ヨーロッパではワインと同じくらいポピュラーなアルコール飲料

シードルとは、りんごや梨などの果実を発酵させてつくられるアルコール飲料のことを指し、イギリスでは「サイダー」と呼ばれます。フランスやスペイン、イギリスなどのヨーロッパ各国ではワインと同じくらいポピュラーなアルコール飲料として浸透しています。
日本では、大手メーカーの「ニッカウヰスキー」と「アサヒビール」がアップルワインとシードルをそれぞれ販売しているほか、りんごの生産地ではシードル工房やブルワリーでご当地の特色あるシードルが生産されています。

シードルのアルコール度数

シードルのアルコール度数は、造っている工房や種類によってさまざまですが、アルコール度数3%~6%が多いようです。シードルは発酵させる時間が長ければ長いほど、アルコールの度数が強くなります。同じ品種のりんごを同じように使ったとしても、発酵させる時期や時間、その時の温度や湿度などでも発酵度合いが変わるのだそうです。

シードルの味を生み出す発酵時間

シードルには「スイート」や「ドライ」など、味のバリエーションがあります。この違いは、発酵期間の長さやシードルに使うりんごの品種によるのだそうです。発酵が長いと辛口になり、発酵期間が短いと、発酵されないまま残る糖分で甘口になります。同じりんごを使っても発酵時間によって辛口にも甘口にもなるのは、面白いですよね。

青森県弘前市の「弘前シードル工房kimori」

弘前シードル工房kimori
出典:鈴木 麻理奈
今回取材させていただいたのは、弘前シードル工房「kimori」代表の高橋哲史さんです。
弘前シードル工房「kimori」は、弘前市りんご公園の敷地内にある、三角屋根の建物。りんご畑に囲まれたこの建物の中に、シードルを醸造するためのタンクと、シードルを味わえる開放的なスペースがあり、訪れる人たちはりんご畑を眺め、シードルを味わいながらゆったりとした時間を過ごすことができます。

りんご農家がシードル作りを始めたきっかけ

弘前シードル工房kimori代表の高橋哲史さん
出典:鈴木 麻理奈
弘前のりんご農家だった高橋さんが、なぜシードルを作ることになったのか、その経緯をお伺いしました。

高橋さん「平成20年に、青森県の津軽地方一円に雹(ひょう)が降り、雹によってりんごに傷がついてしまいました。りんごの実に傷が付くと、農産物として出荷することができませんし、傷から腐ってしまうので、やむを得ず多くのりんごを埋設処分したんです。手塩に掛けて育てたりんごを、捨てるしかないというのは非常に心苦しかったです。またりんごの産地はりんごの出来次第で地域経済に大きな影響を及ぼします。そんなりんごの出来に左右されないビジネスモデル(りんごを加工して無駄なく商品にする手段)によって、それが解決できるのでは?と考えました。」

りんご大国である青森県弘前市では後継者不足も深刻で、今後10年、20年で担い手のいない手付かずのりんご畑がどんどん増えてしまうという問題もあるのだそうです。後継者がいなければ、これまで脈々と受け継がれ、成長してきたりんごの木が絶やされてしまいます。りんごの生産が減ると地域の経済に影響が及びます。

高橋さん「りんご農家の課題に見えて、経済がりんごに左右されるというのは実は地域の課題でもあるんです。このような課題を知ってもらうためには、まずりんご畑に来てもらって、りんごがどうやって育てられているのかを知ってもらう必要があると考えました。人が集まったときに、お酒があれば楽しい。
今のりんご畑があるのは、先代から受け継がれる技術や知識があるからだということを知ってほしい。りんご畑で、楽しい時間を過ごしてほしい。
そんな思いから、りんごのお酒を造ろう!となり、シードル造りが始まりました。」

kimori
出典:鈴木 麻理奈
古くからのりんご農家の風習で、収穫が終わったりんごの木にひとつだけ実を残すことがあるのだそうです。今年の実りへの感謝をささげるとともに、来年の豊作を願い、畑の神様にささげるために残す、りんごの実。これを「木守り(きもり)」と言うのだそうで、「kimori」の由来はこの風習から来ています。
先人たちが守り、築き上げてきたものを将来へと繋ぎたい、という思いが込められているのだそうです。

kimori
出典:鈴木 麻理奈
高橋さんがシードル工房を構想し始めたのは平成20年。そこから徐々にりんご農家の仲間や賛同者を集め、6年の歳月をかけて、弘前シードル工房「kimori」は平成26年にオープンしました。原材料となるりんごの生産からシードルの製造まで、現在は4種類のシードルを通年で販売しているほか、りんごを使った新商品の開発、りんご農家の担い手育成などにも積極的に取り組んでいます。

りんご畑で開催するイベントも盛況

毎年5月上旬、りんごの花が咲く時期に、弘前市りんご公園内では「シードルナイト」というイベントが開催されています。
シードルをはじめとする青森県産のりんごのお酒を飲み比べしたり、音楽を楽しんだり、りんご畑の中でりんごを味わい楽しむイベントです。木陰で昼寝したり、りんご箱に座っておしゃべりしたり。りんご畑でゆるやかに過ごせる時間が、地域の人たちにも好評です。
→シードルの作り方は?完成までこだわりの工程

シードルの作り方は?完成までこだわりの工程

シードル工房kimori
出典:鈴木 麻理奈
シードル工房kimoriでの、シードルの製造工程を高橋さんに教えてもらいました。

りんごを収穫

シードル造りに欠かせないりんご。りんごにはさまざまな品種があります。どのりんごそどれくらいの割合で使うのが美味しいシードルになるのか、試行錯誤を重ねて甘みと酸味のバランスを探ります。
それぞれの味に合った品種のりんごを育て、収穫して初めて、シードル造りがスタートします。

果汁を絞る

収穫したりんごを、皮ごとすべてすりおろします。すりおろしたりんごを絞って果汁を出します。
このすりおろしたりんごを漉し、透明な果汁にする工房もありますが、kimoriではそのまま、絞ったままのにごった状態で醸造します。

醸造

果汁をタンクに入れ、酵母を入れます。この酵母は、白神山地のブナの林から作られた酵母で、正真正銘青森産の酵母です。タンクに蓋をして密閉すると、徐々に甘みを酵母が食べてアルコールと炭酸を発生させます。密閉しているので炭酸が果汁に溶け込んでいきます。

出荷

りんごの品種や醸造の時期によって、醸造の時間は異なります。様子を見ながら出来上がりの時期を待ち、完成したら瓶詰めして完成です。
「kimori」のシードルは、県内各地の観光物産店やネットでも購入できます。シードル工房「kimori」では、グラスでシードルを提供しています。りんご畑を眺めながら味わうことができますよ。

シード作りへのこだわりと難しさ

kimori
出典:鈴木 麻理奈
シードル造りの難しさや「kimori」でのシードル造りのこだわりについて、高橋さんに伺いました。

同じりんごの品種でシードルを造っても、収穫からの時間やタンクに入れて醸造時間でアルコールの度数や炭酸度合い、甘味や酸味も変わります。そのときの温度や湿度の条件が同じでない限り、“同じ味”というのは造るのが難しいんです。
さまざまな条件を判断し、発酵時間をそれぞれのりんごに合わせていくことは、シードル造りでは難しい部分ですが、面白い部分でもあります。kimoriのシードルは、りんごの旨味を余すことなくシードルにしているため、絞った果汁をろ過せずにそのまま使用します。見た目では濁りがあるのが他店とは違う特徴です。


Kimoriのおすすめシードルと販売店

お酒が苦手な方でも楽しめる!kimoriのスイート

発売開始してからスタンダードで販売している甘みの強いシードル。使用しているりんごは「サンふじ」という品種で、100%りんごジュースのような果汁感とまろやかな味わいが特徴です。アルコール度数が低めなので、お酒が強くない方でも安心して飲めますよ。
ITEM
kimori シードル スイート
・内容量:750ml
・アルコール度数:3%

会社の方がテレビのニュースでやっているのを見て飲んでみたいと言っていたので、プレゼント用に購入。
とても飲みやすく美味しかったとのことでした。


まずはミニボトルで味を比べてみて

飲みきりサイズの小瓶で、ドライとスイートの2種類のシードルが味わえるセットです。飲み比べするのにちょうどいいサイズ。箱入りなので贈答用にも。
ITEM
kimori シードル ドライ&スイート セット
・内容量:各375ml
・アルコール度数:スイート 5%、ドライ 6%


限定品の熟成ボトル!

昨秋に収穫したジョナゴールドという品種のりんごを100%使用して造られたシードル。冬の期間にゆっくりと熟成させた、酸味と甘みが程よく上品な味。2019年春の数量限定品です。
ITEM
kimori シードル グリーン【数量限定品】
・内容量:750ml
・アルコール度数:3%

弘前シードル工房「kimori」の商品は、kimoriオンラインストアでも購入可能です!
◎kimoriオンラインストアはこちら

青森産のおすすめシードルとりんごのお酒

青森市のシードル工房A-FACTORYで造られたシードル

青森市のA-FACTORYというシードル工房で醸造しているシードルです。AOMORIシードルはスイート、スタンダード、ドライの3種類の味があり、この瓶は最も甘みを感じられるスイート。気軽に飲めるアルコール度数なので、女性への贈り物などにもぴったり。パーティなどの乾杯にも最適です。
ITEM
A-FACTORY AOMORI シードル スイート
・内容量:750ml
・アルコール度数:3%

ポムドール賞を受賞したタムラファームのシードル

りんごの栽培からシードルの製造まで行う、弘前市のタムラファーム。シードルのスイートには甘みが強いことで有名な「ふじ」というりんごの品種を使っています。自社のりんご畑で採れたりんごを100%使用。国際シードルメッセにてグランプリを受賞した実力あるシードルです。
ITEM
タムラファーム シードル スイート
・内容量:500ml
・アルコール度数:3%

友達の家で飲んだことがあったので商品名を聞いて楽天で見つけたので購入しました。とても飲みやすいです。強いお酒が苦手な人にはいいと思います。


限定3000本!タムラファームの辛口シードル

タムラファームで限定3000本だけ醸造される辛口シードルです。辛口は和食や郷土料理などの食事にもよく合います。完熟のりんごのみを使用して造るので、芳醇な香りを楽しめますよ。
ITEM
タムラファーム シードル ドライ【限定醸造3000本】
・内容量:500ml
・アルコール度数:9%

弘前城の桜から抽出した酵母で醸造したシードル

弘前城にある日本最古のソメイヨシノから抽出した「弘前さくら酵母」という酵母と弘前産りんごで醸造したシードルです。無ろ過なのでにごりがあり、りんごジュースのような果実感のある味わいです。製造はタムラファーム株式会社、販売は弘前銘醸株式会社で、お酒のプロが造っています。
ITEM
弘前城シードル 無ろ過 スイート
・内容量:500ml
・アルコール度数:3%

女性におすすめのさっぱりとした甘口シードル

こちらも弘前城シードルの1商品。青森県特産品コンクールで青森県知事賞を受賞しています。甘味と酸味もバランスが良く、さっぱりとした飲み口は食前酒や和食にぴったりです。
ITEM
弘前城しいどる さくら
・内容量:500ml
・アルコール度数:4%

ニッカウヰスキーが手がけるりんごのブランデー

白くてかわいらしいボトルのりんごブランデー。国産のりんごを使用したブランデーはニッカウヰスキーでしか製造していません。青森県産りんごを使用した、芳醇で味わい深いブランデーです。
ITEM
ニッカ ブランデー X・O りんご
・内容量:660ml
・アルコール度数:40%

創業300年の造り酒屋「六花酒造」が手がけるりんご酒

弘前市の創業300年の老舗・六花酒造が手がけるりんご酒は、青森県産のりんごはもちろん、米や米麹も青森県産。濃厚な甘みととろみが特徴です。氷をたっぷり入れてロックで飲むのもよし、炭酸で割るのもよし。ゆったりとした時間を過ごしたいときに飲みたいお酒です。
ITEM
六花酒造 造り酒屋のりんご酒
・内容量:300ml
・アルコール度数:7%

→手ごろで飲みやすい値段!シードルランキング

手ごろで飲みやすい値段!シードルランキング

お手軽な価格からホームパーティーなどのお呼ばれ土産にもぴったりなシードルまでさまざまなシードルがあります。リアルタイムで売れているシードルランキングから選びたい方はこちらからチェックしてみてください。

◎Yahoo!ショッピングで人気のシードルのランキングはこちら

シードルの美味しい飲み方

出典:Pixabay
シードルの本場・ヨーロッパでは、シードルは食中酒としてカジュアルに飲まれることが多いようです。アルコール度数が低い商品もあるので、お酒が得意ではない方でも飲みやすく味わえます。りんごは疲労回復や美容にもいいので、美味しく味わうだけでなく身体にも優しそうですね。ぜひお試しください!

★筆者おすすめ!シードルを他のリキュールやジュースと合わせてカクテルする飲み方
シードル + 100%りんごジュース + はちみつ
シードル  + アップルビネガー(りんご酢)


りんご農家の思いがつまった「シードル」を味わってみませんか

苗木から長い時間を掛けて大切に育てられたりんごの木があるからこそ、今のりんご畑があるということ。りんごの木の下にできた心地よい木漏れ日も、りんごの木があるからこそ得られる恵みなのだということ。そういう当たり前のことを感じ、大切にしたい造り手の思いに触れることができる、弘前シードル工房「kimori」。
りんご農家の思いがつまった「シードル」、ぜひ自然を感じながら味わってみてほしいです!

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
鈴木 麻理奈
鈴木 麻理奈

青森のプロダクト発掘・発信ライター

大学卒業後、地元青森にUターン。図書館司書、ローカル誌の編集・発行、観光メディアでの記事執筆などの経験を経て、青森県内の「いいもの・おいしいもの」を発掘・発信するライターとして活動中。地物産品の商品開発やマーケティングに関わることも。お肉とスイーツに目がない。 Professional PHOTO Innovation graphLAB所属 ライター・編集者。 青森在住。地球の歩き方青森特派員。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美