クリームチーズだけじゃない!【いぶりがっこ】のおすすめの食べ方&商品

クリームチーズ和えやポテトサラダが多くの飲食店でメニュー化されるなど、おなじみになってきた「いぶりがっこ」ですが、その食べ方はまだまだ進化中。そこで作り方などの基本情報とともに、おすすめの商品やアレンジレシピをご紹介します。


出典:写真AC
秋田名物の「いぶりがっこ」は、クリームチーズ和えやポテトサラダが多くの飲食店でメニュー化され、すっかりメジャーな食品になってきました。でも、その食べ方はまだまだ進化中。そこでまずは「いぶりがっこ」の作り方などの基本を学びつつ、お取り寄せできるおすすめの「いぶりがっこ」やアレンジレシピをご紹介します。

「いぶりがっこ」とは?

「いぶりがっこ」は、寒さの厳しい秋田で生まれた漬物のひとつ。たくあんと同じく大根の漬物ではありますが、燻製による独特の風味と食感が楽しめるのが特徴です。

作り方

冬の寒さで凍ってしまわないように、また保存が長くできるよう、収穫した大根を囲炉裏の上に吊るして乾燥燻製し、米ぬかと塩で漬けこんだのがはじまり。たくあん漬を燻製するのではなく、先に燻製させてから漬けるのです。たくあん漬はあらかじめ天日干ししてある程度の水分を抜きますが、雪深い秋田ではそれは難しいこと。その起源は古く室町時代からとも伝えられています。まさに気候風土から生まれた食べ物というわけです。

出典:Pixabay

実は「いぶりがっこ」は商標!?



出典:写真AC
すっかり「いぶりがっこ」として知られている漬物ですが、一般名称としては「いぶり漬け」。秋田県湯沢市下院内にある漬物屋「雄勝野(おがちの)きむらや」が、家伝のいぶり漬けを再現し、1964年に発売した商品の商標が「いぶりがっこ」とのこと。漬物のことを秋田の方言では「がっこ」と呼ぶことから、燻した漬物=「いぶりがっこ」とネーミング。それが一般化していったのだそうです。

手軽で簡単!おいしい食べ方&アレンジ術

大手焼肉チェーン店がメニュー化したこともあり「いぶりがっこ&クリームチーズ」はすっかり定番の食べ方になりました。香ばしい燻製の香りとしっかりとした塩気に、濃厚でクリーミーなチーズは相性抜群です。
ITEM
いぶりがっこ&クリームチーズセット
いぶり漬大根一本と、開田高原クリームチーズをセットにいたしました。

開田高原クリームチーズ
美しい高原の空気と景色、冷涼な気候にはぐくまれた「万谷ファーム」の体調管理された牛から搾乳された牛乳から生まれた開田高原チーズ。
爽やかなコクが口の中いっぱいに広がり、舌の上でとろける。チーズケーキ作り、パンやクラッカーのディップとしてはもちろん、いぶりがっこにのせれば日本酒にぴったりのおつまみに。

・参考価格:2,600円程度

定番のクリームチーズもいいけれど「カマンベール」もおすすめ

出典:Pixabay
カマンベールは、スーパーでもよく見かける白カビタイプのチーズ。スライスした「いぶりがっこ」にカットしたカマンベールをのせて食べてもよいのですが、ここではワンランク上の楽しみ方をご紹介します。
まずはカマンベールを横半分にカット。片方の断面に黒胡椒をふりかけ、みじん切りにした「いぶりがっこ」をのせて、しそや三つ葉などお好みの葉物の薬味をのせます。もう半分のカマンベールをその上にのせて、ケーキやピザのように放射状にカットすれば出来あがりです。



出典:写真AC
「くせのある風味が好き!」という通な方には「ブルーチーズ+はちみつ+刻んだいぶりがっこ」という組み合わせもおすすめです。熟成した赤ワインが最高にマッチすると思います。

みじん切りにすると、ごはんメニューがグッとおいしく

出典:写真AC
いぶりがっこはみじん切りにすると、万能の薬味、調味料として大活躍してくれます。しっかりした燻製香はひとつのスパイスのよう。食感のアクセントにもなります。チャーハンや混ぜごはん、おにぎりの具はもちろん、TKG(卵かけごはん)やカレーライスのお供にちょい足しするだけで、いつもの味がグッと豊かに。

ポテサラからコロッケに!リメイクしてビールのつまみにも

出典:Pixabay
居酒屋などのメニューでも見かけるようになってきた「いぶりがっこ入りのポテトサラダ」。いつものポテトサラダに、刻んだいぶりがっこを混ぜ込むだけと手軽に作れますが、もし作り過ぎてしまったら、ぜひコロッケにして、二度楽しみましょう。
作り方はとても簡単。余ってしまったポテトサラダを一口サイズに丸めて、全面に小麦粉をはたき、溶き卵にくぐらせ、パン粉をまぶして揚げ焼きするだけ。お好みで、サラダにシュレッドチーズ(ピザ用チーズ)や、粗みじんにして軽く炒めた玉ねぎを加えてから丸めて作るのもよし。ビールがすすむ、おいしいおつまみコロッケになります。

通販で買えるおすすめの「いぶりがっこ」5選

一口に「いぶりがっこ」と言っても、燻製香の度合いや塩加減、さらに調味のための添加物などはさまざま。そこで、お取り寄せできるおすすめのものを5つご紹介します。


1. 商標をもつ「雄勝野きむらや」は安定のブランド

人気番組の「お取り寄せ漬物」特集でも第1位になったことがある「雄勝野(おがちの)きむらや」。「いぶりがっこ」の登録商標をもつこちらは、言わばメジャーブランド。伝統製法にこだわり、添加物を出来るかぎり使用しないで作っているとのこともあってか、とても人気で、商品のバリエーションも豊富です。

ITEM
雄勝野きむらや いぶりがっこ 長袋260g
・原材料:だいこん、漬け原材料
・内容量:260g
 楽天×1袋
 Amazon×3袋
・参考価格:700〜2,680円

おつまみでも御飯のお供にも最高です。
一本の大きさも大きく納得のお値段。買って損はない。
近所のスーパーにも同じメーカーのいぶりガッコが売っていましたが、小さくて高いのでこれを買って正解でした。


2. 重要無形文化財がその名の由来「大綱漬」

重要無形文化財に指定されている秋田県大仙市の恒例行事「刈和野大綱引」に由来するというのが「大綱食品」による大綱漬(いぶり漬)。この一本漬のほかに、スライスタイプやニンジンや昆布と一緒に漬けた商品なども展開しています。

ITEM
いぶり大綱漬・L
・原材料:だいこん、漬け原材料、調味料、保存料、水飴、はちみつ 、甘味料、着色料
・内容量:280〜310g
・参考価格:640円程度

3. 原料もオーガニック「田口さんちのいぶりだいこん」

原材料となる大根は農薬・化学肥料不使用で大切に育てられ、漬ける時も化学調味料無添加というこだわり。オーガニックにこだわる人におすすめしたい一品です。パッケージにはフランス語と英語の表記も。海外の方にも日本の豊かな食文化を体験していただきたいですね。

ITEM
田口さんちのいぶりだいこん 1本(農薬・化学肥料不使用大根、化学調味料無添加)
・内容量:1本(250g〜300g)
・原材料:大根(秋田県大仙市産)、漬け原材料(砂糖、食塩)
・参考価格:960円程度

4. 「桜食品」のいぶりがっこは、秋田いぶりがっこ協同組合のお墨付き

手間暇を惜しまず、一本一本、手作業で作られる農事組合法人「桜食品」のいぶりがっこ。2014年8月に設立された「秋田いぶりがっこ協同組合」のお墨付きです。

ITEM
桜食品 いぶりがっこ 180g
・内容量:180g
・原材料:大根・漬け原材料(砂糖・米ぬか・食塩)、醸造酢(りんごを含む)、着色料(カラメル、紅花色素)
・参考価格:470円程度

5. 山海の恵みが詰まった「いぶりの里」

100%自然海塩が使われ、じっくり漬けこまれたいぶりがっこは、海と山のおいしさが結集したいぶりがっこ。着色料、化学調味料、甘味料も使わずに仕上げられています。

ITEM
秋田味商 いぶりがっこスライス 120g
・原材料:だいこん、漬け原料(砂糖、食塩、米ぬか、からし粉、昆布)、酒精
・参考価格:257〜478円

憧れのいぶりがっこやっと手に入れました。
いぶってあるので味も日持ちも申し分ありません。
また注文します。


もっと手軽に!いぶりがっこ味のおすすめ商品

しっかりとした燻製の香りと漬物ならではの塩味。いぶりがっこの風味を存分に生かした食品もいろいろと登場しています。

いぶりがっこのタルタルソース

手作りもできますが、常備したいほどお好きな方には市販品も便利。ディップはもちろん、揚げ物やサラダにかける定番の調味料としていつでも楽しめます。
ITEM
もへじ いぶりがっこのタルタルソース 160g
・内容量:160g
・参考価格:429〜1,238円
ITEM
いぶりがっこのタルタルソース 燻(くん) 2種セット 伊藤漬物本舗
■いぶりがっこのタルタルソース【燻】
内容量:160g

■いぶりがっこのタルタルソース【燻 ブラックペッパー】 新登場の「ブラック」はブラックペッパーがほど良いアクセント。お肉、から揚げなどにもピッタリです。
内容量:150g

・参考価格:1,512〜1,960円

凄く美味しいです。薄い色のビンだけで売ってるなら星5ですが、黒いビンは星4です。

おかずがっこ

ご飯のお供に、酒のつまみにぴったりの味付きいぶりがっこです。秋田県名物のいぶりがっこを乱切りして、昆布の旨みをプラス。アクセントのある歯ごたえが楽しめます。

ITEM
おかずがっこ 甘口 甘辛セット
・内容量:おかずがっこ甘口1袋(250g)、おかずがっこ甘辛1袋(250g)
・参考価格:1,400円前後

いぶりがっこ味のスナック3選

おやつに、お酒のお供に。くせになりそうなスナックを3つご紹介します。

 

1. いぶりがっこポテトチップ チーズ味

秋田ならではのご当地ポテトチップス。チーズ味がプラスされているところが心憎い!

ITEM
いぶりがっこポテトチップ チーズ味 120g
・内容量:120g
・参考価格:432円〜

2. いぶりがっこのおかき

香ばしいおかきはビールにぴったり。いぶりがっこの燻製香はウイスキーにも合います。3時のおやつにいただくなら、緑茶やコーヒーよりもほうじ茶がよさそうです。
ITEM
カルディオリジナル いぶりがっこオカキ 40g
・内容量:40g
・参考価格:140円

3. いぶりチップス

おすすめの「いぶりがっこ」5選で紹介した「大綱漬」を薄くスライスし、いぶりがっこそのものをドライチップスに。噛むほどに広がる香りと旨みは、日本酒や焼酎と一緒にじっくり楽しめそうです。
ITEM
千秋食品 いぶりチップス 18g
・内容量:18g(6g×3袋)
・参考価格:486円

秋田の宝、魅力あふれるソウルフード

日本の雪国での生活の知恵から生まれた「いぶりがっこ」。秋田名物のこの漬物が、西洋生まれのクリームチーズやさまざまな調理法と出合うことで、その魅力はますます増しています。自分の好きな料理やお酒との組み合わせに「いぶりがっこ」を取り入れてみることで、まだまだ意外でおいしい発見があるかもしれません。ぜひみなさんも「いぶりがっこ」の新たな魅力を見つけてみてください。


今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
佐野 嘉彦
佐野 嘉彦

食のエディター&ライター(で、元ダンサー!?)


「No Dance, No Life!」の生活から一変!NY発祥のレストラン評価ガイドの編集に携わった後、料理専門誌のWeb編集、ワインスクールでの講師、チーズのPR担当などを経て、現在、食と酒をこよなく愛するエディター&ライターとして活動中。
フードコミュニケーション企画「sembrar(センブラール)」主宰。Japan Cheese Award実行委員、2017 Mondial du Fromage・国際チーズ コンクール審査員、C.P.A.認定 チーズプロフェッショナル、J.S.A.認定 ワインエキスパート。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり