【玄米甘酒がすごかった】管理栄養士が伝授!ダイエットや美容に嬉しい理由。

飲む点滴とよばれる甘酒の中でも、特に玄米甘酒が優れているのはご存知ですか?栄養価が非常に高いだけでなく、ダイエットや美容にもうれしい効果がたくさん。初心者にもおすすめな玄米甘酒をご紹介します。


玄米甘酒
出典:写真AC
「飲む点滴」と呼ばれるほど、健康にも美容にも良いとされている甘酒。なかでも玄米で作る「玄米甘酒」という甘酒をご存知ですか?白米よりも栄養価が高い玄米を原材料とするため、その栄養や効果もぐっとあがるのです。そこで今回は、そんな玄米甘酒の通販で買える人気の商品から、自分で作れる簡単レシピまで、おすすめ品をご紹介します。

玄米甘酒と甘酒の違いって?

玄米甘酒
出典:写真AC
甘酒はよく知っているが、玄米甘酒は初耳の方も多いかもしれません。一体どんなもの?どのくらい体に良いの?と疑問も多いはず。まずは玄米甘酒の驚くべき栄養素やよく耳にする甘酒との違いなどをご紹介していきます。

玄米甘酒とは

玄米甘酒
出典:写真AC
その名の通り、玄米で作った甘酒です。玄米甘酒の原材料は、とてもシンプルで玄米と米麹のみ。通常甘酒は白米または酒粕が原料ですが、玄米はそれらに比べ全体的に栄養価が高いので、もちろん玄米でつくった甘酒も栄養価が高くなります。

甘酒との違いは?

甘酒の提灯
出典:写真AC
実は甘酒には2種類あります。白米と米麹でつくる甘酒と、酒粕でつくる甘酒です。お正月に飲む甘酒やスーパーなど市販で売られているものの多くは後者で、甘酒のなかでも独特な香りが強いことが特徴です。栄養価が高く、美容成分も多く含まれていますが、砂糖が加えられていることも多く、ダイエット向きではありません。また酒粕にはほんの微量ではありますが、アルコールが含まれていることもあり、赤ちゃんや妊婦さんが飲むにはリスクがあります。
一方白米でつくる甘酒は、アルコール分が全く含まれないので誰でも飲むことができます。食物繊維などの栄養価が高いだけでなく、米に多く含まれるデンプン質が発酵によりブドウ糖に変化するため、砂糖なしでも甘みが強いのが特徴です。しかしそれゆえ血糖値の上昇が早いので、空腹時は避けるなどの工夫が必要です。
それらと比較すると、玄米甘酒は玄米と米麹から作られる甘酒なので、糖類もアルコール分も一切含まない麹タイプの甘酒です。

ダイエットにも効果的!?︎玄米甘酒の栄養素や効果とは?

フルーツとメジャー
出典:PIXTA
実は、玄米甘酒には驚くべき栄養素が入っており、ダイエットや美容にも効果的なんです!ここではその栄養素とダイエットに効率的なおすすめの玄米甘酒の飲み方も教えちゃいます!

知れば知るほどすごい!玄米甘酒の栄養素

ビタミンB群

糖質をエネルギーに変換するときに必要とされるビタミンB群は、玄米甘酒の原料である玄米に多く含まれています。特にビタミンB1は白米の約5倍もあり、一般的な甘酒に比べて玄米甘酒の栄養価がいかに高いかがわかりますね。さらに甘酒にすることで、糀菌が繁殖する際にパントテン酸やビオチン、イノシトールなどの他ビタミンB群を溶出し、玄米を食べるときよりも栄養価がアップ。ビタミンB群の不足は糖質を体内に蓄積させてしまうだけでなく、倦怠感や食欲不振、集中力の欠如につながったり、口内炎や皮膚炎など免疫力低下による症状が発生することがあり、健康体には欠かせない栄養素です。

必須アミノ酸

玄米甘酒には酒糀や米麹からつくる甘酒に比べて、人間のタンパク質に必要な必須アミノ酸が豊富に含まれています。特に筋肉に必要とされる必須アミノ酸9種すべてを含んでおり、まるでサプリメントのようなバランスの良さ。ダイエットのための痩せやすい体づくりにも貢献してくれます。

食物繊維

ごぼうの次に食物繊維が豊富とされる玄米ですが、不溶性食物繊維が多く消化が悪いという特徴もあり、胃腸が弱い人には負担がかかり過ぎてしまう可能性もあります。しかし柔らかくペースト状になった玄米甘酒なら、同じ食物繊維を消化のいい状態で摂ることができ、また吸収がゆっくりとされるので血糖値急上昇の心配もありません。食物繊維は腸内環境を整える働きもあり、便秘解消によるデトックス効果も。発酵により善玉菌が増えているので、ダブルでおなかのなかをきれいにしてくれます。

ダイエットや美容におすすめの飲み方

ダイエット
出典:写真AC
理想的な飲み方は、朝ご飯や夜ご飯1食を玄米甘酒に置き換える方法です。ヨーグルトや豆乳などと一緒にとると、低カロリー高タンパク質でバランスも良く、ダイエットに必要な筋肉の維持、そして代謝の向上にも効果的です。一度にたくさん飲めばいい、というものでもないので1日1杯くらいの適量を心がけましょう。また空腹時など血糖値が急上昇しやすいときに一気に飲んでしまうと、かえって太りやすくなってしまう可能性もありますが、ダイエットや食事制限が慣れないうちは、おやつ代わりに少しだけ飲むのもいいでしょう。

 
→これはおいしい!おすすめの玄米甘酒3選

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
宮崎奈津季
宮崎奈津季

食をもっとゆるく楽しく!想いを大切にしたい管理栄養士

管理栄養士・薬膳コーディネーター。 女子栄養大学実践栄養学科卒業→介護食品メーカーで営業を2年経験後、フリーランスの管理栄養士として独立。 菓子メーカーの営業代行・商品開発、料理動画サービスのレシピ開発、撮影、記事の執筆を行う。 2019年1月に合同会社HITOOMOIの立ち上げメンバーとして参画。大切な人のための手作りの食事で作る人食べる人がお互いにいてよかったと思える社会をつくるビジョンを掲げ、食・健康にかかわるコンテンツ制作など幅広く活動中。 個人では、#峰飯 としてSNSで誰かのための料理、労わる料理、作り手も気負わない料理を発信。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美