人気の【りんご品種10種】特徴、味、収穫時期を徹底比較!

実りの秋、青森県や長野県では大きくたわわに実ったりんご畑の風景が見られます。りんごと一言に言っても、種類はさまざまです。この記事では、生産量も多く人気のりんごの種類について解説します。収穫の時期やりんごの食感、味の違いなどの違いも合わせてご紹介。りんごを選ぶ際の参考にしてくださいね。


出典:写真AC
りんごの生産量日本一!りんご王国青森県の在住ライターが、りんごの品種について特徴や味、収穫時期とともに紹介します。実は奥が深いりんごの品種。なかには意外と知られていない、その時期にしか出回らないりんごもあります。旬のおいしいりんごを食べ比べして、自分好みの味を見つけてみてはいかがですか。

りんごは世界に15,000種類もある!

出典:写真AC
わたしたちの生活の身近にあるりんご。世界には約15,000種類ものりんごがあるといわれています。そのうち日本では2,000種類、りんごの生産量日本一の青森県では約50種類のりんごを栽培しています。
りんごはそれぞれの品種によって、食感や味、収穫時期が異なります。りんごを主に育てている地域は、青森県、長野県、山形県、岩手県、群馬県など。朝晩の寒暖差がある、冷涼な地域で育つ特徴がある果物です。

50種類と言っても、実際は細かい栽培方法ひとつで味が変わるため、別な品種としてカウントされているものもあります。りんごの実が大きくなる前に袋を被せるかどうかや、りんごの実に影を落とすような葉を取るかどうかなど、作業ひとつで味が変化する、繊細な果物でもあるのです。

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
鈴木 麻理奈
鈴木 麻理奈

青森のプロダクト発掘・発信ライター

大学卒業後、地元青森にUターン。図書館司書、ローカル誌の編集・発行、観光メディアでの記事執筆などの経験を経て、青森県内の「いいもの・おいしいもの」を発掘・発信するライターとして活動中。地物産品の商品開発やマーケティングに関わることも。お肉とスイーツに目がない。 Professional PHOTO Innovation graphLAB所属 ライター・編集者。 青森在住。地球の歩き方青森特派員。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美