日本酒「久保田」徹底紹介!萬寿と紅寿、ランクが上なのはどっち?

日本屈指の酒処、新潟県の朝日酒造で造られる日本酒「久保田」。こだわり、という一言では語りつくせない何かが「久保田」にはあるといわれます。
朝日酒造のこだわり、久保田には萬寿の他にもシリーズがたくさんあり、どれにしようか悩んでしまうのでそれぞれのグレード別に味わいをご紹介します。


出典:写真AC
「久保田の萬寿(まんじゅ)」といえば、お酒が好きな方なら耳にしたことがあるのではないでしょうか。贈答用のお酒、もしくは記念日やお祝いの日などに飲むちょっとお高めのお酒というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんね。日本屈指の酒処、新潟県の朝日酒造で造られるこだわりの日本酒は、職人さんの技術や手間がたっぷり詰まっているお酒です。今回は、そんな特別な印象を持つ久保田のおいしさの秘密に迫ります。

日本酒「久保田」の値段やランクはどうなってるの?

並んだ酒瓶
出典:写真AC

同じ銘柄の日本酒なのに値段がバラバラな理由

久保田は「特約店販売」の日本酒です。量産できない日本酒の有名銘柄は「特約店販売」のものが多く、基本的に定価での販売です。このルールを破ると特約店を外されてしまうのですが、人気銘柄になるとその入手の困難さより「特約店販売」ではない酒屋さんがプレミア価格で販売することも珍しくありません。驚くような価格がついているのはそういう理由からです。

種類が豊富な「久保田シリーズ」のランクについて

久保田 萬寿・千寿・百寿 飲み比べセット 萬寿(まんじゅ)、千寿(せんじゅ)、百寿(ひゃくじゅ)くらいなら、ランクはなんとなくわかるのですが、碧寿(すいじゅ)や紅寿(こうじゅ)、翠寿(へきじゅ)なんていわれると「どのランクでどの順番?どういう日本酒?」となってしまいますよね。

「○寿」と付く久保田の日本酒は「久保田シリーズ」と呼ばれ、値段別に上位から、「萬寿」→「翠寿」→「碧寿」→「紅寿」→「千寿」→「百寿」という順になります。種類やグレードがたくさんあるので、どれにしようか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そんな久保田シリーズのグレードや味わいの違いを、ランク順にご紹介したいと思います。

久保田シリーズ6種類をランク順にご紹介!

1. 久保田シリーズ最高峰の「萬寿」

特別な贈り物に、還暦祝いや退職祝いなどにも喜ばれます。
萬年幸せに、という意味で日本酒好きの方への結婚のお祝いにも。日本酒好きの方にならはずさない逸品です。
ITEM
久保田 萬寿 純米大吟醸
・内容量:720ml
・原材料:米、麹米

親戚の集まりに持参する手土産にはコレで間違いナシです
ほかの4合瓶も机の上に並んでいるのですが一番早くカラになります


蔵元のTasting Note
香り、味ともに、蔵人が絶妙に仕上げた「久保田シリーズ」の最高峰です。柔らかな口当りと調和のとれたうま味で、軽く冷やしても、わずかに温めても、存在感を主張します。


2. 限定出荷!4~9月だけ味わえる「翠寿」

久保田寿シリーズ唯一の生酒です。
また一つ日本酒の魅力が広がる。そんな一本になると思います。
ITEM
久保田 翠寿 大吟醸・生酒
・内容量:720ml
・原料:米、米麹

さすが久保田の大吟醸、美味しいです
個人的にはもう少し積んで萬寿を買うかなと思った感想ですが、これは女性にもおすすめの一杯です
母は「日本酒じゃなくて香りの良いワインだね」といいながら飲んでました


蔵元のTasting Note
加熱殺菌を一切せず、瑞々しく繊細な口当りに仕上げた大吟醸の生酒です。華やかな香りと柔らかな味わいが印象的で、軽く冷やしてお楽しみください。

3. 軽やかさの中の重厚感 山廃仕込みの「碧寿」

雪峰に比べると度数と酸度が少し低くやや優しい印象ですが、山廃仕込みならではのふくらみや力強さは十分に感じられます。
「碧」という字には、宝石のようにキラキラ輝くという意味があり、女性への贈り物にも喜ばれます。
ITEM
久保田 碧寿 純米大吟醸
・内容量:720ml
・原料:米、麹米

初心者ですが、飲みやすくて非常に美味しかったです。
日本酒へのイメージが全く変わりました。
化粧箱がしっかりしていて贈答用にも向いてます。


蔵元のTasting Note
山廃酒母を用いることで味わいに深みがありつつも、のど越しは軽やかな純米大吟醸酒です。ぬるめのお燗がこの酒の持ち味を最も感じられます。

4. 緩やかに香り広がる「紅寿」

冷やからぬる燗までの温度帯で楽しめます。きれいさや軽さは限りなくあるのに、不思議と力強さも感じられます。
ITEM
久保田 紅寿 純米吟醸
・内容量:720ml
・原料:米、米麹
・アルコール度 15度以上16度未満
・日本酒度数:+2、酸度:1.1

あまり出回らないお酒なんだよ。と会社の人に聞き早速検索してポチッと。
するとすごい速さで届き、お正月まで置いておこう!といいつつ、ちょっと飲んでみる?が全て飲みきってしまいました。おいしかったです。


蔵元のTasting Note
香りは緩やかに広がり、口当りはわずかな甘味、そして口中で酸味へ移ろいながらじわりと感じるコクは米のうま味を思わせます。冷やからぬる燗までの温度帯で楽しめます。

5. お食事と一緒に。晩酌の強い味方「千寿」

食事と一緒に楽しむをコンセプトに作られたお酒で晩酌の強い味方です。日本酒本来の良さが存分に感じられ、造りのうまさがキラリと光ります。
ITEM
久保田 千寿 吟醸
・内容量:720ml
・原料:米、米麹

年末年始に楽しみました。無くてはならない千寿です。贈るも良し、飲むのも良し!です。


蔵元のTasting Note
「食事と楽しむ吟醸酒」を目指し、香りは穏やかに、飲み飽きしない味わいに仕上げました。口当りが柔らかく、冷やはもちろん、お燗にも適した吟醸酒です。

6. 久保田シリーズの定番といえば「百寿」

千寿に比べるとうま味がしっかりあります。もったいなく感じるかもしれませんが、熱燗もおすすめです。角がとれたまろやかなうま味と、久保田らしいたおやかな上品さが堪能できます。
ITEM
久保田 百寿 特別本醸造酒
・内容量:720ml
・原料:米、米麹

蔵元のTasting Note
香味の主張は控え、辛口で、飲み飽きしない落ち着いた酒質に仕上げた「久保田シリーズ」の基本形です。冷やしてスッキリ、温めてまろやかな味わいを楽しめます。

限定酒やスペシャルコラボの久保田 3選

見つけたら即買い!日本酒の世界が変わる限定酒

1月限定出荷の生原酒。
原酒特有の強さを想像する方もいらっしゃいますが、強さはありますが粗さは控えめです。冷蔵庫で熟成させるとさらに粗さがとれてまろやかでとろっとしたうま味が感じられるようになります。冬だけのレア品。
ITEM
久保田 生原酒 吟醸(原酒・生酒)
・内容量:720ml
・原料:米、米麹

蔵元のTasting Note
しぼりたての生酒ならではの若々しさとスッキリ感、そして、原酒ならではのしっかりとした味わいが特長です。冬だけの限定商品となります。

2017年に誕生した全く新しい久保田!

従来の久保田商品とは趣が異なり、グレードを表す「百寿」「千寿」などの表示はありません。限定発売で大きな反響を受け、通年発売商品となった純米大吟醸は、1993年の『久保田 紅寿』の発売以来、なんと25年ぶりだそうです。
ITEM
久保田 五百万石 純米大吟醸
・内容量:720ml
・原料:米(五百万石)、麹米
・アルコール度数:15度
・日本酒度:±0、酸:1.3

蔵元のTasting Note
洋ナシやメロンを思わせる華やかな香りと、甘味と酸味が調和した上品な味わいは、口に含むと香味が広がり、後味は流れるような余韻が心地よく感じられます。

あのアウトドアブランドとのコラボ商品も!

大人気のアウトドアブランド「スノーピーク」。実はスノーピークも新潟の企業でそのスノーピークと朝日酒造がコラボしてできたのがこの「久保田雪峰」。朝日酒造の地元への熱い想いがこのような新しい感覚のドリームコラボを生みだしました。朝日酒造の新潟へのこだわりはこんなところにも。
ITEM
久保田 雪峰(せっぽう)
・内容量:500ml
・原料米:麹米:五百万石(精米歩合50%)
・掛米:新潟県産米(精米歩合33%)
・アルコール度数:16度
・日本酒度:+2、酸度:1.4

キャンプ好きで酒好きな友人の誕生日にスノピのお猪口とセットでプレゼントしました。
私は飲んでいないのでわかりませんが、久保田なので大丈夫でしょう。
購入した理由は見た目のかっこよさ、あとはスノピとのコラボってだけです。


蔵元のTasting Note
四季の自然の中でゆっくりとお楽しみいただくための特別な久保田です。
山廃酒母がもたらす絶妙に調和した懐の深い味わいが特徴で、個性的で野趣あふれるアウトドア料理にもバランスよくマッチします。季節やお好みに合わせた温度で楽しむことができ、冷やすとシャープな酸味とキレのある後味が、温めるとまろやかで個性的な香味が際立ちます。

還暦祝い・退職祝いなどの贈答に久保田を

贈り物
出典:写真AC
「久保田」が人気の理由の一つに、お酒好きの方への贈り物に最適ということがあります。プレミア価格で販売されていることも多い有名銘柄なので価格以上の価値があるというイメージがあり、名前を聞いたことがある方も多いので安心感があります。萬寿などは、一度は飲んでみたいと思っている方も多いはずです。また、商品名も華やかでおめでたい雰囲気があり、還暦祝いや結婚祝い、父の日や敬老の日の贈り物にもおすすめです。

ギフトにおすすめ!飲み比べセット

日本酒好きなら、萬寿・千寿・百寿を飲み比べてみたいという方も多いはず。贈答用の箱に入っているので、大切な方へのギフトに最適な飲み比べセットです。
ITEM
久保田 飲み比べ ギフト(萬寿・千寿・百寿)
・内容量:萬寿、千寿、百寿(720ml×3)
・原材料:米、麹米

父の日のプレゼントに送りました。
日本酒の好きな父から絶賛されました。
百寿、千寿、万寿の取り合わせは中々ありません。
正月用に販売頂ければ、再購入したいと思います。


逆境を乗り越えて誕生した銘酒「久保田」の物語

ます酒とおちょこ
出典:写真AC

新潟県産にこだわり抜いた日本酒作り

久保田が誕生した1980年代初頭、新潟ではトップシェアを誇る朝日酒造でしたが、全国区への道は遠く、気が付けば朝日酒造の日本酒が安売り商材にされることもありました。その状況を打開するために4代目社長が「原点に還る」を掲げ、創業時の屋号である久保田屋を冠した「久保田」を誕生させました。とにかく新潟の環境と風土の良さを反映させることにこだわり、新潟産の酒米や軟水を使って醸すことにこだわりました。

マイナスを逆手に取って「淡麗辛口」を主流に!

ただ、こだわるあまりに難点も。新潟の軟水で造ると当時の主流だった濃厚なしっかりとした味わいの日本酒はできません。しかし、それを逆手にとって「淡麗辛口」という言葉を使い、マイナス部分を全てプラスに変換させることで、新しい日本酒の流行をつくることに成功しました。今でも久保田の日本酒を特徴付けているのは、「淡麗辛口」というすっきりとした味わいです。

「久保田」のラベル誕生に隠された秘話

すずりと筆
出典:写真AC
当時、日本酒のラベルは「アート紙」が主流でしたが、久保田は新潟の伝統工芸である「手すき和紙」を使用し、そのロゴの文字までも新潟にこだわり、地元新潟の書家に依頼しました。新潟の手すき和紙は衰退傾向にありましたが、朝日酒造は手すき和紙の設備投資などにも尽力し、衰退しかけていた和紙産業をも成長させました。原料だけでなく、なにもかも新潟に、そして上質なものにこだわってできあがったのが「久保田」なのです。
余談ですが、久保田の和紙ラベルは水に浸すときれいに取れます。日本酒が好きな方はコースターにしたりノートに貼ったりする方もいるそうです。

未来に向かう朝日酒造のチャレンジ

稲と米
出典:写真AC

原料にこだわるあまりにできた子会社「有限会社あさひ農研」

「酒の品質は、原料の品質を超えられない」かつての朝日酒造の職人が言った言葉です。
「どれだけの職人の腕が良くても、酒の原料である米と水が上質なものでなければ、おいしい日本酒を作れるわけがない」という意味です。
日本酒に使われるのは、私たちが食べる食用の米とは違い、日本酒を造るために栽培される酒米です。この酒米の品質向上や、新しい酒米の栽培・研究を推進するために朝日酒造が立ち上げたのが「有限会社あさひ農研」です。

30年ぶりに復活した希少な酒米

「有限会社あさひ農研」は、朝日酒造の理想の酒米を実現すべく品質の向上と新しい米の開発に努めており、減肥栽培や環境保全型農法など、さまざまな試みを実践する実験田としての役割も果たしています。平成8年には30年ぶりに酒米「千秋楽」を復活させるなど、米づくりからはじまる酒造りとして価値の高い製品が生み出されています。

「ほたるの里づくり」で地域との共生を

ほたるが舞う様子
出典:写真AC
酒米も水も地元新潟でとれたものを原料として使用している朝日酒造にとって、地域との共生・環境向上の取り組みはとても重要です。

朝日酒造は、未来に向けての環境保全として、ほたるの幼虫を育て、ほたるが生息しやすい環境を維持するために、農薬の使用を抑えた農法の実現や水環境の向上などにも取り組む「ほたるの里づくり」活動をしています。「ほたるが生息できる=水がきれいな環境」で酒づくりをする。地域との共生と水にこだわる酒蔵だからこそできる取り組みですね。

お値段無料!試飲が楽しめる酒蔵見学

酒蔵
出典:写真AC
地元に根差して自然と共生していきたい、そんな朝日酒造の想いを存分に感じることができるのが酒蔵見学です。
自然に囲まれた蔵の中を実際に見学できます。
コースは2コースあり、予約不要の20分コースと要予約の60分コース。両方とも無料です。
朝日酒造のことをしっかり見学した後は、無料の試飲も楽しめます。

詳細はこちら

最高級の安心感、久保田ブランド

知名度はあるものの、特約店の販売のみになるのでなかなか定価では手に入りにくい久保田ですが、大きい百貨店などではタイミングがあえば販売されていることが多いです。今日の晩酌なににしよう?や日本酒好きのあの方に贈るにはどれがいいかな?と思ったときは久保田を選べば一安心。安定の味わいと初心者からマニアまでをうならせる朝日酒造の技。そのときの予算にあったもので価格以上の価値が十分あります。蔵元の「久保田」という一本の日本酒にかけたこだわりを感じながら晩酌するのも良いものですね。

紹介されたアイテム

久保田 萬寿 純米大吟醸
久保田 翠寿 大吟醸・生酒
久保田 碧寿 純米大吟醸
久保田 紅寿 純米吟醸
久保田 千寿 吟醸
久保田 百寿 特別本醸造酒
久保田 生原酒 吟醸(原酒・生酒)
久保田 五百万石 純米大吟醸
久保田 雪峰(せっぽう)
久保田 飲み比べ ギフト(萬寿・千寿・百…

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
たべごと編集部
たべごと編集部

全国各地の特産品・お酒・伝統工芸品などの他にも、こだわりのキッチン用品、大切な人に送るギフトセット、家族で楽しめるイベント情報、食材の歴史やおいしい食べ方など、「まるごと楽しむ、日本の食 」をキャッチコピーに、食に関わる情報を幅広くお届けしています。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美