【福岡の日本酒】おすすめしたい人気銘柄20選!辛口から甘口までの品揃え

味は全体的に辛口ですが甘口のものまで品揃えがある、福岡の日本酒。バーや居酒屋でも、またお土産としても人気です。中心地である筑後のほか、北九州、福岡、筑豊も含めた4エリアの特徴とともに、おすすめ地酒の人気の20本ご紹介!飲み比べできるスポットやフェスのようなイベント情報も。


出典:写真AC
福岡の日本酒は品質が高く、おいしいものがたくさんあることをご存じですか?実は、福岡県の清酒蔵の数は57あり、全国5位の酒処。もちろん地元のバーや居酒屋でも人気ですし、お土産にもおすすめです。そんな日本酒造りが盛んな福岡で、本当においしくて人気の日本酒はどれなのか。今回は、福岡の4エリアごとの人気銘柄をまとめて20本ご紹介します。

福岡の日本酒の特徴

出典:写真AC
福岡の日本酒は全体的に淡麗辛口で、スッキリとした味わいが特徴です。しかし、筑後地方には濃醇甘口の日本酒もあり、明太子やもつ鍋、筑前煮などの福岡を代表する幅広い料理と一緒に楽しめます。

実は、福岡の日本酒は品質が高いことでも有名。日本酒の主な原料は米と水で、これらの質が酒の味を決めます。米は、酒造りに適した品種を酒造好適米と言い、代表的なものに「山田錦」があります。この山田錦の生産量は兵庫県に次いで福岡県が全国2番目。山田錦以外の酒米用として使われている酒造用米の生産量では全国一です。加えて、筑後地方に流れる筑後川の良質な水。この素晴らしい環境で作られる日本酒がおいしくないわけがありません。

また、福岡の地酒の歴史は深く、江戸時代には造り酒屋が613軒もあり、西南戦争の際に官軍が飲んだことでも有名です。知れば知るほど奥が深いのが福岡の日本酒なのです。

4エリア別おすすめ20選!

出典:写真AC
福岡県は地理的、歴史的、経済的特性などから、「北九州地方」「福岡地方」「筑豊地方」「筑後地方」の4エリアに分けられています。福岡の酒は、筑後地方に流れる筑後川沿いを中心に発展してきました。また、代表的な酒造好適米の「山田錦」は福岡地方の糸島を中心に作られています。今回は、酒蔵が多く集まる筑後地方を中心に、北九州地方、福岡地方、筑豊地方も含めた4エリア別のおすすめの日本酒を20本ご紹介します。


【筑後】辛口から濃醇甘口まで揃う。おすすめの13本

出典:写真AC
福岡県を4つのエリアに分けたとき、南部の地域を筑後地方と呼びます。筑後地方には筑後平野が広がり、その土壌の恵みにより農業が盛んです。また、酒造りに適した軟水が流れる筑後川に沿って多くの酒蔵が存在し、福岡の日本酒は発展してきました。そんな筑後地方でつくられたおすすめの日本酒を10本ご紹介します。

1.喜多屋「喜多屋(きたや)」

創業約200年の酒蔵で造られる「喜多屋」。世界で最も影響力のあるコンペティションとして知られているIWC (インターナショナル・ワイン・チャレンジ)の2013年の日本酒部門でなんと第1位を受賞した酒です。糸島産の山田錦を精米歩合35%に磨き上げ、圧力を一切加えない「しずく搾り」によって仕上げた酒は、 優雅で華やかな香りと、芳醇かつ透明感のある味わいが世界から評価された極上の1本です。
ITEM
喜多屋 大吟醸 極醸 喜多屋しずく搾り 720ml
・生産地・蔵元名:福岡県八女・喜多屋
・原材料:米・米麹・醸造用アルコール
・味のタイプ:淡麗 辛口
・参考価格:4,300円前後

2.高橋商店「繁桝(しげます)」

約300年の歴史と伝統を誇る蔵元が出す珠玉の1本。酒造好適米「山田錦」を使用し、圧力をかけず自然に滴る「しずく酒」のみを集めた贅沢な酒です。味は辛口でシャープかつ清涼感のある飲み口ですが、飲み終わった後に上品な香りの余韻を楽しめます。贈答用にもぴったりの上質な日本酒です。
ITEM
繁桝 大吟醸 しずく搾り 720ml
・原材料:米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール(精米歩合:40%)
・アルコール度数:17度以上18度未満
・販売者/製造者:(株)高橋商店
・参考価格:4,900円前後

3.井上合名「三井の寿(みいのことぶき)」

辛口が好きな人にぜひおすすめしたいのがこちらの「三井の寿」。日本酒度は+14の大辛口の日本酒です。山田錦を9号酵母で仕込み、辛口でありながら米のうま味が活かされた純米吟醸です。 暑い時期にぴったりの「軽快・すっきり・爽やか」な味わい。また、裏面のラベルはスラムダンクを連想させるデザイン…!?ぜひチェックしてみてください。
ITEM
三井の寿 +14大辛口 純米吟醸 山田錦 720ml
・精米歩合:麹米60%、掛米60%
・日本酒度:+14
・アルコール度:14度
・参考価格:1,500円前後

4.若波酒造「蜻蛉(とんぼ)」

若波酒造は大正11年創業。使用米には福岡県産米の山田錦や夢一献を、仕込水には日本名水百選・阿蘇の白川水源湧水を使用するなど、原材料にこだわった酒造りをしています。「蜻蛉」はほんのり甘くフルーティーな味わいで、軽く飲めて料理の味を邪魔しない1本です。
ITEM
蜻蛉(とんぼ) 特別純米酒 720ml
・生産地・蔵元名:福岡県、大川・若波酒造
・原材料:米・米こうじ
・味のタイプ:やや淡麗 やや辛口
・参考価格:1,300円前後

5.杜の蔵「杜の蔵(もりのくら)」

艶やかな香味と絶妙なバランスが堪能できる、贅沢な酒です。酒袋から滴る雫の一滴一滴を斗瓶に集めた、 とっておきの逸品。艶やかで上品な香り、豊かな含み香がある酒です。ジューシーで潤いと丸みを帯びた味わいを楽しんでみてください。少し冷やして飲むのがおすすめ。
ITEM
【限定】純米大吟醸 斗瓶採り雫酒 杜の蔵 720ml
・材料:米・米麹
・原料米:福岡県糸島産・山田錦
・精米歩合:40%
・アルコール度数:16度
・日本酒度:+1(基準値)
・参考価格:6,500円前後

6.山口酒造場「庭のうぐいす」

“挑戦”がテーマのうぐいすラベルは、最新の醸造技術を用いた穏やかな吟醸香と飲み口の良さが特徴です。綺麗で上品でありながら、ここちよい酸味がをシャープに響きわたる純米吟醸酒です。純米吟醸の新しいスタイルを追求した「庭のうぐいす」、ぜひ味わってみてください。
ITEM
庭のうぐいす 純米吟醸 720ml
・産地:福岡県
・蔵元:山口酒造場
・原料:山田錦・夢一献
・アルコール度数:16.5度
・精米歩合:50%
・日本酒度:+4
・酸度:1.3
・参考価格:1,600円前後

7.若竹屋酒造場「博多練酒(はかたねりざけ)」

辛口の酒が苦手という人にぜひおすすめしたいのがこちらの「博多練酒」。若竹屋酒造場が室町時代の名酒製法の書「御酒之日記」 に記された製法をもとに、10年がかりで復元に成功した酒です。



あまざけとは違う風味で、白酒よりも飲みやすく、お酒臭さはありません。フルーティーでまろやかな優しい味わいの中に程良い酸っぱさがあり、まるでお米を溶かしたようなお酒です。 アルコール度数はわずか3%程度。普段お酒を飲まない方や、食前酒としてもおすすめです。
ITEM
博多練酒 500ml
・原材料:名米、もち米、米麹
・製造者:若竹屋酒造場 福岡県久留米市田主丸町田主丸706
・参考価格:1,500円前後

8.比翼鶴酒造「比翼鶴(ひよくつる)」

比翼鶴酒造の昔ながらの伝統の技で丁寧に仕込まれた純米酒です。口当たりの柔らかいスッキリとした純米酒で、常温でも冷でも、熱燗でもお好みで楽しめます。また、平成30年9月5日に開催された第7回福岡県酒類鑑評会の清酒 純米吟醸酒・純米酒の部で金賞を受賞した注目の酒です。
ITEM
比翼鶴 純米酒 720ml
・アルコール度数:15度〜16度
・原材料:米・米麹・精米70%
・生産地:福岡県久留米市城島町
・蔵元名:比翼鶴酒造
・参考価格:880円前後

9.山の壽酒造「山の壽(やまのことぶき)」

酒米「雄町」を55%まで磨いて醸した純米吟醸酒です。強めのシュワシュワとしたにごり酒で、甘さもしっかりありますが、すっきりしておりゴクゴク飲みたくなる1本。透明感のある旨みのあとにバランスのいいコクの余韻を楽しめます。冷酒から常温で飲むのがおすすめ。
ITEM
山の壽 純米吟醸 720ml
・アルコール分:16度
・原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)
・精米歩合:55%
・参考価格:1,600円前後

10.池亀酒造「黒兜(くろかぶと)」

黒麹菌で仕込んだ、珍しい純米吟醸酒です。甘い苺のような香りと、濃厚な旨味、優しく爽快な酸味は、長年の試行錯誤によって完成された、今までにない新しい味わいです。 バランスのとれた味で、白ワイン感覚でも飲めるので、色んな料理と共に楽しめる1本です。
ITEM
純米吟醸・黒兜 720ml
・製造元:池亀酒造
・都道府県:福岡県
・原材料:山田錦
・参考価格:1,400円前後

11.いそのさわ「駿(しゅん)」

糸島産の山田錦を40%まで磨いて醸した純米大吟醸。 上品な香りと、スッキリとしたのど越しの良い飲み口で、まろやかな味わいです。 柔らかで伸びのある旨みと、吟醸香のバランスが最高な1本。 濃い味だけでなく、塩味やあっさり系の料理との相性も抜群です。
ITEM
駿 純米大吟醸 720ml *箱入り
・精米歩合:40%
・参考価格:3,600円前後

12.喜多屋「蒼田(そうでん)」

歴史ある蔵元・喜多屋からもう1本ご紹介。最高の酒造好適米「山田錦」のみを精米歩合55%に磨き上げ、低温でじっくり発酵させ、華やかな香りと豊かな味わいを引き出した純米吟醸酒です。料理の中でもとりわけ刺身や寿司など魚料理との相性は最高です。飲み方は冷や、常温がおすすめ。
ITEM
【限定日本酒】蒼田(そうでん) 純米吟醸酒 720ml
・生産地・蔵元名:福岡県八女(やめ)・喜多屋
・原材料:米・米麹
・味のタイプ:やや淡麗 やや辛口
・参考価格:1,500円前後

13.井上合名「美田(びでん)」

辛口好きな人は、「三井の寿」だけでなく、こちらの「美田」もぜひ飲んでみてください。日本酒度+14の大辛口でありながら、落ち着いた香りとともに、 山廃純米ならではのしっかりとした味わいが心地よく、ほどよい酸味が飲み飽きしない1本。コストパフォーマンス抜群の絶品です。
ITEM
美田 辛醸 山廃純米 +14 大辛口 720ml
・使用原料米:糸島町産山田錦
・精米歩合:70%
・日本酒度:+14
・酸度:2.1
・アミノ酸度:1.9
・アルコール度:15度
・参考価格:1,400円前後

【北九州】名水で造るすっきりとした口当たり。おすすめの3本

出典:写真AC
福岡県の北東部に位置する北九州地方。工業都市として知られており、海沿いには多くの工場があります。ですが、平野が広がっている地域もあり、そちらは農業も盛ん。山の麓に酒蔵を構え、湧き水でおいしい酒を造っている酒蔵が多数あります。そんな北九州地方の酒蔵で造られている日本酒をご紹介します。


14.溝上酒造「天心」

1844年からの歴史を持ち、「寒造り」に適した皿倉山の麓に酒蔵を構え、清らかな湧き水をもとにうまい酒造りを続けている溝上酒造。地元で愛されている酒が、平成24年第1回福岡県新酒鑑評会の純米酒の部で金賞を受賞した「天心」。爽やかな香りと、透明感のあるスッキリした口あたりが特徴の酒です。辛口の中にも、柔らかでまるい甘みを感じるバランスの良い味です。
ITEM
溝上酒造 天心 純米酒 720ml
・原材料:米・米麹
・精米歩合:60%
・アルコール度数:15度以上16度未満
・参考価格:1,300円前後

15.無法松酒造「無法松(むほうまつ)」

豊かな自然環境の中、伝統の技で酒造りを続けている無法松酒造。そんな酒蔵で造られている「無法松」は、福知山系の清冽で仕込んだ、吟醸香の漂うフルーティーで爽やかな口当たりの酒です。爽やかな香りとキレのよい旨さは、一度飲むとやみつきになること間違いなしです。
ITEM
【無法松酒造】無法松吟醸酒720ml
・アルコール度数:15度
・原材料:米、米こうじ、醸造アルコール
・醸造元:無法松酒造有限会社
・参考価格:1,700円前後

16.林龍平酒造場「九州菊(くすぎく)」

平成22年全国新酒鑑評会で金賞を受賞した「九州菊 限定大吟醸」。糸島産山田錦を35%まで磨きこみ、うま味がありながらすっきりとした飲み心地が特徴です。飲み方は冷酒がおすすめ。酒蔵には英彦山からの伏流水をひく井戸があり、酒造りに最高の水が絶えることなく湧き出ており、良質な水で造る日本酒は絶品です。こちらの大吟醸は生産数量限定なので、早めに購入することをおすすめします!
ITEM
【生産数量限定の大吟醸】林龍平酒造場 九州菊 限定大吟醸 15度 720ml
・度数:15度
・日本酒度:+5
・原材料:米、米麹
・精米歩合:35%
・製造元:林龍平酒造場
・参考価格:2,700円前後

【福岡】山田錦を使ったこだわりの日本酒。おすすめの3本

出典:写真AC
九州一の都市である福岡市と、その周辺の自治体から成る福岡地方。有名な山田錦の産地である糸島も含まれます。百年以上にわたり愛されている造り酒屋もあり、福岡の中心地でありながら歴史を感じることができます。そんな福岡地方の酒蔵で造られている日本酒をご紹介します。

17.白糸酒造「田中六五(たなかろくじゅうご)」

商品名の「田中」は「田んぼの中にある酒蔵で醸された」という意味、「六五」は「糸島産山田錦のみを用い、65%精米によって仕上げられた純米酒」であるという意味が込められている「田中六五」。福岡で愛され日常的に親しまれる酒を目指し造られています。フレッシュで優しくさらりと飲める味わいが特徴。 ほのかに香る吟醸香がたまらない、究極の食中酒を味わってみては?
ITEM
田中六五 純米酒 火入れ 720ml 白糸酒造 日本酒 福岡県
・蔵元:有限会社白糸酒造
・原料米:糸島産 山田錦
・精米歩合:65%
・参考価格:1,500円前後

18.石蔵酒造「如水(じょすい)」

豊臣秀吉を天下人にさせた軍師であり、筑前・福岡藩の祖「黒田如水」にあやかり命名された「如水」。また、吟醸の酒質がいくら飲んでも飽きない淡麗のため、「水の如(ごと)し」の意味合いもあるそう。福岡県産山田錦を贅沢に使い、低温発酵で丁寧に造られた吟醸酒で、さっぱりとした上品な辛口が特徴です。
ITEM
吟醸・如水(じょすい) 720ml
・生産地・蔵元名:福岡市堅粕・石蔵酒造
・原材料:米・米麹・醸造アルコール
・味のタイプ:淡麗辛口
・参考価格:1,700円前後

19.小林酒造「博多の森」

超辛口ですが、すっきりとした後味が楽しめ、非常に飲みやすい純米酒です。じっくりと低温発酵させた本格的な造りで、あっさりとした料理との相性は抜群です。米は糸島産の酒造好適米「山田錦」を使用し、地元・福岡にこだわって造られています。冷酒がおすすめですが、常温や熱燗でも楽しめます。
ITEM
萬代 博多の森 超辛口純米酒 720ml
・原材料:米(国産100%)・米麹(国産100%)(精米歩合:60%)
・アルコール度数:15度
・販売者/製造者:(株)小林酒造本店
・参考価格:1,300円前後

【筑豊】地元で愛される、高品質の地酒。おすすめはこれ!

出典:写真AC
福岡県の内陸部(中央部)に位置する筑豊地方。日本の主要な炭鉱の産地だった「筑豊炭田」が広がり、戦前は国内最大の炭鉱地帯でした。現在は地域が一丸となって地元の農業の活性化に取り組み、おいしい米や野菜などの生産が進められており、新たな産業展開が期待される地域です。そんな筑豊地方で造られた日本酒をご紹介します。


20.寒北斗酒造「寒北斗(かんほくと)」

寒北斗酒造が誕生したのは、1729年。約300年にわたり地元で愛されてきた酒蔵です。昭和59年に「福岡を代表する銘酒をつくりたい」という信念のもと誕生した、「福岡らしい味」を大切にした酒が「寒北斗」。穏やかな清流のような飲み口と、優しい香りが楽しめます。やや辛口の純米酒は食中酒として、冷酒でも熱燗でもおすすめ。
ITEM
寒北斗酒造 寒北斗 純米 箱入り 720ml 福岡 土産
・麹米:山田錦
・アルコール度数:15度
・販売者/製造者:寒北斗酒造(株)
・参考価格:1,500円前後

昔、飲んですごく美味しかった記憶がありました。やっと探し出して購入しましたが、やっぱり美味しかったです。また、購入したいと思います。


福岡の日本酒が味わえる!スポット&イベント情報

出典:写真AC
辛口から甘口まで揃い、高品質なものが多い福岡の日本酒。そんな福岡の日本酒を気軽に飲み比べしてみたい!という人におすすめのスポットや、いわばフェスのようなイベント情報をご紹介します。


春に開催される、福岡の「酒蔵開き」

出典:写真AC
毎年2〜3月頃の春先になると、福岡の多くの酒蔵で酒蔵開きが行われます。普段はなかなか入ることのできない酒蔵の中や、酒造りの現場を見学できたりも。さらに、できたての新酒を味わうこともでき、日本酒が好きな人にはぜひ行ってもらいたいイベントです。複数の酒蔵を巡って、気になる銘柄を飲み比べしてみてください。

平成30年酒蔵開き

福岡の酒蔵が大集合!フェスのような日本酒イベント「& SAKE FUKUOKA」

出典:写真AC
福岡史上最大の酒イベント、まるでフェスのような「& SAKE FUKUOKA」。なんと福岡の酒蔵のほとんどである55蔵が大集結し飲み比べができるという、なんとも贅沢なイベントです。普段はなかなか飲むことができない銘柄も揃い、さらに有名な飲食店の限定メニューも味わえます!ぜひ足を運んでみてくださいね。

& SAKE FUKUOKA

 

おいしい福岡の日本酒。酒屋でも品揃えをチェック!

知れば知るほどに奥が深く、おいしいものがたくさん揃う福岡の日本酒。高品質な米と水で造られた日本酒は、日本だけでなく世界にも誇れる味わいです。
さらに、明太子やもつ鍋などの福岡を代表するおいしい郷土料理と共に味わうと、より一層酒を楽しめること間違いなし。ふらりと酒屋に立ち寄った時も福岡の酒の品揃えをチェック!ぜひ一度、福岡の日本酒を味わってみてください。


今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
東江千尋
東江千尋

カメラ愛が止まらない!自称なんでも屋のエディター&ライター

福岡・天神の魅力を発信するメディアサイトの元エディター&ライター。高専卒業後、化粧品の研究開発、ブライダルカメラマン、メディアサイトのエディター&ライターを経験。
Webデザインを学び、現在はWebディレクターとしても活動中。
趣味は写真撮影と旅行。沖縄出身の旦那さんと娘、息子の4人家族。最近の夢は海の近くでのんびり暮らすこと。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり