人気の素材は木?材質や機能で選ぶ最適な【まな板】おすすめ20選

木製やプラスチック、ゴム製などの素材以外にも機能や用途が異なるまな板は、種類がたくさんありすぎて選ぶのに迷ってしまうキッチンアイテム。ふるさと納税の返礼品で選べるものからプロも愛用する本格派まで、おすすめのまな板や収納にぴったりのスタンドも紹介します。


出典:Pixabay
キッチンアイテムの中でもまな板は料理の必需品。でも、いざ選ぼうと思うと種類があり過ぎて、どれを選んだらいいのかわからなくなってしまうのでは?あまりに種類が多いので、料理のプロが使っているまな板を参考にしたいと、まな板について書かれたブログも人気があるくらい、まな板選びには皆さん悩んでいるようです。

素材や機能別にいろいろなまな板の特徴を紹介するので、使い分けや買い替えなどで新しいまな板が欲しい人はぜひ参考にしてみてください。

おすすめのまな板は?まな板の選び方について

出典:Pixabay
まな板を選ぶときにはキッチンに合うサイズかどうかも大事な要素ですが、どのような用途やシチュエーションで使うかによって、材質や素材、デザイン、機能、形や大きさなどを選ぶようにすると決めやすいでしょう。

まな板はただ食材を切るだけでなく、カッティングボードやデザイン性の高いものを選べば器としても使えます。また、通常は何枚かのまな板を使い分けることが多いので、普段の料理のスタイルや衛生面などを考えながら、違う素材のまな板を数枚組み合わせて揃えておくと安心です。

ちなみに、私はメインで使う木素材のまな板を1枚に、肉や魚を切るためのまな板シートを数枚と、小型のプラスチックまな板1枚を使っています。
収納できるスペースや使い勝手に合わせて自分なりに揃える枚数をカスタマイズしてみましょう!

【材質・素材で選ぶ】木製?プラスチック?それともゴム?

木製

出典:PIXTA
木の素材でできたまな板は「使っていると料理が上手くなったような気がする」と、イメージで使いはじめる人も多いようです。実際、弾力性が高いため包丁の刃にも優しく、木が本来持つ抗菌作用にも期待ができます。

合板よりも一枚板で作られたものを選んだ方が良いなど、木製まな板を選ぶ際に気をつける点もありますが、まずは気に入った素材を選ぶのが一番です。木の種類によって特徴が異なるので、自分に合った素材を見つけましょう。

 

檜(ひのき)

檜の一番の特徴はその香り!木材らしい香りがとっても爽やかです。また、健康な檜であればその証拠として、まな板の表面にヤニが出てくることがあります。決してまな板が傷んでしまったというわけではないので安心してください。

ヤニには雑菌の繁殖を抑えてくれる働きがあり、ヤニが出ることで水切れが良く乾燥に強いまな板になっていきます。ヤニが多いように感じるときは、熱湯で洗い流せばOK。まな板素材の中でも人気がありますが、食材へのにおい移りが気になる方は控えた方がいいかもしれません。
ITEM
檜(ひのき)まな板 (スタンド付き)
・本体サイズ(約):幅39×奥24×厚1.3cm
・重量(約):600g
・その他:食器洗い乾燥機対応、まな板スタンド付き

箱を開けた瞬間に檜の香りに包まれました。夕飯前に届いたので早速夜に使用しました。使って良い香り洗って良い香り立たせて良い香り。お気に入りです。(食材に香りが移るわけではありません。)一人者ですので30センチ丁度良いです。


ヒバ

ヒバには「ヒノキチオール」という成分が多く含まれています。名前だけ聞くと檜に関連する成分かと思いがちですが、国産の檜にはほとんど含まれていないそうです。ヒノキチオールが多く含まれているため、水分を含むと強い香りを放ち抗菌力を発揮します。

防カビ能力については、木の素材の中では抜群。耐水性と消臭能力にも優れているので、包丁傷で雑菌が繁殖しやすい木製のまな板でも、お手入れが比較的楽で衛生的に使える素材と言えますね。
ITEM
ひば 薄手まな板
・本体サイズ(約):幅36×奥21×厚1.4cm
・重量(約):449 g
・その他:米国産ヒバと国産のヒバの両方を使用

サイズも軽さも気に入って使っています。ヒバの香りが心地よいです。制菌作用の強いヒバのまな板ばかりを、ずっと使い続けてきましたが、今回は買え替えです。


いちょう・銀杏

いちょうは適度な油分があるため、余分な水分を弾いてくれます。また、弾力もあって切ったときに刃のあたり方が柔らかく包丁が長持ちすると、プラスチック製が出てくる前、木製まな板が主流だった頃は、一般家庭でとても身近な素材でした。

ただし、檜やヒバのように抗菌作用がないため、カビが生えやすいという性質があります。しっかり洗ってしっかり乾かすことで、カビを防ぎながら上手にお手入れをすれば長く愛用できる木素材です。
ITEM
国産いちょう まな板
・本体サイズ(約):幅38×奥21×厚2.5cm
・重量(約):979g(発送重量)
・その他:削り直しサービス付

凄くいい香りがします。歯当たり良く軽くて使いやすい。もう一つ欲しいくらい。


桐(きり)

桐の特徴はその軽さ。ほかの木素材よりも断然軽く、そのため洗った後、乾くのも早いです。抗菌作用もあって弾力性も十分なので、包丁の刃こぼれにも強い素材です。ただ、まな板としては少し柔らかすぎると感じるところもあり、傷はつきやすいでしょう。

軽さの反面、食材を切るときにまな板が動きやすいため、使用の際はまな板の下に滑り止めとして濡れ布巾を敷くなどの工夫が必要です。軽くて乾きやすい点が気に入って桐を選ぶ人が多いようなので、重いまな板は取り扱いにくいと感じる人には向いている素材といえるでしょう。
ITEM
桐 まな板
・本体サイズ(約):幅42×奥23×厚1.8cm
・重量(約):530g

軽くて水捌けもよく、重宝しています。週に一度は天日干しするのをお勧めします。価格もお手頃なので気になっている方は是非おためしください。いい音がしますよ。


ふるさと納税返礼品

<ふるさと納税とは?>
年末が近づくにつれてCMでもよく見かけるようになったふるさと納税。ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことで、手続きをすれば税金の控除が受けられる以外にも返礼品としてその地域の名産品などを送ってもらえます。

大分のいちょうのまな板
「まな板」はふるさと納税の返礼品としても人気があります。大分県国東市にふるさと納税すると、市内で工房を営む「くにさき六郷舎」から大分県産のいちょうで作ったまな板が届きます。

一般的には抗菌作用の低いいちょうのまな板も、工房で耐水加工を施して作り上げるので、水に強くて汚れにくく衛生的。カビに悩まずに済みますね。適度な弾力に加工されているので、刃もまな板も傷つきにくいのだとか!
ITEM
くにさき六郷舎 銀杏のまな板
・本体サイズ(約):幅37×奥22×厚2.2cm

吉野檜
吉野檜は奈良県の吉野地方で育つ檜です。伐採されてモノへと生まれ変わるまで人工林で大切に育てられます。節が少なく、 芯を中心に木目が縦に真っすぐに通った美しい木材として、その品質の高さも有名。いろいろな種類の檜がある中でも色つやが良く光沢もあるため、色合いもトップクラスと言われます。

樹齢80年以上の吉野産檜を一枚板のまな板は、まな板として使う以外にも食材をのせて器のように使っても華があります。
ITEM
本場吉野産 手づくり桧まな板
・本体サイズ(約):幅21×奥42×厚2.5cm

プラスチック製

出典:写真AC
プラスチック製のまな板は安さと漂白や消毒のしやすさが特徴。手軽で衛生的なのがプラスチック製の良いところと言えるでしょう。木素材と違ってデザインも豊富なのでキッチンが華やかになるおしゃれなものも選べます。ただ、素材としては硬いため包丁の刃こぼれは心配です。色の濃い食材を調理すると色移りする点や高温にも弱いなど、取り扱いには注意も必要です。



 

汚れ落ちが良く耐熱性

本来熱に弱いプラスチック素材を耐熱仕様にしたまな板。食洗機の使用も可能なのでしっかりと除菌することができます。汚れ落ちが良いので衛生面でも安心です。
ITEM
耐熱・抗菌 まな板(ラバー付 )
・本体サイズ(約):幅37×奥22.5×厚0.8cm
・重量(約):520g
・耐熱温度:100度

色が気に入り、購入しましたが、使ってみると、汚れ落ちがとてもよくビックリしました。キムチやニンジンを刻むと白いまな板が一気にオレンジになるため、カラーまな板を使うことが多かったのですが、こちらは水洗いだけでもサッと綺麗に落ちます。重さも、丁度いいです


子供も使える抗菌プラスチック製

お子さんと一緒に使える抗菌性のカッティングボード(まな板)セットです。3種類の大きさがあるから、食材やキッチンの調理スペースによって使い分けることもできます。
ITEM
子供用(三枚セット)カッティングボード
・本体サイズ(約):大290×200×5、中360×250×5、小400×280×6cm
・重量(約):1.3 Kg(発送重量)
・その他:3点セットまな板

ゴム製

ゴム製のまな板は、木素材とプラスチック製の間のような切り心地と言われます。ゴムなのでまな板自体にも傷がつきにくく、包丁の刃こぼれも軽減できます。また、水分を弾くのでカビなどの雑菌が繁殖しにくい素材です。漂白剤が使用できるものや耐熱性のものなど、機能性が高いまな板が幅広くラインナップされているので、メインのまな板として使ってもサブ遣いでも使い道が広そうです。ただ、木素材のように表面を削って使うことはできないので、劣化したときには買い替えが必要となります。
ITEM
家庭用 ゴムまな板
・本体サイズ(約):幅38×奥21×厚1.3cm
・重量(約):1100g
・耐熱温度:-30〜100℃

引っ越ししてキッチンが広くなり、良い包丁を買ったことを契機にまな板を新調しました。
ある程度大きさかあって、清潔で包丁の刃にも優しいです。唯一欠点を挙げればやや重さがありますが全く気にしてないです。


ITEM
合成ゴム まな板
・サイズ(約):幅34×奥21×厚1.0cm
・重量(約):880g
・耐熱温度:-30~130℃

キッチンに納まりが良く、使い勝手の良い丁度良いサイズが「お気に入り」です。ゴム製なので滑りが無く包丁を下した時の当たりが「木製まな板」の感触に近く具合が良いと…年老いた母が言っておりました。


【デザインで選ぶ】おしゃれなブランドまな板

カラフルでキッチン映えする色や、珍しいデザインのまな板など、今はいろいろなブランドやメーカーのまな板が揃っています。選ぶ際には、おしゃれなだけでなく使い勝手の良さも意識すれば、リピートして使い続けたくなるあなたの定番まな板も見つかるはずです。

 

食材がはっきり見える黒のまな板

まな板といえば「白」が多い中で、黒いまな板は新鮮!まな板が黒いと食材がはっきりと見えるため、デザイン性・機能性に優れている点で人気があります。
ITEM
黒いまな板
・本体サイズ(約):幅30×奥21×厚2.0cm
・重量(約):120g
・耐熱温度:-20℃〜 100℃

「まな板といえば白」を覆す発想が良いです。事実、食材が見やすく、弱視者でも使えます。地が黒い分、清潔さを保つのに工夫が要りますね。我が家では、白と黒を使い分けています。


使い分けは、まな板使いの基本

ちょっとした食材を切るのに重宝する小さめサイズのまな板は、野菜などの生鮮食品、にんにくのような臭いのキツイものなどを分けて切れるうえ、切った後はそのまま鍋やフライパンにスライドして投入できるので便利。キッチンスペースが狭くても場所を取らないので気軽に使えます。
ITEM
使い分け 抗菌プチまな板(3枚セット)
・本体サイズ(約):幅16.5×奥14.5×厚0.2cm(1枚当たり)
・重量(約):110g(3枚計)

お味噌汁の豆腐切り用に購入しました。淵もあり使い勝手が良いです。食洗器に入れて毎日使っていますが、問題なく使っています。ニンニクなどを切るのにも重宝です。


台に直接触れない浮かせまな板

まな板の両端に付いている丸太が脚になり、まな板面が台に付くことがなく調理中の水はけが良い状態を保つことができます。半面が汚れないのでお手入れも楽で衛生的。
ITEM
浮かせ両面まな板(国産ひのき材)
・本体サイズ(約):幅48×奥24×厚1.5cm
・重量(約):822g

シンクのまな板置き用に縦に台として使用しています。商品はヒノキの材質できれいに練磨、作り込みされており良いものです。長く使用できそうです。


【機能で選ぶ】折りたたみや収納性

抗菌性の高さもまな板の機能の一つに入ると思いますが、最近ではまな板一枚で他の調理器具も兼ね備えてしまうような、多機能まな板もたくさんラインナップされています。「切る台」としてだけのアイテムではないのが現代の「機能的なまな板」なのです!

 

コンパクトで収納に便利

まな板は意外と収納場所に困るキッチンアイテムの一つ。専用ケースで、コンパクトにまとまった状態で収納することができます。インデックスが付いているので、使い分けるときもわかりやすく便利です。
ITEM
まな板 4枚入(インデックス付)
・本体サイズ(約):収納時(インデックス部分含む) 幅30.5x奥8.5x厚23.5cm / まな板(インデックス部分除く) 幅30x奥20x厚0.8cm
・重量(約):1.9 Kg

ギフト用に購入。シンク下の深さのある引き出しに収納したいとのことでこちらを選びました。目的別に使い分けしやすいタグ付きデザインは便利です。


機能的な折りたためるまな板

ザル代わりにして食材を洗えたり、切ったものをこぼさず一度に鍋やお皿に移したりと、とっても機能的なまな板。まな板だけでまな板以外の働きもしてくれるから、料理の時短にもつながりますし手間も省けます。
ITEM
折りたためるまな板
・本体サイズ(約):幅42.7×奥26.2×厚2.5cm
・重量(約):438g
・耐熱温度:110℃
・その他:食器洗浄乾燥機使用可

なり前から知っている商品だったが、東急ハンズでたまたま現物を見て欲しくなり注文。滑り止めが付いているので、ズレずにしっかり切れます。切ったものは片側にある水切りで水を切ったあと、そのまま容器に入れられる。今まではいちいちすくい上げて容器に入れていたので、かなり手間が省けた上、容器に入れる前に落としてしまうという事もなくなった。この商品は知った時点で買うべきでした!


滑り止め付き

おろし器と表面(片側のみ)に滑り止めがついている多機能まな板。両面で使い分けもできるので、まな板二枚分の役割を一枚で果たしてくれます。収納スペースもまな板一枚分で収まりますね。
ITEM
滑り止め おろし器付きまな板
・重量(約):939 g(発送重量)

食材クズがまとまってゴミ捨て便利

調理中に出た食材の切れ端などをスライドさせてトレーに移し集めておける画期的なまな板。食材クズをまとめて捨てられるのでテンポよくお料理ができ、後の方付けも簡単。ザルに移せばそのまま水切りもできます。
ITEM
NATURE カット&トレー
・本体サイズ(約):縦35×横20×高さ4.3cm
・重量(約):270g

とにかく便利!プレゼントしたら喜ばれました。


【形や大きさで選ぶ】プロがおすすめするまな板

「ちょっと珍しいまな板が欲しい!」という人におすすめなのが、プロ仕様のまな板です。その道のプロが普段使っているもので、ご家庭でも取り入れられるまな板をご紹介します。

プロ仕様の大きめカッティングボード

重量が約2.2kgと、カッティングボードとしてはかなり大きめのプロ仕様サイズ。家庭では、ホームパーティーでブロック肉を切り分けたり、大皿代わりにチーズやクラッカーなどのオードブルを盛り付けるなどの使い方ができます。パンづくりをする人にも、調理台として良さそうです。
ITEM
竹製まな板(ハンドル・溝付き)
・本体サイズ(約):幅40×奥 30×厚3cm
・重量(約):2.2 Kg

作りがしっかりしているのは分かる。


料理研究家・栗原はるみさんが監修

料理研究家の栗原はるみさんがいつも使用しているこだわりの形とこだわりのサイズで商品化したまな板です。丸型で奥行きが広いため切ったものが落ちにくいのが特徴。一度使うとその便利さがわかると人気がある珍しい形のまな板です。
ITEM
栗原はるみ まな板(丸)
・本体サイズ(約):直径24.5× 厚さ1.3cm
・重量(約):602g
・耐熱温度:-20~70℃

丸い形のまな板は初めて使います。四角いまな板ではできなかった複数の食材を切って端に寄せて、また切って・・・と今まで別の器などに一旦おろしていましたが一度に作業ができて使い勝手が良い。キャベツの千切りなど、カサが多くなる食材でも丸型のためはみ出ることもなくストレスがありません。リバーシブルで紺色の面と白色の面で食材を分けてつかうこともできますね。材質は一般的な角型のまな板と同じポリエチレン樹脂なので、漂白等も問題なくできます。
迷っている人は買って後悔しない商品かと思います。


柔らかいから使いやすいシリコン製

シリコンなので、軽くてにおい移りもなくしっかり洗えてカビも生えません!まな板素材の中ではシリコンが最強かもしれない…と思わずにはいられませんが、素材が柔らかいため包丁の刃で傷が入る可能性はあります。素材の能力が高いので試してみる価値はあります。
ITEM
シリコーン製 まな板
・本体サイズ(約):幅32×奥23×厚0.5cm
・重量(約):400g
・耐熱温度:-40~250℃

果物を切る用のために購入する。サイズはちょうどいいし、使いやすいです。木製のまな板より、包丁の傷があまりつかないし、カビもないし、匂いもないし、抗菌性も強いし、大満足です。


時短になって衛生的!まな板シート

出典:写真AC
まな板シートは、プラスチックでできた薄いまな板状のシートのことです。まな板の上に敷いて使うことで、直接食材をまな板の上で切ると起こり得るにおい移りや包丁の傷などからまな板を守ることができます。また、一枚のまな板で肉と野菜を切りたいときにまな板シートがあれば、複数のまな板を用意しなくても済みます。

とくに離乳食を作る際には、普段使っているまな板で同じように料理してしまうと、万が一まな板に菌が残っていた場合に、病気の感染源を作ることになってしまいます。乳児はまだ免疫がないため、最悪のケースで重度の障害を引き起こしたり、命にかかわるようなことがある恐れも考えられます。

スペースの問題などでまな板が一つしか置けない場合や複数枚持っていないときには、まな板シートで使い分けを行うのが便利です。滑り止めがついているシートがあるなど種類も豊富で、まな板よりも薄く場所を取らないので、ぜひ活用してみてください。
ITEM
抗菌やわらかまな板(まな板シート)
・本体サイズ(約):幅30×奥22×厚0.2cm
・重量(約):126g
・その他:食器洗い乾燥機使用不可

普段ヒノキの分厚いのを使っているのでちょっと切りたい時や下ごしらえの際のお皿代わりとして気軽に使えて気に入ってます。より安価なものは様々見かけますが、衛生面の気になるものなので信用のおける貝印さんを選びました。


気分はDASH村!カッティングボードをDIY

出典:写真AC


いろいろ見てみたものの、やっぱり気に入ったまな板が見つからないという場合は、まな板やカッティングボードをDIYで自作するという方法もあります。
DIYのまな板と言うと、「ザ!鉄腕!DASH!!」のDASH島企画で、床板を「まな板にしようぜ」 と言って本当にまな板にしたというエピソードがあるそうです。(「まな板にしようぜ」はその年のネット流行語大賞にランクインしたそう)板さえあれば、あとはやる気と根気でできてしまうのです!

<用意するもの>
・好みの板(檜、いちょう、桐、ヒバなど)
・糸ノコギリもしくは電動糸ノコギリ
・紙やすり
・仕上げに使う油(オリーブオイル、エゴマ油、アマニ油など)と磨くための古布

作り方も至ってシンプル。
まず板を、必要な大きさに糸ノコや電動糸ノコでカットして、四隅をざっくりと落としておきます(このとき、作りたい形があれば下書きをしておく)。大体の形が取れたら、紙やすりを目の荒い順番にかけていきます。角が丸くなるようにしながら、板にザラつきがなくなるまでやすりをかけて全体を削っていきます。削り終えたら、防腐のため板に皮膜ができるよう油を塗って完成です。

出典:写真AC
早い人なら1時間程度でできあがるとのこと。また、革製品に文字を書いたりする電熱ペンがあれば、イラストを書くなどしてワンポイントのあるまな板・カッティングボード に仕上げても良いでしょう。
最近はDIY人気を受けて、自分で工具を持っていなくてもホームセンターでレンタルができたり、店舗によっては併設の工作室で作業もできるので、興味のある人はぜひオリジナルのまな板やカッティングボード を作ってみてはいかがでしょうか!

まな板のお手入れについて

菌の繁殖と臭いの対策!まな板除菌

出典:写真AC
まな板は、使用するたびに洗うのはもちろん、肉や魚を切った後はなおさら料理をしたその日に除菌しておく方が良いでしょう。まな板除菌には除菌スプレーを使うことが今では大半かと思います。除菌とはつまり殺菌消毒で、以前は熱湯消毒を行うことも多かったかと思います。菌は熱に弱いため熱湯消毒も効果的な方法なのですが、肉や魚を切った後のまな板へ消毒のつもりで熱湯をかけると、まな板に残っていたタンパク質が熱によって凝固され、臭いの原因になることがあります。

まな板の臭いが気になるときは漂白剤を使って汚れも一緒に落とすか、もしくは重曹やレモンを振りかけることでも嫌な臭いは取れるでしょう。また、実は食洗機が臭いの元になっていることもあります。まな板を食洗機に入れるときには食器を詰め込みすぎないように気をつけましょう。
ITEM
除菌アイテム ドーバー パストリーゼ77(スプレーヘッド付)
・内容:アルコール消毒液
・目的:防菌、消臭、防カビ、ウイルス

使いやすいです。しっかり、スプレーで量が出るのでキッチンから赤ちゃんのおもちゃ、掃除にも使ってます。臭いも消えるし、汚れもとれます。キッチンの汚れも落ちますから、コンロ掃除も苦になりません。ちょいと、ドアノブにシュッとしたり拭かなくてもいいのでキッチン使う前にひと吹きするだけで、気持ちいい。


まな板がカビてしまったときの対処方法

出典:写真AC

木製の場合

まな板がところどころ黒くなっている場合、カビが生えてしまった可能性が高いです。木製の場合はカビが中まで浸透していることが多いので、クレンザーや重曹を使って漂白する方法もありますが、一番早くきれいになるのは、削り直しです。紙やすりでカビ部分を擦っていけばある程度はきれいになります。

 

プラスチックの場合

プラスチックまな板の場合はハイターなどの漂白剤を使えば、大体の黒ずみはきれいになります。ただ、カビが生えないようにすることが一番なので、プラスチックのまな板もよく乾燥させてから保管するようにしましょう。

まな板の収納どうしてる?悩ましいまな板置き場

まな板の収納方法で多いのは、やはりまな板スタンドを使った置き方だと思います。毎日頻繁に使うメインのまな板は外に出しておき、時々使用するサブのまな板は棚の中などに保管するのが一般的でしょう。とくに木製のまな板を使っている場合には、調理後すぐに乾燥することはないため、外に出して乾かしておくことが一番です。

ただ、一人暮らしのワンルームなどでは「キッチンにまな板置き場を作れない」ということもあるでしょうから、まな板スタンドはできるだけコンパクトでシンプルな形のものを選ぶことをおすすめします。
ITEM
まな板スタンド
・サイズ: 約12×9×12cm
・重量:260g

カッティングボードで食卓をかわいくコーディネート

出典:写真AC
まな板とカッティングボードの違いは、木素材の柔らかさ。まな板の方がより柔らかく、カッティングボードはまな板よりも硬いと言われます。たしかにカッティングボードは、ギザギザのパン切り包丁で食パンを切っても、ボードの表面にはあまり刃の跡が付いていない気がします。カッティングボードが硬く強いためか、熱い鍋やフライパンなどを乗せて鍋敷きのように使っているのも見るので、食卓ではスキレットメニューに合わせてもおしゃれに決まるでしょう。

和風にも洋風にもコーディネートできるので、おもてなしの料理にも取り入れておしゃれにコーディネートしてみてはいかがでしょうか。100均でもカッティングボードは手に入るので、いろいろな大きさや形を揃えてみると、テーブルコーディネートの幅も広がりますよ!
ITEM
竹製 まな板・カッティングボード(3点セット)
・本体サイズ(約):大33×24.1×1 /中28×21.6×1 /小20.3×15.2×1cm
・重量(約):1.08kg

何十年ぶりにキッチンボードを購入しました。さすがに新しいので清潔感があり気持ちが良いです。またこれから長い付き合いになりそうです。


お気に入りのまな板なら毎日の料理も楽しくなる!

出典:写真AC
まな板は毎日使うものにも関わらず、「切れたらなんでも良い」と意外とないがしろにされがちなキッチンツールですが、本当は種類も多く、こだわりがいのあるアイテムなのです。

うちでは数年前に木工専門の台所用品を作っている家具屋さんで購入した、いちょうのまな板を愛用しています。一つひとつ木目が違い、切り出した場所によって同じ種類の木素材でも色が全然違っていたりと、どの子にしようかとしばらく悩みながら買ったことを覚えています。それまでプラスチックのまな板をメインで使っていましたが、木のぬくもりや温かさ、包丁のあたる柔らかい感じは、木材独特の感覚でなんだか嬉しくなったことを覚えています。
私は自分で納得したものを使っていたら、ものをちゃんと大切にするようになったので、もし今のまな板に愛着が湧いていないときには、これを機にじっくり選んでみるのもいいと思いますよ!

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
番匠郁
番匠郁

ライター時々料理人

道産子と九州男児のハーフ。関西弁、大分弁、金沢弁を話すトライリンガル。
アーティスト山村幸則氏の作品制作に携わったことをきっかけに、働き方や住む場所に捉われない生き方を模索するようになる。
コミュニケーションアートを通してまちづくりに関わるなか、「人の集まる場所には食がある」ことに気がつき、以来、食を媒介した街・人・アートの仲立ちプロジェクトを幅広く展開。
役者として舞台に立ちながら開始した劇場ケータリング”劇場メシ”では、演者やスタッフを食で支える裏方の裏方として活動。生産現場にも足を運び、土を耕し自ら収穫して料理をつくる体育会系ライター。
動画作成チーム”ButterToast”ではシナリオも担当。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美