みかんが1玉700円!? 愛媛県が生んだ高級みかん【紅まどんな】の魅力とは?

みかんの生産量全国第一位を誇る愛媛県が生んだ「紅まどんな」。イタリアで貴婦人を表すマドンナのような美しさから、その名がついたとされています。糖度12度以上、出回る期間は2ヶ月と希少価値の高い「紅まどんな」とは一体??


紅まどんなとは?

撮影:編集部
突然ですが、みなさんはみかんは好きですか?みかんといえば、かんきつ類の生産量全国一位を誇る愛媛県が有名ですよね。愛媛県で生産されているみかんのなかでここ最近、高い注目を集めいているみかんがあります。その名も「紅まどんな」。
JA全農えひめで登録商標されている「紅まどんな」の正式な名前は『愛媛果試第28号』と言います。この「紅まどんな」の一番の特徴は何と言っても、果肉の甘さと食感。

出典:写真AC
一般的なみかんの糖度が9度に対し、「紅まどんな」はなんと12度。つまり、普通のみかんよりも甘いのです。ちなみに糖度とは、果実や野菜などに含まれる糖分の割合を示した数値のこと。また、その食感はまるでジュレのようにプルプルなのです。
「紅まどんな」は発売されるな否や、「今まで食べたことのない美味しさ」と評判を呼び、一時は品薄状態になるほど。そんな入手困難な「紅まどんな」は、お歳暮や出張の際の手土産にすれば喜ばれることでしょう。

紅まどんなは1個700円?

出典:写真AC

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
たべごと編集部
たべごと編集部

全国各地の特産品・お酒・伝統工芸品などの他にも、こだわりのキッチン用品、大切な人に送るギフトセット、家族で楽しめるイベント情報、食材の歴史やおいしい食べ方など、「まるごと楽しむ、日本の食 」をキャッチコピーに、食に関わる情報を幅広くお届けしています。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美