おしゃれな【すり鉢】で、料理を楽しく、食卓を華やかに!

あると便利で、使い方次第で料理の楽しみや味わいも広がるすり鉢。調理器具としてだけでなく、食卓を飾る器としても大活躍のすり鉢は小型のものなら100均でも購入可能。サイズや選び方など、機能かつスタイルを兼ね備えたおすすめのおしゃれすり鉢をご紹介。


出典:写真AC
あると便利で、使い方次第で料理の楽しみや味わいも広がるすり鉢(擂り鉢)。しかも、調理器具としてだけでなく、食卓を飾る器としても大活躍してくる優れものです。ひと口にすり鉢といっても、サイズや材質で使い方もさまざま。小型のものなら100均でも買うこともできます。今回は、そんなすり鉢の基本の「き」や、選び方から使い方、そしてレシピのレパートリーも広がる、機能的かつデザイン性も高いおすすめのおしゃれすり鉢をご紹介します。

料理に?ラーメン丼に?すり鉢・すりこぎの活用法と代用術

出典:写真AC
すり鉢を使うだけで、料理の味わいは格段に変わってきます。もちろんすり鉢は、すりこぎとセットでなければ使えません。ということで、まずは、すり鉢・すりこぎセットを使ってできることをご紹介します。

ゴマ、ハーブ、スパイスなどをつぶして料理の薬味を作る

すり鉢の用途のナンバー1は、なんといってもゴマをすりつぶすこと。フライパンで炒ったゴマを、すり鉢とすりこぎですりつぶすと、香ばしい香りがあたりに漂い、それだけで食欲がそそられます。ほかにもフレッシュなハーブをすりつぶしたり、スパイスをすりつぶしたり。そうして手づくりした薬味をひと振りするだけで、料理の味わいがグーンと上がります。

料理に使う

すり鉢を使った一番簡単な料理といえば、山芋の「とろろ」です。次に、すり鉢でゴマをすり、そのなかに布きんで水気をしぼった豆腐を入れ混ぜながらすりつぶし、青物野菜などとあえる「白和え」。また魚をすりつぶして「つみれ」にしたり、エビをすりつぶしてはんぺんと混ぜれば、家庭で簡単に「エビしんじょう」を作ることもできます。

離乳食作りに使う

出典:写真AC
すり鉢は、赤ちゃんのいるお母さんの離乳食づくりにも便利です。塩抜きしたしらすをペースト状になるまですりつぶして10倍粥(がゆ)と合わせたり、やわらく茹でた野菜をきめ細かくすりつぶしたり。離乳食づくりにおすすめの小さなすり鉢は、ダイソー、セリア、キャンドゥなどの100均でも買うことができます。

ラーメン丼など器として使う

すり鉢を、食材をすりつぶすためだけの道具だと思っていたら大間違い!すり鉢は、器としても重宝する万能食器なんです。サイズとデザインを選べば、ラーメン丼として、煮もの用の大鉢として、総菜用の気の利いた小鉢として、そのまま食卓でも使うことができます。器のように揃えたくなる、おしゃれな作家もののすり鉢もたくさんあります。

まだまだある!すり鉢の使い方…コーヒー豆を挽く、ペーストを作る

ミルは持っていないけど、挽きたてのコーヒーを楽しみたいという人は、コーヒー豆をすり鉢で挽いてみるのはどうしょう。時間はかかりますが、その分、じっくりと漂うコーヒーのアロマを楽しめます。バジルペーストも、すり鉢を使うとよりきめ細かに作ることができますよ。

すり鉢をもっと料理に活用するアイデアは、こちらの本にたくさん紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

■『野菜たっぷり すり鉢料理』宮本しばに著(アノニマ・スタジオ)

ITEM
野菜たっぷり すり鉢料理

料理は宮本さんいつもながらに、昔ながらの和食にプラスαされたもの(エスニック風とか)が多くて、「こんな組み合わせも有りだね」と、読んでるだけで楽しい。
ただ、味付け自体は、奇をてらったものでなくて、優しい感じ。
すり鉢にくっついた調味料もおにぎりにまぶして使うとか、すりこぎの回し方とか、器として使うとか、ちょっとした事も教えてもらえてHAPPY。


すり鉢がない時は…? 困ったときの代用術

すりゴマを作りたいけど、すり鉢とすりこぎがない!…そんなあなたに、おすすめなのが密閉式ポリ袋と麵棒で、インスタントすりゴマを作る方法。ゴマを密閉袋に入れてジップし、袋の上から麺棒をゴロゴロするだけ。麵棒がなければ、円状の瓶やジュース缶などを使っても大丈夫です。残りはそのまま冷蔵庫に保管できます。

用途に合わせてサイズを選ぼう



出典:写真AC
すり鉢の大きさは号か寸の単位で表記されます。4号(約12cm)~10号(約31cm)までが一般的で、それ以上は業務用サイズです。ダイソー、セリア、キャンドゥなどの100均すり鉢は、4号以下(直径10㎝ほど)のミニサイズがほとんど。すり鉢・すりこぎセットになっていて、離乳食やちょっとした薬味用には便利なサイズです。ニトリには大(18㎝)、小(12㎝)2サイズのすり鉢があります。まずは一般的なサイズと用途を知っておきましょう。

4号(約12cm)〜5号(約15cm)

主にゴマやスパイスだけをすって、そのまま食卓に出すのにぴったり。食器としても使えるサイズで、煮ものを盛り付ける器、鍋物の取り皿としてもおすすめです。離乳食作りにも適しています。

6号(約18cm)〜7号(約21cm)

1〜2人の少人数分の和えもの作りにちょうどいいサイズ。1人暮らしの人におすすめです。このサイズならラーメン丼としても使えます。

8号(約24cm)

3〜4人家族の和えものや、すり身料理を作るのに便利。煮物など大皿料理を盛って、食卓に並べても存在感があって素敵です。

9号(約27cm)

5〜6人家族の料理に使うならこのサイズ。どっしりしていて安定感があるので、使いやすく、中身も飛び散りにくい大きさです。

10号(約31cm)〜

おじいちゃん、おばあちゃんも一緒の大家族なら、これくらいのすり鉢がほしいところ。このサイズなら親戚があつまる宴会の時も頼れそうです。

料理に使うなら、大きめの方が安定していて使い勝手よし。すり鉢で調味料を作る場合は、櫛目に材料が残りがちなので、食材をすり鉢に入れてからめましょう。おしゃれで大きめのすり鉢を1つ持っていると、料理にも、さらに食卓に並べても存在感ある大鉢としても使うことができるので、重宝しますよ!

食材に合わせて材質も選ぼう

出典:写真AC
すり鉢は、昔ながらの陶器製のものが主流ですが、最近では食洗機や電子レンジでも使えるプラスティック製のものやハーブやスパイスの粉砕に便利で、手入れしやすく、内側に食材が付着しにくい石製のもの、軽くて安全な木製のものもあります。食材や用途によって、材質も上手に選びましょう。

陶器製

陶器製のすり鉢は、一度高温で焼かれているので熱に強く、摩耗しにくく、傷がつきにくいという特徴があります。ただ、かなり重いので、出し入れが大変で、落とすと割れる可能性があるため、小さいお子さんがいる家庭では、取扱いに注意しなければなりません。素材の匂いや、色移りが残りやすいという面もありますが、すりつぶす部分の櫛目を、職人が1つひとつ手づくりしているすり鉢などもあり、その“すり心地”はなんとも快適です。なかには、内面にも釉薬をかけ、汚れや匂いが残りにくくなっているものもあります。

プラスティック製

プラスティック製のすり鉢の利点は、第一に軽量で、食洗機や電子レンジでも使えることです。なかには煮沸消毒や漂白剤OKの商品もあるため、清潔第一の離乳食作りなどに適しています。キャラクターの絵柄入りなど、子どもが喜ぶデザインも揃っていて、陶器製と同様に、すり鉢の底にすべり止めがついているタイプもあります。

石製・木製・スティール製

天然大理石などを使った石製のすり鉢は、スパイスグラインダーと呼ばれ、スパイスやハーブをつぶす器具として、インドやヨーロッパで古くから使われています。内側がつるっとしているので、すりつぶしたスパイスやハーブをむだなく使えるのがメリットです。本格的なカレースパイスつくりに。にんにくや唐辛子をつぶしてキムチつくりにもおすすめとか。ほかに木製やスティール製のスパイスグラインダーもあります。

目的別おすすめの人気すり鉢13選



出典:写真AC
すり鉢の基本を押さえたところで、さっそくおしゃれで、使い勝手がよく、さらに料理の腕まで上げてくれそうなすり鉢をゲット!「櫛目がすりやすい形状になっているか」、「軽い力で食材をすれるように、底に滑り止めが付いているか」、すり鉢でドレッシングやタレを作ったり、山芋などをすり下ろして別の器に移す場合は、「注ぎ口が付いているか」なども、すり鉢選びの重要なポイントになります。

プロ仕様の使い心地

1.石見焼すり鉢 8号 織部

プロも愛用するという石見焼のすり鉢。ポイントは、すり鉢の肝ともいうべき、内側の櫛目(くしめ)。職人自らが専用の道具を使って一つ一つ手作業で付けていくので、すれ具合が違います。櫛目の先端が丸くならないよう、包丁のように定期的に金属の道具を研いでいるため、鋭く、よくすれる櫛目が実現できるのだとか。サイズも幅広く4号~18号があり、一般家庭用の4~10号は底にシリコンゴム付きのものも選べます。滑りにくいため、下に布巾を敷いたり、誰かに押さえてもらったりしなくていいのも嬉しいですね。
ITEM
石見焼 すり鉢 8号 (直径24cm・すりこぎ付) 織部
・サイズ:すり鉢-約直径24.8×高さ10.4cm、すりこぎ-約直径3.2×高さ30cm
・素材:本体-陶器(すべり止め-シリコンゴム),すりこぎ-天然木
・生産国:日本
・付属品:すりこぎ

大きさも丁度良かったし、底の滑り止めも、助かります。
一生物として、大切にしたい一品です!


2.東屋/すり鉢、すりこぎ

熟練の日本の職人とともに、使い手の立場に立った暮らしの道具をつくり出し、発信し続けている東屋。山椒の木をそのまま使ったすりこぎの木の節は、使うほどに愛着が沸いてきます。すり鉢は、土鍋で有名な伊賀焼の工房・耕房窯と東屋のコラボレーションで生まれました。どっしりとした伊賀の土と、黒飴釉を使いつくり出されたすり鉢は、シンプルで素朴な形ながら、細部にわたる工夫が凝らされています。使い手の目線で作られ、使うときのちょっとした不便を解消したすり鉢です。

ITEM
【東屋・あづまや】擂鉢 七寸
・サイズ:直径210×高さ90mm
・素材:伊賀黄土+ 黒飴釉
・製造:耕房窯(三重県伊賀市)
・製造国:日本

離乳食作りに

3.手に収まるおしゃれな ミニすり鉢

「少量サイズが離乳食づくりに最適」と主婦の口コミで人気に火が付いた、小ぶりでかわいい深めのすり鉢(すりこぎ付)です。おかゆや野菜類、豆腐、白身魚など、すべての具材に対応できます。食卓の上に置いても場所をとらないサイズなので、ゴマや香辛料などを食べる直前にすって、そのまま食卓に並べることができます。内側のすり目も釉薬を使い、加工されているので、すったものが目詰まりしにくく、使った後のすり目を洗いやすいのもグッド。上部の通し穴にヒモを通して吊り下げてもOK。

ITEM
手に収まるおしゃれな ミニ すり鉢 (すりこぎ付)
・サイズ:本体/高さ6.5cm×直径9.5cm すりこ木/長さ12cm×直径3.2cm
・原材料:本体/陶磁器 すりこ木/天然木(サワグルミ)
・生産国:日本

出産を控えたお友達にプレゼントしました。離乳食だけでなくゴマ和えで食卓にそのまま出せる可愛い形がよかったので購入しました。気に入ってくれました。


4.貝印 KAI ミニ すり鉢 SELECT100 DH3020

機能性とデザイン性の高さから、プロの料理家にも評価されている貝印の「SELECT100」は、販売以来10年以上もの間、人気を誇るロングセラー。Amazonの売れ筋ランキングでもNo.1の人気すり鉢です。使いやすさを追求した結果たどり着いたのが、シンプルで飽きのこないデザイン。深めのすり鉢と、握りやすいすりこぎの、安定した使い心地が特徴です。深い目立てなので、すりゴマはもちろん、煮干しのような固い素材も砕きやすいためふりかけ作りにも便利。もちろん、離乳食作りもおまかせです。

ITEM
貝印 KAI ミニ すり鉢 SELECT100 DH3020
・サイズ:64×104×102mm
・重量:232g
・材質:本体/陶磁器、すりこ木/天然木(朴)

離乳食の開始に合わせて購入しました。最近はほとんどが中国製の中、日本製というところが安心です。しっかり10倍粥になります。コロンとしたフォルムも良く、大きすぎず小さすぎず全てがちょうどいい!買って大正解の商品でした。


5.ル・クルーゼ/すり鉢 モーター&ペッセル

おしゃれなカラーとデザインに加え、熱伝導や耐久性など機能性の高さで世界的にも人気のキッチンウェアメーカー、ル・クルーゼのカラフルなすり鉢(全6色)です。 ちょうど手の平におさまる小ぶりなサイズは、かわいいだけでなく、離乳食用のすり鉢としても重宝しそうです。さらに、電子レンジ、オーブン、スチーマーや食洗機にも使用でき、冷蔵庫や冷凍庫で保存することもできます。ただし、直火、IHクッキングヒーター、グリルでは使用できないので、ご注意ください。

ITEM
(ルクルーゼ)LE CREUSET モーター&ペッセル すり鉢
・サイズ:直径(内径): 約11.5cm(約10.5cm) / 高さ: 約7.0cm / 深さ: 約 6.5cm 乳棒 全長: 約13.0cm
・素材:せっ器

器としてそのまま食卓へ。惣菜用の小鉢や取り皿としても重宝

6.KINTO/すり鉢

1972年創業のKINTO(キントー)は、機能美を備えたデザインにこだわったキッチンメーカー。ブルーボトルコーヒーや、デザイナーとのコラボレーションでも有名で、シンプルながら優れた機能性を持つ製品たちは、数々のグッドデザイン賞に輝いています。こちらのすり鉢も、軽い力で使えるように容量やサイズ、形状にこだわって設計されています。素材は、においや色が移りにくく衛生的な耐熱ガラスと磁器を使用。また磁器に組み合わせたシリコーンは使用時の衝撃や音をやわらげる機能があります。同素材のすりこぎもスタイリッシュで、置いておくだけでキッチンがおしゃれになりそう。

ITEM
KINTO (キントー) すり鉢 ホワイト 16247
・サイズ:すり鉢/直径120×高さ64mm、すりこぎ/長さ133×幅30mm
・本体重量:530g
・素材・材質:磁器、シリコーン(滑り止め、緩衝剤)
・原産国:中国
・容量:すり鉢/380ml
・機能:電子レンジ・食器洗浄機使用可

こんなに可愛いすり鉢があるなんて…
大きさも大きすぎず小さすぎずちょうど良かったです。
すり鉢を買うなんて人生で1・2度くらいだろうとおもって可愛いのを選んで大正解でした。


7.山只華陶苑/すり鉢 JUJU mortier 4寸

美濃焼の産地・岐阜県多治見市で、1794年(寛永6年)の創業以降、すり鉢やおろし皿などを作り続けている「藤兵衛窯 山只華陶苑(とうべいがま やまただかとうえん)」。9年かけて完成させた美しい波紋模様が特徴のすり鉢は、“青土(あおと)”という地元の鉱山で採掘される粘り気のある土と、同じく地元の素材から作る釉薬を使うのが、代々伝わる昔ながらの製法。一見、すり鉢とは思えない豊富なカラー、ポップな彩りで人気。 とろろやドレッシングなど、すったり混ぜたりした後、直接食材へかけるのに便利な口付です。

ITEM
【岐阜県/山只華陶苑(やまただかとうえん)】すり鉢 4寸 JUJU mortier
・サイズ:約φ11.5 × H5.5cm 
・重さ:約270(g)
・生産地:岐阜県

ラーメンやちょっとした丼もの器におすすめ

8.山只華陶苑/すり鉢(小) 波紋 17.5cm minoruba(ミノルバ)

山只華陶苑の「波紋」すり鉢は、波打つような独特の櫛目のおかげで、右利き、左利きどちらでも使えるという優れもの。なかでも「minoruba(ミノルバ)」は和食器でありながら、モダンでおしゃれなデザインが特徴です。する時に、食材を上に逃がさず、手早くすることができたり、少ない力ですれたりする便利さも。コンパクトな小サイズはちょうど丼ほどの大きさなので、ラーメン丼としても使えそう。バジルをすり潰してジェノベーゼを作れば、そのままパスタを和えてパスタプレートとしても。

ITEM
minoruba(ミノルバ)すり鉢(小) 波紋 17.5cm
・サイズ:口径17.5×16.5×高さ7.8cm
・重さ:ルリ/約600g、アメ/約616g(商品により誤差があります)
・容量:約270cc(満水)
・素材:陶器
・生産地:日本製(高田焼)

9.片口すり鉢6寸(白唐津)/テーブルウェアイースト

陶芸作家・加藤明子さん作の片口擂鉢です。加藤さんは、すり鉢のシェアで全国6割以上を占める有限会社マルホン製陶所に22歳で嫁ぎ、家業を支えながら独学で陶芸を始めたという経歴の持ち主。主婦ならではの目線で、使いやすくて食卓にそのまま出せるデザインのすり鉢を開発しています。職人が一つ一つ櫛目まで仕上げたすり鉢は、実用的なだけでなく、見た目も美しく上品な雰囲気。縁が片口になっているので、すったゴマなども簡単に移せます。1人用のサラダボウルやシリアルボウル、量が少な目の丼ものに使うのも良さそう。

ITEM
6寸片口すり鉢(白唐津)
・サイズ:19.7×18.2×高さ9cm
・重さ:約670g(商品により誤差があります)
・容量:約1100cc(満水)
・素材:陶器
・生産地:日本(美濃焼)

みんなで囲む食卓に映えるサラダボウル・大鉢サイズ

10.(唐草)貫入 高田焼すり鉢/テーブルウェアイースト

和食器として日常使いしたくなる、すてきな唐草模様の和柄デザインが目を引きます。和え物などをそのまま食卓に出すのにぴったりな大き目サイズ。丼としても使える中くらいのサイズ、ちょっとしたすり物や離乳食づくり便利な小さめサイズと、サイズは3種類。柄は、手描きで一つ一つ絵付けされ作陶されているため、あたたかみのある風合いもポイントです。窯出しごとに色合いや形、大きさなどが若干違うため、自分だけのオンリーワンを手にする喜びも感じることができます。食洗機や電子レンジでも使用可能というのも嬉しいですね。

ITEM
テーブルウェアイースト (唐草)貫入 高田焼すり鉢 8寸
・サイズ:口径25×高さ10.4cm
・重さ:約1,300g(商品により誤差があります。)
・容量:約2,300cc(満水)
・素材:陶器(土物)
・生産地:日本(美濃焼)

珍しい模様の入ったすり鉢でとても気に入りました。
大きさもちょうど良く使い心地も最高です。


11.十草すり鉢 大 青/栗原はるみ

料理だけでなく、器や調理器具までその生活スタイル自体をお手本にしたい、料理家・栗原はるみさんがプロデュースするすり鉢です。白とブルーの爽やかな和柄が特徴的。大・小の2サイズで、それぞれ入れ子状態で収納することができるので、2個セットで買うのもおすすめです。大サイズは約20㎝で、大き目の丼や盛り鉢としても使いやすい大きさです。すりゴマを使う料理をそのまま食卓に出すだけでなく、煮ものやサラダなど、普通の料理を盛る和食器としても活用できます。

ITEM
栗原はるみ 十草すり鉢 大 青
・サイズ:(約)19.5×18.5×高9cm 容量:(約)1200ml
・素材:陶器(美濃焼)
・原産国:日本

手入れが楽な溝なしタイプ

12.すりバチ・すりコギ/かもしか道具店(中川政七商店)

食卓を通じ幸せを届けるブランド「かもしか道具店」から発売されている“溝がない”すり鉢。溝がないのによくすれる理由は、表面にあるザラつきと、どっしりとして滑りにくい安定感にあります。溝がないので、お手入れも簡単で、素材の詰まりもないため、せっかくすりつぶした材料を無駄にすることもありません。さらに、側面を従来のものより切り立った形にすることで、素材をすり潰しやすく、器の外に逃げにくい構造になっています。溝のないすり鉢専用に作られたすりこぎもあるので、ぜひセットで使ってみてください。

ITEM
かもしか道具店 すりバチ (黒)
・サイズ:直径150×高さ63mm
・素材:陶器
・生産国:日本


 

13.溝のないすり鉢「めぐみ鉢」

「めぐみ鉢」は瀬戸焼の1つ、赤津焼から生まれたもの。赤津焼は、瀬戸市街の東方にある赤津地区で焼かれる焼物で、日本六古窯の1つに数えられています。赤津焼の名産地が生んだ「めぐみ鉢」は、アイデア次第で使い方が大きく広がる、まさに万能調理“器”。内側を素焼きの状態にして、すりこぎも木ではなく陶器を使うことで、焼物同士が適度にこすれ合い、食材をなめらかにすりおろすことができます。中面に溝がないため、器としての用途も格段に広がります。カラーバリエーションも7色と豊富。

ITEM
溝のないすり鉢「めぐみ鉢」
・サイズ:直径120××高さ50mm
・重さ:230g
・素材:陶器
・生産国:日本

調理器具と器を兼ねたすり鉢は食卓の強い味方

出典:写真AC
いかがでしたか。ひと口にすり鉢といっても、さまざまな種類や使い方があるのです。しかも、手入れをしやすく、使い勝手のいい機能的なすり鉢もいっぱいあります。おしゃれなデザインのすり鉢もたくさんあるので、まずは、使いやすいサイズのものからキッチングッズに取り入れてみてください。お気に入りのすり鉢を手に入れると、いつもの料理と食事がもっともっと楽しくなりますよ。

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
大迫章代
大迫章代

「人が作ってくれる料理が一番おいしい!」が信条

地鶏が美味しい宮崎出身だから、「何が食べたい?」と聞かれると「鶏」と答えてしまう根っからの鶏好き(酉年生まれ・年齢非公開)。福岡のタウン誌編集者を経て、フリーの映画プロモーター&ライターとして活動。4年前、人生のリフレッシュを兼ねて渡英。コッツウォルズ地方に近い田舎町でボランティアをしながら1年半を過ごす(ちなみに「イギリス料理がまずい」は過去の偏見ですよ)。 ストレス発散は、おいしいお酒とKカルチャー(Kpop・韓流ドラマ・韓国映画)。「人が作ってくれる料理が一番おいしい!」が信条の典型的な「作るより、食べる派」だが、最近は、家飲みのためのおつまみ&家飯レパートリーも開拓中。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美