プレミア焼酎【茜霧島】って?味や価格、おすすめの飲み方も!

黒霧島や白霧島などの本格芋焼酎で有名な「霧島酒造」がプレミア芋焼酎【茜霧島】が限定出荷していることをご存知ですか。“レア焼酎”と注目される茜霧島の価格や入手方法やおすすめの飲み方、発売日のほか、人気の3銘柄の味わいの比較をご紹介します。


出典:たべごと編集部
黒霧島や白霧島などの本格芋焼酎で有名な宮崎県の「霧島酒造」。実は年に一度、霧島シリーズ史上最高にフルーティーな香りを楽しめるプレミア芋焼酎・茜霧島を限定出荷していることをご存知ですか?“レア焼酎”と人気が高い茜霧島の価格や入手方法、おすすめの飲み方や酒肴のほか、口コミを元に人気の3銘柄との味わいの比較をご紹介します。

霧島酒造が9年の歳月を経て開発した「茜霧島」

焼酎ブームを牽引!霧島酒造とは

消費者のヘルシー志向がきっかけで、低カロリーで二日酔いしにくいなどの健康的な利点が注目され、芋焼酎の人気が高まった2003年の第3次焼酎ブーム。その火付け役となったのが、現在も業界1位を走り続ける「霧島酒造株式会社」(宮崎県都城市)。“クロキリ”の愛称で親しまれている芋焼酎「黒霧島」をはじめ、「白霧島」「赤霧島」など素材や品質にこだわった焼酎作りに定評のある酒造メーカーです。

茜霧島の誕生

そんな霧島酒造が研究開発から商品化まで約9年の歳月をかけて開発した焼酎が、2014年6月に発売された「茜霧島」。これまでの本格焼酎とはまったく異なる“香りを楽しむ芋焼酎”というコンセプトで、1916年の創業以来長い期間培ってきた醸造技術をベースに作られた焼酎です。

 「茜霧島」は、霧島シリーズで最もフルーティーな焼酎!

出典:たべごと編集部

原材料に「タマアカネ」を使用

茜霧島は、「タマアカネ」というさつま芋を原料としています。黒霧島や白霧島の主原料「黄金千貫」(コガネセンガン)のDNAを受け継ぐ芋と、アメリカの高カロテン品種の芋を掛け合わせて生まれた色鮮やかなオレンジ色の芋です。そんな「タマアカネ」の香りを霧島酒造独自の「芋の花酵母」が最大限に引き立て、これまでにない華やかな香りの本格芋焼酎・茜霧島が誕生しました。

味わいは?

気になる味わいですが、黒霧島・白霧島・赤霧島などの「霧島シリーズ」の中で最もフルーティー!フレッシュで華やかな香り&スッキリとした飲みやすさは、これまで芋焼酎のクセが苦手だった方にもおすすめです。ラベルに刻まれている「美新彩明」という言葉やイラスト(美しい茜色に染まる幻想的な朝焼けの霧島山)は、そんな茜霧島の特徴が見事に表現されています。

「茜霧島」はレア?値段は?2019年の発売日(出荷日)はいつ?

出典:たべごと編集部
“これまでになかった芋焼酎”として瞬く間に人気が高まった茜霧島。実は、原料の芋「タマアカネ」の収穫量に限りがあるため毎年数量が限定されている焼酎なのです。年に一度の出荷日は公式サイト内で発表されますが、販売店の詳しい情報やメーカーでの直接販売はありません。そのため、非常に入手が難しく定価よりも高い価格で取引される“プレミア焼酎”と呼ばれるようになりました。
※2019年の出荷日は1月23日(水)/「茜霧島」900ml・25度・1,175円(税抜)

定価に近い価格で「茜霧島」を購入できる通販(楽天やAmazon)がおすすめ


今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
里川早帆
里川早帆

料理がストレス発散(?)なママライター

熊本生まれ、大分在住のフリーライター。夫にそっくりな姉妹(4歳と0歳)の母。高校では情報処理、大学では心理学&5つのアルバイトでなんちゃって社会学・経済学を学び、新聞社が発行する生活情報紙のライターに就職。2013年、結婚・妊娠出産を機にフリーライターに転身。子育て情報誌や食品メーカー、地域情報サイトなどの取材や執筆に携わる。 そんな私の唯一のストレス発散は、料理をすること。2016年、Instagramに「#おうちごはん」専用アカウントを作成。だが、更新さぼり気味のため写真が溜まりに溜まって逆にストレスに。写真を撮る間、“おあずけ状態”な夫と娘の視線もイタイイタイ。 最近の楽しみは、次女の強烈な天パが引き寄せる道行く人とのおしゃべり。「パーマかけなくていいわねぇ」と羨ましがられる確率95%。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美