【仙禽】ナチュールな日本酒。「かぶとむし」など銘柄を一挙紹介!

日本酒もワインのようにナチュール(自然派)な造りのものが人気。「かぶとむし」や「雪だるま」などの季節酒のほか、雄町や山田錦、栃木の古代米「亀ノ尾」などを原料に、多彩な酒を造る「仙禽(せんきん)」のラインナップを一挙に紹介します。


出典:写真AC
千葉県さくら市にある日本酒の蔵元「仙禽(せんきん)」。ワインは好きだけれど、日本酒はちょっと苦手・・・といった方に特におすすめしたい日本酒がたくさんあります。そこで「かぶとむし」や「雪だるま」などの季節酒のほか、雄町や山田錦、栃木の古代米「亀ノ尾」などを原料に、多彩な酒を造る「仙禽(せんきん)」のラインナップを一挙紹介。味だけでなく、コンセプトもポイント。「仙禽」ならではのナチュール(自然派)な造りにも迫ります。

「ナチュール」とは?
フランス語で「自然な」を意味する言葉で、ワインの用語として「ヴァン・ナチュール(自然派ワイン)」という言葉が使われることから広まってきた表現です。明確な定義をすることは難しいのですが、化学的なものに依存するのではなく、手間ひまをかけながら自然な手法を大切にしているつくりをここでは意味しています。

「仙禽」ってどんな蔵元?



栃木県さくら市にある、創業1806年の老舗蔵ですが、11代目蔵元の薄井一樹さんと弟の真人さんが現在、陣頭指揮をとっています。

ひと昔前までは絶対的な主流だった淡麗辛口タイプの酒ではなく、「ソースやマヨネーズ、ビネガーなどの酸味に慣れ親しむ現代人の嗜好に適応するお酒」として、今の仙禽ブランドが誕生しました。

ワインのように、テロワールを追求し、自社畑栽培の米での酒造り(「ドメーヌ化」と仙禽では呼んでいます)に主体的に取り組んでいて、「大吟醸酒」や「純米酒」などの酒の特定名称はあえて伏せ、飲み手にその価値を委ねるようにしているのも、一つの特徴です。

「テロワール」とは?
「terroir」と綴るこのフランス語は、「風土」と訳されることもありますが、ピタリと当てはまる日本語がない表現です。標高や緯度、風向きや風量、太陽が当たる角度、特有の気候や土壌など、取り巻くすべての自然環境、その特徴を総じて「テロワール」と言います。

季節ごとの多彩な限定酒

出典:写真AC
季節ごとに発売される日本酒は、日本人の心をくすぐる旬の楽しみ。四季折々の料理や気分に合わせて楽しめるよう、仙禽は日本酒造りの基本を押さえながらも、チャレンジ精神に溢れた限定酒を繰り出します。そんなクリエイティブな酒造りが、年々多くのファンをも“醸し出している”のかもしれません。

かぶとむし 無濾過生原酒

毎年恒例となっている人気の夏季限定の酒。原料となる米は、蔵のある栃木県さくら市産の「山田錦」が使われています。

清涼感のある爽やかな香りがまさに夏にぴったり。きれいなな旨味とキリッした心地の良い酸味が広がります。蔵元曰く「夏を彩り豊かに演出するアロマとフレーバーがまるで大人のレモンスカッシュのよう」。

ITEM
かぶとむし 純米大吟醸 無濾過原酒 720ml
・使用米:栃木県さくら市産山田錦
・精米歩合:50%
・ALC度数:13度(原酒)
・参考価格:1,728〜3,227円

去年から買わせていただいてます。毎年夏の時期になるのが楽しみです。
ボトルもかわいいし味も好みなんですが、しかしちょっと送料が高いかな…


赤とんぼ “秋あがり”と“ひやおろし”の2種

自由に、色々な試みを行うのも仙禽の酒の面白いポイント。2016年には「線香花火」という限定酒がありましたが、2017年は「赤とんぼ」の絵をラベルに配し、「秋あがり」と「ひやおろし」の2種類の酒がリリースされました。秋空の下、飛び交う赤とんぼ。少しノスタルジックな気分とともに味わいたい限定酒です。

「秋あがり」は、このあとご紹介する「ナチュール」シリーズと同様に、古代米「亀ノ尾」を使った生もと造り(酵母無添加)で、木桶仕込み。それをさらに1年熟成させた、濃醇で甘酸っぱい仕上がりです。
ITEM
秋あがり 赤とんぼ 720ml
・アルコール度数:15度
・参考価格:2,484〜3,119円
 

一方、「ひやおろし」は、山田錦・亀ノ尾・雄町の3品種をブレンドし、速醸酵母で仕上げたもの。落ち着いた吟醸香で、サンマやきのこなどの秋の味覚と一緒に、じんわりと楽しみたい日本酒です。

ITEM
赤とんぼ ひやおろし 720ml
・販売時期:限定(10月上旬〜)
・精米歩合:50%
・アルコール度数:14度
・参考価格:1,728円

雪だるま しぼりたて活性にごり酒

「かぶとむし」が夏の定番、「赤とんぼ」が秋の限定酒なら、冬はこの「雪だるま」が恒例の季節酒。

活性のにごり酒で、シュワシュワとした口当たりと控えめで上品な甘さが特徴。クリスマスなどのパーティーにもぴったりのお酒です。開栓後も瓶の中では活性している炭酸ガスがシュワシュワと立ち上り続けますので、開栓は慎重に。

ITEM
しぼりたて活性にごり酒 雪だるま 2017
・原材料:麹米:ドメーヌさくら山田錦、掛米:ドメーヌさくらひとごこち
・純米大吟醸
・1,800ml
・アルコール:13度
・参考価格:3,456〜4,989円

元々飲んだことがあるお酒ですがamazonでも買えることを知って一升瓶を二本確保!
濁りで発泡という珍しいお酒です。
濁りの部分が下に溜まるので飲む前に瓶を逆さまににして濁りを下ろすのですがラベルの雪だるまと相まってスノードームのようで飲む前にテンションを上げてくれます。
味わいは甘めで冷やして飲めるの女性でも飲みたい!クリスマスや忘年会におススメです。


「ナチュール」は、“自然派”を超える日本酒

撮影:たべごと編集部
シリーズ「ナチュール」は、酵母無添加(蔵付き酵母)、木桶仕込み、生もと酒母、古代米使用(亀ノ尾)、磨かない米であることが前提で造れられる“超自然派”の日本酒。

さらに、タンク(木桶)ごとに酒質が異なるため、27BY(平成27年酒造年度)の「Un(アン)※数字の1」から始まり、「Cinq(サンク)※数字の5」まで、計5種類がリリースされました。ラベルデザインの線画は、「仙禽」のシンボルとなっている「仙界に棲む鶴」がテーマとなっていて、「Cinq(サンク)」で、一羽の折り鶴が完成します。

精米機も酒造好適米も存在しなかった、はるか昔の酒造りの再現。先人たちへのオマージュとともに、時を超え、ジャンルをも超えた日本酒だからこそ、そこには新しい未来も見えてくるのかもしれません。

※「Un(アン)」「Dois(ドゥー)」「Trois(トロワ)」は完売

ナチュール Quatre(キャトル)

ITEM
仙禽 ナチュール quatre(キャトル) 720ml
超古代製法:酵母無添加・木桶仕込・生モト
酒母・無濾過原酒

・使用米:ドメーヌ・さくら亀ノ尾
・精米歩合:麹米、掛米ともに90%以上
・使用酵母:天然蔵付き酵母
・ALC度数:14度
・参考価格:2,160円

蔵元のTasting Note
アーモンドを思わせる芳醇で香ばしいトップノート。口に含むと力強くエネルギッシュな酸味が口中に広がり、艶やかな甘みがフィニッシュに顔を出す。落ち着いた深みのある味わいに仕上がりました。

ナチュール Cinq(サンク)

ITEM
ナチュール cinq(サンク) 720ml
超古代製法:酵母無添加・木桶仕込・生モト
酒母・無濾過原酒

・使用米:ドメーヌ・さくら亀ノ尾
・精米歩合:麹米、掛米ともに90%以上
・使用酵母:天然蔵付き酵母
・ALC度数:14度
・参考価格:2,160〜3,024円

蔵元のTasting Note
スパイスやドライフルーツを思わせる、複雑、かつ、穏やかなトップノート。余韻の長い香りである。口に含むとボリューム感のあるアタック、粒子のように決め細かい酸味がドライ感を演出し、煌びやかで上品な甘みがやさしく酸味をコーティングする。強く、やさしく、生命力に溢れた味わいに仕上がりました。

「モダン仙禽」は、仙禽の王道シリーズ

撮影:たべごと編集部
「仙禽」と聞いてイメージする酒は、華やかな香りで、ジューシーな甘酸っぱさが特徴。「ワインは好きだけれど日本酒はちょっと苦手」と言っていた方からその人気が高まっていきました。米の品種別に3種展開する「モダン仙禽」は、まさにその王道を行くシリーズと言えるでしょう。では、まずは古代米「亀ノ尾」の酒から探求!


モダン仙禽 亀ノ尾

非常に難易度が高い原料米が、古代米の「亀ノ尾」です。硬く、溶けにくく、酒造りは大変だけれど、繊細な味わいが生まれます。ブルゴーニュタイプのワイングラスで飲みたい日本酒です。
ITEM
仙禽(せんきん) モダン亀ノ尾 720ml
・原料米: ドメーヌさくら・亀ノ尾
・精米歩合:麹:40% 掛:50%
・アルコール度数:15%
・参考価格:1,728円

蔵元のTasting Note
ライチやアプリコットのような繊細で穏やかな香りがエレガント。口に含むと、強いアタックがあり、特に上等な甘みが引き立つ。濃密で絹のような甘さをクリアな酸味が包み込み、ほどよいボリューム感を演出します。

モダン仙禽 雄町

生命力のある強さ、「雄町」はまさに骨格のしっかりした酒を生み出す酒米として有名です。甘酸っぱい中にも、稲穂のエネルギーが詰まったかのような、しっかりとした味わいが特徴です。
ITEM
モダン仙禽(せんきん) 雄町 生酒 720ml
・原材米:栃木県さくら市産雄町 (ドメーヌ・さくら雄町)
・精米歩合:麹米 40%、掛米 50%
・アルコール度数:16度
・参考価格:1,728円

蔵元のTasting Note
白桃やマスカットのような力強くエレガントな香りが第一印象。口に含むと、波のように押し寄せる甘みと酸味が交互に重なる。めくるめく往年の仙禽に見られた甘酢っぱいスパイラルが口の中に繰り広げられます。

モダン仙禽 無垢

「無垢」は、酒造好適米で最もメジャーとも言える「山田錦」から造られた銘柄です。定番であるものは、素朴で無垢なもの。カジュアルに、日常の食卓で楽しみたい日本酒です。
ITEM
モダン仙禽(せんきん)  無垢(むく) 無濾過原酒 中取り 火入れ 720ml
・使用米:栃木県さくら市産酒造好適米・特等米100%
・精米歩合:50%
・アルコール度数:17度
・参考価格:1,512円

蔵元のTasting Note
心地よい日常を愛しむ。穏やかさと純真さを味わう定番酒として。

「クラシック仙禽」は、モダンと対を成すシリーズ

「モダン仙禽」と同じく、原料米別にラインナップされる「クラシック仙禽」。モダンと比べると酸味も甘味も抑えられ、落ち着きのある穏やかな香りが特徴のシリーズです。
ITEM
クラシック仙禽 純米大吟醸 亀ノ尾・純米大吟醸 雄町・純米大吟醸 無垢 1800ml×3本セット

クラシック仙禽 亀ノ尾

ITEM
クラシック仙禽 亀ノ尾 720ml
・原料米:亀の尾
・精米歩合:麹米40% 掛米50%
・アルコール度数:15度
・酵母:栃木県酵母
・参考価格:1,728円

蔵元のTasting Note
果実感が強いものの穏やかな香り、落ち着きがあり、輪郭のあるミネラル感。そして、ライチやクランベリーのような甘さを誘発する懐の深いアフターフレーバー。口に含むと粒子のようにきめ細かく角のとれたやさしい酸味が広がっていく。水のように透明で、上品、かつ、極上の甘みが、口の中を支配する。それはそれは奥深く、軽やかな味わい。

クラシック仙禽 雄町

ITEM
クラシック仙禽(せんきん) 雄町 720ml
・原料米:ドメーヌさくら・雄町(栃木県さくら市産)
・精米歩合:50%
・アルコール度数:15度
・参考価格:1,674円〜

蔵元のTasting Note
フレッシュで果実感の強い、清々しい香り。甘さを誘発するアカシアやライチの香りにもたとえられる。その奥にあるのは、落ち着いた輪郭のあるミネラル感。ひと口含むと、調和のとれた酸味と甘みが同時に口中を駆け巡る。

クラシック仙禽 無垢

ITEM
クラシック仙禽 無垢 720ml
・原料米:山田錦(栃木県さくら市産)
・精米歩合:麹米40% 掛米:50%
・アルコール度数:15度
・参考価格:1,350円〜

蔵元のTasting Note
上品な旨みと爽やかな香りが、心地よい日常を演出。

さらに「プレミアム」なシリーズにも注目!


仙禽 一聲(いっせい)

仙禽のシンボルである「鶴」の一声から「一聲(いっせい)」とネーミング。「ドメーヌ・さくら山田錦」を使用し、精米歩合は麹米、掛米共に35%というとても贅沢な仕様です。

甘酸っぱい味わいというよりは、甘味とエレガントさがより追求されているので、シャンパーニュを味わうように、薄手のグラスで楽しみたい特別品です。
ITEM
仙禽 (せんきん) 一聲 (いっせい)純米大吟醸 720ml
・原料米:ドメーヌ・さくら山田錦(栃木県さくら市産)
・精米歩合:麹米:35% 掛米35%
・アルコール度数:16%(原酒)
・参考価格:3,780円〜

蔵元のTasting Note
控えめで華やかな香りは、過剰に演出しないという品格。果実味にあふれながら、山田錦のエネルギーをかみしめるように味わうことができます。

麗(うらら)

亀ノ尾を使用した、精米歩合19%の「鶴亀」というプレミアムブランドに代わり、2017年から新しく生まれ変わったプレミアムブランド。「麗(うらら)」は、「山田錦」を使用し、精米歩合はなんと17%。

できたもろみを酒袋に入れて吊るす「袋しぼり」という製法で、滴り落ちるお酒だけを集めて瓶詰めされるという贅沢極まりない日本酒です。
ITEM
仙禽 麗(うらら) 袋搾り斗瓶囲い 無濾過原酒 720ml
・原材料:ドメーヌさくら山田錦
・アルコール:16度
・参考価格:5,400円

蔵元のTasting Note
もぎたての青リンゴや白ブドウのような、煌びやかで華やかな香り。ひと口含めば、シンプルで上品ながらも、なめらかな質感が心地よい。

醸(かもす)

仙禽の頂点に立つフラッグシップブランド。山田錦・亀ノ尾・雄町の3品種を結集させ、フランス・ボルドーワインのアッサンブラージュと同様に、高度な技術でブレンドしています。

精米歩合は、山田錦が7%、亀ノ尾が35%、雄町が40%。「時をかけて自然に作りあげる」という想いが込められて完成した、唯一無二の作品です。
ITEM
仙禽 醸(かもす) 純米大吟醸 火入 720ml
・使用米:山田錦 60%、亀ノ尾27%、雄町13%
・精米歩合:山田錦 7%、亀ノ尾35%、雄町40%
・ALC度数:16度
・参考価格:12,000〜13,000円程度

蔵元のTasting Note
巨峰やラ・フランスの様な香り、透明感があり華やかな花の香りがエレガント。口に含めば、繊細さと厚みのある、相反する味わいの構成が複雑性を形成します。絹のようになめらかな、シルキーな質感と緻密な厚みは個性ある3種の品種が織り成す無二の味わいとなっています。

未来を見すえた「ナチュールな酒」

昨今のワインやクラフトビールの世界にも通じる「自然派」「ナチュール」という視点や考え方は、まさにボーダーレス。蔵元によると、今後は亀ノ尾の祖先である原種を育て、その米で酒をつくる計画も立てているのだそう。

日本古来の米を育む田んぼと、そこから生まれるグローバルな日本酒。温故知新、未来志向の酒造りを実践する「仙禽」の酒から目が離せません。


今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
佐野 嘉彦
佐野 嘉彦

食のエディター&ライター(で、元ダンサー!?)


「No Dance, No Life!」の生活から一変!NY発祥のレストラン評価ガイドの編集に携わった後、料理専門誌のWeb編集、ワインスクールでの講師、チーズのPR担当などを経て、現在、食と酒をこよなく愛するエディター&ライターとして活動中。
フードコミュニケーション企画「sembrar(センブラール)」主宰。Japan Cheese Award実行委員、2017 Mondial du Fromage・国際チーズ コンクール審査員、C.P.A.認定 チーズプロフェッショナル、J.S.A.認定 ワインエキスパート。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美