2019年【新茶】の季節到来!入れ方や特徴、おすすめ茶葉をご紹介

2019年も「新茶」の季節。立春から八十八夜前後の時期に摘み取られた新茶の味わいの特徴や入れ方をはじめ、通販で購入できる「静岡茶」「母の日ギフトにもおすすめな新茶」ををご紹介します。ペットボトルでも簡単にできる水出し緑茶や茶葉を使った新茶の作り方にも注目です!


出典:写真AC
一年を通じて日本中で親しまれている「緑茶」。毎年ある時期になると、パッケージに「新茶」と書かれたものを多く見かけるようになります。新茶の特徴や入れ方をはじめ、通販で購入できる「静岡茶」「ギフトにおすすめな新茶」 「新茶(一番茶)を使ったペットボトル飲料」などおすすめの新茶をご紹介します。水出し緑茶や茶葉を使ったとっても簡単な新茶の作り方にも注目です。

2019年5月、今年も「新茶」の時期がやってきます

新茶とは

出典:写真AC
童謡・唱歌『茶摘み』に「夏も近づく八十八夜……」という有名な歌詞があるように、立春(2月4日)から数えて八十八夜(88日目)が経過した5月前後に全国各地で茶摘みが行われます。「新茶」とは、この時期に摘み取られたお茶のこと。年に4回ある茶摘みシーズンの中で一番初めに摘み取られるお茶なので、「一番茶」とも呼ばれています。2019年も新茶の季節がやってきました。

新茶はいつまで?

出典:写真AC
新茶は一年のうち限られた時期しか販売されていないイメージがありますが、真空パックや冷凍保存など技術の進化によりインターネットや店頭では年間を通して販売が行われています。しかし、茶葉の鮮度や香りを考えるとその年の夏ごろまでの“旬な時期”に購入するのがおすすめです!
また、産地や茶葉の種類によって多少異なりますが、6月中旬から7月上旬の茶葉は「二番茶」、7月下旬から8月上旬の茶葉は「三番茶」、9月下旬から10月上旬の茶葉は「四番茶」と呼ばれ、それぞれ異なる香りや味わいを楽しめます。

 「新茶」が好まれる理由

出典:写真AC
新茶(一番茶)の最大の特徴は、新緑をイメージさせる“爽やかな味わいと香り”。それに加えて「新茶を飲めば一年間無病息災で過ごせる」と言い伝えがあるほど、新芽には冬の間に蓄えた養分がたっぷり!新茶(一番茶)は二番茶や三番茶と比べ、渋み成分である「カテキン」が少なく、旨み・甘み成分の「テアニン」が多く含まれているため、飲みやすさでも人気を集めています。

新茶マラソンも!お茶と言えばやっぱり「静岡」

出典:写真AC
お茶づくりに適した気候や代々受け継がれた生産技術の高さで、全国の茶園面積・収穫量の約40%を占めているのが、日本一の茶どころ・静岡県。「牧の原台地」「天竜川」など県内には20を超えるお茶の産地があることや、毎年4月には、新茶摘みを間近に控えた美しい茶畑や河川を眺めながら走る「掛川・新茶マラソン」が開催されています。

静岡県内の有名なお茶の産地

産地 特徴
西遠地区 県西部、太田川上流域と天竜川上流地域を中心に、いずれも上級茶産地として歴史があります
中遠茶産地 小笠山周辺と牧之原に接する地帯の茶園を主体に、磐田原台地を含む地域で、丘陵地の茶園が多く「特むし茶、深蒸し茶」など特徴ある産地として知られています
牧之原茶産地 静岡県中部の大井川の西岸台地に広がる大茶園は、明治初年に徳川の幕臣や川越人足らの手により開拓の端緒が開かれました。当時、不毛の地として誰もかえりみなかった牧ノ原は、現在広大な茶園がつづき、わが国最大の茶産地となっています。ここには、国立、県立の茶業試験場もあり、新緑のころは、まさに緑萌える大地となります
川根茶産地 南アルプスをみなもととする大井川の上流域に沿った山間斜面の茶園は、やわらかな朝霧につつまれるなど、めぐまれた立地条件と農家の努力で、古くから銘茶の産地として全国にその名を知られています
志太(しだ)茶産地 藤枝・島田・岡部の山間地茶園が大部分で朝比奈川上流は玉露産地として、また、それぞれ河川の流域が主産地で、山間地・平坦地それぞれ特色のある産地が形成されています
本山(ほんやま)茶産地 静岡市を流れる安倍川流域を中心とする産地で、上流地帯は本山と呼ばれる良質茶産地です。歴史も古く、面積も多い特色ある産地を形成しています
清水茶産地 旧清水市を中心とした産地は、「駿河の清見」の茶として古くから知られ、日本平や興津川流域に多く生産されています
富士・沼津茶産地 旧清水市を中心とした産地は、「駿河の清見」の茶として古くから知られ、日本平や興津川流域に多く生産されています
 
▶︎通販で購入できるおすすめ「新茶」12選

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
里川早帆
里川早帆

料理がストレス発散(?)なママライター

熊本生まれ、大分在住のフリーライター。夫にそっくりな姉妹(4歳と0歳)の母。高校では情報処理、大学では心理学&5つのアルバイトでなんちゃって社会学・経済学を学び、新聞社が発行する生活情報紙のライターに就職。2013年、結婚・妊娠出産を機にフリーライターに転身。子育て情報誌や食品メーカー、地域情報サイトなどの取材や執筆に携わる。 そんな私の唯一のストレス発散は、料理をすること。2016年、Instagramに「#おうちごはん」専用アカウントを作成。だが、更新さぼり気味のため写真が溜まりに溜まって逆にストレスに。写真を撮る間、“おあずけ状態”な夫と娘の視線もイタイイタイ。 最近の楽しみは、次女の強烈な天パが引き寄せる道行く人とのおしゃべり。「パーマかけなくていいわねぇ」と羨ましがられる確率95%。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美