たべごとについて




たべること、まるごと。


「どうぞ」と手渡された、一膳のごはん。

茶碗のなかでふっくらつやつやと輝くお米は
実はたくさんの可能性のなかで旅をし、
今、あなたのもとへとやってきました。

炊くこと、精米すること、脱穀すること、
収穫すること、育むこと、植えること・・・

その一つひとつの「こと」に、
自然の力と生活の知恵が詰まったストーリーがあります。

またお米には、麹に姿を変え、甘酒や日本酒、味噌やみりんになる
といったアナザーストーリーも。

そして、大地の恵みや日本人の手業が息づいているのは
お米だけではありません。

そのごはんが盛られた茶碗にも、
ごはんに添えられた肉や魚、野菜のおかずにも、
それぞれのストーリーがあります。

「おいしい、うれしい」という気持ちはもちろん、
たべることは、季節や自然、時間や空間を超えて
紡がれてきた文化のすべてとつながっています。

たべること、まるごと。

日々の暮らしに目を向けながら、
過去と未来に想いを馳せながら、
「たべごと」は、たべることをまるごとお伝えしていきます。