たべごと > 飲み物 > ワイン > 【2021年最新版】山梨ワインのおすすめ20選をソムリエがセレクト!

【2021年最新版】山梨ワインのおすすめ20選をソムリエがセレクト!


山梨の主要ぶどう品種は「甲州」と「マスカット・ベーリーA」

ワイン産地
出典:unsplash
山梨のワインを語るうえで欠かせない重要なぶどう品種は、甲州とマスカット・ベーリーAです。2010年に甲州、2013年にはマスカット・ベーリーAが「国際ぶどう・ぶどう酒機構(OIV)」のリストに品種登録され、ヨーロッパに輸出する際にボトルのエチケットに品種名を記載できるようになりました。

生産量は甲州だけでワイン用ぶどう品種全体の48%、マスカット・ベーリーAが27%。つまり、この2品種だけで75%を占めています。近年は生食用として人気のデラウェアも有名ですが、まだまだ甲州とマスカット・ベーリーAが山梨産ぶどうの二大巨頭というイメージがある人も多いでしょう。

注目度が高まりつつある「プティ・ヴェルド」

最近は山梨県内で栽培面積が徐々に増えているぶどう品種が「プティ・ヴェルド」です。プティ・ヴェルドは比較的温暖な地域でも糖度が上がりやすく、国内でのワインの評価も年々上がっています。プティ・ヴェルドはもともとスペインやフランスのボルドー、オーストラリアなどで盛んに栽培されているぶどう品種です。強いタンニンで力強い味わいを生み出す特徴があり、単一ではなく、ブレンド用の品種として需要が高いことで知られています。まだまだ栽培面積は少ないですが、今後山梨のプティ・ヴェルドにスポットが当たる日もそう遠くはないでしょう。

注目の山梨ワインをソムリエがピックアップ

ワイン
写真提供:くらむぼんワイン
甲州やマスカット・ベーリーA、デラウェアにプティ・ヴェルドと素晴らしいぶどうが多く栽培され、個性的なワイナリーが多い山梨ですが、今回は「くらむぼんワイン」の赤ワインをピックアップします。

くらむぼん マスカット・ベーリーA

ぶどう品種:マスカット・ベーリーA
原産地:山梨県甲州市
ワイナリー:くらむぼんワイン
容量:750ml
アルコール度数:12%
・飲み口:重○○○●○軽
・香り:強○●○○○弱
・酸味:強○○○●○弱
・渋み:強○○○●○弱

自然な味わいのワインを目指すくらむぼんワイン

くらむぼんワインは、日本ワイン発祥の地として知られる勝沼で1913年に創業した伝統的なワイナリーです。2007年から自社畑については、手間をかけながら病害を防ぎ、雑草を生やしたまま栽培をする自然に即した農法を実践しています。ワイン造りにおいても、ブドウの風味を最大限に活かすためにブドウの皮のまわりの天然酵母で発酵させ、無ろ過で瓶詰めをしています。

ワイナリーの名前は、宮沢賢治の童話「やまなし」で蟹(かに)が話す言葉に由来し、人間と自然との共存や他人への思いやりを信条とする宮沢賢治に共感して名前がつけられました。オーナーの野沢氏の頭文字をブランド名にしたフラッグシップワイン「N」をはじめとして、親しみやすい甘口ワインシリーズ「KURAMBONBON」、スタンダードワインシリーズの「蔵(くら)」など、幅広いラインナップが毎年リリースされています。

今回紹介するのは社名がつけられた「KURAMBON」。白、ロゼ、赤とさまざまなシリーズがありますが、赤ワインのマスカット・ベーリーAをピックアップしました。

くらむぼんワイン マスカット・ベーリーAとは

ワイン
撮影:daichiyoshikawa
山梨を代表する黒ぶどう品種、マスカット・ベーリーAを100%使用。ピノ・ノワールの伝統産地のワイン造りをベースにしてステンレスタンクで発酵させています。樽(たる)での熟成は6カ月におさえることで、ラズベリー、プラム、甘草のようなアロマと凝縮した果実の味わいが表現されています。

ソムリエ吉川のテイスティングコメント

マスカット・ベーリーAらしいわたあめのようなキャンディ香がやさしく感じられ、渋みは穏やかなミディアムボディに仕上がっています。少し冷やしてからいただくとワイルドベリーやクランベリーのようなさわやかなベリー系の酸味が感じられます。また、温度が上がるにつれて控えめな渋みが少しずつ表れてくるので、温度変化による味わいの移り変わりを楽しむことができるワインです。抜栓した翌日も甘やかなアロマがしっかりと残っているので2日後以降も安心していただくことができます。長期熟成には向かないので、若いヴィンテージのうちに開栓して楽しむのがおすすめです。(エチケットはわたしの不備により汚れてしまいました…。)

くらむぼんワイン マスカット・ベーリーAとのペアリングは?

タンニンがひかえめで飲み心地は軽やかなので、くらむぼんワインのマスカット・ベーリーAとの組み合わせにおすすめしたいのはずばり「和食」。しょう油とみりんをベースにした煮込みや煮っころがしのような味付けの料理にやさしく寄り添ってくれるワインです。

肉料理では照り焼きチキン、豚のしょうが焼き、鶏つくねハンバーグなどと相性が良いです。牛肉やジビエといった赤身の肉にはもう少しタンニンのしっかりしたワインを合わせたいですが、チキンステーキやポークソテーとはよく合います。

また、赤ワインと合わせるのが難しいといわれている魚料理でも、マスカット・ベーリーAなら上手にペアリングできます。まぐろの赤身の刺し身やうなぎのかば焼き、または白身魚を使った西京焼きとの相性もいいです。

ITEM
くらむぼんワイン マスカット・ベーリーA
・ぶどう品種:マスカット・ベーリーA
・内容量:750ml
・タイプ:赤ワイン
・アルコール度数:12%

ソムリエセレクト!人気の山梨ワイン20選

ワイン
出典:shutterstock
今回は人気の山梨ワインを20選に絞ってセレクト!デイリーに楽しめるリーズナブルなものから、贈り物にも最適な高級ラインのワインまで幅広くピックアップしました。お土産やギフト選びにも参考にしてみてください。


今、あなたにオススメ

山梨のぶどう畑
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
吉川 大智

日本ワインに精通しているJ.S.A認定ソムリエ。バーテンダー、ワインバーマネージャーを経て現在ライターとして活動中。過去には40カ国200都市の酒場とワイナリーを訪問。ワインは年間で100本以上飲む。 Instagramではワインと料理のペアリングを紹介するアカウントを運営。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美
たべごと > 飲み物 > ワイン > 【2021年最新版】山梨ワインのおすすめ20選をソムリエがセレクト!