プレミア焼酎【森伊蔵】を飲んでみたい!定価購入の方法や抽選情報も

鹿児島県の老舗酒蔵「森伊蔵酒造」が販売する、幻の焼酎【森伊蔵】。プレミアとなった理由とは?中でも最高級品である「極上の一滴」などの商品の種類や、通販で購入する方法をご紹介。また、気になるお値段や定価で購入する方法、高島屋などの抽選情報もあわせてご紹介します。


幻の焼酎や伝説の焼酎などと呼ばれる「森伊蔵(もりいぞう)」。焼酎好きなら一度は飲んでみたいと思うお酒ですよね。ところで、森伊蔵がプレミアとなった理由をご存知でしょうか?今回は知られざる森伊蔵について、プレミアとなった理由、種類や通販での取り扱い情報、定価で購入する方法や抽選情報などについてもまとめてご紹介します。また、”3M(スリーエム)”と呼ばれる人気焼酎「村尾」と「魔王」もご紹介しますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

伝説の焼酎【森伊蔵】とは?

森伊蔵は鹿児島県の老舗酒蔵「森伊蔵酒造」で製造・販売されている芋焼酎です。その特徴は、原料に鹿児島県産の有機栽培のサツマイモを使用し、手間のかかる伝統的な「かめつぼ仕込み」という製法で造られていること。最高の焼酎造りのために、手間隙かけてこだわりぬき造られた焼酎が森伊蔵なのです。そのため、森伊蔵の生産量は極めて少なく、特約店でも手に入れるのが難しいと言われています。芋焼酎独特の臭みがなく、まろやかな味わいが焼酎好きの間で人気を博しています。

酒蔵「森伊蔵酒造」について

出典:写真AC
森伊蔵酒造の創業は明治18年(1885年)、鹿児島県垂水市に蔵をかまえる酒蔵です。
「お客様が直接買いに来られるような焼酎を造ろう」という想いのもと、創業当時では珍しい「かめつぼ仕込み」を積極的に採用し、原料にもこだわって焼酎造りをしてきました。さらには、焼酎が紫外線で品質悪化するのを防ぐために、瓶には茶瓶を使用する徹底ぶりです。原料から製法、細部にまで蔵のこだわりがつまった森伊蔵は、高いお金を払ってでも飲みたいという人が後を絶ちません。

【森伊蔵】がプレミアとなった理由は?

一時期、森伊蔵酒造の経営が傾いた際、四代目・森伊蔵は残された蔵と伝統の技法を守り、大量生産はせず少量で高品質の焼酎を造ることに専念しました。その後、法人化し経営再建した五代目の当主は、敬意を払い先代の当主である四代目・森伊蔵の名を焼酎に付け、それが商品名の由来となったそうです。
1993年頃には森伊蔵の品質の高さが口コミで広がり、3年後の1996年、当時のフランス大統領・シラク氏が森伊蔵の大ファンであるというニュースをきかっけに、あっという間に日本中に森伊蔵の名が知れ渡りました。知名度が上がっても生産量を増やすことはせず、そのため森伊蔵を入手することが難しくなり、幻の焼酎や伝説の焼酎と呼ばれるようになりました。
森伊蔵の定価は3,000円ほどですが、現在では通販やネットオークションでの価格は定価の何倍にも跳ね上がっています。

【森伊蔵】の種類や価格は?通販で購入できる?



出典:写真AC
森伊蔵をいざ飲んでみたいと思った際に気になるのが、その種類や通販などでの販売情報。結論から言うと、森伊蔵は通販でも購入することができるんです。
森伊蔵のバリエーションは5種類あり、それぞれの特徴などをご紹介していきますので、気になるものがあればチェックしてみてくださいね。

森伊蔵

原料には厳選された鹿児島県産の有機栽培のサツマイモを使用。かめつぼでじっくり味を落ち着かせ、伝統の白麹を使い、奥深くまろやかな味わいに…。伝統的な鹿児島の芋焼酎に多かった芋臭さは無いものの、かめつぼの熟成香が感じられるなんともたまらない逸品です。まずは試しに飲んでみたい!という人にはこちらがおすすめです。

 

まずは試してみたい!という人には…

ITEM
芋焼酎 森伊蔵 25度 720ml
・容量:720ml
・度数:25度


 

たっぷり飲みたい!そんな人には…

ITEM
芋焼酎 森伊蔵 1800ml
・容量:1800ml
・度数:25度


 

森伊蔵の口コミ・評判は?

初めて自分で買って飲みましたが味も間違いなく、とても美味しく、十分満足しました。(出典:Amazon

芋の主張が控えめなので、女性には好評。
一口で様々な味わいがあるので飲んでいて楽しいです。(出典:Amazon

これは自分用ではなく、贈り物用として購入しました。贈った相手は非常に日本酒に詳しく、特に「森伊蔵」の大ファン。たくさんの頂き物の多いお宅で、飲まれずにあるお酒やワインが数ある中で、この「森伊蔵」だけは、いつも、必ず、大切に飲んでもらえるので、この友人に贈るのは、いつも「森伊蔵」と決めています。(出典:Amazon

芋の独特な臭みがなくまろやかな味わいの森伊蔵は、女性にも飲みやすく好評のようです。自分へのちょっとしたご褒美として購入して、お酒のうまみをじっくり味わう、なんて贅沢な時間を過ごすのもいいですよね。

森伊蔵 金ラベル

「森伊蔵 金ラベル」の味や中身は先ほどご紹介した森伊蔵と同じですが、ラベルが金色と豪華な見た目が特徴的。
実は「森伊蔵 金ラベル」は、高島屋の抽選販売で当選した人だけが手に入れることができるアイテム。生産本数が極端に少なく、運良く当選した人だけが手に入れられるお酒なんです。そのため手軽に入手することが困難で、金ラベルの希少性は高まっており、森伊蔵の種類の中でも特に人気が高いことで知られています。

ITEM
森伊蔵 金ラベル 芋焼酎 25度 720ml
・容量:720ml
・度数:25度


 

森伊蔵 金ラベルの口コミ・評判は?

お正月に妻の実家を訪れた際にお土産として持参しました。普段はビール派の義理の父も喜んで飲んでいて、やはり味が違うね!などと大満足でした。また機会があれば注文したいと思います。(出典:Amazon

お世話になってる方への贈り物として購入しました。飲みやすい口当たりで初めて焼酎を飲む方にも美味しいと評価されるお酒です。贈った方には大変喜んで頂けました。(出典:Amazon

70代の父親に贈りましたが、ウィスキーより飲みやすいようで大変喜んでくれました。一升瓶を探していたのですが、高価で中々ないのと、この瓶のほうが棚に入り、置き場に困らず具合も良いようです。魔王、他 幻の焼酎はたくさんありますが、味で一番感動したのはこの森伊蔵。とても飲みやすく、心地よいお酒です。(出典:Amazon

ラベルが金色で見た目が豪華ということもあり、プレゼントなどで贈られる方が多い「森伊蔵 金ラベル」。容量も720mlなのでそんなに場所を取らず、焼酎好きな人にも喜んでもらえそうですね。日頃お世話になっている方などにぜひ贈りたい一本です。

森伊蔵 極上の一滴

「森伊蔵 極上の一滴」は、味わい深い森伊蔵を、酒蔵内の地下洞窟のかめつぼで3年間熟成したものです。熟成された芋焼酎は 味わい深く、甘く芳醇な香りが口いっぱいに広がります。芋焼酎独特の臭みがあまりなく、 普段芋焼酎を飲まない方や女性にもおすすめの一本です。まさに森伊蔵酒造の最高級品と言っても過言ではありません。
ITEM
森伊蔵 極上 芋焼酎 25度 720ml
・容量:720ml
・度数:25度


 

森伊蔵 極上の一滴の口コミ・評判は?

口当たりが甘く、ふくよかな飲み口。人生で一度は飲むべき焼酎です。贅沢な味。(出典:Amazon

焼酎大好きな友人に誕生日プレゼントとして送りましたが・・大変美味しいとの事で喜ばれました。
数少ない商品なので送った私も満足でした。(出典:Amazon

知人の開店12周年のお祝いに贈りました。
貰った方は飲むのがもったいないと、まだ飾っているそうです。
大変喜んで戴いたので 贈り甲斐があったと実感しています。(出典:Amazon

3年間熟成された「森伊蔵 極上の一滴」は、口当たりの甘さに加え、芳醇な香りとまろやかな味わいが高い評価を得ています。贈る方も、贈られる方も嬉しいお酒が「極上の一滴」なのかもしれませんね。

楽酔喜酒 森伊蔵

薩摩切子と南蛮渡来をイメージした赤いボトルが特徴的な「楽酔喜酒(らくすいきしゅ)森伊蔵」。森伊蔵酒造より創業120周年を記念して製造・販売されました。10年間じっくりと熟成され、まろやかで旨みがあり、万人に愛される味わいです。焼酎好きにはたまらない本格焼酎です。全国で3000本限定という希少性の高さから大人気。ぜひ一度味わってみてください。
ITEM
森伊蔵 楽酔喜酒 25度 600ml
・容量:600ml
・度数:25度

鹿児島の銘酒「3M(スリーエム)」とは?

鹿児島でつくられるプレミア焼酎”3M(スリーエム)”をご存知ですか?生産量を制限し、こだわりの造りを徹底した銘酒「森伊蔵」「村尾」「魔王」の頭文字がいずれもMだったことから、”3M”と呼ばれるようになりました。これらの焼酎は、味わいはもちろん、少量生産ゆえに流通価格の高さでも有名です。
こちらでは森伊蔵以外の「村尾」と「魔王」についてご紹介したいと思います。

村尾

村尾は森伊蔵と同様に「かめつぼ仕込み」で造られ、まろやかな味わいが特徴。「かめつぼ仕込み」により、お酒が発酵するときに自然な対流がおこり、より自然な状態で発酵が行われ、まろやかな味わいになるんです。飲み口は柔らかく、甘さの中にスッキリとした芋の味が感じられ、バランスが良く飲みやすいタイプの芋焼酎です。また、香ばしい芋の風味がファンの心を掴んで離しません。
飲み方は、一口目はまずストレートで村尾そのままの風味を味わってみてください。お湯割りだと、よりまろやかな芋の風味を楽しむことができます。スッキリと味わいたい人はロックがおすすめ。
こちらの村尾(750ml)は通常は期間限定でANA国際線で機内販売されているものです。

ITEM
村尾 芋 25度 750ml (ANAラベル)
・容量:750ml
・度数:25度
・産地:鹿児島県
・製造元:村尾酒造

魔王

全国にファンが多い芋焼酎・魔王。その理由は味わいにあると言われています。
魔王は、日本酒に使用する「黄麹」を使用し、それによってフルーティーな香りが生まれるのです。さらに熟成されることにより、酒独特の荒々しさが削れ、まろやかで落ち着いた味わいになります。また、同時に香りもしっかりと乗り独特の味わいになっていくのです。熟成されたフルーティーな香りと旨味により、芋焼酎とは思えないような飲みやすい仕上がりとなり、焼酎が苦手な人にも◎。
飲み方は、ロックかストレートがおすすめです。また、スッキリ飲みたい人は水割りで。グイグイとお酒が進んでしまうこと間違いなしです。

ITEM
魔王 芋焼酎 25度 720ml
・容量:720ml
・度数:25度
・原材料:さつまいも、米こうじ
・産地:鹿児島県
・製造元:白玉醸造

いつもは麦ばかり飲んでいたのですが
こいつを飲んでから芋の虜になってしまいました。
魔王はフルーティで香り高く口当たりがまろやか。芋芋していないところも個人的にグッド。
ほかの焼酎は基本水割りなのですが、こいつだけは断然ロック。
ロックでもするする飲めてしまう危険なお酒です。


「3M」を飲み比べしてみたい!そんな人には…



出典:写真AC
これまで”3M”(森伊蔵・村尾・魔王)それぞれの焼酎についてご紹介しましたが、「飲み比べしてみたい!」という人に朗報です。実は通販で「”3M”飲み比べセット」を購入することができるんです。自分用にお取り寄せして、ちょっぴり贅沢な気分を味わうも良し。お酒好きな家族・友人などへプレゼントとして贈るも良し。お得な3本セット、ぜひこの機会にゲットしてくださいね。
ITEM
森伊蔵・魔王・村尾《芋焼酎3M 飲み比べ 中サイズ3本セット》
・内容:森伊蔵(720ml)、魔王(720ml)、村尾(750ml)各1本ずつ

おすすめの飲み方は?

出典:pixabay
冒頭でもご紹介したように、森伊蔵は芋独特の臭みがなく、まろやかな味わいです。そんな森伊蔵をじっくり味わうなら、ロックかストレートが断然おすすめです。芋臭さがない森伊蔵だからこそ、そのままのまろやかな味わいをシンプルな飲み方で楽しむことができます。ぜひおすすめの飲み方で、幻の焼酎を味わってみてくださいね。

抽選で買う!? 定価で購入する方法

出典:写真AC
流通量が少なく、手に入れることが難しいと言われる森伊蔵。そんな森伊蔵を定価で購入する方法が実はあるんです。全国からファンが殺到するため倍率は上がってしまいますが、ぜひチャレンジしてみてください。
ここからは森伊蔵を定価で購入できる3つの方法についてご紹介します。

1.森伊蔵酒造の抽選販売

森伊蔵酒造では、毎月15日〜25日の間、電話予約で抽選販売の受付をしています。しかし、あまりに人気なため応募多数で回線が混み合い、電話予約も困難だそうです。また、当選倍率もかなり低いとのことですが、毎月受付しているため応募してみるのも良いかも。
電話予約などの詳細は森伊蔵酒造の公式HPでチェックしてくださいね。

森伊蔵酒造 公式HP

2.高島屋の抽選販売

直販以外にも、高島屋の抽選販売に応募する方法があります。高島屋の「和洋酒売場」にある指定の応募用紙に必要事項を記入し、用紙を投函箱に入れて応募完了です。受付期間は毎月1日~10日で、1人につき1枚のみの応募となっています。
こちらも詳細は森伊蔵酒造の公式HPでチェックしてみてください。

森伊蔵酒造 公式HP

3.JALの機内販売

抽選販売以外の方法としては、JALの国際線の機内販売で森伊蔵を買うことができます。しかし、機内販売は国際線のファーストクラスやビジネスクラス限定です。JMBダイヤモンド会員やJGCプレミア会員の人は、JALの国際線機内販売品「事前予約サービス」を利用して森伊蔵を購入することができます。
詳細は森伊蔵酒造のHPやJALの事前予約サービスをチェックしてください。

JAL国際線機内販売品「事前予約サービス」

伝説の焼酎で極上のひとときを

出典:写真AC
今回は鹿児島のプレミア焼酎・森伊蔵についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?伝統の技法を守り、少量でも高品質な焼酎を造り続ける姿勢と、確かな味。全国の焼酎ファンの心を掴んで離さず、人気が殺到するのも頷けます。「おいしい焼酎を味わってほしい」という造り手の想いが込もった森伊蔵、ぜひ味わってみてくださいね。

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
東江千尋
東江千尋

カメラ愛が止まらない!自称なんでも屋のエディター&ライター

福岡・天神の魅力を発信するメディアサイトの元エディター&ライター。高専卒業後、化粧品の研究開発、ブライダルカメラマン、メディアサイトのエディター&ライターを経験。
Webデザインを学び、現在はWebディレクターとしても活動中。
趣味は写真撮影と旅行。沖縄出身の旦那さんと娘、息子の4人家族。最近の夢は海の近くでのんびり暮らすこと。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり