淹れたての味をキープ!おすすめコーヒータンブラー!おしゃれさや保温性、密封性も。

いつでも淹れたての味を楽しみたいこだわり派におすすめするコーヒータンブラーを紹介!保温性があり、持ち運びにも便利でこぼれないものをはじめ、スタバやブルーボトルといった人気ショップのタンブラーまで、おしゃれで機能的なベストワンを選びましょう!


出典:PIXTA
仕事や会議の途中で取る短い休憩のことを「コーヒーブレイク」と言うように、筆者はちょっと一休み…という時にはコーヒーが飲みたくなります。ただ、せっかく淹れたコーヒーも冷めてしまうとおいしさは半減。いつでも淹れたてのおいしさを楽しむためには、コーヒータンブラーの選び方も重要です!どんなタンブラーを選べばいいのか、味にこだわる人へのおすすめや、コーヒータンブラーを活用したお得な情報もご紹介します。

コーヒーをタンブラーで持ち歩く

出典:pexels
休憩時間がしっかりと取れるなら、コーヒーショップに行ったり、ゆっくりとお気に入りのコーヒーを淹れることもできますが、短時間のブレイクタイムではなかなか難しいのではないでしょうか。
外出先でもおいしいコーヒーが飲みたいこだわり派は、タンブラーでの持ち歩きがおすすめ!卓上でカップのように使えるだけでなく、最近では保温性や密閉性を重視した持ち運びにも便利なタンブラーなどランナップも豊富。いつでもおいしくコーヒーが楽しめる「コーヒータンブラー」を使ってみましょう!

いつでもコーヒーをおいしく!コーヒータンブラー選びのポイント

出典:写真AC
コーヒータンブラーは種類が豊富!タンブラーを選ぶポイントはいくつかありますが、コーヒーのおいしさを保つことを重視しながらも、デザインの好き嫌いやメーカーの信頼度など、直感や好みで選ぶことも大切です。長く使いたいものだからこそ、気に入っているポイントが一つでも多いものを選びましょう!

保温性をチェック

出典:写真AC
コーヒーをおいしいまま保つために、まず気にしたいのが温度。抽出時の温度、もしくは淹れた時の温度のままキープできることが重要です。タンブラーの保温性は主に、構造と素材で決まります。保温力が高いのは「真空断熱構造」のもの、素材は「ステンレス」が保温力が高いと言われています。メーカーによっては、さらに保温効果を高める工夫を施しているものもあるので、購入前には製品構造や素材と併せてチェックしておきましょう。

持ち運ぶならこぼれないことも重視!

コーヒーを持ち運ぶ場合、カバンの中でこぼれないことも重要なポイント。タンブラーは水筒とは違うため、卓上でカップのように使うことを前提としたものも多く、最低限、中身がこぼれないよう簡易的な蓋が付いたデザインのものや、「倒れない」ことを重視しているものもあります。卓上で使う分には充分な機能ですが、持ち運びに適したタンブラーとは言えません。密閉性が高いと保温力も高まるので、「こぼれないこと」も淹れたてのおいしさを保つタンブラー選びのポイントと言えます。

おしゃれなデザイン・好きなメーカー

コーヒーのおいしさは淹れたての味がキープされていることも大事ですが、デザインも大切な要素の一つ。どんなに機能が優れていても、好きな色やデザインでなかったり、実は信頼していないメーカーのものだったりすると、せっかくのコーヒーブレイクも楽しさが半分になるかもしれません。「このタンブラーがお気に入り!」という気持ちも、コーヒーのおいしさを引き立てるポイントかも。デザインがおしゃれで気に入ったものを選びましょう。
▶こだわり派におすすめのコーヒータンブラー

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
番匠郁
番匠郁

ライター時々料理人

道産子と九州男児のハーフ。関西弁、大分弁、金沢弁を話すトライリンガル。
アーティスト山村幸則氏の作品制作に携わったことをきっかけに、働き方や住む場所に捉われない生き方を模索するようになる。
コミュニケーションアートを通してまちづくりに関わるなか、「人の集まる場所には食がある」ことに気がつき、以来、食を媒介した街・人・アートの仲立ちプロジェクトを幅広く展開。
役者として舞台に立ちながら開始した劇場ケータリング”劇場メシ”では、演者やスタッフを食で支える裏方の裏方として活動。生産現場にも足を運び、土を耕し自ら収穫して料理をつくる体育会系ライター。
動画作成チーム”ButterToast”ではシナリオも担当。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美