おしゃれなジャム瓶5選!消毒・ラッピング・開かないときのコツも紹介


「家で採れたフルーツが食べきれない」「買ったけど消費しきれない」というときに便利なジャム作り。旬のおいしさを瓶詰めして、長く楽しんじゃいましょう!トーストに乗せたり、ヨーグルトのトッピングにしたり、手作りケーキに添えたり、活用方法は無限大!でも、ただ瓶に入れたらいいというわけではありません。消毒や脱気をすれば、さらに長く保存できるようになりますよ。

見た目もおしゃれに!自家製ジャムを長期保存しよう

出典:Pixabay
手作りジャムの保存期間は、あいまいに捉えられがちです。というのも、どんな方法で瓶詰めしたか、置き場所はどこかによって、保存できる期間が変わってくるから。方法によっては、1年近く保存することもできるんです!

使う瓶は、空き瓶でもいいのですが、市販のおしゃれな瓶に入れれば、さらに見た目がグレードアップ。ラッピングもすれば、自家製のジャムギフトができあがりますよ。正しい保存方法と、かわいいラッピング方法をマスターしましょう!

手作りジャムの保存期間

出典:Pixabay
手作りジャムの保存期間は、

・冷蔵庫で数週間
・殺菌した瓶+冷蔵庫で数カ月~半年
・脱気で1年近く
・冷凍で半年

これが基本です。砂糖を多く入れることで長く保存できるようになるので、覚えてきましょう。なお、冷凍ジャムは解凍したら早めに食べること!
消毒殺菌、脱気については、のちほど解説します。


冷凍保存するならストックバッグがおすすめ

ジャムを冷凍庫で保存するなら、瓶ではなく、ジップロックのようなストックバッグに詰めるのがおすすめです。瓶に入れると、温度変化による膨脹で割れる可能性があります。ストックバッグに入れるときは、使いやすい分量ごとに小分けしておきましょう。

どんなジャム瓶が使えるの?

出典:Pixabay

熱に強い

ジャム瓶は使う前に沸騰したお湯につけて、消毒殺菌するのが基本。熱に強いことが必須条件です。

口が広い

ジャムが入れやすいように、入り口が広いものを選んでください。縦長のボトルに入れたいなら、漏斗(じょうご)があると便利です。

フタがきっちりと閉まる

空気に触れさせないことが長期保存の要。フタがきっちり閉まることも大切です。空き瓶をいくつか持っていると、どれがどの瓶のフタなのか分からなくなりがちなので注意。セットでの保管を心がけてください。

激安!おすすめのジャム瓶5選

出典:Pixabay

小分けに便利なミニサイズ

調味料、ジャム等で使えるガラス瓶のおトクな10本セットです。手のひらサイズなので、少量のものを保存するのにぴったりです。
ITEM
ジャム瓶 S80ST 107ml 10本セット
・参考価格:1,354円程度
・容量:107ml 
・セット内容:10本セット


 

毎年作って配れる激安セット

見た目も可愛く、お手頃価格なので、友達に配るのにちょうどいい瓶のサイズです。
ITEM
六角 赤チェックキャップ 48本入
・参考価格:2,400円程度
・容量:150ml
・セット内容:48本セット

見た目にこだわるなら

口が広く、中身の出し入れや使用後の洗浄などのお手入れが簡単にできます。
ふたはアルミニウム製で水分の多い食材にも錆びにくく、内側は樹脂コーティングされているので食材の酸によって腐食しにくくなっています。
ITEM
ジャムジャー 250ml
・参考価格:540円程度
・容量:250ml 



省スペース

手のひらサイズで省スペースなので、どこにでもフィットする大きさです。お友達におすそ分けするにもちょうど良いサイズなのではないでしょうか。
ITEM
ジャム瓶 L-150 161ml 10本セット
・参考価格:1,354円程度
・容量:161ml 
・セット内容:10本セット


 

ダブルキャップで密閉&長期保存!

フランス産のおしゃれな瓶です。ダブルキャップなので密閉度が高く、長期保存に向いています。
ITEM
ベストコ ル・パルフェ ダブルキャップキーパー 200ml
・参考価格:465円程度
・容量:200m 

ジャムを数カ月~半年保存!消毒・密閉の方法を覚えよう

出典:Pixabay

煮沸消毒(殺菌)とは?どうやるの?

ジャムを数週間ではなく数カ月保存したいなら、沸騰したお湯に瓶をつける「煮沸消毒」を行います。必要なのは鍋だけで、ちょっと面倒ではあるものの、方法自体は簡単です。以下の手順でやってみましょう!

1. 瓶を洗剤で洗う
2. 大きめの鍋に瓶を入れ、湯を沸かす。湯の量は瓶が完全に浸かるくらい
3. 湯が沸騰した状態で10分加熱
4. 10分後、瓶を取り出す。あとは自然乾燥

密閉方法

出典:Pixabay
ジャムと瓶がまだ熱いうちに瓶詰めしましょう。9分目くらいまでジャムを入れたら、フタを閉め、1分待ちます。1分後、一瞬だけフタを緩めてください。するとシュッと音がして、空気が逃げます。この音を聞いたらすぐにフタを閉めて、密閉完了です。瓶が冷めるにつれて内圧が下がり、長く保存できる状態ができあがります。

「脱気」して瓶詰めすれば1年近く保存できる

出典:Pixabay
さらに真空に近い状態を作り、保存期間を延ばせるのが「脱気」という方法です。いちど煮沸消毒した保存瓶にジャムを入れたら、もういちど沸騰したお湯につけ、20~30分くらい放置してください。完全殺菌により1年近く保存できます。

自家製ジャムギフトに!かんたん&かわいいラッピング方法

出典:Pixabay

シールを貼ってラベル風に

長方形のシールを貼って、ラベル代わりにしましょう。海外で買ってきたような雰囲気になります。シールは英文字や、イチゴ、ブルーベリーなど中身に応じた柄が◎。

絵本の世界みたい!?

花形(コースター状)の布もしくは紙を瓶のフタにかぶせて、紐で結ぶ方法です。よく絵本に出てくる、メルヘンチックなラッピング!

OPP袋に入れてリボンでアレンジ

透明な袋(OPP袋)の中にジャム瓶を入れ、入り口をリボンで縛ります。ラベルや紙をかぶせる方法と併用できるので、ラッピングの仕上げにおすすめ!タグをつけるとさらにかわいいですよ。

ジャム瓶のフタが開かないときは

出典:Pixabay

フタをあたためる開け方(50度くらいのお湯、またはドライヤーで!)

ピチッと真空状態になっているジャム瓶に試してほしい開け方です。金属のフタは、熱を加えることで膨脹します。なので、お湯またはドライヤーであたためると、真空でピチピチだったフタが膨脹によってゆるくなり、開けやすくなります。

布越しにひねる開け方

ゴム手袋やタオル越しにひねるだけで、かなり開けやすくなります。力をこめても手がすべりにくく、痛くなりにくいです。手間がかからないので最初に試してみてみてください!

まずは少しの量でチャレンジ

出典:Pixabay
はじめてのジャム作りなら、1~2週間で食べきれる量を作って、冷蔵庫で保管するのがおすすめ。味が落ちないうちに消費できます。最初は煮詰める時間や砂糖の量などで失敗しがちなので、そういう意味でも少量でのチャレンジが安全でしょう。慣れてきたら脱気にも挑戦してみてくださいね。

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
たべごと編集部
たべごと編集部

全国各地の特産品・お酒・伝統工芸品などの他にも、こだわりのキッチン用品、大切な人に送るギフトセット、家族で楽しめるイベント情報、食材の歴史やおいしい食べ方など、「まるごと楽しむ、日本の食 」をキャッチコピーに、食に関わる情報を幅広くお届けしています。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美