おしゃれなジャム瓶5選!消毒・ラッピング・開かないときのコツも紹介


「家で採れたフルーツが食べきれない」「買ったけど消費しきれない」というときに便利なジャム作り。旬のおいしさを瓶詰めして、長く楽しんじゃいましょう!トーストに乗せたり、ヨーグルトのトッピングにしたり、手作りケーキに添えたり、活用方法は無限大!でも、ただ瓶に入れたらいいというわけではありません。消毒や脱気をすれば、さらに長く保存できるようになりますよ。

見た目もおしゃれに!自家製ジャムを長期保存しよう

出典:Pixabay
手作りジャムの保存期間は、あいまいに捉えられがちです。というのも、どんな方法で瓶詰めしたか、置き場所はどこかによって、保存できる期間が変わってくるから。方法によっては、1年近く保存することもできるんです!

使う瓶は、空き瓶でもいいのですが、市販のおしゃれな瓶に入れれば、さらに見た目がグレードアップ。ラッピングもすれば、自家製のジャムギフトができあがりますよ。正しい保存方法と、かわいいラッピング方法をマスターしましょう!

手作りジャムの保存期間

出典:Pixabay
手作りジャムの保存期間は、

・冷蔵庫で数週間
・殺菌した瓶+冷蔵庫で数カ月~半年
・脱気で1年近く
・冷凍で半年

これが基本です。砂糖を多く入れることで長く保存できるようになるので、覚えてきましょう。なお、冷凍ジャムは解凍したら早めに食べること!
消毒殺菌、脱気については、のちほど解説します。


今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
たべごと編集部
たべごと編集部

全国各地の特産品・お酒・伝統工芸品などの他にも、こだわりのキッチン用品、大切な人に送るギフトセット、家族で楽しめるイベント情報、食材の歴史やおいしい食べ方など、「まるごと楽しむ、日本の食 」をキャッチコピーに、食に関わる情報を幅広くお届けしています。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美