話題の田丸屋わさビーズ実食レシピ!販売店舗と通販サイトも紹介

いくらに似た見た目と食感なのにわさびの味がするとSNSで話題の田丸屋のわさビーズ。販売店舗だけでなくAmazonや楽天などの通販サイトでも購入できない状態に。ジュエリーのようなわさびの使い方や作り方のレシピを実食レポートで紹介します。


わさビーズ

撮影:ばんしょうかおる
田丸屋本店の「わさビーズ」をご存知でしょうか?「本当に食べていいの?」と思ってしまうほどきれいな見た目で、今SNSで話題になっている新感覚のわさび食品。別名「ジュエルわさび」の異名も持っているようです。いくらのようにも見えますがどんな食感なのか、話題沸騰中の「わさビーズ」を実食レポートで使い方やレシピも紹介します!

まるでジュエリーのような「田丸屋のわさビーズ」とは?

わさビーズ
撮影:ばんしょうかおる

話題のわさビーズ!購入は店舗や通販サイトで

わさビーズは株式会社田丸屋が開発した粒タイプのわさび商品。元々は業務用として販売していたようで、一般消費者向けに小瓶で発売を開始したところSNSで話題になり、人気に火がついたのだとか。
最近はこのような人気商品がメルカリやヤフオクなどのフリマアプリやオークションサイトで転売される事例も多く、会社側も公式で表明を出すなど問題視されています。購入時は必ず店舗や公式通販サイトで!

わさビーズの価格は?

定価で税込594円 (※2019年9月27日現在の価格)とチューブ入りのわさびよりは少々お高めの値段設定です。内容量23gだと少なく感じますが、賞味期限が「製造日より2カ月間」なので自宅で楽しむ量としてはちょうどいいのではないでしょうか?

一体何で出来ているの?原材料は?

これまで見たことのない形状のわさびなので、何で出来ているのか気になりますよね!
原材料は、植物調合油(大豆・なたね)、わさび/酒精、糊料(アルギン酸ナトリウム)、香辛料抽出物、塩化カルシウムと記載されています。この原料でどうやってあのキラキラした状態をつくり上げるのか、開発秘話が気になりますね!

どんな味?食感は?わさビーズを食べた人の口コミをチェック!

何かを伝える人
出典:写真AC
明治8年の創業以来、数々のわさび商品を開発し世の送り出してきた株式会社田丸屋が作るわさビーズ。実際に食べてみた人の口コミをチェックしてみましょう!

おいしかった!リピートしたい人の口コミ

しっかりツーーンとキます(笑)
綺麗な見た目に衝撃を受け、実家や友人にも・・と購入しみんなにとても喜ばれました。
和洋どちらにも合いますし、この見た目のインパクトが食卓を華やかに見せてくれます。
イクラと同じく箸からこぼれてしまうのも愛嬌(笑)(出典:楽天市場)

ちっさくて可愛いです
本当に小瓶でビックリしました。わさビーズ小さくて転がるので、やっぱり軍艦巻きが食べやすいかも?ですが、お皿に盛り付けるとキレイで食べてしまうのがもったいないです。味もちゃんとわさびなのでお肉にも冷たい麺類にもバッチリ合います。量産されてもう少しリーズナブルになると嬉しいし絶対リピートしたいです。可愛いくて珍しいので御使い物に使えそうですが値段がこんなにすると分かってもらえるか心配です。(出典:楽天市場)

きれい
いくらの軍艦を作る際に使用しました。
わさびのツンとくる感じはあまり強くないので、わさびがあまり得意でない方でも楽しめると思います。油の乗った食べ物はわさビーズの風味が負けてしまうので、あっさり目なもの(ローストビーフなど良いかも)には見た目、味共にマッチすると思います。(出典:楽天市場)

うーんイマイチ?苦手だった人の口コミ

とても残念です
両親が食べたいと言っていたのでサプライズで渡した所いくらの食感を想像していたらしくぐにゃっとグミのような食感でちょっと残念でした、辛さは十分だがわさびの辛さなのかなと思うと言われました。
いくらみたいなプチッとした食感なら色んな料理に使えるかなって思います!見た目はとても良かったです。(出典:楽天市場)

意外と小さい
小さ過ぎてびっくりした。値段もそこそこする。興味本位で買ってはみたが、最初はツン!としたけど、これなら普通のわさびが良いな。(出典:楽天市場)

薄いわさび味のグミ
この美しい見た目から、イクラのようなプチッとした食感を想像するに違いないが
実際は【薄~いわさび味のグミ】である。(出典:楽天市場)

良い口コミと悪い口コミの両方を見てみると、おいしかったという人は見た目やわさビーズ独特形状に好印象を持っているようです。逆に、思っていた食感とは違うことを残念だったと言っている人は「わさびは本格派」なのかもしれません。自分ならどう感じるか、食べてみたくなってきますね!

→本当にいくらのような見た目!わさビーズ実食レポート

本当にいくらのような見た目!わさビーズ実食レポート

わさビーズ
撮影:ばんしょうかおる
うわさのわさビーズを実食してみました!見た目はほぼ完全に緑色のいくらです。

 

わさビーズ
撮影:ばんしょうかおる
この粒を見ると「ジュエルわさび」と言われるのもうなずけますね!
また口コミでは、「あまりに小瓶でびっくりした」という意見が目立っていたので、どのくらいの大きさなのかサイズ感がわかるように比較写真も撮ってみました。

 

わさビーズ
撮影:ばんしょうかおる
このように、手の上に乗るくらいの大きさです。

 

わさビーズ
撮影:ばんしょうかおる
隣は500ml入りのペットボトルですが、なんとなく大きさは伝わるでしょうか?
実は筆者も、通販でわさビーズが届いた時にはそのあまりの小瓶ぶりに驚きました。「瓶入り」と聞くと150g入りくらいのジャム瓶を想像する人が多いかもしれませんが、内容量は23gなので結婚式の引き出物などでもらう小さいコンフィチュール程度の大きさです!

わさビーズはゼリー状。口の中でゆっくり溶ける

わさビーズ
撮影:ばんしょうかおる
まずは一粒食べてみました。いくらと同じように口の中でプチっとはじけるのかと思っていたのですが、ゼリー状の粒が、口の中でゆっくりと溶け広がっていくような感覚です。そのため、わさび特有のツーンとした辛さを感じるまでには少し時間がかかります。普段使っているわさびのような鼻がツーンとして涙ぐむまでの辛さではなく、風味が鼻からふんわり抜けるくらいの優しさがあります。ゼリー粒はすっと溶けるのではなく、料理や口の中の温度でじんわり溶けるので、わさびの風味が長く続くというのが特徴でしょうか。
もしかしたら、その見た目で「いくらと同じような食感」を期待している人には物足りなく感じるのかもしれません。

わさビーズの使い方と食べ方を紹介

料理の準備
出典:写真AC
お寿司やローストビーフなどわさびを合わせて食べる料理はもちろん、ジュエリーのようなきれいな見た目を活かして、料理の上からトッピングする食べ方がおすすめ!

ブルスケッタにも!

ブルスケッタ
撮影:ばんしょうかおる
わさビーズは見た目がきれいなので、オードブルとしても活躍しますね!
好きな厚さに切ったフランスパンの上に、カッテージチーズを盛り付けてはちみつを回しかけた簡単ブルスケッタ。わさビーズの風味を感じやすくするためクセがなく淡白なカッテージチーズを使いました。一味足りない時には塩を少し足してください。チーズとわさびは意外な相性を持つ食材です。

ポテトサラダへトッピング

ポテトサラダ
撮影:ばんしょうかおる
いつものポテトサラダにわさビーズのトッピング!キュウリや玉ねぎ、人参など定番の食材の他にも、燻製玉子などいろいろな具材を混ぜ合わせて、ちょっと贅沢なポテサラに。わさびの風味でお酒もすすみます。

そうめんにもアクセントとして!

サラダ素麺
撮影:ばんしょうかおる
そうめんに鶏のささみ、トマト、ネギなど好きな具材を冷麺風にのっけて食べるサラダそうめんなら、だしつゆで食べるのでわさびもよく合います。普通のわさびを使う場合は、わさびをつけながら食べるか混ぜ合わせる必要がありますが、わさビーズは上のトッピングができるので便利!わさびの風味も全体的に味わうことができます。

他にもいろいろな食べ方のレシピが紹介されているので、ぜひ試してみてください!
◎わさビーズが主役!わさビーズ軍艦のレシピはこちらから
◎色鮮やか!パプリカのマリネにわさビーズを合わせてみる

 
→わさビーズが手に入らない!?購入できる販売店舗は?

わさビーズが手に入らない!?購入できる販売店舗は?

のれん
出典:写真AC

通販サイト

通販サイトでの取り扱いはAmazonと楽天市場、業務用であればYahoo!でも販売しています。定価とは別に追加で送料がかかりますが、販売店舗まで出向く交通費のことを考えると実は同じくらいなのかも?また、店舗まで行って売り切れだった…という手間も省けます!
自宅に届くので仕事などで忙しい人にはおすすめの方法です。

まずはお試し!瓶タイプ

ITEM
田丸屋 わさビーズ 瓶入り
・内容量:23g
・賞味期間:製造日より60日
・発送方法:冷蔵発送

ホームパーティーなどで大量に使いたい!業務用タイプ

ITEM
田丸屋本店 業務用 わさビーズ 700g
・内容量:700g
・賞味期間:製造日より60日
・発送方法:冷蔵発送

目撃情報あり!わさビーズ販売店舗情報

関東では羽田空港の他に、JR新横浜駅のキヨスク(KIOSK)、西武池袋、大丸東京(明治屋八重洲口ストアー)、銀座三越などで販売されているとの情報も。テレビでも取り上げられているので、大阪や名古屋、札幌、福岡などの主要都市でも販売している店舗は比較的ありそうです!

田丸屋本店商品出店エリア

田丸屋本店が自社商品を店舗販売しているのは、本店のある静岡エリアが中心のようです。一部サービスエリアでも商品を取り扱っているようですね。
ただし、わさビーズは現在入手困難で商品が置いてあるかどうかの情報は不明です!実店舗で直接購入を考えている人は、問い合わせてからの方が良いかもしれません。

【静岡エリアの店舗】
・紺屋町田丸屋本店(静岡県静岡市葵区紺屋町6番地の7)
・静岡パルシェ店(静岡県静岡市葵区黒金町49)
・STEP IN たまるや店(静岡県静岡市駿河区下川原5丁目34の20)

【空港での出店】
・富士山静岡空港
・羽田空港
・中部国際空港
・関西国際空港

【高速道路】
・東名サービスエリア、パーキングエリア売店 ほか

◎田丸屋本店の販売店舗一覧はこちらから

通販は再販待ち!迷っている間に売り切れるので見つけたら即買い!

爆発的な人気で通販サイトも売り切れ続出のわさビーズ。田丸屋本店では、今生産ライン増設して製造量を確保しているようです。今後スーパーでも気軽に手に入る商品になるといいですね!
見た目にもきれいで、料理のトッピングとして出てくれば話も弾みそうな近未来のわさび!新感覚をぜひ楽しんでみてください!

今、あなたにオススメ

わさビーズ
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
番匠郁
番匠郁

ライター時々料理人

道産子と九州男児のハーフ。関西弁、大分弁、金沢弁を話すトライリンガル。
アーティスト山村幸則氏の作品制作に携わったことをきっかけに、働き方や住む場所に捉われない生き方を模索するようになる。
コミュニケーションアートを通してまちづくりに関わるなか、「人の集まる場所には食がある」ことに気がつき、以来、食を媒介した街・人・アートの仲立ちプロジェクトを幅広く展開。
役者として舞台に立ちながら開始した劇場ケータリング”劇場メシ”では、演者やスタッフを食で支える裏方の裏方として活動。生産現場にも足を運び、土を耕し自ら収穫して料理をつくる体育会系ライター。
動画作成チーム”ButterToast”ではシナリオも担当。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美