【徹底解剖】ブランド米「龍の瞳」の魅力を、お米のプロに聞いてきました!

龍の瞳は「いのちの壱」という品種の最高級ブランドのお米。大きな粒が特徴で、甘みと香りが強く、冷めても美味しいお米です。龍の瞳を材料にしたお酒も販売されており、下呂市のふるさと納税の返礼品としても採用されています。口コミで評判のお米や、おいしい炊き方をご紹介します。


龍の瞳のパッケージ

お米好きの間で憧れのブランドと囁かれる「龍の瞳」。数多くのメディアに取り上げられ、知っている人も多いのでしょうか?今回はそんな龍の瞳の魅力を、編集部を飛び出して、お米のプロ「AKOMEYA TOKYO 銀座本店」さんにうかがいました!
※龍の瞳に関する監修は、㈱龍の瞳が行いました。

AKOMEYA TOKYO 銀座本店へ行ってきました!

AKOMEYA TOKYO 銀座本店
撮影:たべごと編集部
今回はお米を中心に取り扱うライフスタイルショップ「AKOMEYA TOKYO 銀座本店」の取材を敢行!
東京を中心に大阪、京都など計11店のお店を出店している話題のショップです。販売している商品はどれもセンスが良く、職人のこだわりが詰まったものばかり。

コンセプトは「お福分けのこころ」

AKOMEYA TOKYO 銀座本店 店内
撮影:たべごと編集部
AKOMEYA TOKYOのコンセプト「お福分けのこころ」の通り、ギフトにぴったりなラッピングサービスも行っており、筆者は自分用はもちろんちょっとした手みやげを買うのにも利用しています。おすすめはAKOMEYA TOKYOオリジナルの白だしです♪

■Information

AKOMEYA TOKYO 銀座本店
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座2-2-6
アクセス:銀座一丁目駅4番出口から徒歩2分
電話:03-6758-0270(店舗)、050-3184-0789(AKOMEYA厨房)
店舗営業時間:11:00~20:00(金・土・祝前日は~21:00)
AKOMEYA厨房営業時間:11:00~14:00(お昼の時間)、14:00~17:00(お茶の時間)、17:30~22:00(夜の時間)
定休日:無し

お話を伺ったのは…

AKOMEYA TOKYO 銀座本店店長 木村さん
撮影:たべごと編集部
今回お話をうかがったのはAKOMEYA TOKYO 銀座本店店長の木村さん。
「お米を中心に日本の食文化にスポットをあてる」というAKOMEYA TOKYOのコンセプトに惹かれ、入社。
全くお米の知識が無いところからスタートし、今ではAKOMEYA TOKYO独自で選定している「AKOMEYAお米コンシェルジュ」のお一人でもあります。
お米コンシェルジュはAKOMEYA TOKYO店舗スタッフでも現在5人しかいない、狭き門。銀座本店に訪問した際は、ぜひ木村さんにお米のことについて聞いてみてください!

龍の瞳とは?いのちの壱との違いは?

竜の瞳の特徴
撮影:たべごと編集部
まずは「龍の瞳」について詳しく知っておきましょう。お米の特徴や産地、ほかのお米とどんな違いがあるのかを解説します。

龍の瞳ってどんなお米?

龍の瞳をお米の品種と勘違いしている人が多いのですが、龍の瞳は実は商品名なんです。

となると「龍の瞳の品種は…?」と思いますよね。そう、それこそが「いのちの壱」です。どちらも㈱龍の瞳の今井隆さんが名付け親で、公式には原種の管理をしている㈱龍の瞳でしか取り扱っていないという貴重なお米です。

龍の瞳の最大の特徴は粒の大きさで、コシヒカリのおよそ1.5倍もの大粒。味は、コシヒカリに負けず劣らずの甘みがあり、粘りや弾力などもしっかりめ。栽培法にもこだわっており、有機肥料を使った低農薬もしくは農薬不使用(栽培期間中のみ)の、国内で選ばれた農家によって作られています。

AKOMEYA TOKYOからひとこと!
龍の瞳は「いのちの壱(いち)」という品種のなかでも、最高級といわれるお米のブランドです。


龍の瞳の産地

出典:写真AC
龍の瞳は、2000年に岐阜県の下呂市で水稲農家の今井隆さんによって発見されました。下呂市といえば日本三名泉でもおなじみの「下呂温泉」で有名ですよね。下呂市は山に囲まれているため昼と夜の寒暖差が激しく、日本アルプスからの良質な水が豊富であることからおいしいお米が育ちやすい地域です。

現在では、契約農家により岐阜県を中心に栽培されていますが、産地によって表記が異なります。
産地表記 生産地
 飛騨産  飛騨地域(岐阜県飛騨市・高山市・下呂市)
 岐阜県産  岐阜県内の飛騨地域を除いた地域
 栃木県産  栃木県(有機栽培)

龍の瞳の値段は?

龍の瞳は生産地や栽培方法によって値段が異なりますが、一般的な相場は2kgで2,000~4,000円、5kgで5,000~7,000円となっています。精白米はもちろん、有機JAS米や玄米、特別栽培米など、種類も豊富です。

龍の瞳の特徴

竜の瞳 サイズ比較
撮影・図:たべごと編集部
米の歴史のなかでも奇跡的な発見といわれる「龍の瞳」。その見た目や味の特徴を見ていきましょう。

龍の瞳は見てすぐにわかるほどの大粒

普通、お米の粒の大きさを比べても、よ~く観察しないとサイズ感を見極めるのは難しいですよね。しかし、龍の瞳は大粒であることがパッと見ただけでわかるほどに大粒で、ころんと丸みを帯びた粒が特徴です。

AKOMEYA TOKYOからひとこと!
一般的なお米よりも粒がかなり大きく、食べごたえのある品種なんですよ!


龍の瞳は甘み・香り・粘りが強い

龍の瞳はコシヒカリの特徴を持っているため、甘み・香り・粘りが強いお米に仕上がっています。
冷めても固くなりにくく、そのまま食べておいしいのはもちろんお弁当にもピッタリです。

AKOMEYA TOKYOからひとこと!
食感はもっちりとやわらかく、お米の味が好きな人におすすめです。


龍の瞳はどこで買える?

稲穂
出典:Pixabay
消費者やプロからも好評価を得ている「龍の瞳」ですが、厳しい基準を守って栽培されるので、流通量が多くありません。そのため、龍の瞳を手に入れるには以下の方法がおすすめです。

通販や販売店で

龍の瞳を手軽に購入するなら、オンラインショップを利用しましょう。㈱龍の瞳の公式ショップはもちろんのこと、大手通販サイトAmazonや楽天市場のほか、お米を専門に扱うネットショップでも取り扱いがあります。通販を利用して龍の瞳を買う際は、株式会社龍の瞳公認の特約店を選ぶのが吉です。

ふるさと納税でも

通販以外にも、ふるさと納税をすることで返礼品として龍の瞳を受け取ることができます。
ITEM
2019年新米 龍の瞳 2kg
・産地:岐阜県飛騨地域
・産年:2019年
・容量:2kg
・精米年月日:注文後精米

2019年!龍の瞳の新米(白米・玄米)を特約店で予約・購入しよう

新米の龍の瞳は格別!10月半ばから発送が始まるオンラインショップが多いので、要チェックです。

1. 白米 3kg

ITEM
龍の瞳 新米 3kg
・産地:岐阜県飛騨地域
・容量:3kg

本当はレビューを書きたくない(=ひとには教えたくない)くらいこっそり1人で食べていたいほどのおいしいお米です。生産量が少ないのか、なかなか手に入れ辛い印象があります。お祝い事の贈り物でした。先様にも大変喜ばれて満足してます。


2. 白米 5kg

ITEM
龍の瞳 新米 5kg
・産地:岐阜県飛騨地域
・容量:5kg

3. 白米 10kg

ITEM
龍の瞳 新米 10kg
・産地:岐阜県飛騨地域
・容量:10kg

玄米はAKOMEYA TOKYOでは玄米の購入も可能!

撮影:たべごと編集部
AKOMEYA TOKYO銀座本店では全国各地で栽培されているお米を量り売りで1kgから購入することが可能!
取り扱っているお米は、白米はもちろん玄米でも購入することができるので「龍の瞳を玄米で食べてみたい!」「家で精米したものを食べたい!」という人は行ってみてくださいね。
AKOMEYA TOKYOオンラインショップ

玄米についてはこちらの記事もチェック!


龍の瞳で作ったお酒も

米酒のイメージ
出典:写真AC
お米がとれて水も豊富にある場所では、おいしいお酒も作られることが多いです。条件に恵まれた岐阜県下呂市には、龍の瞳を使ったお酒がいくつかありますので紹介します。

焼酎

200本限定!龍の瞳の素材を最大限に活用

龍の瞳の素材を生かし「減圧式蒸留」という方法で作った、角の無い甘みのある焼酎。雑味が少なく飲みやすく、米焼酎本来の香りが楽しめるのが特徴です。ロックかお湯割りがおすすめです!
ITEM
龍の瞳 焼酎原酒 720ml
・内容量:720ml
・アルコール度数:42度

飛騨の天然水仕込み

龍の瞳を100%使用し、飛騨のミネラル豊富な天然水で仕込んだ焼酎。まさに龍の瞳といったような、黄こうじ特有の香り高い風味とコクのある味がします。おすすめの飲み方はロックです!
ITEM
龍の瞳 焼酎 300ml
・内容量:300ml
・アルコール度数:25度

ITEM
龍の瞳 焼酎 720ml
・内容量:720ml
・アルコール度数:25度

ほかの焼酎についてはこちらをチェック


どぶ酒

アルコールに弱い人におすすめ!

炊き上げた龍の瞳に、米こうじや酒粕に残る酵母などを加えて発酵させた、どぶ酒です。どぶろくが流行中なので、ほかのものと飲み比べしても楽しいですね。
ITEM
どぶ酒
・内容量:670ml
・アルコール度数:13度

いくら旨くても毎日同じ酒だと飽きますよね。そんな時これで一寸気分転換してみるのも良いんじゃないでしょうか?
旨いから言えるんですけどね。是非一度お試しを・・・


どぶろくについてはこちらの記事をチェック!


龍の瞳のおいしい炊き方

土鍋で米を炊くイメージ
出典:写真AC
龍の瞳は栽培方法にこだわって作られたおいしいお米ではありますが、炊き方によって味が左右されます。
吸水性が高いため、新米はほとんど浸水がいりません。春になったら少しずつ浸漬時間を延ばしていきますが、夏過ぎでも8分程度の浸漬でおいしく食べられます。

龍の瞳公式サイト「龍の瞳の炊き方と保管など

龍の瞳のおすすめの食べ方!

炊きたてのごはんイメージ
出典:PIXTA
ここでは龍の瞳のおすすめの食べ方をご紹介します!お米自体がとてもおいしいので、基本的にはシンプルに食べるのがおすすめです。

やっぱりそのままがおいしい

もっちりとした食感、芳醇な香り、甘み、すべてをあますことなく感じることができるのが、白米の状態!お米本来のおいしさを発見できますよ。

AKOMEYA TOKYOから一言!
AKOMEYA TOKYOでおすすめしているのはお米を「そのまま」味わうこと。特に新米の時期はぜひ炊き立てをそのまま食べてみてください。合わせるおかずは洋食などの味が強いものでも負けません。


飛騨といえば「飛騨牛」

飛騨といえばブランド牛「飛騨牛」をイメージする人も多いのではないでしょうか。ステーキや飛騨高山地方の郷土料理、朴葉味噌(ほおばみそ)が有名ですが、飛騨牛をカジュアルに味わえるこんな食品も。
ITEM
ご飯にかける飛騨牛 ハンバ具ー
食べるラー油と同じような感覚で、ご飯に乗せて食べるタイプのご飯のお供。調理の手間もなく、子どもにも大人にも人気。

・味:プレーン、ポン酢風味、カレー風味

岐阜県ご当地グルメ「あげづけ」

どの地方にも必ずその土地ならではのご飯のお供があると思いますが、岐阜県のご飯のお供といえば「あげづけ」です。大豆から作ったお揚げ(油揚げ)を出汁につけて味付けしたもの。そのままでもおいしく食べられますが、炙ってしょうゆを少したらして食べるのがおすすめだそう。かなりのローカルフードなので、ほかの都道府県にはなかなか出回りません。
ITEM
あげづけ ぎせい焼 飛騨の祭りごっつぉ(ごちそう)セットA
岐阜県のご当地グルメの詰め合わせ。あげづけはもちろん、かまぼこや煮いかなどおかずになる食材も丸っとセットになっています。龍の瞳と一緒に飛騨グルメを堪能してください。

・セット内容:あげづけ2パック、ぎせい焼き1パック、梅かま赤巻きかまぼこ1本、特大煮いか2杯、こもどうふ味付け1パック

奇跡のお米「龍の瞳」は希少で高評価

お米と稲穂
出典:PIXTA
岐阜県下呂市で生まれた龍の瞳はプロからも消費者からも高い評価を受け、注目を集めているお米です。しかしこだわりの栽培方法で生産量が少なく希少ないため、入手が困難かつ高価。新鮮な状態のお米をお得に買うためにも、新米は早めにチェックするのがおすすめです!

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
たべごと編集部
たべごと編集部

全国各地の特産品・お酒・伝統工芸品などの他にも、こだわりのキッチン用品、大切な人に送るギフトセット、家族で楽しめるイベント情報、食材の歴史やおいしい食べ方など、「まるごと楽しむ、日本の食 」をキャッチコピーに、食に関わる情報を幅広くお届けしています。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美