コーヒーから塩胡椒まで!プジョーミルで挽きたての香りを楽しむ

車で有名なプジョーはキッチンツールのミルづくりから始まりました。実は歴史の長いプジョーミルはコーヒー・塩胡椒・香辛料等いろいろな食材を挽くのに重宝します。電動製品をはじめ人気のセット商品や使い方も紹介。挽き立ての香りを楽しみましょう!


ペッパーミル ソルトミル

車の名前として知られているプジョーは、世界中のレストランや家庭で使われているミルの代名詞でもあります。むしろ料理をする人にとっては、プジョーと言えば「ミル」というイメージの方が強いかもしれません。ミルはコーヒー豆やスパイス、塩などをその場で挽くことができる調理器具。料理をおいしく演出するキッチンツールとして重宝している人も多いでしょう。今回は、自動車でも有名なプジョーのバリエーション豊富なミルを紹介します。

始まりはコーヒーミル。その後自動車もつくったプジョーの歴史

プジョー自動車
出典:Pixabay
ライオンのエンブレムが特徴のプジョーですが、自動車の第一号が完成したのはコーヒーミルやペッパーミルよりも後のこと。元々粉挽き業を営んでいた先祖の製粉所を製鋼作業所に改造し、工業製品メーカーとしてバネなどをつくることから始まりました。その後、斧やノコギリなどの大工道具、農業用品を造る事業へと発展し、家庭用コーヒーミルの生産がきっかけとなって、後のプジョーミルを構成する独自のグラインダーが生み出されました。
今はフランス東部にあるカンジェー地域の工場でつくられているというプジョーミル。年間200万個以上が生産され、世界中の料理人に愛されています。

使うときに挽くから粉末調味料よりおいしく仕上がるプジョーミル

胡椒の上に乗ったミル
出典:Pixabay
ミルはホール状・種子状・粒状の素材を挽いて粉末にする道具。必要なときに必要な分だけ、または食べる直前に挽き立てを味わうので、新鮮な香りと風味で料理を引き立たせてくれます。また。ひいた胡椒や塩はお皿の中の見栄えにも影響する料理の立役者。どんなミルを使うかによってその仕上がりを左右することも。一皿の細部までこだわる一流の料理人に認められたプジョーのミルにはどのような魅力があるのでしょう?

プジョーミルが世界中で愛されている理由

プジョーミルはそのデザイン性の高さもさることながら、グラインダー(刃)が優れていることが世界中にファンを持つ一番の理由でしょう。工業製品メーカーとして当初から金属や刃物を取り扱ってきたプジョーだからこそ、最高品質と名高いグラインダー構造のペッパーミルをつくることができたのだと言えますね。

プジョーミルは種類が豊富!購入時の選び方は?

プジョーミル ステンレス プジョーミルは、手動式(木製、アクリル/ステンレス)と電動式があり、その中でもさらにデザイン、グラインダー(刃)の違いで用途や好みが分かれます。スパイスや塩の挽き方がそれぞれ異なるので、購入時まずは手動式がいいか電動式がいいかを考えてみると良いでしょう。次に機能やデザインで好みのミルを見つけてみてください。木製のプジョーミルはペッパーミルとソルトミルが色違いであるのでセットでそろえてもおしゃれです!
→プジョーミルをデザインで選ぶならおすすめはこれ!

プジョーミルをデザインで選ぶならおすすめはこれ!

棚に並んだいろいろなプジョーミル プジョーのミルはデザインが豊富!どの種類を使っても性能と機能は確かなので、挽き方へのこだわりが強くなければ、色と形で選ぶのも良いでしょう。

木製(パリ ユーセレクト ブラン)

木製ミルの中でも「パリ ユーセレクト」は手なじみが良く挽きやすさに定評があります。軽い力でひくことができ、挽き方の細かさを6段階に調整できるのも特徴。色は白木・チョコレート・ノワール・ルージュ・ステンレス・ブランの6種類。中でもブランは在庫限りで終売(※2019年10月22日現在、公式HPより)となるため、早めにゲットしておきたいカラー。
ITEM
ペッパーミル パリ ユーセレクト ブラン
・サイズ:直径5.5×高さ12cm
・サイズ展開:12cm/18cm

使ってみた人の口コミ

いつも食べてる胡椒の香りが全然違う!挽きの粗さも自由自在、全然高い買い物じゃなかったのに、安いものをいくつも買っては捨ての連続、早く出会いたかった。(出典:Amazon)

ステンレス製

伝統的な木製のミルも良いですが、デザインではステンレス製もおすすめ。ステンレスは油汚れに強いので、料理の下ごしらえ中に食材を触った手でミルを挽いたとしても後片付けが楽なのがポイント。高級感のあるシルバーは食卓に置いても華やかです。
ITEM
ペッパーミル ステンレス
・サイズ:直径5.9×高さ18cm
・サイズ展開:10cm/18cm/22cm

使ってみた人の口コミ

届いたときは少し大きいかな、と思いましたが(18cm)、このサイズが握りやすく使いやすいので正解だったと思います。歯の部分の錆び防止のため、水洗いできませんが、ボディ部分はステンレス製なので油汚れが染みになる心配もありません。木製の風合いも素敵だと思いましたが、ステンレスはステンレスで素敵です。(出典:Amazon)

アクリル製(バルティック)

涼やかでクリアな見た目は食卓に置きたいインテリア・デザイン。プジョーミル中では珍しいスクエア型で、サイズも8cmと小さいのもかわいいと評判です。サイズが小さいので食卓へ出したままにしても邪魔になりません。ペッパーミル、ソルトミルをおそろいで!
ITEM
ソルトミル アクリル バルティック
・サイズ:直径5.8×高さ8cm
・サイズ展開:8cm
※粒の大きさが2mm~5mmのクリスタルソルト専用
※海塩、ピンク岩塩は使用できません

ITEM
ペッパーミル アクリル バルティック
・サイズ:直径5.8×高さ8cm
・サイズ展開:8cm

使ってみた人の口コミ

いきつけのカフェで見つけました。想像してたよりも高級感あります。キランとしてます。リビングが落ち着いた雰囲気に。(出典:Amazon)

電動式プジョーミルを選ぶならおすすめはこれ!

肉にペッパーミルで胡椒をかける 電動式なら調理中に手がふさがっていてもスパイスや塩が挽きやすくて便利!豆電球付きで調理中の手元を明るくしてくれる種類など多機能さも魅力です。電動式は主にキッチンで使うことが多いかと思いますが、サイズが14cmのデザインもあり自立するので食卓と併用してもいいですね。

電動ミル(ゼフィア)

高さ14cmのコンパクトサイズで場所を取りません。持ち手はラバー樹脂製なので調理中に使っても滑りにくくなっています。ペッパーミルのグラインダー(刃)は鉄製、ソルトミルはステンレス製と素材によってグラインダー が異なるこだわりのミル。
ITEM
電動ペッパーミル ゼフィア
・サイズ:直径5.6×高さ14cm
・サイズ展開:14cm
・その他:単4電池4本必要

使ってみた人の口コミ

電動ミルがほしくて探しました。ライトがつくタイプの商品が多い中、シンプルな機能のみでよかったのでこちらを購入しました。高さが低めなのでふとした所においてもパタパタ倒れることもありません。それだけでもストレスが非常に少ないです。(出典:Amazon)

電動ミル(アラスカ)

「アラスカ」にはミル使用中にライトが点灯する機能があります。筒型のシンプルなデザインで、スパイスの残量もわかりやすい。カラーはホワイトの他にブラックも。好みに合わせて選んでください!
ITEM
電動ペッパーミル アラスカ
・サイズ:直径5.5×高さ17cm
・サイズ展開:17cm

使ってみた人の口コミ

ペッパーミルを使ってます。卓上に置いた時のデザイン性とライトで今どれだけ出ているかが分かり使いやすいです。(出典:Amazon)

使い方いろいろ!挽き加減を調整できるプジョーミルはどれ?

胡椒を挽いてるプジョーミル
出典:Pixabay
デザインや使いやすさ、機能もミルを選ぶ上では大事な要素ですが、料理好きならやっぱりスパイスや塩の挽き加減を料理に合わせて調整できるとうれしいですよね。細かめから粗めまで、挽き方を選べるプジョーミルを紹介します。

手動ミル(パリ ユーセレクト)

数あるプジョーミルのデザイン中でも「パリ ユーセレクト」は一番プジョーミルらしい形と言っても良いでしょう。デザインで選ぶならカラーは「ブラン」がおすすめですが、白木も人気があります。木製なので使っているうちにどんどん手になじんで味わい深く変化するのも、このキッチンツールを持つ楽しみの一つ。スパイスの挽き加減は6段階で調整できます。
ITEM
ペッパーミル(パリ ユー セレクト)

使ってみた人の口コミ

ペッパーミルだけで良かったんですけどやはり並べて置きたくなり、ソルトミルも購入。
白木がめちゃ好みで可愛すぎるー
ペッパーをユーセレクトにしたので、こちらもユーセレクト機能付にしましたがいつも塩は粒細かめを使うことが多いので見た目的には統一感ありますが、なくても良かったかも。(出典:Amazon)

手動ミル(フィジー)

上のネジを調節することで、パウダー状から粗め・粒大きめまで自在に挽き具合を変えることできます。料理に合わせてスパイスの食感を残したり、香りや風味付けに使用するなど、このミル一つでレシピにアレンジが増えます。木製のボディにステンレスのふたもおしゃれ。サイズは12cm〜20cmまで展開していますが、うち20cmは在庫限りなのでご注意を。
ITEM
ペッパーミル フィジー
・サイズ:直径4.5×高さ12cm
・サイズ展開:12cm/15cm/20cm
※20cmは在庫限り終売

手動ミル(ザンジバル)

「パリ ユーセレクト」同様の機能で、スパイスの挽き加減を好みに合わせて6段階まで調整できます。キッチンツールをスタイリッシュにコーディネートしたい人におすすめのミル。
ITEM
ペッパーミル ザンジバル ユーセレクト機能付き
・サイズ:直径6.0×高さ12cm
・サイズ展開:12cm

電動ミル(エリス センス)

タッチセンサーが付いているので、ミルの上部と側面に触れると稼働する仕組みになっています。スパイスの挽き加減は6段階に調整可能。ステンレス素材なので汚れも拭き取りやすいでしょう。シンプルな見た目もセンス良く使えて飽きのこないデザインです。
ITEM
電動ペッパーミル エリスセンス
・サイズ:直径5.4×高さ20cm
・サイズ展開:20cm
・その他:単4電池6本が必要

使ってみた人の口コミ

粗さも好みに設定出来るし使いやすいし素晴らしいです。ミルにはそれぞれ単4電池が6本必要ですが、ちゃんと12本付属していました。
トレイも入っているのもとても良かったです。確かに少し重いとは思いますが、長時間使うものではないのであまり気にならないです。(出典:Amazon)

 

→プジョーミルは他のミルと比較してどう違う?

プジョーミルは他のミルと比較してどう違う?

ペッパーミルを挽く
撮影:たべごと編集部
プジョーミルはグラインダーが2重らせん構造になっているのが特徴。らせん状の刃が2枚重なった状態になっていることで、大きさにバラつきなく均一にスパイスや塩を挽けることが何よりの魅力です。通常は刃の枚数が多いとその分ミルを回すのに力が必要となるはずですが、プジョーミルは軽い力だけで、しかも一度にたくさん挽けるためストレスなく調理が進みます。料理人だけでなく家庭でも幅広く支持されているのも納得でしょう。プジョーミルの魅力は、一度使ってみるとわかるはず!

ペッパーミル比較調査!プジョー・ 100均・ニトリの使い心地検証

プジョー・ 100均・ニトリのミル
撮影:たべごと編集部
たべごと編集部では以前、プジョー・ 100均・ニトリのペッパーミルを実際に使ってみて、その「挽き心地(力加減)」「挽いた胡椒の均一さ(粒のバランス)」「一回で出る胡椒の量」を調査してみました。結果はプジョーミルが圧勝!

詳細はペッパーミル比較記事で確認してみてください!


セットで買うならトレイも一緒に購入しよう!

ミルとトレイのセット
出典:写真AC
プジョーミルをペッパーとソルトでそろえるならトレイも一緒に購入してみてはいかがでしょう?トレイは食卓のコーディネートとしてだけでなく、掃除もしやすくしてくれます。
ミルはグラインダーの側面をテーブルやキッチン台に面して置くため、挽いたあとに残ったスパイスが落ちてくることは多いでしょう。気になるときは毎回掃除をすることも方法の一つですが、トレイがあればテーブルや台の上に落ちるスパイスをいちいち気にしなくて済みます。掃除もトレイを洗い流せばOKなので簡単です。
ITEM
プジョーミル アクリルトレイ
・サイズ:幅19×奥行き9.5×高さ15cm

使ってみた人の口コミ

このうえにステンレスのミルを置いて、テーブルで使ってます。スッキリまとまりますし、美しいですよ。(出典:Amazon)

ITEM
プジョーミル トレイ 木製/ステンレススチール
・サイズ:幅20.4×奥行き10.8×高さ3.6cm

使ってみた人の口コミ

自身はゼリのミルぺッパーソルトしか持っていないですが、ゼリにはアクリルトレイより木製ステンレスの方が収まりがかなり良いです。木製ステンの方が値段的にもですが、やはり高級感・収まりがしっくりきました♪(出典:Amazon)

プジョーミルは修理できる?お手入れ方法について

ペッパーミル
出典:写真AC
ミルはホール状のスパイスや塩などを砕いたりすり潰す道具なので、使用しているうちにどうしても破片や粒が中で詰まってしまいます。スパイスのかけらをそのままにしてミルを使い続けると、故障などの原因にもつながる恐れがあるため、定期的にお手入れをすることが重要です。
愛用しているプジョーミルが壊れたとしても、メーカーでも基本的には修理を行なっていないようなので、できるだけ日々のメンテナンスでミルのコンディションを整えてあげましょう。

ミルのお手入れ方法1:水洗いは厳禁

基本的にはステンレス製を含めて、素材に関わらず水洗いは厳禁。お手入れには乾いた柔らかい布を使って汚れを拭き取るようにします。木製ミルは油汚れなどが染み込んでしまうため、程度によってはベタつきが残ってしまうケースも。汚れるのが気になる人は、食卓には木製のミル、キッチンにはステンレス製のミルと使い分けると良いでしょう。

ミルのお手入れ方法2:グラインダーと内部のお手入れ

グラインダー(刃)の間に詰まったスパイスを取り除くには、ミルを分解しなければなりません。
まずはミルのグラインダー側にあるパーツをドライバーで外して刃を露出させます。きれいなブラシや綿棒などを使って、刃やミルの内側に残ったスパイスを取り除きます。ただし注意したいのは、分解したミルを元に戻せなくなったとしても、修理に出すことができません。どこにどの部品がついていたか、忘れないようにしながらお手入れするようにしましょう!
ITEM
EcloudShop グラインダークリーニングブラシ(コーヒー用)
・サイズ:全長18.5×幅1.7cm

使ってみた人の口コミ

値段の割に使いやすく、問題なく使えています。毛抜けもありませんし掃け具合も問題ありません。匂いも特に気にするほどではないです。ただ、郵送時の包装は簡易でしたので、衛生面で気にされる方は要注意ですね。(出典:Amazon)

プジョーミルを店舗で買いたい!販売店はどこ?

たくさんのアクリル製ミル
出典:Pixabay
プジョーはフランスのメーカーで日本ではミルを取り扱う直営店はないようです。(車を販売する直営店はあって、キャンペーンなどでプジョーミルを配ることもあるらしいです。)
もし、実際に手触りを確認してから購入したいという場合は、プジョーミルを取り扱っている販売店舗でチェックしてみましょう。公式HPでは、全国の東急ハンズやF.O.B. COOPなどで取り扱っているという情報が記載されています。全ての種類のミルを販売しているわけではないので、店頭にないデザインは通販で購入することになりそうです。
◎プジョーミルの販売店舗はこちらからチェック!

挽きたての香りが楽しめるのがミルの魅力!

キャベツとトマトのパスタにミルで胡椒をかける
出典:写真AC
プジョーはグラインダー構造のミルを開発した元祖メーカー。フランスで生まれた伝統と歴史のあるミルは、現代も変わらず世界各国でたくさんの人に愛され使い続けられています。挽きたてのスパイスは、料理をより一層おいしくしてくれる魔法のアイテム。仕上げにちょっと挽くだけで、香り豊かな食卓に変身します。「粉末調味料でもいいや!」なんて言わず、ミルにもこだわってみませんか?

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
番匠郁
番匠郁

ライター時々料理人

道産子と九州男児のハーフ。関西弁、大分弁、金沢弁を話すトライリンガル。
アーティスト山村幸則氏の作品制作に携わったことをきっかけに、働き方や住む場所に捉われない生き方を模索するようになる。
コミュニケーションアートを通してまちづくりに関わるなか、「人の集まる場所には食がある」ことに気がつき、以来、食を媒介した街・人・アートの仲立ちプロジェクトを幅広く展開。
役者として舞台に立ちながら開始した劇場ケータリング”劇場メシ”では、演者やスタッフを食で支える裏方の裏方として活動。生産現場にも足を運び、土を耕し自ら収穫して料理をつくる体育会系ライター。
動画作成チーム”ButterToast”ではシナリオも担当。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美