一度食べたら病みつきになる盛岡冷麺の魅力とは?気になるカロリーや簡単レシピまで

盛岡冷麺は、わんこそばやじゃじゃ麺と並ぶ岩手県盛岡市の名物麺料理の一つ。ここでは、盛岡冷麺の発祥やカロリーなどの基本情報はもちろん、レシピや通販で買えるおすすめ冷麺などもご紹介!本場盛岡で人気のぴょんぴょん舎、食道園、ヤマト、盛楼閣などについても徹底解説!


出典:PIXTA
素材をじっくり煮込んだうまみたっぷりのスープ、歯ごたえ抜群の透明麺、自家製キムチなど、一度食べたら病みつきになる人が多い「盛岡冷麺」。わんこそば、じゃじゃ麺と並び盛岡の三大麺に数えられます。
ここではそんな魅力たっぷりな盛岡冷麺の発祥や通販で買えるおすすめ冷麺、本場盛岡の人気冷麺店を紹介するので、最後まで楽しんで読んでみてくださいね♪

盛岡冷麺の発祥は?

出典:写真AC
盛岡冷麺は、朝鮮半島の咸興(ハムフン)出身の青木輝人氏が、1954年にふるさとに伝わる咸興冷麺と平壌冷麺を融合させ、創作したのが始まりとされています。
当時は、麺が噛み切りにくく「ゴムのような麺」などともいわれていましたが、日本人の舌に合うように改良を重ねた結果、徐々に盛岡に定着。
2000年には、国から名産・特産と認定され、名実共に盛岡を代表する食べ物となっています。

盛岡冷麺の一食あたりのカロリーは?

スープもあっさりしていて、麺も軽い盛岡冷麺。実は結構な高カロリーだと知っていましたか?
一般的な盛岡冷麺のカロリーは400Kcalで、ラーメン一食分とほとんど変わりません。カロリーが高い理由は、麺の原料に小麦粉とじゃがいもデンプンを使っているから。
口当たりがよいためつい食べすぎてしまいますが、ダイエット中の方はくれぐれもご注意を!

通販で買える盛岡冷麺おすすめ5選

メディアでも紹介された岩手県民の熱愛グルメ

ITEM
戸田久盛岡冷麺
麺、スープ、キムチがセットになった生麺タイプ。口コミでも「しっかりとしたコシがあり食べごたえ抜群。夏でも手軽に食べれる」と高評価が目立ちます。

・内容量:2食(麺・スープ)

冷麺が大好きで色々食べ比べてみましたが、麺、スープ、価格、総合すると私のナンバー1冷麺です。
10パック買っても直ぐ無くなる程のペースで食べてしまいます。
今回は2箱買おうと思います。リピ3回目です。


具入りだから本格的な盛岡冷麺が即完成

ITEM
本場盛岡冷麺 化粧箱入りセット
カクテキ、くんせい卵、チャーシューなど必要な具材が全て入っているので、これ一つで本格的な盛岡冷麺が楽しめます。化粧箱入なので、大切な人へのプレゼントにしても◎

・内容量:2食 (麺、スープ、カクテキ、くんせい卵、辛み、酢)

人気冷麺店の味をご自宅で!

ITEM
ぴょんぴょん舎 盛岡冷麺スペシャル
全国規模でお店を展開する「ぴょんぴょん舎」の冷麺を自宅で再現できます!4食分入っているので、ご家族で老舗の味を楽しめますよ♪

・内容量:4食セット(麺、スープ、キムチ、牛味付肉、甘酢きゅうり、ゆで卵、酢、ゴマ)

とにかくおいしい!冷麺の概念を覆すおいしさ。



今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
たべごと編集部
たべごと編集部

全国各地の特産品・お酒・伝統工芸品などの他にも、こだわりのキッチン用品、大切な人に送るギフトセット、家族で楽しめるイベント情報、食材の歴史やおいしい食べ方など、「まるごと楽しむ、日本の食 」をキャッチコピーに、食に関わる情報を幅広くお届けしています。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美