ガラスや陶器のおしゃれな【醤油差し】で食卓に添えるささやかな彩り

醤油差しは食卓の小さなインテリアですが、デザインに惹かれて購入したものの、使ってみると液だれが…という経験はないでしょうか?陶器やガラス製のこだわり品から魚型でお馴染みのお弁当用まで、おしゃれで液だれしないおすすめ醤油差しを紹介します。


出典:PIXTA
以前我が家にあった醤油差しは「SOY」とボトルいっぱいにデザインされたもので、割と気に入っていたものの液だれがひどく使うのをやめてしまった思い出があります。筆者のように過去に液だれに悩まされた方は、同じように醤油差しを使わなくなった人もいるかと思います。しかし、醤油差しはあるとやっぱり便利で、ボトルから直接かけるよりも食事がおいしく感じられます。食卓の小さなインテリアとして、また食事をおいしくするアイテムとして、今回はデザインや機能性に妥協しないとっておきの醤油差しを紹介します。

デザインのおしゃれさ?機能性?醤油差しはどうやって選ぶ?

細部にもこだわりのテーブルコーディネートを!

出典:写真AC
最近は、女子会やママ友会など自宅に友人を招いてホームパーティーを開く機会が増え、家族以外のメンバーで食卓を囲むことも多くなりました。気合いを入れて用意するごちそうだから「盛り付ける器にもこだわる」という人は多いでしょう。しかし醤油などの調味料は、意外とボトルから直接かけているということも。食事のメインは料理とドリンクでも、せっかくなら細部にまでこだわって、差のつくテーブルコーディネートを完成させましょう!

おしゃれでデザイン性に優れたものが人気?

出典:PIXTA
醤油差しを選ぶときの条件として、やはり「おしゃれでデザイン性に優れたもの」の人気が高いようです。ガラス素材なら美しく、陶器なら色合いが艶やかなど、素材によっても印象は異なります。食事のときに食卓に乗せるものなので、インテリアとしての一面だけでなく料理をよりおいしく見せる効果があるものを選びたいですね。くびれのあるスマートなものや丸みのあるものなど形や大きさもさまざまなので、冷蔵庫に入りやすいかどうかや収納のしやすさも忘れずにチェックしてください。

機能性や価格も大事!

出典:PIXTA
たとえデザインが可愛くても液だれがひどかったり、使っているうちに漏れてくると、「使い勝手が悪い」と感じてしまうかもしれません。醤油差しを選ぶときは気に入ったデザインであることも大切ですが、機能性にも注目したいところ。ダイソーなどの100均でも性能が良いものはたくさんありますし、「お、ねだん以上。」でお馴染みのニトリも、コスパの良い商品を多くラインナップしています。『漏れない・使いやすい・可愛い!』と三拍子揃ったベストワンを選びましょう!

醤油差しの種類(タイプ)を紹介

スタンダードタイプ

出典:写真AC
容器を傾けると醤油が出てくるノーマルタイプ。定食屋さんでも馴染みの深い、赤い蓋でくびれのあるキッコーマンのガラス容器の醤油差しは、このスタンダードタイプです。うっかりかけすぎてしまったりと調整は難しいですが、スタンダードタイプは素材やデザインが豊富なので、気に入ったものを見つけやすいのがうれしい点。最近は蓋付きで酸化を防いだり、倒してもこぼれないように工夫されたものなどもラインナップされています。

プッシュタイプ

出典:写真AC
醤油差しの容器にボタンが付いていて、押して傾けると出てくるタイプ。ボタンを押す長さでかける醤油の量を調節することができます。プッシュタイプは、醤油を一滴ずつ出すこともできるため無駄がなく、最近では飲食店でもプッシュ式が使われていることを目にする機会は多いのではないでしょうか。また、ボタンを押さないと醤油が出てこないので、転倒しても溢れる心配がなく小さなお子さんがいる家庭でも安心です。

スプレータイプ

撮影:ばんしょうかおる
醤油をスプレーのように噴射することのできるタイプ。細かい粒子で醤油がかかるので、全体的にまんべんなく味をつけることができます。醤油がかかっているところとかかっていないところの差がなくなるので、調理段階で味つけをするのにも便利です。一度に使う量も少量で済むのでコスパ良く、掛けすぎないので減塩もできます。ノズル部分に醤油が詰まりやすいので小まめに手入れをしましょう。

これで食卓もおしゃれに!おすすめ醤油差し14選!



出典:PIXTA
食卓で毎日見るものだから、醤油差しだってデザインの可愛いものを選びたいですよね。ガラスに陶器、プラスチックなど、つくられている素材で印象はガラリと変わります。そして、液だれせずに醤油のおいしさを損なわないことなど、機能性も重要な要素。たかが醤油差し、されど醤油差し。思わず使いたくなるおすすめの醤油差しを紹介します。

液だれしない醤油差し

撮影:ばんしょうかおる
醤油差しを選ぶとき、多くの人が気にする「液だれ」。お手入れが大変だと、使うたびに掃除をしなくてはならずストレスですよね。なので醤油差しやテーブルの上の調味料入れは、「液だれしない・垂れないもの」を選ぶことが重要です。

注ぎ口の先端が尖った形状のデザインだと、醤油を注いだ後に持ち上げる動作で液だれの原因につながるようなので、注ぎ口が上向いているデザインを選ぶことで液だれを防ぐことポイント!また、注ぎ口に醤油が固まると液だれの原因になるため、少量ずつ醤油が落ちるタイプを選ぶことも液だれを防ぐ秘訣です。
ITEM
岩澤硝子 江戸前すり口醤油注ぎ(小)
・サイズ:4.9×4.9×8.7cm(1つ1つ手作りの為、寸法や重量などに若干の誤差があります)
・容量:50ml
・本体重量:約130g
・素材/材質:ソーダガラス

垂れないこと、小さいこと、最終的には価格とデザインで決めましたが本当に満足しています。満足しすぎて、お酢用にもう1つ追加で購入しました。本当にまったく垂れないし、なによりすごくかわいいです。醤油とお酢で2つ並んでいる姿は最高にかわいいです。


ITEM
プッシュ式醤油差し
・サイズ:4.9×10.2cm
・容量:80ml
・本体重量:119g
・素材/材質:ソーダガラス、蓋/AS樹脂、注ぎ口/18-8ステンレス鋼、パッキン/シリコン

醤油差しとして使っていますが液ダレ、液漏れしません 使用頻度の高くない我が家では80mlという小容量がちょうどいいです


ITEM
調味料入れ ドロップ ヌーバ
・サイズ:6.8×11.5cm(口径:4.4cm)
・容量:120ml
・本体重量:90g
・素材/材質:耐熱ガラス、注口:シリコーンゴム

醤油を入れるのに購入しました。形がとてもかわいく、持ちやすいです。注ぎ部分はシリコン素材で注ぎやすいです。なにより液だれがないところが良かったです。


シックにガラス素材で

ガラス素材の醤油差しなら、シックにも可憐にも、食卓を自在にコーディネートすることができます。中身が見えるので醤油の減りも一目瞭然。デザイン性に優れたものが多く、贈り物としても人気が高いです。

透明度の高いクリスタルガラスでつくられた「THE」の醤油差しは、どんな料理と並んでも「馴染みの良い」デザインが特徴。醤油差しらしさのあるフォルムは、レトロな懐かしさを残しながらも、ガラスの透明度が洗練された印象を与えてくれます。しかも醤油の切れも抜群!「世界一美しい醤油差し」です。
ITEM
The 醤油差し
・サイズ:(底面径)4.7×11.3cm
・容量:80ml
・素材/材質:ガラス製(クリスタルガラス)

お醤油さしをなんぼんかったかわかりません。デザインが昭和っぽいからどうかなと思いましたが、冷蔵庫でもとても馴染みますし、まったく液垂れせず、ストレスなく使用できます。ガラスが美しく、容量もジャストサイズで素晴らしかったです。


創業は1899年。現在の墨田区でガラスコップの製造から始まった廣田硝子は、ガラス製品づくりが機械化した戦後も、「人の感性に訴える、手になじむ”ぬくもり”のある製品を作っていきたい」 という思いのもと、一貫して手づくりでガラスをつくり続けている会社です。においや色が染み込みにくい・液だれしにくいことはもちろん、趣深いデザインが人気の醤油差しです。
ITEM
廣田硝子 復刻醤油差し(龍目)
・サイズ:(高さ)11.5cm
・本体重量:218g
・素材/材質:ソーダガラス

ずっと探していた醤油差し。大満足の逸品です。ガラスのカット、大きさ、持った感触など、言うことはありません。大切に使わせていただきます。


北海道小樽でつくられる北一硝子は、初代社長が薩摩キリコの発祥地である九州から北海道へ渡り、小樽で石油ランプの製造を始めましたことがきっかけで広まっていきました。今は小樽の文化として根付いた北一硝子 の醤油差しは、ガラス製品の美しさを伝えてくれるだけでなく、液だれしない・テーブルを汚さない醤油差しとしても評判です。可愛いので、見ているだけでも楽しい気持ちになります。
ITEM
北一硝子 ガラス醤油差し
・サイズ:6.5×10.0cm(Sサイズ)
・素材/材質:ガラス製品

想像通りの、期待を裏切らないです。持ちやすく、液漏れが一切なく、素晴らしくきれい!


陶器ならほっこり

ガラス製品と同じ割れ物ですが、味わいがまったく異なる素材の陶器。見た目のほっこり感と手に馴染むあたたかさも特徴的で、色と柄など、絵柄を楽しむデザインが多いです。器の好きな人は、ぜひ食器だけでなく醤油差しなどの調味料入れにも焼き物をチョイスしてみてください!

有田焼は佐賀県有田町と周辺地域でつくられている磁器。白磁に、藍色をはじめ赤・黄・金といった鮮やかな配色で色付けられるのが、焼き物としての特徴でしょう。硬さと丈夫さにも定評があります。地の色となる白磁がつややかで、食卓が雅な印象になります。
ITEM
有田焼 楽らく醤油さし
・サイズ:(直径)5.5×(高さ)9.0cm
・容量:100ml
・本体重量:100g

私はこのフォルムとデザインに一目ぼれしてしまいました。機能的には、使いやすいと思います。注ぐ際、斜めになったりブレたりせずしっかり持って、垂直のラインを意識してピコッとお辞儀させることで汚くなりませんよ!


長崎の波佐見町で焼かれる焼き物・波佐見焼。白山陶器は、400年以上の歴史がある波佐見焼を、デザインから製造まで手がける、波佐見町に本社のある陶器づくりの会社です。「白山陶器 G型しょうゆさし」は天目・白磁・鉄砂・ルリ・黄・グリーンの6種類があり、日本的な柔らかい色味が、料理のおいしさを引き出してくれる醤油差しです。

ITEM
波佐見焼 白山陶器 G型しょうゆさし
・サイズ:7.0x9.5cm
・本体重量:150g
・素材/材質:磁器

きれいなフォルムにより、食卓で精彩を放ちつつも、コンパクトで邪魔になりません。そして、こんなにシンプルな形状なのに、液だれしないところが、すばらしいです。



石川の伝統工芸である九谷焼。「呉須(ごす)」とよばれる黒色で先に線を描き、その後「五彩」とよばれる赤・黄・緑・紫・紺青の5色を使って、絵の具を厚く盛り上げて塗る彩法でつくられます。有田焼きと同じく、本焼きした陶磁器に釉薬を塗ってから絵付けを行うので、色が鮮やかなことが九谷焼の魅力の一つです。世界的にも有名な九谷焼の醤油差しで、食卓に賑やかをプラスしませんか?

ITEM
九谷焼 醤油差し
・サイズ:(直径)7.5×(高さ)7.0cm
・素材/材質:陶器

魚料理にも最適!必要な分だけプッシュ式

プッシュ式の良いところは、なんと言っても必要な分だけ醤油がかけられるところ!ボタンを押した分だけ醤油が出るのでかかりすぎることはありません。塩分の摂り過ぎが気になる人には、断然プッシュ式がおすすめです。醤油以外でも色々な調味料でかけすぎ防止ができるので、減塩効果はもちろん、調味料の節約にもつながります。機能性が重視されるので、どうしてもデザインは似たものが多くなりますが、蓋の色や形などで気に入ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

ITEM
プッシュワン 醤油さし
・サイズ:6.1×6.1×9.5cm
・本体重量:120g
・素材/材質:(本体/蓋)メタクリル樹脂 ボタン、パッキン:シリコーン樹脂 パイプ、ステンレススチール

容器を傾け、数回プッシュ…適度にお醤油が!減塩生活に最適ですね。



ITEM
プッシュ式 しょうゆ差し(S)
・サイズ:5.5×6×10cm
・容量:100ml
・本体重量:89g
・素材/材質:(本体)メタクリル樹脂、(蓋)シリコン樹脂、アダプタ/ABS樹脂

半年使ってみて、改めてこんなに使いやすい醤油差しは初めて!上部全体がシリコンで、使いたい量を力加減で調整できます。垂れないだけでなく、微量を調整できるから減塩にもなります。


スプレータイプは料理中にも便利



スプレータイプの醤油差しを使えば、料理にまんべんなく醤油をかけることができるので、調理中の味付けにもぴったり。もちろん醤油以外の調味料を入れても使えます。食品全体に醤油がかかると、同じ量でも「味がしっかりと付いた」と感じることが多いようです。塩分量にシビアな介護食や体調面で減塩したい人にはスプレータイプが良いかもしれません。噴射範囲の広さやスプレーの硬さによって押しやすさが違うようなので、いろいろな商品を試してみてください。紹介する「タニタ食堂」のスプレータイプは、1プッシュ0.1mlの醤油が出るので、プッシュ回数で量が管理できます。

ITEM
スプレータイプ 調味料入れ
・サイズ:4.1×4.1×13cm
・本体重量:99g
・1プッシュ:0.1ml
・素材/材質:ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリアセタール、ガラス

魚料理などに日本酒をさっと一拭きしたいのですが、今まではスプーンに入れては少しずつ垂らしていました。それだと毎回重たい日本酒のボトルを持たないといけないし、かかり具合にもムラができて不満でしたが、こちらのスプレーにしてからはストレスなく、気持ちのいいくらいシュッと一吹きで簡単に料理の下ごしらえができるので大活躍です。


新鮮!密封タイプ

食品である醤油は空気に触れると酸化して鮮度が落ちてしまいます。そこで、醤油の鮮度を守り最後の一滴までおいしく使用できるよう、密閉できる工夫がされた醤油差しも多く登場しています。「iwaki」の醤油差しは蓋付きなので、冷蔵庫に入れても注ぎ口が乾燥することなく、中身を極力外気に触れさせないようにデザインされています。蓋付きなので容器が倒れたときも掃除は最小限。密閉されているから醤油も長持ちするのでおすすめの商品です。

ITEM
iwaki 密閉醤油差し 120ml
・サイズ:(直径)5.3×(高さ)13.6cm
・容量:120ml
・本体重量:180g
・素材/材質:(本体)耐熱ガラス(蓋)ステンレス・ポリプロピレン

蓋もあり液垂れしなくて清潔的。瓶いっぱいに液体を入れて蓋だけを掴んで持ち上げても蓋が外れて落ちる事もなく、だからといって蓋が固く取りずらい事もなく、とてもバランスのいい力加減で素晴らしいです。


お弁当用の醤油差しはタレやソースにも活用

お弁当用の醤油差しと言えば、お寿司のパックなどの中で一度は見たことがある、魚の形の醤油差し(正式名称はランチャーム)を思い浮かべるかもしれませんが、基本的に使い捨てで業務用のため家庭で使うには量が多すぎるでしょう。
お弁当用にはキャラクターのついた可愛いボトルも売っています。味のアクセントとしてもお弁当箱の彩りのアクセントとしても使えるので、気になる人はチェックしてみてください。また醤油だけでなく、タレやソースなどの調味料入れにも大活躍!
ITEM
マヨネーズケース
・サイズ:4.4×3.1×2.5cm
・容量:15ml
・本体重量:7g
・素材/材質:(本体)ポリプロピレン

お弁当のおかずに直接ソースやマヨネーズをかけるのが嫌で購入。使いやすい大きさで、なによりも可愛いデザイン。


醤油差しはテーブルの上のワンポイント

出典:写真AC
醤油は日本の食卓には欠かせません。醤油差しを使うことで減塩しながら健康的によりおいしく食事ができるのなら、液だれして使うのを挫折してしまった人も、もう一度使い始めてみてもいいのではないでしょうか。インテリアのワンポイントにもなるので、ライフスタイルやテーブルの上の課題に合わせてお気に入りのものを選びましょう!Let’s醤油差し!

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
番匠郁
番匠郁

ライター時々料理人

道産子と九州男児のハーフ。関西弁、大分弁、金沢弁を話すトライリンガル。
アーティスト山村幸則氏の作品制作に携わったことをきっかけに、働き方や住む場所に捉われない生き方を模索するようになる。
コミュニケーションアートを通してまちづくりに関わるなか、「人の集まる場所には食がある」ことに気がつき、以来、食を媒介した街・人・アートの仲立ちプロジェクトを幅広く展開。
役者として舞台に立ちながら開始した劇場ケータリング”劇場メシ”では、演者やスタッフを食で支える裏方の裏方として活動。生産現場にも足を運び、土を耕し自ら収穫して料理をつくる体育会系ライター。
動画作成チーム”ButterToast”ではシナリオも担当。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美