熊本産ヘルシー和牛【あか牛】をお取り寄せ。部位別のおすすめ食べ方も!

熊本県・阿蘇の大地でのびのびと育てられる希少な国産和牛「あか牛(赤牛)」。上質な赤身肉は脂肪分が少なくヘルシーで、丼やステーキ、焼肉などさまざまなメニューで楽しむことができます。その魅力をお家でも堪能できるおすすめ通販商品や、部位ごとのおいしい食べ方をご紹介します。


今や海外からも大人気の「和牛」ですが、皆さんは「あか牛(赤牛)」という和牛を食べたことがありますか? 脂肪分が少ない上質な赤身肉が特長で、ヘルシー志向の方にも注目を浴びている希少なお肉。その贅沢な味わいをお家でも堪能できるおすすめ通販商品や、部位ごとのおいしい食べ方をご紹介します。

「あか牛(赤牛)」とは?

出典:写真AC
近年の赤身肉ブームで注目を浴びている「あか牛」は、4種類ある和牛のひとつ「褐毛和種(あかげわしゅ)」という品種で、牛の毛色も赤っぽい黄褐色をしています。名前は聞いたことがあるという人も多いかもしれませんが、スーパーなどで見かけることはなかなかありませんよね。それもそのはず、日本国内で生産されている和牛のうち、その約95%は「黒毛和種(くろげわしゅ)」が占めていて、褐毛和種の「あか牛」はたった1%! とっても希少な和牛なのです。

「あか牛」の産地は?

出典:キロクマ
もともと熊本県と高知県が主産地と言われる「あか牛」ですが、現在では熊本系のあか牛が、四国・東北・北海道などで広く飼育されています。特に熊本県では、馬肉と並ぶ地元の特産品として存在感を増してきており、観光客にも好評です。

約70%が熊本産。阿蘇の大草原でのびのびと放牧

「あか牛」全国1位の生産量を誇る熊本県のなかでも、最も有名な産地が、世界有数のカルデラ活火山を誇る阿蘇地域。四季折々の自然風景が広がり、ドライブコースとしても人気のエリアですが、車を走らせれば、草原に放牧されたあか牛たちが悠々と草を食む景観を目にすることができます。道路脇に「牛馬注意!」の標識が立てられているほど、自由に放牧されています。
高低差のある広大な大地を歩き回り、ストレスも少なく健康に育てられる阿蘇の「くまもとあか牛」。1日に40~50キロもの牧草や野草を食べ、成長すると700~800キロの体重に達します。のんびりと育てられるせいか、性格も温厚なのだとか。なんだかうらやましい環境です…。

「あか牛」を食べて環境保全!?

悠々自適ライフを送っているように見える阿蘇の「あか牛」たちですが、実はもうひとつの大事な任務を背負っています。彼らが草をたくさん食べることで草原の生態系が保たれ、荒地になるのを防いでいるのだそう。さらに、歩き回って草原を踏み固めることにより、斜面の崩落や土砂の流出の防止にもつながっていくのだとか。
つまり、私たちが「あか牛」をたくさん食べて消費が拡大すれば、繁殖も盛んになり、阿蘇の草原維持ひと役買うことができるというわけです。

「あか牛」の特長と人気の理由

出典:写真AC
自然の恵みをたっぷりと受けて育った褐毛和牛「あか牛」は、和牛本来の豊かな風味と柔らかな肉質が自慢です。その栄養価にも注目してみましょう。

 良質なタンパク質たっぷりのヘルシービーフ

一般に、黒毛和牛に比べて赤身部分が多く、脂肪分が少ないのが最大の特長。つまり、低カロリー・高タンパクで、鉄分を含む栄養価の高いお肉と言えます。さらに、赤身にはグルタミン酸などのうま味成分や、アミノ酸の一種である「タウリン」も豊富。「タウリン」はアルコールによる肝機能障害の改善や血圧降下などの作用があるといわれており、これこそ「自然の健康ビーフ」と呼ばれるゆえんなのです。

栄養価に優れた「あか牛」は、身体を気遣う現代人にとって、おいしさとヘルシーさ兼ね備えたありがたい食材なのです。

丼に焼肉にステーキに! 赤身本来のおいしさを堪能できる

「あか牛」の産地・阿蘇で味わう場合、最も有名な食べ方と言えば「あか牛丼」。白いご飯の上に、ぎっしりと赤身肉が敷き詰められ、その贅沢なビジュアルと味わいに虜になる人が続出。もちろん丼だけでなく、ほかの牛肉同様にステーキや焼肉、すき焼きなど多彩な料理で楽しめて、低カロリーの赤身肉だから、たくさん食べても罪悪感をあまり感じないところが魅力なのです。特に女性からの支持を集めているというのも、納得ですね。

「あか牛」を通販でお取り寄せ。部位ごとのおすすめの食べ方は?

「産地までは食べに行けない!」という人も、通販を利用すれば、その味をお家で楽しめます。楽天市場やAmazonなど大手通販サイトで購入できるほか、ふるさと納税でも返礼品として受け取ることが可能です。ここでは、購入時に役立つ部位ごとの特長と調理法に加えて、おすすめ品もご紹介していきます。

サーロイン

肉の王様とも呼ばれるサーロイン。背肉、腰肉にかけてのあばら骨の外側の肉で、柔らかく風味豊かな部位です。一般的には霜降りのイメージが強いですが、「あか牛」の場合は脂身も少なくサッパリとしているので、メタボを気にする方にもおすすめ。シンプルに塩と胡椒で味付けし、ステーキでいただくのが最高です。

ITEM
熊本産和牛あか牛 サーロインステーキ
・容量:360g(180g×2枚)
・賞味期限 保存方法:冷凍で製造日より30日冷凍(-18℃以下にて保存)
・産地:熊本県
・発送種別:冷凍便
・参考価格:5,450円

肩ロース

肩肉というと少し固めのイメージがありますが、「あか牛」の場合はスジが少なく、薄切りにして味わえば肉のうまみを存分に堪能できます。ほかの部位に比べて適度な脂身も含んでいて、濃厚な味わいとほどよい歯触りがたまりません。すき焼きやしゃぶしゃぶ、炒め物などに適していて、薄いピンク色になったら食べ頃です。

ITEM
熊本産和牛あか牛 肩ロース
・容量:400g
・賞味期限:製造日から30日
・産地:熊本県
・発送種別:冷凍便
・参考価格:4,170円前後〜

ヒレ肉

一頭からわずかにしか取れない、牛肉高級部位のひとつ。キメ細やかな柔らかい肉質で、脂肪も少なく上品な口当たりです。ステーキはもちろんのこと、じっくり網焼きにしていただくのもおすすめ。お肉のうまみを楽しむなら、あまり火を通しすぎないのがポイントです。もしヒレ肉が余った時は、贅沢ですがシチューやカレーに入れると、全体が格段に味わい深くマイルドに。

ITEM
熊本産和牛あか牛 ヒレステーキ
・容量:240g(120g×2枚)
・賞味期限 保存方法:冷凍で製造日より30日冷凍(-18℃以下にて保存)
・産地:熊本県
・参考価格:5,300円

モモ肉

比較的手頃な価格で手に入れることができるのが、モモ肉。部位の中では特に脂身が少なく、やや弾力がありスジは少なめ。サラリとした甘さでクセがないので、いろいろな料理に活用できます。切り落とし肉なら、炒め物や焼肉、すき焼き、煮込み料理などに。ブロック肉ならローストビーフやタタキにして、おもてなし料理として喜ばれそうです。

ITEM
熊本産和牛あか牛 モモ肉
・容量:500g
・賞味期限:別途商品ラベルに記載
・保存方法:-18℃以下で保存
・産地:熊本県
・発送種別:冷凍便
・参考価格:3,300円前後〜

ハンバーグやカレーも。手軽に味わいたいなら「あか牛」加工品がおすすめ

料理をするのがちょっと面倒な時、来客用にもう1品欲しい時…そんな時に活躍するのが、「あか牛」の加工品。時短調理な上、特別に取り寄せた感もアピールできて一石二鳥です。解凍して焼くだけ簡単の肉汁たっぷりハンバーグや、ソース付きでパーティにもぴったりのローストビーフ、温めてすぐ食べられるカレーなどいろいろあるので、ぜひ活用してみてください。

ITEM
熊本県産和牛100%手造りあか牛ハンバーグ
・容量:140g×6個
・賞味期限:冷凍30日、解凍後即日(詳しくはパッケージに記載)
・保存方法:要冷凍(-18℃以下)
・産地:熊本県
・発送種別:冷凍便
・参考価格:4,300円前後


ITEM
あか牛 ローストビーフ
・容量:200g 約2人前
・産地:熊本県
・発送種別:冷凍便
・参考価格:2,700円前後


ITEM
あか牛 レトルトカレー
・容量:200g
・賞味期限:常温で製造日より1年
・産地:熊本県
・参考価格:800円前後


どんぶりで堪能!希少な「あか牛」の肉はリピ買い必至

熊本県阿蘇産の「あか牛」は、豊かな自然の中で、畜産農家の方々の愛情たっぷりに育てられた栄養バランス抜群の和牛。「赤牛」「褐牛」とも表記されますが、読み方はぜんぶ「あかうし」です。カロリーは気になるけどお肉は食べたい!という人は特に注目!食欲も舌も、そして健康欲も満たしてくれる“スーパービーフ”。リピート買いして、たっぷりと、どんぶりで味わってみてください。

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
吉野 友紀
吉野 友紀

九州をこよなく愛す、旅好き妙齢女子

福岡のタウン誌の編集を経て、アイルランドへ遊学。毎日ギネスを求めてパブ巡りした結果、お金が尽きて帰国。バイリンガル情報誌、フリーランスのライターとして生計を立てていたが、ふと訪れたシンガポールで「ここに住みたい!」と一念発起して移住。1年のつもりがずるずると6年を過ごす。福岡に出戻った後は、海外経験を生かして、インバウンド関連の仕事に従事しながら、ライター業も兼務。定期的に訪れる旅欲に身を任せ、ふらりと旅に出ては現地のお酒とグルメを堪能する40代。 福岡、そして九州の魅力を、全国にそして海外に伝えていきたいという思いを胸に抱えつつ、毎日仕事終わりのビールを楽しみに暮らしている。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美