話題の【栗焼酎】ランキング10選!人気のダバダはもちろん、味や飲み方もご紹介

いま人気上昇中の本格焼酎【栗焼酎】。ヒットのきっかけとなったダバダ火振とは?高知や愛媛など、四国エリアから火がついた焼酎の新ジャンル【栗焼酎】をランキング形式でご紹介するとともに、気になる味やおすすめの飲み方もあわせてご紹介します。


出典:写真AC
本格焼酎を楽しむ人たちの中で今、話題の栗焼酎。材料のめずらしさと飲みやすさで、どんどんファンを増やしています。そんな栗焼酎の人気の秘密とおすすめランキング、おいしい飲み方・選び方をご紹介します。

麦、芋、米に続け!話題の【栗焼酎】ってどんな焼酎?

出典:写真AC
本格焼酎といえば、麦、芋、米が有名ですが、近年、栗焼酎の人気がうなぎ登り。まろやかな甘みに爽やかな香りと、栗の風味を活かした飲み口は雑味やクセも少なく、女性や焼酎初心者から愛飲家まで幅広く好まれています。
他の本格焼酎に比べ、栗焼酎の歴史はそう長くはありません。発祥は、昔から雑穀焼酎の生産が盛んだった宮崎県の酒造という説や、栗の産地としても有名な愛媛県の酒造という説などがありますが、昭和50年代ぐらいには各地で愛飲されていたそう。今では全国各地で生産されるようになりましたが、栗自体の希少性もあり、当時は「知る人ぞ知る」といった存在でした。

栗焼酎ヒットの立役者!高知県で誕生したダバダ火振

出典:写真AC
そんな栗焼酎の人気を現在の位置に押し上げたきっかけは高知県の酒蔵・無手無冠(むてむか)の「ダバダ火振」の爆発的ヒット。日本最後の清流と呼ばれる四万十川の流域から栗焼酎の人気は始まりました。

「ダバダ火振」ってどんな意味?

そもそも「ダバダ火振」という名前はどんな意味があるのでしょう?聞き覚えのない言葉ですが、実は「ダバダ」と「火振」は、どちらも四万十川流域の暮らしにとても密接した言葉なのだとか。四万十川流域の里山では、人が集う場所を「駄場(だば)」と呼んでいたこと、また地域には古来より「火振り漁」という鮎を定置網に追い込む漁が伝わっていたこと、この二つの言葉から四万十エリアに縁の深い名前がつけられました。

日本酒の酒蔵のチャレンジ

「ダバダ火振」を製造する無手無冠はもともと日本酒の酒蔵です。栗の産地でもあった四万十川上流域の大正・十和・西土佐エリアで、ワケありの栗を使用して何かできないかと取り組んだのが焼酎づくりのスタート。地元に根ざした丁寧な酒造りに加え、購入した焼酎を四万十時間(およそ4年7カ月)預かってくれる長期貯蔵オーナーを募集したり、元銀行の建物に「四万十川焼酎銀行」を作り、焼酎を預け、引き出す時には焼酎小瓶の利息がつく仕組みを作ったりとアイデア豊富に焼酎作りに取り組み評判が広がりました。


話題の焼酎はやがて新ジャンルのけん引役に

出典:写真AC
平成11年に面白い焼酎があると無手無冠の栗焼酎がJALの国際線機内カタログに栗焼酎が紹介されたのを皮切りに、認知度は一気に全国区へと広がります。人気ドラマにもなった小説シリーズの主人公・半沢直樹の愛飲酒のモデルとして話題となり、読売テレビ「秘密のケンミンSHOW」で紹介されるなど、さまざまななメディアにも登場。栗焼酎本来の味の良さ、飲みやすさと合わさって注目の存在となったのです。

種類豊富!ダバダ火振おすすめランキング!

そんな栗焼酎人気の火付け役となった「ダバダ火振」をおすすめランキングでご紹介します。定番のダバダ火振から原酒を使用したリキュールまで味わいも多岐に渡ります。

1位.ダバダ火振(ビン入)

国産の栗をたっぷり50%使用。低温でじっくり蒸留することで、栗の香りをぎゅっと閉じ込めました。口の中で爽やかな香りとほのかな甘みが広がります。内容量は100mL、720mL、900mL、1.8Lがあり、ダバダ火振を初めて楽しむ方におすすめしたい定番の一品です。

ITEM
ダバダ火振
・度数:25度
・原材料:栗(50%)・麦・米・米麹
・蒸留法:減圧低温蒸留
・蔵元メーカー:無手無冠(高知県)

大変おいしかったです。初めての栗焼酎だったのですが美味しくいただきました。


2位.ダバダ火振(うんすけ入)

栗使用量50%のダバダ火振を、酒の量り売りが当たり前だった時代に日常使いしていた陶器製の容器「うんすけ」に入れました。美濃焼のうんすけのどっしりとした佇まいに、焼酎に負けない個性が光ります。チビうんすけ720mL、1.8Lの他、コックと台のついたデカうんすけ5.4L入りもあり焼酎サーバーとしても使用できます。

ITEM
ダバダ火振(うんすけ入)
・度数:25度
・原材料:栗(50%)・麦・米・米麹
・蒸留法:低温減圧蒸留
・蔵元メーカー:無手無冠(高知県)

3位.四万十大正

酒蔵の所在地名を冠したダバダ火振の最高峰古酒。原材料は品質にこだわった栗と米麹のみ。栗の使用量も75%と、材料と時間をふんだんに使った贅沢な逸品です。まろやかな栗の香りと濃厚の味は長期熟成ならでは。少量限定出荷です。

ITEM
四万十大正 ダバダ火振
・度数:35度
・原材料:栗(75%)・米麹
・蒸留法:減圧低温蒸留
・蔵元メーカー:無手無冠(高知県)

ストレートで一口飲み、その美味しさに感動しました!ふわっときて、すぅーとして、じわぁーっと染み込んできます。
やわらかーいほのかなあまみがまろやかでついついぐびぐびのんでしまいます。
ちょっと値が張りますが、頑張った自分へのご褒美としてこれから愛飲していきたいと思います。


4位.四万十ミステリアスリザーブ

栗焼酎ダバダ火振の33度の原酒を、地下洞穴貯蔵庫にて四万十時間熟成したミステリアスリザーブ。年間通して16度の天然セラーでじっくり熟成し、味にふくらみとコクが増しました。本来は長期熟成オーナーだけが味わえる商品を、限定蔵出しています。720mLの瓶入り、900mLの壺入りがあります。

ITEM
四万十ミステリアスリザーブ
・度数:33度
・原材料:栗(50%)・麦・米・米麹
・蒸留法:減圧低温蒸留
・蔵元メーカー:無手無冠(高知県)

5位.ダバダロゼ

ダバダ火振に無農薬で育てた紫芋を漬け込みました。人工香料や着色料は不使用で、鮮やかな色と香りは紫芋由来のアントシアニンによるもの。アントシアニンには抗酸化作用があり、身体にも優しいお酒です。さらに国産の梅を漬け込んだダバダロゼ梅もあり、こちらは甘酸っぱい梅の香りが爽やかです。

ITEM
無手無冠 ダバダロゼ 栗・芋混合焼酎
・度数:25度
・原材料:栗焼酎ダバダ火振(栗・麦・米・米麹)、紫芋
・蒸留法:減圧低温蒸留
・蔵元メーカー:無手無冠(高知県)

芋の色が今の時期に清涼感を与えてくれオンザロックで飲むと最高。
ほのかに栗の甘さが漂い、リピーターになってしまいました。


注目の栗焼酎エリア別10選!

出典:写真AC
栗焼酎の認知度も上がった現在、栗の産地を中心に、日本各地でとっておきの栗焼酎が作られるようになっています。ここからはエリア別に注目の栗焼酎を紹介します。

日本一の栗の産地!〜茨城〜

1.笠間の芋焼酎 十三天狗の伝説

日本の栗生産量の22%を占める茨城県。特に笠間市は地名が栗のブランド名になっているほど栗の生産が盛んです。強い甘みと風味の良さが自慢の笠間産の栗を使って作られたのが〈笠間の芋焼酎 十三天狗の伝説〉。殺虫処理をしていない栗の鬼皮(おにかわ)だけを剥いて使用。原材料の6割以上に栗を使用した芳醇な味わいが魅力です。

ITEM
笠間の栗焼酎 十三天狗の伝説
・度数:25度
・原材料:栗・米麹
・蔵元メーカー:明利酒類(茨城県)



栗焼酎生産の中心地〜愛媛・高知〜

2.おくりおくら

生産量第3位の愛媛県をはじめとする四国エリアは、江戸時代から栗栽培を行なっていたといわれる伝統ある地域です。栗焼酎生産の歴史も40年を超え、栗焼酎生産の中心となるエリアです。四国唯一の焼酎専業蔵の媛囃子(ひめばやし)による〈おくりおくら〉は地元のしろかわ栗と四国山地の伏流水を使用し、酒造が以前から作ってきた栗焼酎の原材料に米も加えることで新しい栗焼酎の味わいを生み出しました。

ITEM
媛囃子 おくりおくら
・度数:25度
・原材料:栗、麦、米麹、麦麹
・蒸留法:減圧低温蒸留
・蔵元メーカー:媛囃子(愛媛県)

3.奥伊予

また、同じく媛囃子の〈奥伊予〉は、酒造従来の製法で作られた栗焼酎を長期熟成して作られています。まろやかな舌触りの中に栗のうま味が活きた焼酎に仕上がりました。

ITEM
媛囃子 奥伊予
・度数:25度
・原材料:栗、麦、麦麹
・蒸留法:常圧減圧混和蒸留
・蔵元メーカー:媛囃子(愛媛県)

4.夢栗(むっくり)

一方、高知の〈夢栗〉は栗と栗の糖化に必要な米麹以外は使用せず、栗の使用率を85%にまで高めた贅沢な逸品。利き酒を重ね、通常は25度のものが多いアルコール度数を敢えて28度に設定するなど繊細な味への追求が光ります。

ITEM
夢栗
・度数:28度
・原材料:栗(85%)・米麹
・蒸留法:減圧低温蒸留
・蔵元メーカー:仙頭酒造場(高知県)

5.四万十栗の栗焼酎

全国新酒鑑評会で金賞の最多受賞を誇る土佐鶴酒造の〈四万十栗の栗焼酎〉も、その名の通り四万十川流域の栗にこだわり造られています。原料に限りがあるため、季節によっては売り切れてしまう少量生産の限定販売です。

ITEM
四万十栗の栗焼酎
・度数:25度
・原材料:栗・米・米麹
・蔵元メーカー:土佐鶴酒造(高知県)

古から受け継がれる丹波の栗〜京都・兵庫〜

6.古丹波

旧丹波国、現在の京都から兵庫県へと広がる丹波地方で平安時代から栽培されていたと記録の残る丹波栗は大粒で甘さが強いのが特徴。生産量こそ豊富ではありませんが、長い歴史と品質の良さで早くからブランド栗として知られています。自社農園の栗を一部使用し、清酒造りで培った米の発酵技術から栗の芳醇な香りとほのかな甘みを引き出した〈古丹波(こたんば)〉も、そんな貴重な丹波栗の良さを存分に活かした焼酎。低温ろ過にこだわり雑味の少ない繊細な味です。

ITEM
古丹波
・度数:25度
・原材料:米・栗・米麹
・蔵元メーカー:西山酒造場(兵庫県)

贈り物にしたのですが大変に喜んでもらえました。また機会があればぜひ


焼酎の本場が挑む栗焼酎〜宮崎〜

7.三代の松(みよのまつ)

本格焼酎の生産量日本一の宮崎県。南北に長く自然豊かな地理的環境から、米や麦、そばや栗などの原材料が生産され、多種多様な焼酎が作られてきた土地です。特に県北部の山地ではそばや雑穀の焼酎が有名。霧島を筆頭としたいくつもの山系からの豊かな湧き水と山の幸に支えられ、現在多くの栗焼酎が生産されています。

〈三代の松〉は延岡特産の生栗を地元の清流・祝子川の水で醸造した地産地消の栗焼酎。100年の歴史に裏付けられた焼酎造りの技術が素材の良さを引き出しています。

ITEM
三代の松
・度数:25度
・原材料:栗・麦・米麹
・蒸留法:減圧低温蒸留
・蔵元メーカー:佐藤焼酎製造場(宮崎県)

ロックとソーダ割りで楽しんでいます。美味しい〜!
焼酎は醒める時がきれいなので気に入ってます。


8.栗天照(くりてんしょう)

天照大神の神話が残る高千穂の〈栗天照〉は焼酎メーカー神楽酒造による栗焼酎です。雑穀焼酎に長年取り組んできた酒造がいくつもの改良を重ね、今の味に到達しました。クセの少ない主張しすぎないさりげなさが食中酒としても人気です。

ITEM
栗天照
・度数:25度
・原材料:麦・米麹・栗(20%〜30%)
・蒸留法:減圧低温蒸留
・蔵元メーカー:神楽酒造(宮崎県)

9.栗極(くりきわみ)

〈栗極〉は熊本と宮崎の県境にある人口2400人余りの須木村のすき酒造で作られています。地元小林の栗の鬼皮、渋皮を手作業で向き、甕仕込み、常圧蒸留と昔ながらの焼酎製法に実直に取り組んでいます。和甕でじっくりと熟成させた、手作り少量生産の限定商品です。

ITEM
栗極(くりきわみ)
・度数:25度
・原材料:生栗・米麹
・蒸留法:常圧蒸留
・蔵元メーカー:すき酒造(宮崎県)

豊富な栗生産量と焼酎醸造の技術の出会い〜熊本〜

10.肥後の里山

熊本県は全国の生産量の15%を占め、都道府県別収穫量が全国第二位の西日本最大の栗の産地です。特に県北部の山鹿市では昭和30年ごろに行政の指導のもと山間部に大規模栗農園が作られたという経緯があり、豊富な収穫量を誇ります。そんな熊本県産の栗だけを使用し焼酎を作るのは創業文政四年の酒蔵山都酒造。いくつもの賞を受賞した伝統ある酒蔵で、焼酎のバリエーションも豊富。長年培った焼酎造りの技術と西日本一の栗が出会い、すっきりとした味わいの栗焼酎〈肥後の里山〉が誕生しました。

ITEM
肥後の里山
・度数:25度
・原材料:栗(50%以上)・米・米麹
・蒸留法:減圧低温蒸留
・蔵元メーカー:山都酒造(熊本県)

蒸留法や熟成期間で探す好みの味

出典:写真AC

低温?常圧?蒸留法の違い

本格焼酎と呼ばれる焼酎乙類は、自然の原料を用い昔ながらの単式蒸留で作られています。単式蒸留の中でも、蒸留方法は大きく2つに分けられ、それぞれできあがる焼酎の味に特徴がみられます。500年もの歴史を持つ昔ながらの「常圧蒸留」は、原料の特徴を引き出し力強い味わいになるのに対し、1970年代前半に登場した「減圧蒸留」は、蒸留機内部の気圧を下げることで沸点を下げ低温で蒸留できるため、口当たりの軽いソフトな印象になります。焼酎の個性を楽しみたい方は「常圧蒸留」の焼酎を、軽い飲みやすさを求める人は「減圧蒸留」の焼酎を…と、自分の好みを探して飲み比べてみるのもいいですね。

熟成期間が生み出す新たな味

一般的に焼酎は1〜3カ月の貯蔵期間で出荷されますが、味の変化を期待し、あえて熟成させて販売するものも多くあります。製造から3カ月〜6カ月熟成する頃にはできたての焼酎の持つ刺激臭が減少、6カ月〜3年が経つ頃には香りが安定し、味も丸くなります。さらに、古酒と呼ばれる3年以上寝かせたものは味のまろやかさが増加し、独自の香りを漂わせるようになります。熟成期間も焼酎を選ぶポイントのひとつと言えそうです。

おすすめの飲み方

出典:写真AC
日本各地の栗焼酎を紹介してきましたが、おすすめの飲み方には共通点があります。栗焼酎はどれも香りや甘みがすっきりとしていて、クセがなく飲みやすいのですが、逆に強い味覚とミックスしてしまうとその特徴を存分に味わいにくいのです。そんな栗焼酎の味わいを感じられる飲み方を紹介します。


焼酎本来の味わいをダイレクトに〜ロック、ストレートで〜

お酒の強い方はまずロックかストレートで味わってみてください。ストレートは焼酎そのものの良さを感じることができ、ロックは香りは少し抑えられますがストレートより飲み口が穏やかになります。静かに口に含み、口全体に広がる焼酎本来の優しい甘みと鼻に抜けるほのかな香りを味わいましょう。

立ち上る香りを楽しむ〜お湯割り、炭酸水割り〜

あまりお酒が強くない方、焼酎初心者の方におすすめなのが、味のない飲み物で割る飲み方です。水割りはもちろんですが、おすすめはお湯割り。湯気に乗って香りや味が強く立ち上るので、栗の風味を楽しみたい方にはぴったりと言えます。また近年手に入りやすくなった、味の付いていない炭酸水も、弾ける泡が栗の香りを引き出してくれます。

グラスにもこだわってよりおいしく

こだわりのグラスを使うと焼酎が何倍もおいしく感じられるとか。お湯割り、ロックと飲み方に合わせたグラスもありますので器に注目してみるのもいいかもしれません。


栗焼酎を味わおう

出典:写真AC
飲みやすく珍しいわりに思いのほか価格もお手頃な栗焼酎。いくつかご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?日頃から本格焼酎をたしなむ人にとって新しい味わいであると同時に、クセのない甘い飲み口と香りで女性や本格焼酎初心者にもぴったり。みんなで楽しめる栗焼酎をぜひ手にとってみてください。

編集部おすすめ記事


今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
森崎夏子
森崎夏子

「食べることは生きること」が信条のエディター&ライター

約2000軒の飲食店を掲載する食のガイドブック制作から編集者生活をスタート。会社員時代は給料のほとんどを飲み歩きに使う毎日を送る。数年の編集者生活を経て、退職。出産後は子どもの食物アレルギーをきっかけに、かねてより興味のあった料理にのめり込み、卵・乳製品・小麦などを一切使わない、安全でおいしいご飯作りに日々邁進中。原材料を確認せずには食べ物が買えない体になってしまったママライターです。 文系の仕事はしていても、実は理系の農学部卒。発酵や醸造、タンパク質やアミノ酸といったキーワードに妙にワクワクする一面も。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美