【そうめん作りのプロに聞く】小豆島産手延べそうめんの魅力とは?

手延べそうめんで有名な香川県小豆島。今回は、現地の丸善製麺を実際に訪問し、作り方やランチ情報を徹底レポート。ここでは、手延べそうめんの特徴や、通販で買えるおすすめそうめん、島の光などのブランド品、ギフトに最適な逸品などをご紹介。ゆで時間や現地の人が教えるおいしい食べ方もお伝えします!


写真提供:丸善製麺
香川県小豆島で400年以上前から作られてきた「手延べそうめん」は、揖保乃糸・三輪そうめんと並ぶ日本三大そうめんの一つ。
今回たべごと編集部は、小豆島の老舗製麺所まで実際に足を運び、手延べそうめんの作り方を学んできました!ここでは見学レポートだけでなく、現地のランチ情報や通販で買えるおすすめ手延べそうめんなどをご紹介します!

小豆島産手延べそうめんとは?歴史や特徴

撮影:たべごと編集部

小豆島手延べそうめんの歴史

小豆島の伝統食として代々伝わる手延べそうめん。その歴史は古く、今から約400年前の江戸時代初頭までさかのぼります。
小豆島の島民が、三輪そうめんで有名な奈良県三輪に立ち寄った際に、製造技術を習得。冬場の農閑期に家族の労働力と地元の素材だけで製造できることから、あっという間に島全体に広がったといわれています。

小豆島手延べそうめんの特徴

小豆島ならではの素材と気候

出典:PIXTA
豊かな自然に囲まれた小豆島には、小麦、ごま油、瀬戸内海の天然塩など、そうめん作りに欠かせない素材と、そうめん作りに適した穏やかな気候とがそろっていました。素材の旨味が生きた手延べそうめんは、そんな自然豊かな小豆島だからこそ誕生したといえますね。

 

1本1本丁寧に伸ばす製造技術

撮影:たべごと編集部
機械を使ってカットする機械麺に対して、手延べ麺はより(ねじり)を入れた後に何度も麺を伸ばします。麺を伸ばすときは、木箸を使い極細の糸状になるまで丁寧に引き伸ばします。
骨の折れる製造工程を踏むことで、機械麺にはない張りと強いコシが生み出せるのです。

島のブランド「鳥の光」

数ある小豆島そうめんの中でも特に有名なのが「島の光」シリーズ。販売元は、小豆島最大の業界団体である小豆島手延素麺協同組合。
各生産者がそうめんを作り、それを組合が取りまとめ、ひとつのブランドとして全国展開させています。

小豆島で手延べそうめんの手作り体験!

撮影:たべごと編集部
小豆島には150軒もの製麺所があり、そうめんの工場見学だけでなく、箸分け体験を受け入れているところもあります。箸分けとは、乾燥する前のそうめんがくっつかないようにほぐす作業のことで、手延べそうめんには欠かせない作業工程の一つ。
今回は島内でも有名な製麺所である「丸善製麺さん」で箸分けを体験しました。

丸善製麺の3代目当主に習いました!

撮影:たべごと編集部
お伺いしたのは、今から50年以上の歴史を持つ丸善製麺さん。子どものころから家業を手伝っていたという3代目の三木一史さんは、そうめん作りに強いこだわりを持っています。
大学卒業後、小豆島に帰郷し本格的にそうめん作りを始めて32年。日々、切磋琢磨しながらおいしいそうめん作りに向きあっているそう。

いざ、小豆島へ!

出典:PIXTA
丸善製麺さんでは天日干しをしているため、工場見学と箸分け体験は午前中のみの要予約。
寝過ごしては大変!と、寝台特急「サンライズ瀬戸」とフェリーを乗り継いで小豆島に向かいました。瀬戸内海の朝日に、旅気分が盛り上がります。

池田港から歩いて15分ほどで丸善製麺さんの製麺所に到着。

丸善製麺のそうめん製造工程

撮影:たべごと編集部
試食所で細口と中口のそうめんを試食しながら、三木さんから手延べそうめんの作り方を教えていただきました。

小豆島そうめんは工場によって作り方が多少異なります。丸善製麺さんでは50年以上同じ作り方をしているそうです。
冬場の生地づくりは、そうめんを延ばす前日の午後から始まります。塩加減は翌日そうめんを延ばす時の気温や湿度を予測して変えており、特に季節の変わり目は熟練の職人さんでも難しいのだそう。
そうめんづくりの詳しい工程はこちらを参照

箸分け体験

写真提供:丸善製麺
工場に移動して、製造工程を見学させてもらったら、いよいよ箸分け体験に挑戦!
なお、箸分け体験ができるのは、そうめんを製造している日の11時~12時のみ。天日干しのため、雨の日は体験できません。電話での予約をお忘れなく!

箸分け体験では、台にかけられた麺がくっつかないよう、2本の長い箸を使って麺を広げていきます。両手に持った箸を、棒の左右に分かれた麺の間に通し、上からシャッシャッと間隔を広げるように麺をさばきます。下までいったら今度は上に向かって箸を動かします。
ポイントはしっかり奥まで箸を通すことと手早く動かすこと。麺がくっついて売り物にならなくなったらどうしよう…と緊張しましたが、優しく指導していただけるのでご安心を。

店舗情報

Webサイトでは麺の通信販売も行っています。半生素麺が買えるのは4~7月の期間限定なので要チェック!
工場隣接の販売所でも、各種そうめんやつゆを購入することができます。私も編集部のおみやげに麺を購入しました。

丸善製麺工場有限会社

・住所:〒761-4301 香川県小豆郡小豆島町池田2392-2
・電話:0879-75-0465
・アクセス:(車の場合)池田港から車5分、土庄港から車15分、(公共交通機関を使う場合)小豆島オリーブバス「迎地」下車 徒歩3分
・Web:http://www.maruzen-jp.com/

工場見学・試食(無料)※要予約
・定員:1~10名
・時間:9:00~14:00
・休み: 不定休(要確認)日曜、年末年始

箸分け体験 (無料)※要予約
・定員:1~10名
・時間:11:00~12:00(※雨天日はありません)
・休み:不定休(要確認)日曜、年末年始、雨天日、8月

見学できる製麺所やランチのできる食事処

小豆島にはほかにも見学や体験のできる製麺所や、手延べそうめんを味わえるお食事処もありますよ!

体験できる製麺所・食事処

手延べそうめんづくりの見学や体験ができる製麺所や食事処はこちらをチェック
小豆島物語

手延そうめん館

道の駅小豆島ふるさと村の「手延べそうめん館」ではそうめんづくりが見学可能。喫茶コーナーには各種そうめんメニューも。敷地内の国民宿舎小豆島に宿泊すれば、シーカヤックや星空観察など、小豆島を満喫することができますよ。
国民宿舎 小豆島

通販で買える有名店の手延べそうめん【家でもギフトにも!】

島の光(赤帯・黒帯)

島の光は赤帯(上級)と黒帯(特級)の2種類あります。帯の色は等級や味の違いではなく、製造時期によって分けられているそう。
赤帯は12~3月にかけて、黒帯は12~1月の極寒期に作られます。

ITEM
島の光 赤帯
・内容量:2kg(50g×40束)20食分

四国にいた時、そうめんと言えば島の光でした。
安いそうめんはお味噌汁に入れてゆがくとドロドロになりますが、このそうめんは少しトロミがつく位で溶ける事なく、最後まで延びずに食べる事が出来ます。
やっぱり美味しかった!ご馳走さまでした\(^o^)/



ITEM
島の光 黒帯
・内容量:2kg(50g×40束)20食分

美味い素麺に病みつきとなると切らさず年がら年中素麺を求めてさ迷う羽目になる。
そんな中でもリピート率の高いのが島の光だ。
安い素麺ほどまずい食べ物は無いが、美味い素麺には言葉を失う。ただだまって飲み込むだけだ。


小豆島産オリーブオイルが香るそうめん

ITEM
小豆島手延べ素麺 オリーブ
オリーブは、そうめんと同じくらい全国的に有名な小豆島の特産品。ごま油の代わりにオリーブオイルを練り込んだ手延べそうめんから、新たな旨味を見つけてください♪

・内容量:750g(50g×5束×3袋)


なかぶ庵|ギフトにぴったりの4色セット

ITEM
なかぶ庵 小豆島手延べ香りと彩りのそうめん「彩香」
白、緑、黄色、ピンクと美しく並んだ4色のそうめんは、プレゼントやホームパーティにおすすめです。

・内容:天日干し素麺(50g×4)×2、オリーブ素麺50g×4、ゆず素麺50g×4、梅素麺50g×4

森本商店|生麺とだしのギフトセットを大切なあの人に

ITEM
無添加だし入りギフトセット
生麺はプリプリでもっちりとした食感を乾麺以上に感じることができます。
小豆島産の無添加八方だしが入ったギフトセットは、大切な人へのプレゼントにもぴったり。

・内容量:250g×6袋、正金八方だし360ml

甚助|大正10年創業の老舗による贅沢づくり

ITEM
【ふるさと納税】甚助 大吟穣 貴珀
小豆島にある香川県土庄町にふるさと納税すると、返礼品として受け取れるのが、大正10年創業の歴史ある「甚助」のそうめん。熟練職人が仕上げた手延そうめんは、良質な小麦の中心部のみを使った贅沢品です。
「貴珀」の貴は、高貴の貴。珀は琥珀を意味します。「気高く美しく、おいしい素麺をつくりたい」という職人の想いが詰まっているそうです。

・内容量:50g×18束

しっかりしたコシもありおいしくいただきました。以前、テレビで特集されていたのを見てそうめん大好きな一家としてはいつか食べたいと思っていました。また来年もお世話になりそうです。


作兵衛|国内産小麦のこだわり麺

ITEM
手延素麺(こだわりの黒)
小豆島の製麺所では体験や食事もでき、観光客に人気です。現地でも提供されている、100%国内産小麦を使用したこだわりの手延べそうめんがこちら。

・内容量:国内産小麦 3束×12袋(1.8kg)

少々茹で過ぎたかなと思った時でも、冷水にくぐらせた途端に引き締まり、かみごたえあるコシにおどろかされます。明らかに他の商品とは異なる味わい、グレードの高さに、すっかり魅力されました。


かぐや姫|加賀産の丸いも配合で弾力とコシがパワーアップ

ITEM
かぐや姫
一般的な手延べそうめんの材料(小麦粉・食塩・ごま油)に、加賀産の「丸いも」を練り込みんだかぐや姫。
丸いもがそうめんの弾力とコシをさらにパワーアップさせています。

真砂喜之助製麺所|食べきりやすい太麺1kg

ITEM
真砂喜之助製麺所 手延べそうめん・太口
うどんのような太麺はつゆにもしっかりと絡み、一度食べるとやみつきになる弾力が特徴。1kgと食べきりやすい分量なので、二人暮らしの方にもおすすめです。

・内容量:1kg

太麺・細麺詰め合わせ|欲張りにどちらも味わいたい方必見!

ITEM
太麺・細麺詰め合わせ
麺の太さによって、弾力・歯ごたえ・のどごし・小麦の存在感は全く異なります。両方が楽しめる詰め合わせセットで、その違いを実感してください。

・内容量:3.6kg(72束)

手延べそうめんのおいしいゆで方

撮影:たべごと編集部

ゆで時間

そうめんの場合、ゆで時間の目安は約2~3分。製品によっても異なりますので、必ずパッケージを確認してください。

ゆで方

たっぷりのお湯でゆでるのと、よくもみ洗いしてコシを出すのがポイントです。

1. たっぷりのお湯を沸騰させて麺を入れ、箸で軽くほぐす
2. 再度沸騰したらカップ1/2の差し水をする
3. ざるに上げたら、冷水をかけて麺を素早く冷ます
4. 麺が完全に冷めたら、両手ではさみ、よくもみ洗いしてコシを出す

地元の人に聞いた!手延べそうめんのおいしい食べ方

丸善製麺さんのおすすめ

細麺は水に放って盛りつけた方が、麺が絡まず箸が通りやすいそうです。太麺はのびにくいので、ざるに上げてゆっくり食べるのもおすすめと教えてもらいました。
そしてなにより「そうめんはゆでたてが一番!」とのことなので、食べる直前にゆで、おいしいまま食べきることを心がけましょう!

オリーブ農家さんのおすすめ

そうめんは自宅で食べるものなので外ではめったに食べないそうですが、地元・小豆島の人にとって麺といえばやはり、うどんよりそうめん。
夏場はだし醤油のぶっかけにオリーブオイルを垂らして、冬場は「かまたま」でと、一年中食べているそうです。

編集部でも実食!

撮影:たべごと編集部
丸善製麺さんの細口・中口・太口の手延べそうめん。実際に試食した編集部メンバーの感想をお届けします!
ゆでる前のそうめん3種はこんな感じ。左から細口・中口・太口です。

撮影:たべごと編集部
ゆで上がったそうめんは、透き通るような照りのある白肌が印象的。見ているだけで食欲をそそられます。

食い意地を抑えられない編集部は早速試食!
細口は、しっかりとしたコシを持ちながらも食べやすく、のどをするすると通ります。
平打ち麺のような形状の中口は、細麺の食べやすさと太麺の弾力のいいとこ取りをしたイメージ。お肉の入ったボリュームのある汁にも合いそう。
太口は、しこしこ感が強く噛みごたえ抜群!噛む回数が多いので、小麦や塩の旨味が口いっぱいに広がりますよ。

そうめんのつゆも地元小豆島産で!


職人の技が吹き込まれたそうめんは極上の逸品!

ごま油を塗った生地を1本1本丁寧に引き延ばすことによって作られる手延べそうめん。弾力、のどごし、歯ごたえは機械麺には作り出せない至極の逸品ばかり。
職人たちが代々守り続けてきた伝統の技をあなたも堪能してみてはいかがでしょうか?

今、あなたにオススメ

この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう
たべごと編集部
たべごと編集部

全国各地の特産品・お酒・伝統工芸品などの他にも、こだわりのキッチン用品、大切な人に送るギフトセット、家族で楽しめるイベント情報、食材の歴史やおいしい食べ方など、「まるごと楽しむ、日本の食 」をキャッチコピーに、食に関わる情報を幅広くお届けしています。

OFFICIAL SNS

公式プロライター

  • つづきはるか
  • 佐野 嘉彦
  • 鈴木 晴奈
  • 東江千尋
  • 番匠郁
  • モチヅキ アヤノ
  • 大迫章代
  • 森崎夏子
  • 里川早帆
  • 都良
  • くぼた かおり
  • 若子みな美